仲山進也の名言

仲山進也のプロフィール

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

仲山進也の名言 一覧

「楽天大学にはどんなノウハウがあるのですか」とよく聞かれますが、「こうすればうまくいく」というものはありません。変化のスピードが激しいネットの世界では正解や前例のない状況が常なので、「こうすればうまくいく」というやり方を表面的にとらえると、3か月後には通用しなくなっている可能性があります。


継続していくには楽しくやることが重要で、楽しく仕事をしていると会社の雰囲気も良くなって、みんなが仕事をしやすくなります。楽しく仕事をしているかどうかは売上の成長とも因果関係があると感じます。


自分の強みを客観的に理解し、それを発揮して、お客さんに伝える「とんがった部分」を磨いていくことが大切だと思います。


楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続で獲得した「バラの家」というバラ専門店があります。この店の特徴は1000種類ものバラの品ぞろえと、お客さんからの質問件数です。バラの育て方について多いときには1日100件もの質問が届きます。バラ苗の販売は、同時に育て方も一緒に伝えることが求められます。お客さんはバラの苗が欲しいのではなくて、バラを育てる楽しさを欲しがっている。お客さんとのやりとりからそう気づいたバラの家では、専門性を活かしてひとつひとつ返事をして、バラ栽培の実践コミュニティをつくっていったのです。


重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


「知る・やってみる・わかる」。それを繰り返しながら身体で学ぶことが重要です。ネットショップで上手くいくのは、とりあえずやってみる人です。


楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。


私が店舗さんをサポートする仕事をしていて、一番意識しているのは、横のつながりをつくることです。たとえば、楽天大学では3か月でチームづくりを学ぶ講座があります。参加者でチームづくりを勉強しながら、同時に参加者自身がチームになるような体験をしてもらうものです。こうした講座を通じて中のいい人ができると、終わった後もずっと頑張り続けられます。


一生困らない学びを得るには「どう学ぶか」より、「これを学びたい」と思える環境をどう自分の周りにつくりだすかが重要だと私は考えています。そのためには切磋琢磨する良きライバルや、たまにワンステージ上の人と触れ合えるネットワークをつくることです。


仲山進也の経歴・略歴

仲山進也、なかやま・しんや。日本のEコマースコンサルタント。楽天大学学長。北海道出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、創業後間もない楽天に入社。その後、楽天大学を設立し、楽天市場に出店する店主への教育を行い、3万店舗以上の売り上げアップに貢献した人物。ビジネス教育の仲山考材を創業。主な著書に『ビジネス頭の磨き方』『ネットショップの教科書』など。

他の記事も読んでみる

板尾創路

日記に書いたことは、ほぼ忘れてます。後で読み返すと、こんなん考えてたんやなと驚くことも。自分の好みを発見できるのも面白い。


主藤孝司

ヒット商品は「足し算の法則」で作っていく。足し算型商品は、「冷麺+ちゃんぽん=冷やしちゃんぽん」「金融+IT=フィンテック」など。一方、「引き算の法則」は大化けするヒットの原動力である。引き算型商品は、「床屋-洗髪=QBハウス」「おにぎり-握る=おにぎらず」など。「足し算」と「引き算」のハイブリッドでヒットを作るのである。


丸山栄樹

現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


渡邉幸義

近年、日本の企業は何でも競争で、目先の効率化だけを追い求めています。そうやって弱い立場の人がどんどん切り捨てられてきました。だから私は、あえてこの逆をやるのです。「ありえない」と思われようが、「非常識だ」と言われようが、私はずっとこのスタンスでやってきました。これからもそうするつもりです。


フラナガン裕美子

上司を観察することが大切。「今日は表情が硬いな」ということに気づければ、「機嫌が悪いかもしれないから、複雑な話をするのはあとにしよう」といった判断もできるようになります。好きな人のことなら、どんな小さなことでも見逃しませんよね。ですから、私がお勧めするのは、心の中で「好き」と思いながら上司に接することです。どうしても「好き」と思えなければ、お給料をくれる上司の顔を1万円札だと思えば、好きになれるのではないでしょうか(笑)。


辻哲夫(官僚)

よく高齢社会は年寄りが増えて大変だと言うんですが、これを積極的な姿勢で迎えることが大切。


藤田晋

「ビジネスで有効活用できるならフェイスブックの利用を検討したい」と考えている人には、検討する前に使ってみることをお勧めします。これはフェイスブックに限った話ではありませんが、新しいサービスは、世間の評判をどれだけ聞いても分かりにくいと思います。だからこそ、自分で使ってみて判断するしかありません。話題のフェイスブックをビジネスで生かせるかどうかは、自分で使いながら検討してみてください。


GACKT

僕のステージを観てる人から「よくあんな辛いステージやってますね」とか言われるけど、僕にとっては全然辛くない。僕がやろうとしていることを、みんなが自分自身の中で感じてくれるのが楽しいから。ステージは僕の作品としてやっていることだから、辛いとは思わない。


箱田忠昭

何のためにこの勉強をしているかがちゃんとわかっている人は、どんなに仕事が忙しくても、やる気を維持させることができます。


国部毅(國部毅)

リーマンショック後、欧米の金融機関にパラダイムシフトが起きたことは間違い強いと思います。特に投資銀行はその典型例ですが、リーマンショック後の様々な規制強化などによって、彼らが商業銀行に回帰しているのが、現状ではないでしょうか。この商業銀行業務は我々がずっとやっていた業務であり、非常にアドバンテージがありますので、彼らとは経験の厚みが違うと思います。


福嶋麻衣子

睡眠時間は1日7時間以上取るようにしています。私自身が寝ないとダメな体質というのもあるんですが、7時間以上の睡眠を取っているお陰で1年を通じて、ほとんど体調を崩すことなく過ごせています。


藤田晋

強力なライバルが、それこそ必死で同じ目標に向かって努力をしている以上、さらなる努力をしなければ相手に勝てません。仕事は常に、最も高いレベルの争いをしていると考えてください。


織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


青野慶久

今日のようにビジネスへのITの利活用が当たり前になった時代に、企業が成長し続けるためには積極的な情報化投資が欠かせません。情報化を推し進めれば、脅威にさらされるリスクも高まります。情報化投資は、常に「攻め」と「守り」の両輪で考えるべきです。さらに言えば「守り」は最大の攻めにもなりえます。ビジネスの成長を止めないためにも、万全な情報セキュリティ対策を心掛けていただきたいですね。


藤岡頼光

当初は色んな人に反対されましたよ。「日本人のネイティブ信仰は強い。フィリピン人から英語を学ぼうなんて思うわけがないだろう!」と言われてね。でも、そのとき僕は諦めませんでした。自分自身が英語をマスターしちゃったわけですから、いくら批判されても信念は強かったですね。「ネットで宣伝しながら、まずはオンラインのビジネスを地道にやろう」と思い、試行錯誤を重ねて少しずつ大きくしていきました。


ページの先頭へ