名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仲代達矢の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仲代達矢のプロフィール

仲代達矢、なかだい・たつや。日本の俳優。東京出身。高校卒業後、俳優座演劇研究所に入所。『火の鳥』で映画デビュー。以降、舞台・映画で活躍。俳優養成所「無名塾」を設立。主な受賞にブルーリボン賞主演男優賞、キネマ旬報賞男優賞、毎日映画コンクール主演男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部大臣賞、文化庁芸術祭大賞ほか。

仲代達矢の名言 一覧

僕は19歳から役者をやっていますが、今でも過去は切り捨てています。今日の一日をどれだけ頑張れるか。


昔、僕が演技賞か何かをもらうと先輩に「賞を取った後が大変だぞ」と言われたんです。一つでも当たり役を取るとそれに引っ張られますから。


成功するといい気になっちゃうんですよ、人間って(笑)。周りがちやほやし出しますから。すると芸の習得や訓練がおろそかになっていく。


失敗作こそ次の勉強になる。


我々は成功を望んで一生懸命やっている。だから成功した時こそ、過去をぱっと切り捨てて別の角度から出発することが大切。


「おまえら並のままでいいのか」。僕はよく若手をこう挑発するんです。人間の一生は長くない。この瞬間にやりたいことをやっているかと。


エンターテインメントには娯楽性も大切です。しかし、作品を通じて命や生きることを真剣に問う姿勢も忘れてはなりません。


効率化の時代だからこそ、それを超えるものを作らなくちゃいけない。それが、80を過ぎた老いぼれ役者の役目でもある。そう思っているんです。


疲れを感じたなら、ちょっと休んでみればいい。迷ってみてもいい。「何かを成し遂げたい」という気持ちさえ持ち続けていれば、それは決して無駄にならないと思います。


20代の終わりまでは、それこそ寝る間もないくらい仕事をしました。そのせいか、30代に入って一息つくと、なんとも言いようのない疲れを感じました。それまでは夢中でやっていたのが、ふと気がつくと自分の進むべき方向が見えない。役者として行き詰まったという感覚がありました。そんなこともあってか、30代前半のおよそ2年間、仕事はほどほどにして、ゴルフに興じていた時期があります。ほぼ毎日、ゴルフバッグを担いでゴルフ場に出掛けていきました。いま思い返せば、30代に息抜きをしたおかげで、40代、50代は、役者として一番面白い時代を過ごすことができました。ですから、結果として、あの時期に休むことも必要だったのでしょう。


戦後、芸能の世界では強い個性が輝いた時代がありましたね。三味線弾きから勝新太郎が現れ、歌舞伎界から萬屋錦之介が来た。自分も含めてみんな譲らないんですよ。「こうやる」と決めたら、三國連太郎なんかは監督の言うことすら聞いちゃいない。監督もわがままでしたしね。溝口健二なんていう人は衣装合わせに半年かけて、黒澤明はワンカットの撮影に10日もかける。こうやって作り込んだ作品だから、上映するとお客さんが並んだんでしょう。


教育って、とても素晴らしいですね。難しいから今もやっていられるのかもしれませんね。植木鉢にタネを入れて芽が出てくるのを待つようなものです。3年間教えたけれどなかなか成長しない。ところがある瞬間にぱっと芽が出ると、すごくうれしいんです。


無名塾では早起きと同時に、まず人に対する思いやりを教えます。ほとんど芝居は誰かと絡みますよね。相手が何を思っているかを観察しなくてはならない。けれど人に対する気遣いを、親も学校も全く教えていないんです。だから人間修業から始めることになる。役者になるための人間修業、とでも言いましょうか。


無名塾を立ち上げた当時は仲間にも反対されましたよ。「そいつが仲代よりうまくなって、うんとギャラを取るようになったらどうするんだ」って。「いいじゃない、それで」と言ったんですけど(笑)。


もし僕が死んで、無名塾の名前だけ残って形骸化するなら、そんなものはなくてもいい。無名塾の精神や哲学を受け継いだとしても、若い人にそんな重荷を背負わせるのかとも思いますので。


役者に引退はありません。なぜ引退がないかというと、その年なりの役があるからです。だからみんな長生きしようと思うけれど、大体、引退しようと思っている手前で亡くなってしまうんです。


仲代達矢の経歴・略歴

仲代達矢、なかだい・たつや。日本の俳優。東京出身。高校卒業後、俳優座演劇研究所に入所。『火の鳥』で映画デビュー。以降、舞台・映画で活躍。俳優養成所「無名塾」を設立。主な受賞にブルーリボン賞主演男優賞、キネマ旬報賞男優賞、毎日映画コンクール主演男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部大臣賞、文化庁芸術祭大賞ほか。

他の記事も読んでみる

五味一男

悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


ジェイ・エイブラハム

最初から大きすぎる目標を持つ必要はありません。まずはあなたの周りの人々に価値を与えることから始めるのです。その小さな一歩の積み重ねに意味があります。


ナカノ・マクレーン

私は周りに自分の夢を語るようにしています。応援してくれるし、ポジティブな意見を出してくれる場合もありますから。夢のイメージが膨らんでビジョンがもっと明確になることだってありますよ。


岩谷直治

多くの経済人を知っていますが、金儲けをしようとして金儲けを狙って儲けた人はみんな駄目になっています。これはたとえば宝くじに当たった人が、金が身に付かずに駄目になっていくのと同じだと思うんです。事業というものは植林と同じです。苗を植えて肥料をやり、草をむしり、丹精を込めて育てなければいけない。


大山健太郎

360度評価でも、トップからビリまで順位を出しますが、各階層の下位10%の社員に対して「イエローカード」が提示され――誰に出されたかはオープンにしませんが、対象者は専任のコーチングスタッフがつき、1年間サポートします。さらに、コーチングを受けたにもかかわらず2年連続してイエローカードだったら「レッドカード」、つまり降格させます。ただし、降格者が一人出たら、昇格の枠を一人増やします。要するに、ベンチに入れる人数は常に同じということです。いくら4番バッターだって、3振ばかりしていたら2軍に落ちる。落ちる人が出たらベンチの空きがひとつ増えますよということです。


松本晃(経営者)

「早く起きて、早く仕事をしに来て、早く帰る」それが一番。昔から「早起きは三文の徳」と言いますよね。早く帰って空いた時間は勉強したり、働き方を考えたりするための「自分の時間」に充てればいい。定時が過ぎてもダラダラと仕事をして、終わったら居酒屋で一杯飲んで帰るの繰り返しでは、成長できるわけがありません。


高橋がなり

耐えることが大切なんだ。だけど、その状況に慣れてしまって妥協してはいけないんだ。耐えながら、しかも努力していれば、必ず自分に追い風が吹いてくれるから。


高島徹治

資格を活かすために重要なのが、コミュニケーション力。資格取得に熱心な人にはしばしば、勉強に夢中で人との接し方がおろそかになる人がいますが、これではせっかく得た資格も活かすのは難しいでしょう。独立開業するなら営業力や接客スキルが必須ですし、社内で活用するにしても、資格を使って自分にできることを考え行動する必要があります。


林恭弘

心の底で欲求を抱えていると、それが行動に表れる。深層心理がネガティブなものの場合、それが行動に出てしまうと、人から嫌がられるものはけっして少なくない。


近藤史朗

現場を知っていることと、未来をつくることは違います。現場を知っていて、その範囲の中でものごとを回しているのと、この中から次にどんなことがやれるかと思考を飛躍させることとは異なります。後者のためには「勉強」だけであんく「研究」も大切です。何が本質的な問題なのか把握するには、やはり研究が必要になってくるのです。新しいものは、その研究の中から生まれてきます。


熊本浩志

現場にいる人が報われない、夢を持てない仕事に未来はないでしょう?


益子修

以前はどちらかというと、「我々はいい車をつくっているのだから、当然お客様にも評価していただけるはず」と、自分たちの考えを押し付けていました。商品を評価し、育てるのはお客様です。そうしたお客様本位の意識が、少しずつ浸透してきていると思います。