名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲吉昭治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲吉昭治のプロフィール

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

仲吉昭治の名言 一覧

お客様個人の本音をいかに引き出すかが問われる時代になった。


目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


最初、ガンダムの玩具は売れないとされていた。でも、支持層が中高生なのに発売される玩具は幼稚園児向け。ターゲット層を合わせれば勝算がありました。


いままでの経験で、仕事における自分の良し悪しを把握できているはずです。あとは、自分がやれそうなことに関する情報を、いかにスピーディに吸い上げて実行するか。


バンダイ時代の私は、山科(直治)社長に誰よりも怒られたかもしれません。でも、いまでは、評価されているからこそ、厳しい態度で接してくれたと感謝しています。当時の叱責の言葉が私の経営訓になっているところもあります。人生には師がいたほうがいいでしょう。


仲吉昭治の経歴・略歴

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

他の記事も読んでみる

ゲーテ

忘恩は一種の弱点である。有能な人で忘恩だったというのを、私はまだ見たことがない。


和仁達也

いろいろな角度からものごとを見られると、顧客の悩みを言語化する際に役立ちます。そこでお勧めしたいのが、1つの課題に3つのゴールを設定すること。すると、多面的に考える習慣が身につきます。


蜷川幸雄

社会とはすべて他者との関わりから成り立つ。とくにいまの時代は文化や国境も越えて行かなきゃならない。それなのに気持ちが自分の心の中にしか向かっていなかったら何もできないよ。


池上彰

報告書や提案書を書くうえで何より大切なのは、各会社や職場にある書面のフォーマットを知ることです。たとえば報告書なら、「目的」「内容」「結論」といった必須の項目があるなど、一定の形式があるものです。まずはこれを、しっかり抑えてください。このフォーマットにのっとった文書の手本があれば、それを徹底的に研究するとよいでしょう。職場に手本がない場合は、上手な先輩社員などの書面をみせてもらい、コピーして、やはり徹底的に研究してみてください。


柳井正

単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない。


浜田広

従来は「コピーのスピードが速い」「壊れにくい」などというハードの性能が競争力でしたが、デジタル化以降はソフトの性能が競争力となっています。デジタル化によって、どういう性能が発揮できるか。いわばソフト力がイノベーションを生み出し、新しい利益を創出するようになったのです。


木川眞

宅急便がそうであったように、個々のお客様や社会にとってなくてはならない事実上の標準となったときに、真の意味で勝負に勝ったといえるでしょう。


田中良和(GREE)

成長を続けるために僕がいつも気を付けているのは、会社の中で、いま自分がどのような役割を担っているのかということです。立場はずっと経営者でも、創業当時といまでは、果たすべき役割が変わっています。それを意識して、絶えず自分を成長させないとダメです。


小林せかい

食堂の厨房でうんうんいいながら執筆していたのですが、自分で自分を分解しながら書いているので、読者さんにとって何が面白いのか正直わからない。でも誰かを応援したい気持ちは強くあるから、その気持ちを伝えようという想いで書き切りました。


深代惇郎

「生きる」とは、真剣に放浪し、探し見つけることにほかならぬ。社会となれ合いにならぬこと。これが青春の貴さであろう。それは決して年齢の問題ではない。悟りは老人のものであり、放浪は青年ものだ。


藤田晋

仕事のやり方やモノを捨てる時のポイントは、代替案や改善案を出すといった「増やす」ことをしないという点。とにかく「捨てる」ことに徹することが重要です。代替案などは、1度捨ててゼロの状態にリセットしたうえで考えた方が、いいアイデアが浮かんでくるものです。


シラー

人間はひとりひとり見ると、みんな利口で分別ありげだ。しかし、集団をなせば、たちまち馬鹿が出てくる。