仲村トオルの名言

仲村トオルのプロフィール

仲村トオル、なかむら・とおる。日本の俳優、タレント。専修大学文学部卒業。大学在学中、映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

仲村トオルの名言 一覧

大抵の現場は大変なもの。これも自分ではコントロールできないこと。だから、どこにいっても「大変だ」とかは考えない。考えることを放棄するのではなく、意識的に鈍感になる。これで最高の環境でなくても最善を尽くせます。


僕らの仕事は台詞を覚えることがゴールではありませんが、まず覚えないことには仕事が始まらない。だから、覚えたところがスタート地点なんです。


もちろん、反省の意味も含め、撮影後に「あのシーンはあの演技でよかったのか」と思い出すこともあります。でも、撮り終わってしまっていたら、どうすることもできない。自分がコントロールできないことに対してあれこれ悩むとつらくなってくるので、意識的に考えないようにしています。


「積極的に忘れる」ことを心がけています。撮影が終わったら台詞を忘れて、頭の中のハードディスクが空っぽになるように。撮影が終わった役柄の台詞が急に蘇ってくることもありますが、そんなときは忘れるために別のことを考えます。


(台本を読みながら)このシーンは、「こう演じたほうがいいのかな」と思った場所に鉛筆で印を付けたり書き込んだりします。そして役どころのイメージが見えてきたら、レコーダーに、自分の台詞だけでなく、ト書きや他の人の台詞も含めて自分の声で吹き込んで、ひたすら聴きます。どれくらい聴き込むかはシーンによって異なりますが、長台詞や専門用語が多いときは、聴く回数は多くなりますね。録音を聴きながら、覚えにくいところなどは色鉛筆で囲みます。すると、台詞を思い返すときに「あのページの、あのあたりに、あの色で囲んだ」と、台詞がビジュアルで浮かんでくる。これが、思い出すときに役立つのです。


いつも、まず台本をいただいたら「こういう人物で演じたらどうだろう」とキャラクターをイメージして読み進めます。途中で「このキャラクターではこれ以上進めない」と感じたら、また別の人物を思い浮かべ、最初から台本を読み直す。一回でキャラクターを掴めることもあれば、なかなかスムーズにいかないときもあります。


仲村トオルの経歴・略歴

仲村トオル、なかむら・とおる。日本の俳優、タレント。専修大学文学部卒業。大学在学中、映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

ダニエル・ピンク

それが面白いから、それが重要だからやるという動機があってこそ、「やる気」がみなぎり、能力が最大限に発揮される。


澤田貴司

会社というのは、理念や目標があるわけですが、それをこれこれこうだからいま何をすべきか、それによりこれを先にやるべきだとか、論理的に整理て具体的に日常業務に落としていかなければなりません。


本庄八郎

お客様第一主義が伊藤園経営の中核。お客様とは、商品を買っていただく消費者だけでなく、原材料の購買先、地域社会と私たちと取引や関係のある企業や人たちすべて。


澤田秀雄

(HIS本社の経営の第一線から退けたのは)たまたま僕には、他にやることがいっぱいあったからよかったのかもしれません。何もなかったら、つい口出しして「また俺がやる!」なんて言い出すかもしれないでしょ?


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


栗野宏文

アイデアを考えるとき、べつに書き出さなくてもできそうなんですが、僕の場合は書き出したほうが頭が整理できるんですよね。自分の思考を紙上にビジュアライズできるからかもしれません。


河合薫

ある企業では昼休みにヒップホップダンスを取り入れました。最初は「みんなで踊るなんてムリ!」と社員たちは大ブーイングでしたが、56歳の部長が勇気を出して参加。その微妙な踊りに社員たちもつられ、一人また一人と加わり今ではストレス発散の時間として役立っているそうです。


岩佐大輝

最近では、農業に参入したい企業や就農希望者をサポートする事業も始めました。「農業は難しい」「参入したくても、とっかかりすらわからない」と言う人が多いのですが、長期的に見れば、今後、世界の人口が爆発して食料が確実に不足します。農業をやらない理由はありません。


ダン・ケネディー

大学卒でなくてもビジネスで成功するために必要な知識を身につける3つの方法

  1. 近くの大きな図書館に通おう。あらゆるアイデア、製品、サービス、ビジネス、問題について膨大な量の有益な情報が無料で手に入る。ありとあらゆる分野で成功した人がその秘訣を書いた本も見つかるだろう。
  2. 狙いを定めた分野で最も成功を収めている人物を50人選んで直接会いに行って、食事をごちそうさせてほしいと申し出よう。そして話を聞かせてもらうのだ。50人中10人は時間を割いてくれるものだ。
  3. 志望の分野で働いてみること。いろいろなことを観察して学べる会社を選んで働く。場合によっては無給で働く覚悟も必要だ。

内藤由治

ポッカが経営危機を迎えた2005年、私は社長として投資ファンドと経営陣によるMBOで株式上場を廃止する決断をしました。創業者に頼ってしまうぬるま湯体質から脱却する意識改革と、抜本的な経営改革を進めるためです。株式の非公開化には退路を断つという意味もありました。


大前研一

異質が集まるからこそ、エネルギーが生まれる。


竹田和平

基本は割安な株を買うこと。しかし、大企業の子会社はダメです。親が腐ると子も腐るからです。親会社から理不尽な取引を押しつけられても、親からの天下り経営者では、それを断ることもできません。経営者が株主の方向ではなく、親会社の方しか見ない状況。それではダメなんです。小さくてもしっかりと独立した会社の、安値を買っていかなければならない。


砂山起一

従業員のやる気を引き出すために、様々な取り組みをしています。今年1月末にはキャストだけのために、ディズニーランドを貸切にして遊んでもらう「サンクスデー」を開催しました。管理職や正社員は、この日ばかりは「もてなし役」になります。私は清掃担当者の制服を着て、掃除しながらいろいろな場所を歩き回って、キャスト(アルバイトを含めた従業員)の皆さんに感謝の挨拶をしました。


菅野寛

ビジネスという競争の世界では「がんばれば報われる」と言うけれど、そもそも競争の土俵に上がりたくても上がれない人がいるということまで考えられる人になるよう、学生たちを徹底的に教育しています。


宮坂学

早く意思決定をすることが本当に大事です。やっぱり回転の早いほうが勝つ。回数も重要です。いくら正しい決定をやっていても、打席が4回しかなければ最大でもヒットは4本しか出ないじゃないですか。でも、打席が多ければたとえ打率が悪くてもヒットを10本打つことができるわけです。何回も素早く意思決定をすることが我々の仕事だと思っています。


ページの先頭へ