名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

任正非(レン・ツェンフェイ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

任正非(レン・ツェンフェイ)のプロフィール

任正非、にん・せいひ、レン・ツェンフェイ。中国の経営者。「ファーウェイ(華為技術有限公司)」創業者。中国貴州省出身。重慶建築工程学院(のちの重慶大学)卒業後、人民解放軍、南海石油グループなどを経てファーウェイを設立。

任正非(レン・ツェンフェイ)の名言 一覧

日本はこの100年で生まれ変わり、「高品質」の代名詞となった。中国も何年もの努力と何度かの生みの苦しみを経て、高品質を示す新たな代名詞となれると信じている。


任正非(レン・ツェンフェイ)の経歴・略歴

任正非、にん・せいひ、レン・ツェンフェイ。中国の経営者。「ファーウェイ(華為技術有限公司)」創業者。中国貴州省出身。重慶建築工程学院(のちの重慶大学)卒業後、人民解放軍、南海石油グループなどを経てファーウェイを設立。

他の記事も読んでみる

青野慶久

場企業の社長は利益を出すために粉骨砕身して働くべきという風潮を、私は変えたい。上の人間が率先してやれば、下の人もそれを目指すことができますから。


デビッド・テイラー(経営者)

社内でできることは限られていますので、大学や外部専門機関などと協力することによってレベルアップする努力は、これからも続けていきます。


茂木友三郎

異文化への適応性とは、海外など異なった環境でも十分に自分の力を発揮できる資質のことだ。普段から交友関係の幅が限られていたり、初対面の人と仲良くなるのが苦手だったりする人は、この適応性が低いのかもしれない。先天的な面もあるが、国際的に活躍するにはむしろ語学よりも重要な資質だ。苦手な人は、適応性を高める努力をした方がいい。


田中良和(GREE)

最初の転機は、会社を立ち上げた頃です。ベンチャーを始めても、実は大抵うまくいかない。自分で会社を興したのはいいけれど、当初は全く軌道に乗らず、愕然としました。「楽天と比べて不甲斐ない」と言われ、悩んだこの時期は辛かったですね。でも楽天ですら、創業当初は「ネットのショッピングモールなんかで、大企業に勝てるわけがない」と否定されていた。「世の中とはそういうものだ。否定されながらも、やり続けて大きくしていくのがベンチャーなんだ」。そう考えられるようになりました。


川淵三郎

古河電気工業サッカー部の監督時代、余計なプレッシャーなしに選手をリラックスさせ、伸び伸びとプレーをしてほしかったし、試合の中身にこだわろうという思いから、「負けてもいいから、いい試合をしてほしい」と言いました。ところが数か月後、ある選手に「あのとき、川淵さんに負けてもいいから、といわれてガックリきましたよ、あのミーティングまでは気合が入っていたんですが」と指摘されました。そうか、チームを統率する者が、どんな理由であっても「負けてもいいから」などと言ってはいけないんだと気づかされました。


高橋俊介

組織の壁を超えて駆けずり回り、関係者全員を説得し倒す。あるいは、上下関係のないところで、自分とはまったく違う価値観を持った人たちと信頼関係を築き上げる。そのような能力がいま重要になってきている。


香山リカ(精神科医)

「自分の生き方は正しいと思いたがっている人」が身近にいた場合、どのように対処すべきでしょうか。まずは相手の話に乗ってしまわないことが大切です。たとえば相手が「結婚しないの?」と言ってきた場合、「実は、私は結婚に対して、こう思っているの」と真面目に意見を言うなど、相手の話に乗る必要はありません。真剣に答えていると、もともと相手は自分の価値観を押しつけてくる人ですから、自分も余計なエネルギーを使ってしまいます。ダメージを少しでも少なくすることが大事です。そのためには、スルー力を身につけておきましょう。相手のことを刺激しないように、うまくスルーするための言葉を事前にいくつか用意しておき、それを機械的に繰り出すことも必要です。あたりさわりのない言葉でやり過ごしましょう。


新井直之(執事)

会議を10分間にする大富豪が狙いは、緊張感があって質の高い会議です。「役員の給料を払っているのは僕だからね。彼らの時給が1万円だとして、10人の役員が2時間も3時間も会議に費やすといくらになるか。ムダな会議はやりたくないよ」そう説明してくれた大富豪の方もいます。


トニー・レオン

仮に、あなたの上司が駄目な上司でも、やさぐれたりしてはいけません。それでは、一流と言われるビジネスマンにはなれないでしょう。


柳井正

企業理念を実現する場所は現場であり、そのための指揮者が店長です。いくら本部や企画室のスタッフが優秀でも、店長がダメだと企業は繁栄しない。販売の最前線にいる人間が、企業の生命線なんです。


勝海舟

世人は、首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時勢はどうかを見分けることはできる。だが、もう少し首を上にのばし、前途を見ることを覚えないといけない。


見城徹

幻冬舎を立ち上げたのが43歳のときです。最初の3~4年というのは、まあ、デスマッチを毎日やっているという感じでしたよ。耳鳴りはするしね(笑)。幻冬舎ができる前までの20年間で、出版社を起こして成功した例なんてひとつもなかったですから、周りの誰からも「やめとけ」って言われました。誰もが「見城は失敗するだろう」と踏んでいた。