名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仮屋薗聡一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仮屋薗聡一のプロフィール

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

仮屋薗聡一の名言 一覧

企業は人の集合体であり、社員一人ひとりが成長しなければ、企業も成長できない。


信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思います。


どのような動機を持つかによって、事業が一定の成功を収めたあと、企業としてそれ以上成長できるかどうかが決まるのです。動機が単なる自己実現であるなら、それが満たされたところで会社の成長は止まってしまいます。逆に社会への使命感から事業を始めた場合は、個人的満足では終わりません。


経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 善なりや」がすべての出発点となります。


ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


融資にはふつう担保を取りますが、ベンチャー投資に担保はありません。投資先が事業に成功することが唯一の資金回収条件です。担保というモノではなく、人への信頼が大きなウエイトを占めるのがベンチャー企業への投資です。ですから投資にあたっては、ビジネスモデルの優位性、市場、経営陣の能力といったポイントを厳しくチェックします。年間数社の投資先を選ぶために、事業プランの検討だけでも数百社を見ているのです。


投資では、投資する側とされる側のケミストリー(相性)が問題になります。グロービスは「社会貢献」「自己実現」「理想的な企業システムの実現」といった独自の経営理念「グロービス・ウェイ」に則って投資を行っており、それと投資先の企業の考えが一致しているかどうかが重要です。


仮屋薗聡一の経歴・略歴

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

他の記事も読んでみる

川田修(ライフプランナー)

お客様が「検討しておきます」と言ったら、何と返せば良いか。私なら「何を検討されるのでしょうか?」と聞きます。決断できないお客様の中には、理由があいまいな方が多くいます。決断には勇気がいるので、できれば後回しにしたい心理が働いているだけということがあります。ですから私にこう聞かれると、大半のお客様は自分が単に決断を先送りしているだけだと気づきます。そこで改めて、必要性があるのかをお聞きすればいいでしょう。


地井武男

高校のころには「俳優になろう」と決めていましたね。もっともそのころからスターというのは僕がなっちゃいけないとわかってました。この程度の顔、この程度の身体ではとてもなれないと。ただ、スターは無理でも、味のある脇役ならなれると思ってたんです。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

IT化は、PDCAサイクルを高速化することも狙いの一つでした。その日の売り上げや人件費が瞬時にわかれば、「残業が多くなってきたから今日は早めに上がってね」などといった的確な労務管理が可能になります。


竹内薫

データ感度を磨くには、普段からデータを自分の中に蓄積し、自分なりの基準を持つことが重要です。


松本晃(経営者)

会社も5か年計画みたいなものを作るのではなく、夢を作って1歩でも近づいていくほうが楽しいですよね。だから、我々は、毎年5月に2日間かけて「Dream Come True!」と名付けた会を開き、「7年後のカルビーの夢」を語り合っています。期間は10年先では長過ぎるし、3年や5年では短いので、7年先としています。例えば、売上高1兆円、利益2千億円といったホラとも言える夢を決め、その大きな夢をどうすれば実現できるかをみんなで考える環境づくりをしています。


川田修(ライフプランナー)

私がお客様の過去を聞く際は、単に出来事を追うのではなく、そのときの感情を聞きます。お客様が企業の経営者なら、先代から会社を継いだときはどんな気持ちだったか、社長になった当初はどんな苦労があったか、といったことをお聞きするのです。すると、話を聞くうちに、相手に興味が湧いてくる。「そんなに大変な思いをしながら、ここまでやって来たのだな」と思うと、その人の力になりたいという気持ちになります。こうしてお客様への愛情が生まれれば、テクニックなど使わなくても、自然と親身になれるはずです。


三谷宏治

勉強熱心な人ほど、次から次へと新しいことを勉強しようとして、ひとつのことにじっくりと腰を据えて取り組むことが意外とできていないように思います。続けないから成果が出ない、成果が出ないから続かない。こんな悪循環に陥っているのではないでしょうか。


佐藤優

よく仕事仲間とは頑なに飲みに行かないと決めている人がいるけど、もったいない。自分の行動に壁を作って、いろんな誘いを断っていたら、面白い人や自分を成長させてくれる人に出会う確率は確実に減るでしょう。結局、仕事も人生もつまらなく、細いものになっていくんじゃないでしょうか。


重永忠

800人近い社員の顔と名前をすべて記憶しています。時間があるときは、社長室のパソコンで社員の履歴データを見ています。現在の部署や店舗だけでなく、これまでの異動歴や入社前の経歴などを、顔写真を見ながらイメージしているのです。データでわかる情報は限られていますし、正直それだけでは覚えられません。人となりを知るには、直接会うことが大前提。データを見るのは、対面して記憶した情報の復習でもあります。


ジェームス・バーダマン

日本人への英語教授法をわかっていない講師、教養がない講師も避けたい。いい講師は受講生を安心させる力がある。


宿澤広朗

会社員にとって『自分がやりたい事』と『人事や周囲の人たちがやらせたい事』は往々にして違う。仮に違っても、それはそれでチャンスだと思う。


法華津孝太

奉天の総領事館は、総領事の次に領事がおり、私たちも上の地位にあった。米国の大使館あたりだと、先輩が多くて何事をするにもその指示を仰がなければならないところだが、ここはほとんど自分の責任で仕事を切り盛りすることができた。だからその時代に、私は自分の判断でものごとを行う訓練ができたように思う。これは望外の幸せであった。