名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

仮屋薗聡一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仮屋薗聡一のプロフィール

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

仮屋薗聡一の名言 一覧

企業は人の集合体であり、社員一人ひとりが成長しなければ、企業も成長できない。


信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思います。


どのような動機を持つかによって、事業が一定の成功を収めたあと、企業としてそれ以上成長できるかどうかが決まるのです。動機が単なる自己実現であるなら、それが満たされたところで会社の成長は止まってしまいます。逆に社会への使命感から事業を始めた場合は、個人的満足では終わりません。


経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 善なりや」がすべての出発点となります。


ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


融資にはふつう担保を取りますが、ベンチャー投資に担保はありません。投資先が事業に成功することが唯一の資金回収条件です。担保というモノではなく、人への信頼が大きなウエイトを占めるのがベンチャー企業への投資です。ですから投資にあたっては、ビジネスモデルの優位性、市場、経営陣の能力といったポイントを厳しくチェックします。年間数社の投資先を選ぶために、事業プランの検討だけでも数百社を見ているのです。


投資では、投資する側とされる側のケミストリー(相性)が問題になります。グロービスは「社会貢献」「自己実現」「理想的な企業システムの実現」といった独自の経営理念「グロービス・ウェイ」に則って投資を行っており、それと投資先の企業の考えが一致しているかどうかが重要です。


仮屋薗聡一の経歴・略歴

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

いつも扉を開けっ放しにしている社長室には、合計10面分の大判ホワイトボードが置いてあります。僕自身がマーカーで図表や文を書き込んでいます。これも僕にとっての手帳です。「当社の現状と将来に向けた成長ストーリー」と「新商品・新ビジネスのアイデア」を書いています。


山海嘉之

あるべき姿の未来図をしっかりと設計し、そこからスタートして必要となる革新技術、国際規格、社会ルール、事業モデル、人材育成の仕組みなどを創っていく。私はそういう考えで社会変革・産業変革の実現に挑戦し続けています。それこそが未来開拓そのものだと思っています。


新川義弘

心を開いてそれを態度で表せば、スタッフも心を開いてくれます。そして、笑顔の挨拶も率先してやるようになります。お客様との関係もスタッフとの関係も、小さなコミュニケーションの積み重ねによって培われます。


山本寛(経営学者)

多くの会社では、社員の異動希望などを確認する機会を設けているかと思いますが、そこで出てきた異動希望をなるべく実現してあげることも大切です。とくに毎年同じ部署に異動希望を出している社員がいるとしたら、自発的に新しいことをしたいと思う社員の気持ちをなるべく早く実現させてあげることが、社員のモチベーション持続には大きな効果があるでしょう。


松尾豊

日本は高齢化していますが皆さんお元気ですから、もっと仕事をした方がいいと思います。その時に、それぞれの仕事においてピークの年齢は何歳なのかを考える必要があります。それによって企業、社会の中の役割分担もきちんとしていかなければなりません。


吉田耕次

英語が今すぐ仕事に必要ない人もいるでしょう。けれども、英語ができると、ビジネスチャンスも世界も大きく広がる。


平岩外四

組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する(平岩外四、ひらいわがいし、東京電力社長、第7代経団連会長、大英帝国勲章KBE受勲、電気事業連合会会長、宮内庁参与、愛知県出身)


似鳥昭雄

私は普段から、自分を着飾ることもごまかすこともしない。そんなことをしても、必ずボロが出るからだ。嘘はつけないし、つかない。


重田みゆき

クレーム対応のとき「謝らなくては」と思って頭を下げてばかりいると、丁重さを通り越して卑屈な印象になってしまいます。怒っている相手に、とりわけ多忙な人の場合は、「おろおろと平謝りをするスタッフ」が出てくると、怒りを倍増させます。私はホテル勤務時代、クレーム対応の際には、笑顔で入室し、最初にしっかりと謝罪をして頭を下げたあと、すぐに本題に入っていました。結果、例外なくすべてのお客様が怒りを解いてくださいました。自信と迅速さこそ、解決への最短距離を拓くものなのです。


三橋貴明

資本、労働、技術という、資本主義経済の三要素を強化するためには、投資以外に方法がない。具体的には、インフラを強化する公共投資、工場や設備、運搬車両などの導入に当たる設備投資、労働者の生産性を高める人材投資、そして技術力を強化する技術投資の4つである。


高岡本州

会社は革新を1回すれば終わりというわけではない。必要なら何度でも「創業」して初めて、生き残ることができる。


三橋規宏

ひとつの時代の技術革新の勝者が次の時代の敗者になるケースは、歴史を振り返れば枚挙にいとまがないことを自覚すべきだ。