名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

令丈ヒロ子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

令丈ヒロ子のプロフィール

令丈ヒロ子、れいじょう・ひろこ。日本の児童文学作家。大阪府出身。嵯峨美術短期大学卒業。『ぼよよんのみ』でデビュー。代表作『若おかみは小学生!』シリーズは累計300万部を突破。

令丈ヒロ子の名言 一覧

一歩を踏み出すのは確かに怖いけれど、とても大事で必要なこと。私もどちらかというと避けてしまいがちだけど、誰かに何かを伝えることを億劫になってもいけないと思います。


私もツイッターを使っていますが、思いがけない悪意を目撃することは時々あります。でも同時に、名前も知らない方がずっと私を応援してくれている想いに触れることもあって、そういうときはすごく嬉しい。ネガティブな感情に触れると、どうしてもそれがすべての人の意見のような気がしてしまうけれど、応援してくれている無言の人もまわりにはいるはず。


令丈ヒロ子の経歴・略歴

令丈ヒロ子、れいじょう・ひろこ。日本の児童文学作家。大阪府出身。嵯峨美術短期大学卒業。『ぼよよんのみ』でデビュー。代表作『若おかみは小学生!』シリーズは累計300万部を突破。

他の記事も読んでみる

門昌央

謙虚で人から甘く見られているのであれば、謙虚を貫くのもひとつの選択です。謙虚、引っ込み思案、判断が遅いといった部分は、ビジネスの場面ではマイナス要因として見られがちです。でも私は謙虚なことに自信を持つべきだと思います。軽薄ではない素晴らしい長所だからです。アメリカは「俺が俺が」と自己主張しない人は、存在がないに等しいといった社会ですが、日本は違います。自己主張は必要ですが、へりくだって他人に接する人は可愛がられます。インチキやズルをしたり、人の足を引っ張ったりすることもありません。謙虚な心を持っている人は、最後には勝ちます。


中村獅童(二代目)

役者という仕事が根っから好きなんです。だから転んでも起き上がることができた。


清水浩(電気自動車)

技術とは効率の悪いものから良いものに変わっていくものです。技術屋として電気自動車の普及を確信しました。


大八木成男

「自分にはツールがない。ツールを身につけないと大変なことになるぞ」これが、私が入社して最初に痛感したことです。それなりに自信もありましたが、実際に入社してみると、朝から晩まで失敗の連続です。書類の清書を任されると、自分ではちゃんと書いたつもりなのに、いくつもミスが見つかる。英語の議事録を書けば、こんなものは使えないと投げ返される。海外の取引先宛の社長のレターを私が清書したら、投函したあとにカンマとピリオドが間違っていたことが発覚し、羽田空港まで運ばれていたレターを取り返しに行ったこともありました。


数土文夫(數土文夫)

人間は360度全方位に能力を発揮できるわけではありません。自分の得意な分野など、せいぜい90度です。加えて、最近は金融と工学が一緒になったり、医療とバイオテクノロジーが結びついたりして、新しい知識分野がどんどん生まれています。それを全部一人で網羅できると私は思っていません。


山崎元

若いときから残業はしないと意識してきました。自己投資をする時間を確保しなくてはいけないと考えていましたから。週末のうち、どちらか1日の半分は専門分野の本を読むことに使っていましたし、同じように平日の夜も勉強のための時間をつくっていました。


朝倉孝景(朝倉敏景)

奉公熱心の者と、勤勉に奉公しない者とを、同様に扱ったのでは、奉公熱心の人も勤勉の気持ちをくじかれてしまうだろう。


澤田秀雄

成功条件が全部なかったから裏返せばいい。広くて無駄が多ければ、狭くして経費を下げる。お客さんが少ないならイベントカをつければいい。結果的には他のテーマパークが出来ないことができた。


森稔

アークヒルズや六本木ヒルズの開発プロジェクトでは、実に様々な困難が立ちふさがりました。再開発には地権者の理解を得る必要がありますが、それぞれの人の事情をひとつの方向に揃えていこうとすれば、当然、摩擦が起こります。これは当たり前のことで、粘り強く再開発のメリットを説くしかありませんでした。


山口彰(日本深層心理研究会)

やらされ感の強い人は、与えられた仕事、役割の解釈の仕方に問題がある人です。ある仕事を与えられたとき、押し付けられた、強制されたと解釈するのではなく、その仕事の中に自分がチャレンジすべき目標や課題が含まれていると解釈できると、やらされ感を持たずに、主体的に仕事に取り組むことができます。


片岡一則(経営者)

当社は20年の歴史しかない若い会社ですが、その分、余計なしがらみがなく自由に動けます。それを強みとしていろいろな分野に積極的に挑戦していきたい。


野村与曽市

先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。