名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲尾英敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲尾英敏のプロフィール

仲尾英敏、なかお・ひでとし。日本の経営者。「ぐいっと」社長。

仲尾英敏の名言 一覧

時間の限り幾度も考え抜いた提案でクライアントの不安を解消することにより、必ず仕事はうまくいく。


苦しんだ経験こそ糧にして、これからも新しいチャレンジを続けます。


広告やWEBの企画制作も、就活のイベント企画運営も、クライアントの立場にたって課題を解決する視点に変わりはありません。


仲尾英敏の経歴・略歴

仲尾英敏、なかお・ひでとし。日本の経営者。「ぐいっと」社長。

他の記事も読んでみる

大西洋

どんな仕事であっても、その先には必ず「お客様」がいます。自分の働きが、誰に、どんなふうに役立っているのか。それを自分の目でみて、仕事のやりがいを再確認する必要があります。私も社員によくいっていますが、管理職ほど意識して現場に足を運ぶべきでしょうね。


森山未來

『ネジと紙幣』という舞台に出演した時、ある方から、こんなアドバイスをいただきました。「限りなく本物に近い偽物を演じるなら、思いきり偽物を演じたほうがいい」と。僕は人殺し役で、リアルを追求していたのですが、行き詰まってしまった。そんな時にその話を聞き、「リアルだけにこだわらなくてもいいんだ」と。きっと、こうした積み重ねが、芝居に対する考え方を広げるんだろうなと思っています。


佐藤優

僕自身これまでの人生で、たくさんの人と出会い、成長することができた。人生の奥義を、僕は多くの人たちから学ばせてもらった。幸運な出会いもあったと思いますが、同時に自分のなかにも、それを学びたい、吸収したいという思いがあった。


巻誠一郎

自分が見つけた道は、前線からの泥臭い守備や、味方を生かすような動き、そしてもちろん得点力。FWとして絶対に点を獲るという気持ちの強さでやってきました。


哀川翔

どんな仕事をしてても、必ず壁っていうのはあると思うんですよ。そこにぶち当たらず、自分ではうまく回避したと思っても、その壁は一生自分につきまとうと思ったほうがいいよね。逆に、どんなに厚い壁だと思っても、2、3回ぶち当たっていけば、ウソみたいに崩れていきますから。ただ、ぶつかる前から目を逸らしているから、怖くなるの。だまされたと思って、一度ぶつかってごらん。「なぁーんだ」と思うくらい、スーッと壁は消えてしまうから。


小谷田孝行

重要なのは投資家とホテル社員とのコミュニケーションをどう築くかです。投資家の出現に対し、買収された側の社員たちは敵対の目で見がちです。私も「ハゲタカ」と罵られ、一斉に辞表を叩き付けられたこともありました。ただ現実を直視すれば分かるように、以前の経営者は結果的に社員を見捨てたわけで、次にやってきた投資家は彼らの雇用を確保したありがたい存在であるはずです。しかし労使対立はしばしば起こります。それは恐らくホテルと投資家の文化の違いと、それに伴う両者共通の「言語」がないからです。


武田良太

政治家というのは学者でも評論家でも役人でもない。時あらばマックス・ウェーバーが言ったように、それが善を生むためなら悪魔とでも手を握れということだと私は思っています。


山中勧

経営理念の中の「すばらしく美味しいものを造り」という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです。


福地茂雄

NHK会長に就く直前、記者によるインサイダー取引事件が明らかになり、NHKへの信頼は地に落ちてしまいました。コンプライアンス(法令順守)の体制確立と職員の意識改革が喫緊の課題でした。倫理委員会や倫理規定などの形を整えても、心に落とし込まない限り何も解決しません。


砂野仁

しみじみと思うことは、いかなる名案であっても時期が到来しなければ現実は困難であり、タイミングさえよければ非常に困難に見える仕事も案外スムーズに運ぶということである。古人はこれを天の時と言った。


安井利一

重要なのはモチベーションを高めることですが、不動産学部やホスピタリティ・ツーリズム学部は、学問の目的が明確なので、モチベーションは比較的上げやすいと思います。


森下洋一

私は常々、リーダーとして組織を率いていく立場の人には「人間力」が必要だと言ってきました。私の考える「人間力」は基礎と柱から成り立ちます。それは、ちょうど家を建てるようなものだと私はとらえています。まず基礎となるのが、率いる集団の誰よりも高い志、誰よりも強い使命感です。この基礎がしっかりしていないと家は建ちません。そして、この基礎の上に、「人望」「人徳」「器量」という三つの柱を築いていくのです。