名言DB

9412 人 / 110637 名言

仰木彬の名言

twitter Facebook はてブ

仰木彬のプロフィール

仰木彬、おおぎ・あきら。日本のプロ野球選手、監督。西鉄ライオンズに入団し、同チーム黄金時代を支える二塁手として活躍。引退後は近鉄の監督を経て、オリックス監督。卓越した采配能力を持ち、仰木マジックと称えられた。野茂英雄、鈴木一朗(イチロー)などのスタープレイヤーを育て上げた監督。

仰木彬の名言 一覧

山に登るルートはたくさんあるのだから、自分の成功体験を押し付けてはいけない。


先入観なしに白紙で選手を見るには、結果を出す場をつくるしかない。


仰木彬の経歴・略歴

仰木彬、おおぎ・あきら。日本のプロ野球選手、監督。西鉄ライオンズに入団し、同チーム黄金時代を支える二塁手として活躍。引退後は近鉄の監督を経て、オリックス監督。卓越した采配能力を持ち、仰木マジックと称えられた。野茂英雄、鈴木一朗(イチロー)などのスタープレイヤーを育て上げた監督。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

企業のトップが目線や基準を下げてしまうと、商品や企業そのものが劣化していきます。だからトップは絶対に、目線を下げてはいけない。妥協してはいけない。


冨澤文秀

たとえば仕事を頼むとき、「これ、やっておいて」だけでは、フランス人は怒ります。なぜその仕事をその人にやってもらう必要があるのか、相手にわかるよう説明する必要がある。相手をリスペクトする気持ちが重んじられます。


吉越浩一郎

ビジネスではスピードが命です。川があれば、あれこれ悩む前に、まず飛び込む。それから状況に応じて、渡り方を考えればいいんです。


有本均

サービス産業の満足度は「人」によってしか高められない。サービス業の一番の悩みは人。教育や評価だけでなく、それに付随した新たなサービスも提供できると考えている。サービス業の未来を変えていきたい。


ロバート・キヨサキ

お金や投資についてあまりにも無知であるがゆえに、大半の人がいまだに「マイホームは資産だ」と信じ込んでいる。だが、それは間違いだ。マイホームは「資産」ではない。「負債」だ。資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるものだ。負債とはあなたのポケットからお金を取っていくものだ。お金が入るのは、家が売れたときの売却益だけで、しかも、投資した資金を回収できるだけの高値で売れる保証はない。


遠藤章造

この10年での一番の変化……。やっぱり結婚と離婚でしょうかねぇ。経験は人の器を大きくするって本当ですよ。


野口悠紀雄

日本はいままで社会に出たら勉強をしなくてもOKでまかり通ってきた。でも、これからは生き残れない。刻々変化する状況に対応する力は、勉強で養うしかない。


佐藤綾子(心理学者)

「自分の見せ方」の基本を覚えておけば、仕事の実力をつけていくと同時にどんな仕事も必ず取ることができる。


朝倉千恵子

愛される人財を育てるためには、まず自分がどこまで部下たちを愛せるか。そしてどこまで真剣に向きあうことができるか。その一点にかかっていると私は信じて、誰に何と言われようとも、私は私のやり方で、愚直に部下たちを愛し続けたいと思うのです。


木皿泉(妻鹿年季子)

ある日、テレビを観ていたら、宇宙が終わる話をしていたんです。専門家の間ではそれが主流らしい。でもずっと考えていたら、やっぱりあるんじゃないの、永遠って。ないと思ったらないけど、自分であると思えばある。そんなふうに自分の中で考え続けることが好きなんです。


鈴木修

ボトムアップはコストアップ。トップダウンはコストダウン。下からの積み上げで決めようとすると、議論百出て時間ばかりかかる。トップダウンこそコスト削減の近道だ。


藤田晋

パワハラやセクハラなどは、「自分にはどうにもできない問題」と我慢しがちで、すごく悩むと思いますが、やはり悩んでいても問題は解決しません。ここで大事なのは、「率直に話す」こと。相手の顔色をうかがって曖昧な表現を使ったり、余計なことを言ったりしないで、ストレートに問題点を指摘した方がいいと思います。例えば、上司の振る舞いに問題があるとしたら、「○○されることに悩んでいます」と伝える。たとえそこで上司の機嫌を損ねたとしても、事態は展開します。もちろん、指摘するタイミングを計る必要はありますが、やはり次の一手が打てるようになるわけです。


尾賀真城

清涼飲料でも特徴的な商品を作り、得意分野で勝負する。大量生産できず大手が商品化しにくいものを手掛けていく。


中島輝

イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


喜多恒雄

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。