名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

仲摩恵佑の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲摩恵佑のプロフィール

仲摩恵佑、なかま・けいすけ。日本の経営者。「SPILYTUS(スピリタス)」社長。都心3畳ワンルームアパート市場を開拓した。

仲摩恵佑の名言 一覧

最初は独学でした。今思えば、創業したばかりの貪欲さと熱意だけで突っ走っていた。


一般的な建築会社は、審査が通らなかった場合の仕様変更で施工が遅れるのを嫌うため、寸法に余裕をもたせて設計しています。この「余裕」という名のムダを極限まで削り、部屋数を増やしています。当社は数ミリ単位の勝負をしているんです。初期に手がけた物件の図面をみると「今ならあと2部屋は増やせるな」と思うこともありますね(笑)。


仲摩恵佑の経歴・略歴

仲摩恵佑、なかま・けいすけ。日本の経営者。「SPILYTUS(スピリタス)」社長。都心3畳ワンルームアパート市場を開拓した。

他の記事も読んでみる

芝本裕子

まず、「化粧品をつくってみませんか?」というお話をいただいたのがきっかけで、化粧品の企画から販売まで携わることになりました。そのときには、まだ何をつくるかも決まっていない状態でした。そこで、いまの日本市場には、まだそう多くは出回っておらず、需要がありそうな化粧品を考えたときに思いついたのが、韓国で流行っていた、一枚一枚が個別包装されているシートマスクでした。これは、日本の女性にも需要があるはずだ!と。


中桐啓貴

お金持ちは人並み以上に時間に気を使う人たちです。


久野康成

今も昔も結局、成功も失敗も同じような法則で繰り返される。傍から見れば分かるのですが、自分自身がその当事者になっていると大きなミスを犯していることにすら気が付かないものです。


喜多村円

過去の体験談はさておき、これからの話をしませんか。
【覚え書き|取材に来た記者に対しての発言】


ラ・フォンテーヌ

人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。


中村獅童(二代目)

チャンスって、みんなに平等に巡ってくるものだと思う。チャンスが巡ってきた時に、いかにパッとつかむかが大切。才能がなかったり勘が悪かったりすると、チャンスを逃しちゃうんですよ。「おまえこれチャンスだよ」っていう大事な時、才能のある奴はパッとつかんで自分のものにする。でもボーッとしてると、チャンスを逃がしてしまうよね。そのための準備と言えるかどうか分からないけど、僕はアンテナは常に張り巡らせてました。


宇田川憲一

私が技術についてイラン人の複数の技術者たちに教えた後に、「分かりましたか?」と確認すると必ず「分かった」と言うのですが、よく聞くと全然分かっていない。つい怒ってしまい、険悪な雰囲気になることも。なぜ「分からない」と言わないのかを探っていくと、彼らには人前で分からないとは言いづらい心理が働いているようでした。大学卒の技術者はインテリ意識が強い。このため、彼らのプライドを傷つけかねない会話は、1対1で行うよう心がけました。欧米もそうですが、とりわけ中東や中国ほかアジア圏はメンツの社会です。指摘をしたり叱ったりするような時は、必ずほかの人のいないところでするような配慮が不可欠なのです。


ゲーテ

常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。


黒川博昭

社長就任後、失敗プロジェクトに学ぶ研修も始めました。上手くいかない案件にはどんな問題点があり、それを避けるにはどうすればいいのかを、営業とSE(システム技術者)の両方の社員が数千人単位で集まって勉強をします。私自身も参加し、社員たちが実際に現場で体験した事例を持ち寄って議論しました。


出口治明

部下の残業が多いのは、上司が仕事量や効率を考えて、バランスを取ることができていない、つまりマネジメント能力が低いからです。ですが、そのことに問題意識を持つ人が非常に少ないのが現状なのです。


古森重隆

日本が戦争に負けた時。私はまだ6歳になる直前でしたが、子ども心に思った。日本が大変な状況の中、「必要なものは、世の中を動かす力。負けたらこういうことになる、負けちゃダメなんだ」と。学生時代も、真の実力を養うことをいつも考えていました。会社も同じ。会社も真の力がなければならない。


プラユキ・ナラテボー

苦しみに苛まれたとき、破壊すべきは身体ではなく自我という構築物であり、終わらせるべきは生身の命ではなく思考の物語のほうなのだ。私たちは、苦しみから自由になるためにみずからの身体を殺める必要はない。ただ、心に適切に対処していけばよいのである。