名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲山進也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲山進也のプロフィール

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

仲山進也の名言 一覧

「楽天大学にはどんなノウハウがあるのですか」とよく聞かれますが、「こうすればうまくいく」というものはありません。変化のスピードが激しいネットの世界では正解や前例のない状況が常なので、「こうすればうまくいく」というやり方を表面的にとらえると、3か月後には通用しなくなっている可能性があります。


継続していくには楽しくやることが重要で、楽しく仕事をしていると会社の雰囲気も良くなって、みんなが仕事をしやすくなります。楽しく仕事をしているかどうかは売上の成長とも因果関係があると感じます。


自分の強みを客観的に理解し、それを発揮して、お客さんに伝える「とんがった部分」を磨いていくことが大切だと思います。


楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続で獲得した「バラの家」というバラ専門店があります。この店の特徴は1000種類ものバラの品ぞろえと、お客さんからの質問件数です。バラの育て方について多いときには1日100件もの質問が届きます。バラ苗の販売は、同時に育て方も一緒に伝えることが求められます。お客さんはバラの苗が欲しいのではなくて、バラを育てる楽しさを欲しがっている。お客さんとのやりとりからそう気づいたバラの家では、専門性を活かしてひとつひとつ返事をして、バラ栽培の実践コミュニティをつくっていったのです。


重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


「知る・やってみる・わかる」。それを繰り返しながら身体で学ぶことが重要です。ネットショップで上手くいくのは、とりあえずやってみる人です。


楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。


私が店舗さんをサポートする仕事をしていて、一番意識しているのは、横のつながりをつくることです。たとえば、楽天大学では3か月でチームづくりを学ぶ講座があります。参加者でチームづくりを勉強しながら、同時に参加者自身がチームになるような体験をしてもらうものです。こうした講座を通じて中のいい人ができると、終わった後もずっと頑張り続けられます。


一生困らない学びを得るには「どう学ぶか」より、「これを学びたい」と思える環境をどう自分の周りにつくりだすかが重要だと私は考えています。そのためには切磋琢磨する良きライバルや、たまにワンステージ上の人と触れ合えるネットワークをつくることです。


仲山進也の経歴・略歴

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

みんなが反対する新商品を開発するというのは、株式投資であえてトレンドに反するほうに投資する「逆張り」と同じで、一種のバクチのようなものです。それで会社を潰すようなことがあってはならないので、売れなかった最悪の場合のことは、もちろん常に考えています。損切りラインを決めるのも、実際に損切りを実行するのも、経営者の仕事でしょう。


村上龍

私の場合、同じことを繰り返すと飽きてしまうのです。だから常にテーマというか小説のモチーフとして、私自身を刺激してくれるはずだと確信するものを選びます。そのモチーフが困難なものか、それとも案外安易なものかは関係なく、刺激してくれるものを選ぶわけです。なので、モチベーションを維持する上で、悩んだり、困ったりしたことはないです。


伊藤正裕(起業家)

「少しくらいの損ならいいじゃないか」と考えるのは駄目です。「赤字の事業だが、将来のために」というのは非常に危険で、1円でも損したらいけないのです。事業規模が大きくなったとしても赤字体質は変わらず、赤字もまた大きくなっているものです。


大宮久

弊社の創業は天保13年(1842年)。その間の歴史をひも解けば、まさに山あり谷あり、常に緊張感と背中合わせだった。


犬伏泰夫

交渉と言うと少し大げさになりますが、私たちは日々、人と人とのやり取りや関わり合いの中にいます。その際私が常に心がけるべきだと考えているのは、たとえ双方の認識が異なっていても十分に意見を出し合うことです。胸襟を開いて、相手の話をまずは受け入れる。そして自分の考えもしっかりと述べるのです。


水野学

大学生時代、アルバイトでお金を貯めて京都の料亭に通っていたことがあります。いまとても人気になっているある料亭に行ったとき、帰りに僕が見えなくなるまで見送ってくれました。結局、いいものを創る人はいい人なんだ。自分もそうではくては……。そんなことを教えられた経験でした。


田中通泰

コミュニケーションを大切にしています。うちに社長室や会長室はありません。基本的に食事は社員食堂で社員と一緒にとります。最近では、始業から20分間はパソコンの使用を禁止することを始めました。その代わり、フェースミーティング(顔を見ながらの会議)を推進しています。


池田千恵

朝起きたらツイッターで起床報告をしています。一緒に四時起きを実践している「ヨジラー」の仲間たちと、「#4ji」というハッシュタグを使って毎朝起床報告をしあっています。通常、早起きは孤独なものですが、一緒に起きる仲間がいると、それがいい意味でのプレッシャーになって起きられるんです。ツイッターはズルズルやると時間の無駄ですが、時間を決めてやれば、早起きの習慣化に役立つツールだと思います。


栗原信裕

私は11年間、人事の仕事をし、サントリーフーズ社良時代は社員の意識改革に力を入れました。社員はブランドを育てるという意識が弱く、とにかく売上高を増やそうとしていました。私は営業担当者にグループの生産やマーケティング部門と一体になって、ブランドを育てようと言い続けました。特定保健用食品「特茶」のような高価格の商品は、初動が良くても、その後失速することが多いです。それでもヒット商品に育てることができたのは、意識改革の成果でもあります。


ティモシー・フェリス

本で読んだ知識や、自分の営業術なども情報としてほしい人がいたら商品になる。


坂根正弘

私は社外取締役の是非だけを論じていては、コーポレートガバナンスの議論を矮小化しかねないと危惧している。まず企業と経営者が「何のためのガバナンスか」を自分の頭で考え、明確にしておかなければどんな制度も形骸化するからだ。


松本晃(経営者)

会社はすべてのステークホルダー(利害関係者)に対して、責任を負っています。優先順位の一番にくるのが、顧客・取引先です。