名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲摩恵佑の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲摩恵佑のプロフィール

仲摩恵佑、なかま・けいすけ。日本の経営者。「SPILYTUS(スピリタス)」社長。都心3畳ワンルームアパート市場を開拓した。

仲摩恵佑の名言 一覧

最初は独学でした。今思えば、創業したばかりの貪欲さと熱意だけで突っ走っていた。


一般的な建築会社は、審査が通らなかった場合の仕様変更で施工が遅れるのを嫌うため、寸法に余裕をもたせて設計しています。この「余裕」という名のムダを極限まで削り、部屋数を増やしています。当社は数ミリ単位の勝負をしているんです。初期に手がけた物件の図面をみると「今ならあと2部屋は増やせるな」と思うこともありますね(笑)。


仲摩恵佑の経歴・略歴

仲摩恵佑、なかま・けいすけ。日本の経営者。「SPILYTUS(スピリタス)」社長。都心3畳ワンルームアパート市場を開拓した。

他の記事も読んでみる

小林道寛

弱い部分を補うのではなく、強い部分を強くして特徴ある会社になれば、評価も高まるだろうと考えました。そうしてインフラ基盤の仕事に大きく舵を切り、人材もその前提で集め始めました。その結果、実際にインフラ基盤に強い会社になることができた。


市川憲和

お客様からのご要望があれば何でもやるので総花的ではありますが、多面多様であることが特徴かもしれません。


林高生

僕は、「幸せは長くは続かない」と思っているんです。ネガティブな表現に捉えられるかもしれませんが、放っておいたら絶対に、良い状態が続くわけがないのです。


粟津恭一郎

質問の技術で大事なのは、「話の流れに合わせて考える」こと。事前に用意できる「誰にとっても良い質問」は存在しない。「良い質問」は会話の流れの中でしか生まれません。


岩佐実次

常に5年後、10年後のことを考えて新しい事業に種を蒔く。例えば、個別指導の「トーマス」の事業が軌道に乗ったら、僕はもう部下に任せます。それで次の新規事業の種を蒔いて育てます。トーマスが順調に伸びているうちに種を蒔いた新規事業が、今すごく伸びています。


森永卓郎

仕事で収入を増やす方策の一つは社内で困っている人や部署(人)を助けること。たとえば「人が足りず納期に間に合わない」という部署があるとします。そんな場合、異なるチームとはいえ、陰に日向にサポートすること。助けてもらった部署は恩に着ますし、その評判は直属の上司や人事部に伝わるかもしれません。それが、自身の評価アップ=昇進や昇給につながる可能性があります。


鶴岡公二

相手の立場を理解し合えば、そこから信頼関係が生まれる。


中野貴利人

本業の他にもう一つの仕事をこなすダブルワークスタイルは、新たな人脈ややりがい、生きがいをもたらします。もちろん、収入もついてくる。会社員だけの人より濃い経験を積める分、人生は充実していくでしょう。


依田平

定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


小路明善

私どもの今年度の活動のキーワードは「Re・元気(元気回復)」です。人とのつながり(Relation)、信頼できる確かなもの(Reality)、リフレッシュ(Refresh)、といったいまお客様がお酒に求めている価値観をご提案することで元気回復に貢献していきたいと思います。


村口和孝

起業家は、どこに可能性をかけて良いのか、迷い道に入ったような気持ちになる。しかし、ここであれこれ探索して試行錯誤して、自分がなすべき事業を発見することが重要である。後でその迷い道の途中で観察でき、体験し、発見したことが長い人生の中で、役に立ってくることはよくある。


菅井敏之

たとえ借金だとしても、絶対に手元に現金があったほうがいいんですよ。結局、倒産する会社はお金を借りすぎているわけじゃなく、手元に現金がなさすぎて倒産している。これは家計にも言えること。