仲吉昭治の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲吉昭治のプロフィール

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。


仲吉昭治の名言 一覧

1 / 11

お客様個人の本音をいかに引き出すかが問われる時代になった。


目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


最初、ガンダムの玩具は売れないとされていた。でも、支持層が中高生なのに発売される玩具は幼稚園児向け。ターゲット層を合わせれば勝算がありました。


いままでの経験で、仕事における自分の良し悪しを把握できているはずです。あとは、自分がやれそうなことに関する情報を、いかにスピーディに吸い上げて実行するか。


バンダイ時代の私は、山科(直治)社長に誰よりも怒られたかもしれません。でも、いまでは、評価されているからこそ、厳しい態度で接してくれたと感謝しています。当時の叱責の言葉が私の経営訓になっているところもあります。人生には師がいたほうがいいでしょう。


仲吉昭治の経歴・略歴

仲吉昭治、なかよし・しょうじ。日本の経営者。「ジー・エフ」「グリーン・シップ」社長。駒沢大学経済学部経営学科卒業後、バンダイに入社。玩具キャラクター事業部商品部長、新規事業部事業部長などを経て「ジー・エフ・シー(のちのジー・エフ)」「グリーン・シップ」を設立。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ