名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

仲吉昭治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲吉昭治のプロフィール

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

仲吉昭治の名言 一覧

お客様個人の本音をいかに引き出すかが問われる時代になった。


目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


最初、ガンダムの玩具は売れないとされていた。でも、支持層が中高生なのに発売される玩具は幼稚園児向け。ターゲット層を合わせれば勝算がありました。


いままでの経験で、仕事における自分の良し悪しを把握できているはずです。あとは、自分がやれそうなことに関する情報を、いかにスピーディに吸い上げて実行するか。


バンダイ時代の私は、山科(直治)社長に誰よりも怒られたかもしれません。でも、いまでは、評価されているからこそ、厳しい態度で接してくれたと感謝しています。当時の叱責の言葉が私の経営訓になっているところもあります。人生には師がいたほうがいいでしょう。


仲吉昭治の経歴・略歴

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

他の記事も読んでみる

デイビッド・セイン

わからないときほど自分からどんどん話すべきです。“What?”と聞き返せば相手はもっと簡単な言葉で言い換えてくれるはず。黙っていたら、相手はこちらが理解していると思い、英語のレベルをさらに上げますから、ますますわからなくなってしまいます。


古森重隆

我が社は2000年代前半に本業の喪失を経験した。写真フィルムは発明から200年近い歴史があったが、わずか5年ほどで市場があっという間に消滅した。「他社にやられるなら、自分たちでやる」。当社はタコが自ら足を食うように、当時のフィルムカメラと匹敵する高画質のデジタルカメラを先頭を切って開発した。


齋藤孝(教育学者)

長い人生には、勝つべき大事な勝負と、勝たなくてもいい「小さな勝負」がある。目先の勝ち負けだけではなく、もっと広い視野で考えることも大切。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

最大のリスクは、同じ場所に立ち止まったままでいること。パンチを繰り出し続けるべきです。私が考える最大のリスクは行動しないことです。


隅修三

一体化し、競争が激化した世界市場では、提携でも買収でも、そこから新しい価値を生み出せる企業が勝ち残れる。


浅野純次

西洋人にとっては「ユーモアがある」ということは道徳や道理をわきまえていることを意味し、「ユーモアがない」と言われれば人間的欠陥を指摘されるも同然の厳しさらしい。


馬城文雄

自動車分野に限らず、海外で川下の企業の情報を集めている。既にボールを投げているものもある。資金面の制約でチャンスを逃さないよう、様々な資金調達の選択肢を持っておきたい。


勝間和代

普及が加速するときにどれだけ上手く立ち回れるかが重要です。ビジネスパーソンも乗り遅れてはなりません。臆することなく、積極的に新製品を使ってみることをおすすめします。


宮本彰

80年代からオフィスのOA化が進み、今後ペーパーレス時代が来るのではという危機感から電子文具の開発に着手。88年にテープ印字機の「テプラ」を発売した。当時専務だった私が開発責任者で、「電子文具なんてやる必要ない」と言う長老たちの猛反対を押し切って出し、大ヒットに。これが会社のターニングポイントになった。


久夛良木健

ネットの世界でトップに立つにはスピードが勝負。従来のように社内会議で意思決定を形成するようでは日本企業が世界の企業との競争に打ち勝つことはできない。


山口悟郎

京セラでは部内で責任者を決めて、あるグループを任せられると、その中で「君は、徹底的に電話代を削減しなさい」「あなたは運送費、荷造り運賃を徹底的に削減しなさい」というふうに担当を決めていく。担当者はデータを取って、どうしたら安くなるのかを徹底的に研究する。そうした工夫を新入社員のころからずっとやっているのです。


出口治明

大手生保と同じような人材を採用していては、どうしても数で負けてしまう。こちらは1~2人しか採用しないわけですから、より優秀な人材を採るしかない。その優秀さは、「原点から考え抜く力」を持っているかどうかで評価します。だから、入社試験は論文のみ。思考プロセスを見たい。文は人なり。読めば分かる。