仮屋薗聡一の名言

仮屋薗聡一のプロフィール

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

仮屋薗聡一の名言 一覧

企業は人の集合体であり、社員一人ひとりが成長しなければ、企業も成長できない。


信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思います。


どのような動機を持つかによって、事業が一定の成功を収めたあと、企業としてそれ以上成長できるかどうかが決まるのです。動機が単なる自己実現であるなら、それが満たされたところで会社の成長は止まってしまいます。逆に社会への使命感から事業を始めた場合は、個人的満足では終わりません。


経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 善なりや」がすべての出発点となります。


ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


融資にはふつう担保を取りますが、ベンチャー投資に担保はありません。投資先が事業に成功することが唯一の資金回収条件です。担保というモノではなく、人への信頼が大きなウエイトを占めるのがベンチャー企業への投資です。ですから投資にあたっては、ビジネスモデルの優位性、市場、経営陣の能力といったポイントを厳しくチェックします。年間数社の投資先を選ぶために、事業プランの検討だけでも数百社を見ているのです。


投資では、投資する側とされる側のケミストリー(相性)が問題になります。グロービスは「社会貢献」「自己実現」「理想的な企業システムの実現」といった独自の経営理念「グロービス・ウェイ」に則って投資を行っており、それと投資先の企業の考えが一致しているかどうかが重要です。


仮屋薗聡一の経歴・略歴

仮屋薗聡一、かりやぞの・そういち。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学法学部卒業、米国ピッツバーグ大学でMBAを取得。三和総合研究所で経営戦略コンサルタントとして活躍したのち、グロービスのベンチャーキャピタル事業立ち上げに参画。(株)グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務めた。著書に『ケースで学ぶ起業戦略』『MBAビジネスプラン』『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』ほか。

他の記事も読んでみる

奥田務

上の立場になって強く感じるのですが、すべてのビジネスパーソンは、「経営の視点」を持つべき。若い人は、「頑張っているのに会社が評価してくれない」と悩みがちですが、実は「視野の狭さ」が原因であるケースが多い。独り善がりに頑張ったり、自分が所属する部や課の事情に振り回されて仕事をしたりしても、会社が考える方向性とズレていたら、評価にはつながりません。「今、世の中はこうだから、うちの会社はこちらの方向を目指している。だから自分も、その方向で頑張る」といった視点を持てば、努力が報われやすく、挫折しにくくなります。


高田明(ジャパネットたかた)

私はテレビを見て感動したら、商品を見て感動したら、本を読んで感動したら、社員たちへ必ず伝えるようにしています。人間にとって、人生の中で感じた情熱や感動を共有していくこと程、生きててよかったなと思う瞬間はありません。


了徳寺健二

血液の流れを良くすることが健康の基本。血液の流れが悪くなるから、身体の具合が悪くなり、それが病につながる。


和田秀樹

情報とは「発信者の都合のいいように加工されたモノ」。ニュースの場合も、最初に結論がある。取材とは、そのテーマに沿った人のコメントやデータを集めること。極論すれば、メディアに載る情報で100%完全に客観的な情報なんてないと考えたほうがいい。


松下信武

先輩や上司に反対意見を述べることは失礼なことだと思い、議論を避けてしまえば、創造的な企業活動は生まれない。ところが日本人は、本来の目的を忘れて、先輩や上司の気持ちを傷つけない方向にいってしまいがちなので注意が必要である。


永野毅

セルフヘルプの精神、自助の気持ちほど人間の力の中で強いものはない。自分がこうありたいということ、それが大事。


三村明夫

タイのサイアム・セメントの社長に「三村さん、日本の社長さんはやさしいことを難しく言い過ぎる」と言われました。そんなこともあり、自分の言葉で物事を分かりやすく話せる社長になりたいと思った。


高橋大輔(フィギュアスケート)

挑戦と試行錯誤を繰り返しながら、後輩につながる道が1つでも多く作れるのであればうれしい。


杉村健一

電車通勤の時間を使って勉強していました。文法の本を読んだり、携帯音楽プレーヤーとイヤホンで単語やリスニングの勉強をしたり。リスニングは歩いている時にもできますし、子供を公園で遊ばせながら参考書や単語帳を見ていました。毎日少しずつでもスキマ時間を見つけて、コツコツ勉強するクセをつけました。


隈研吾

和の文化、協調の精神は何かヒントを与える、希望を与えてくれるものだと思います。日本建築の長年の蓄積があって、その蓄積の上に今回のデザインがある。
【覚え書き|新国立競技場のデザインについて】


村上憲郎

20代の人に対しては、「英語の勉強を1日3時間、睡眠時間を削ってでもやれ」と言いたいですね。20代はこれから30年以上働いていくわけです。英語を勉強しないということは、「今後30年以上、自分は英語ができないビジネスパーソンとして生きていく」というキャリアパスを選ぶということです。日本にいると気が付かないかもしれませんが、これは正直相当リスクの大きい覚悟が必要な選択です。自覚している人は少ないですけど。


仲暁子

意外に思われるかもしれませんが、私は本をデジタルではなく、完全に「紙で読む派」です。全体のボリュームや構造を物理的に感じられる「紙の本」の方が、著者の思考をより立体的につかみ取れるように感じるからです。週に1度は書店に行き、好奇心をかき立てられるタイトルを見つけたら買って帰って、週末にゆっくりと読みます。腰を据えて集中して読みたいから、「今週の土曜は読書に充てる」といった具合にあらかじめ時間を確保したうえで臨みます。


出雲充

途上国は総じてインフラが弱いがゆえにそれをカバーしようと、時折、様々な分野でブレークスルーが起こる。


ピーター・ドラッカー

成果をあげるための秘訣をひとつだけ挙げるならば、それは集中である。成果をあげる人は、最も重要なことから始め、一度にひとつのことしかしない。


石渡美奈

会社全体であろうと、その中の小さなチームであろうと、トップに立つ人がいい「気」を流すことが組織の活性化につながり、お客様の満足にもつながります。


ページの先頭へ