名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲吉昭治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲吉昭治のプロフィール

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

仲吉昭治の名言 一覧

お客様個人の本音をいかに引き出すかが問われる時代になった。


目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


最初、ガンダムの玩具は売れないとされていた。でも、支持層が中高生なのに発売される玩具は幼稚園児向け。ターゲット層を合わせれば勝算がありました。


いままでの経験で、仕事における自分の良し悪しを把握できているはずです。あとは、自分がやれそうなことに関する情報を、いかにスピーディに吸い上げて実行するか。


バンダイ時代の私は、山科(直治)社長に誰よりも怒られたかもしれません。でも、いまでは、評価されているからこそ、厳しい態度で接してくれたと感謝しています。当時の叱責の言葉が私の経営訓になっているところもあります。人生には師がいたほうがいいでしょう。


仲吉昭治の経歴・略歴

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

他の記事も読んでみる

長尾裕

オープン型の宅配ロッカー(PUDO)に関しては、当初はもう少しゆっくりしたペースで増やしていこうと考えていましたが、設置台数のペースを上げています。ある程度まとまった台数がなければ認知もしていただけません。ある種のインフラになるように進めています。それは、単に不在配達をなくしましょうという短絡的なものではなく、たとえば、自宅以外の場所で受け取ることが便利な場合もあるという新しい価値を提供していきたいということです。


高田紘一(髙田紘一)

「疾風に勁草(けいそう)を知る」という言葉がありますが、困難なときに、初めて本当の強さが分かる。


佐久間庸和(一条真也)

当社は日本における自殺者数と離婚件数の減少を目標にしています。


笹氣健治

「現状を維持したい」という心理のために、人は難しいことへのチャレンジをためらってしまうものですが、それは人間の心理メカニズムを考えると仕方がないことともいえます。しかし、地道な改善努力を放棄していては、成長できないというのも現実です。


糸井重里

お客さんにたくさんの仕事をさせた商品ほどよく売れる。例えば、大雨の中、僕はある演劇を観に行きました。傘を差してもズボンの裾が濡れてしまって不快に思いながら、何百人ものお客さんが傘を手に会場へ向かう光景を見た時、ここまでお客さんに仕事をさせるこの演劇の力は素直にすごいなと感心したんです。お金を支払う側に仕事をさせてしまう商品力、それは一体何なのかと。


天毛伸一

メーカーとしてやっていくためには雇用の安定がすべてと言ってもいい。人を切らない。給料を下げない。安定した環境があれば、クリエイターはのびのびとモノ作りに励むことができます。


大高弘之

不況で研修に経費がかけられない、という企業には「こんな時代だからこそ、いま投資して、ますます売れなくなる時代に備えるべきです」と説きます。一歩先を見通すことで、お客様も商品の必要性に気づいてくれる。


高田明(ジャパネットたかた)

私は言葉だけで商品の説明をしていません。例えば小型のカメラを持ったら「小さいでしょ」と指先の動きで示します。表情や動作、自分の体全体で「すごいですよね」と語りかけ、数十万人の方との会話を楽しむのです。


上田準二

二言目には「バカヤロー」と怒鳴る上司に仕えていたころは、あちらと同じ体育会系口調で返事をしました。「わかってんのか!」と怒鳴られたら、「はいっ、わかってますっ!」と返す。こうすると怒鳴っている方も張り合いが出てきます。


安藤百福

みずからの足で歩き、みずからの目で確認しなさい。そうでなければあなたの話には重みも説得力もない。情報には鮮度がある。すべての人が良いという意見は信用できない。情報は自分の目と耳で集めろ。机の上でいくら思案しても、優れた発想は生まれない。


岡田博和

単なる生産工場ではなく、地域に根差したカンパニーとして、地域と共にお互いの発展を目指していきたい。


イチロー(鈴木一朗)

野球場においては、プライドを持ってその場に立つということは変わりません。これまでと何も変わらずに、ただユニフォームが変わっているだけ。信念を持ったことは、向こうのスタイルがこうだからといって揺らぐことはできないです。