名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲村トオルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲村トオルのプロフィール

仲村トオル、なかむら・とおる。日本の俳優、タレント。専修大学文学部卒業。大学在学中、映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

仲村トオルの名言 一覧

大抵の現場は大変なもの。これも自分ではコントロールできないこと。だから、どこにいっても「大変だ」とかは考えない。考えることを放棄するのではなく、意識的に鈍感になる。これで最高の環境でなくても最善を尽くせます。


僕らの仕事は台詞を覚えることがゴールではありませんが、まず覚えないことには仕事が始まらない。だから、覚えたところがスタート地点なんです。


もちろん、反省の意味も含め、撮影後に「あのシーンはあの演技でよかったのか」と思い出すこともあります。でも、撮り終わってしまっていたら、どうすることもできない。自分がコントロールできないことに対してあれこれ悩むとつらくなってくるので、意識的に考えないようにしています。


「積極的に忘れる」ことを心がけています。撮影が終わったら台詞を忘れて、頭の中のハードディスクが空っぽになるように。撮影が終わった役柄の台詞が急に蘇ってくることもありますが、そんなときは忘れるために別のことを考えます。


(台本を読みながら)このシーンは、「こう演じたほうがいいのかな」と思った場所に鉛筆で印を付けたり書き込んだりします。そして役どころのイメージが見えてきたら、レコーダーに、自分の台詞だけでなく、ト書きや他の人の台詞も含めて自分の声で吹き込んで、ひたすら聴きます。どれくらい聴き込むかはシーンによって異なりますが、長台詞や専門用語が多いときは、聴く回数は多くなりますね。録音を聴きながら、覚えにくいところなどは色鉛筆で囲みます。すると、台詞を思い返すときに「あのページの、あのあたりに、あの色で囲んだ」と、台詞がビジュアルで浮かんでくる。これが、思い出すときに役立つのです。


いつも、まず台本をいただいたら「こういう人物で演じたらどうだろう」とキャラクターをイメージして読み進めます。途中で「このキャラクターではこれ以上進めない」と感じたら、また別の人物を思い浮かべ、最初から台本を読み直す。一回でキャラクターを掴めることもあれば、なかなかスムーズにいかないときもあります。


仲村トオルの経歴・略歴

仲村トオル、なかむら・とおる。日本の俳優、タレント。専修大学文学部卒業。大学在学中、映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

南伸坊

普通はみんな世間の物差しで生きてます。でも、自分がなんか苦しくなった時に、それとは違うモノサシで考えられれば楽になるんじゃないですかね。自分が楽しくなれれば結果オーライですよね。


楠木建

読書といっても、知識の獲得が最終目的ではありません。本の記述をきっかけに、自分で考えるために読書をするのです。読みながら、「なぜ著者はこう考えるのだろう」「なるほど、こういうことか」と。著者との疑似的対話を通して、教養を深めていくことができます。


大林伸安

細かい仕事時間短縮術はいろいろとありますが、その究極は「アウトソーシングできる人間関係を築いておく」ということではないでしょうか。


孫潔(ジェーン・スン)

我が社はあらゆる商品を持っています。航空券やホテルの予約はもちろん、ウエディングやダイビング、ヘルスケアや写真愛好家向けの写真撮影に特化したツアーもあります。サービス面では、1時間後に離陸する飛行機のチケットも予約できるし、旅行先で災害が起こった際にどのお客様がどこにいるかをすぐに割り出し、助けることもできます。さらに私たちはオープンプラットフォームとして、世界の企業と組んで、特別な商品からお手ごろな商品までそろえています。


眞鍋政義

これは女子チームの監督になって気付いたことですが、男性より女性の方が、結束したときに発揮する力は大きい。逆にスタッフと選手の関係がうまくいっていないと、女性は言うとおりに動かない。波は女性の方が大きいが、一致団結したときには10の力が20にも30にもなります。これは男にはないことだなと実感しました。


福武總一郎

このタイミングで原田(泳幸)氏を社長に招いたのは、このまま放置しておけば取り返しのつかないことになると思ったからだ。会社に体力があるうちに、グループ全体を立て直したい。それができるギリギリのタイミングだった。


橘俊夫

トップというものがどういう発想をするかによって全てが変わる。


安東邦彦

気に入った営業マンから客がモノを買っていたのは、需要が供給を上回っていた時代の話。いまは供給のほうが需要を上回っているのです。自分が客から受け入れてもらえたからといって、すぐに営業成績に結びつくほど甘くはありません。


ガルブレイス

政治の世界においては、もの忘れの才ほど珍重されるものはない。記憶力の悪さほど政治の世界で重宝なものはない。政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。


川又三智彦

記録するだけではなく、見返すことが大事です。学校の勉強でも予習と復習が大切だといわれています。でも社会人になると、みんな仕事の準備など予習はしても、振り返って反省するという復習はほとんどしなくなってしまう。しかし、自分の行動を時間を置いて見直すと、「自分はこういうことがやりたかったんだ」と再発見したり、「他にこういうやり方があった」と気づいたりすることがとても多いのです。


高橋がなり

本当に「仕事ができる」人とは、自分を犠牲にしてでも、周囲やお客を喜ばせられる人です。たとえば、お客からムリなことを頼まれた時、むげに断らず、上司を説得する。部下や同僚が困っていたら、自分が忙しくても手を貸してあげる。誰も見ていないところで雑用をする。こういう「犠牲バント」ができる人は、能力は平凡でも、必ず上から認めてもらえます。


吉田典史

上司が考えを誤るのは、部下の側にも問題がある。上司は好き好んで無理難題を言いたいわけではない。普段から部下が「報連相」をマメにしていれば、上司もそんな仕事を振ることは、そう多くはないだろう。上司をうまくコントロールする最大の秘訣は、「二人三脚」と言えるほどに密な関係を日頃から築くこと。当たり前に思える結論だが、実はそれに尽きる。