名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲山進也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲山進也のプロフィール

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

仲山進也の名言 一覧

「楽天大学にはどんなノウハウがあるのですか」とよく聞かれますが、「こうすればうまくいく」というものはありません。変化のスピードが激しいネットの世界では正解や前例のない状況が常なので、「こうすればうまくいく」というやり方を表面的にとらえると、3か月後には通用しなくなっている可能性があります。


継続していくには楽しくやることが重要で、楽しく仕事をしていると会社の雰囲気も良くなって、みんなが仕事をしやすくなります。楽しく仕事をしているかどうかは売上の成長とも因果関係があると感じます。


自分の強みを客観的に理解し、それを発揮して、お客さんに伝える「とんがった部分」を磨いていくことが大切だと思います。


楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続で獲得した「バラの家」というバラ専門店があります。この店の特徴は1000種類ものバラの品ぞろえと、お客さんからの質問件数です。バラの育て方について多いときには1日100件もの質問が届きます。バラ苗の販売は、同時に育て方も一緒に伝えることが求められます。お客さんはバラの苗が欲しいのではなくて、バラを育てる楽しさを欲しがっている。お客さんとのやりとりからそう気づいたバラの家では、専門性を活かしてひとつひとつ返事をして、バラ栽培の実践コミュニティをつくっていったのです。


重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


「知る・やってみる・わかる」。それを繰り返しながら身体で学ぶことが重要です。ネットショップで上手くいくのは、とりあえずやってみる人です。


楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。


私が店舗さんをサポートする仕事をしていて、一番意識しているのは、横のつながりをつくることです。たとえば、楽天大学では3か月でチームづくりを学ぶ講座があります。参加者でチームづくりを勉強しながら、同時に参加者自身がチームになるような体験をしてもらうものです。こうした講座を通じて中のいい人ができると、終わった後もずっと頑張り続けられます。


一生困らない学びを得るには「どう学ぶか」より、「これを学びたい」と思える環境をどう自分の周りにつくりだすかが重要だと私は考えています。そのためには切磋琢磨する良きライバルや、たまにワンステージ上の人と触れ合えるネットワークをつくることです。


仲山進也の経歴・略歴

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

他の記事も読んでみる

辻野晃一郎

グーグルでは会社全体がインターネットやクラウドコンピューティングの将来について揺るぎない確信を持っています。そこにはまったく迷いがないから、会社はそこにどんどんお金を投資し、エンジニアは自分の才能を惜しげもなく投入していくのです。


千本倖生

最短距離とは本質を行くことです。つまり、経営者なら1円でも経費を節減し、1円でも売上をあげ、お客さんに「ありがとう」と言ってもらえるように汗を流す。少なくとも僕は、この方法以上に効率的なやり方を知りません。


伊東龍也

これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


似鳥昭雄

小売業というイメージがあると思うんですが、当社は製造物流小売業ですから、ものづくりと物流がポイント。お客様が欲しいと思える商品開発と物流で7割が決まる。


大前研一

イスラエル出身者が世界中で活躍しているのは周知の事実。また、シリコンバレーには多くの「チャイニーズ」の起業家がいるが、実はそのほとんどは大陸ではなく台湾出身。両国ともIT教育や英語教育に力を入れているが、それよりも大きいのは「危機感」だ。イスラエルは周辺諸国と常に敵対関係にあり、台湾も大陸中国がいつ攻め込んでくるかわからない。だからこそ彼らはいつでも逃げられるように必死に英語やITなど、どこでも使えるスキルを磨くのだ。危機感と21世紀を見据えた施策が、グローバルで活躍する優秀な人材を輩出する理由なのだ。


ジェームズ・アンドリュー・スタンレー

日本では、文字の書き方が決まっているのが印象的です。日本の高校で英語教師をしていたとき、授業のあとで日本人の先生に、「ジェームズ先生、アルファベットが間違っていますよ」と言われてしまったのです(笑)。正しくは、間違えていたのではなく、それが「私の書き方」なのですが、注意されてしまいました。カナダでは、字は人が読めればOK。相手が読めさえすれば、オリジナルの書き方をしても人から何か言われることはありません。まさか日本で手書きの文字を注意されるとは思わず、日本人が型を重んじる人々だということを学びました。


森田仁基

ミクシィは僕で3代目です。100年続く会社となるためには、何度か脱皮していかなければならないのだろうなとは感じています。


長谷川嘉哉

「不快」に立ち向かうことは、強烈な「快」を生み出す最も効果的な方法であり、自分の負の感情をうまくコントロールする手段でもある。


真山仁

捨て石だと思えば、失うものはないから大胆になれるし、開き直れる。玉砕するかもしれないけど、未来への捨て石は、決して悪い意味ではない。


山口多賀司(経営者)

今は私も社主という立場になって、経営は社長をはじめとする若い人に譲っておりますが、若い頃は本当によく働きました。もっとも昭和20年、30年代というのは、私だけでなく、隣の家のおじさん、お兄ちゃんも、とにかく日本国民が昼夜関係なく働き詰め。戦後、就職先もなければ何もない状態で生きるために必死だったんです。だから、日本国民一人ひとりが働いて、働いて、働きつくして作り上げたのが戦後の経済大国だった。


伊藤正明(経営者)

社長は必ずしも社内のすべての課題を把握しているわけではありません。会議では、最初に現場の担当者が発言するように促します。


安田佳生

大きく値上げするということによって、既存の顧客を入れ替えることができます。従来の顧客を捨て、より高額で質の良い商品を買う顧客を手に入れるのですから、長い目で見れば、非常に大きな利益とブランド力を得る可能性をつかむということです。