名言DB

9419 人 / 110788 名言

仲山進也の名言

twitter Facebook はてブ

仲山進也のプロフィール

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

仲山進也の名言 一覧

「楽天大学にはどんなノウハウがあるのですか」とよく聞かれますが、「こうすればうまくいく」というものはありません。変化のスピードが激しいネットの世界では正解や前例のない状況が常なので、「こうすればうまくいく」というやり方を表面的にとらえると、3か月後には通用しなくなっている可能性があります。


継続していくには楽しくやることが重要で、楽しく仕事をしていると会社の雰囲気も良くなって、みんなが仕事をしやすくなります。楽しく仕事をしているかどうかは売上の成長とも因果関係があると感じます。


自分の強みを客観的に理解し、それを発揮して、お客さんに伝える「とんがった部分」を磨いていくことが大切だと思います。


楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続で獲得した「バラの家」というバラ専門店があります。この店の特徴は1000種類ものバラの品ぞろえと、お客さんからの質問件数です。バラの育て方について多いときには1日100件もの質問が届きます。バラ苗の販売は、同時に育て方も一緒に伝えることが求められます。お客さんはバラの苗が欲しいのではなくて、バラを育てる楽しさを欲しがっている。お客さんとのやりとりからそう気づいたバラの家では、専門性を活かしてひとつひとつ返事をして、バラ栽培の実践コミュニティをつくっていったのです。


重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


「知る・やってみる・わかる」。それを繰り返しながら身体で学ぶことが重要です。ネットショップで上手くいくのは、とりあえずやってみる人です。


楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。


私が店舗さんをサポートする仕事をしていて、一番意識しているのは、横のつながりをつくることです。たとえば、楽天大学では3か月でチームづくりを学ぶ講座があります。参加者でチームづくりを勉強しながら、同時に参加者自身がチームになるような体験をしてもらうものです。こうした講座を通じて中のいい人ができると、終わった後もずっと頑張り続けられます。


一生困らない学びを得るには「どう学ぶか」より、「これを学びたい」と思える環境をどう自分の周りにつくりだすかが重要だと私は考えています。そのためには切磋琢磨する良きライバルや、たまにワンステージ上の人と触れ合えるネットワークをつくることです。


仲山進也の経歴・略歴

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

他の記事も読んでみる

湖中謙介

これからは紳士服に限らず、製品力や販売力を含めた総合力が必要で、コミュニケーション力も求められます。その意味でもクリエーティブディレクターの佐藤可士和氏に助力をいただいて、ただロゴを作るとか店舗デザインを考えるのではなく、どのようなメッセージを込めてロゴや店舗を作るのか、そこでどんなプロモーションをしていくのかまで考えています。


樋口武男

東京から大阪に、普通列車で9時間半かけて行こうと思いますか。誰だって2時間半で着く新幹線を選びますよね。それは、人がスピードという形のないものに価値を感じるからです。仕事もまったく同じこと。速ければ速いほど、そのぶん顧客に大きな価値を提供することができるのです。


石坂泰三

日本に今一番大切なものは、経済道義の高揚である。
【覚書き:経団連会長時に、いまの財界に何が必要かと問われた時の返答】


森本千賀子

仕事においても家庭においても、私は自分でやるべきことと、私でなくてもできることを整理し、ほかの人でもできることはできるだけアウトソーシングしています。家事の合理化には、最新型の家電を取り入れるようにしています。


泉谷しげる

信頼関係を築きたければ、いかに相手の懐に入れるかで決まる。相手の懐に人ってナンボ。挨拶はそこそこで十分。それより懐に入れ。距離を置くことも大事だけど、そこを縮める努力も必要。


渡瀬謙

営業マンは顧客に有益な商品を提供し、顧客は対価を払う。本来二者の間に上下はなく、対等なのです。もちろん丁寧にしなくてはいけませんが、へりくだる必要はありません。


谷原誠

聞きたいことは一つでも、質問の仕方はいくつもあります。雑談にせよ、商談にせよ、質問をしたくなったらいくつかの聞き方の候補を考えて、最適なものを選ぶ。そのうえで、もっと良い聞き方がないかも考えてから、実際に質問をする。そして、相手の反応を見て、良かったところ、悪かったところを反省する。相手に好かれる質問ができるようになるためには、この練習を日々、繰り返すことです。


本郷和人

秀吉がかわいがられた理由は、持ち前の「人たらし」であったことに加えて、「人よりも一歩先に出る」「誰よりもうまくやる」ことを貫いたからだと言える。


加藤壹康

ひとつひとつの視点に対して目標を設定し、事業会社の月々のレビューはもちろん重要課題については四半期ごとのモニタリングで進捗状況を確認し、また次の手を打ちます。いわゆるPDCA(計画、実行、評価、見直し)サイクルをしっかりと回すことによって、最終的には財務の視点につながる経営をしていきます。そこには絶えず数字がついて回るわけで、気が抜けません。


松井知敬

いざ自分がやってみると、育児書を読んで勉強して試してみるけど結果が出ない。ついには長男が学校に行きたくないと言ったり、長女も受験へのストレスからか当たり散らすようになって。やっと子育ての難しさに気づいた。「これじゃいけない」と思い、それから毎日のように妻と腹を割って話すようになりました。そうすると子育てのことだけではなく、仕事のことや生活のこと、自分のことを俯瞰できるようになったんです。私にとって主夫生活は、心の奥底にあって意識したこともなかった「信念」に触れ、それを一度打ち壊して構築し直した時期でした。主夫として子供を育てるため、そうせざるを得なかったというのが実情ではありますが、これほど生き方を変えることになった経験はありませんし、この先もないと思います。