名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

令丈ヒロ子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

令丈ヒロ子のプロフィール

令丈ヒロ子、れいじょう・ひろこ。日本の児童文学作家。大阪府出身。嵯峨美術短期大学卒業。『ぼよよんのみ』でデビュー。代表作『若おかみは小学生!』シリーズは累計300万部を突破。

令丈ヒロ子の名言 一覧

一歩を踏み出すのは確かに怖いけれど、とても大事で必要なこと。私もどちらかというと避けてしまいがちだけど、誰かに何かを伝えることを億劫になってもいけないと思います。


私もツイッターを使っていますが、思いがけない悪意を目撃することは時々あります。でも同時に、名前も知らない方がずっと私を応援してくれている想いに触れることもあって、そういうときはすごく嬉しい。ネガティブな感情に触れると、どうしてもそれがすべての人の意見のような気がしてしまうけれど、応援してくれている無言の人もまわりにはいるはず。


令丈ヒロ子の経歴・略歴

令丈ヒロ子、れいじょう・ひろこ。日本の児童文学作家。大阪府出身。嵯峨美術短期大学卒業。『ぼよよんのみ』でデビュー。代表作『若おかみは小学生!』シリーズは累計300万部を突破。

他の記事も読んでみる

織田大蔵

クジラ取りに南氷洋を目指している船が、途中でイワシの大群を見つけたからといって、そのイワシに関わっていたのでは、クジラなど取れるものではない。クジラを取りに行く船ならクジラ取りに徹して、イワシなどに目をくれてはならない。大きいことを成そうとする者は、小さいことに気をとられてはいけない。


小川理子

パナソニックでは冷蔵庫や洗濯機などいわゆる「白物家電」についても今までの機能的価値だけではなく、感性的な価値を重視してプレミアムなものを出していこうという方針になっています。なかでもオーディオ機器というのは、もっとも人間の想像力をかき立てる、感性の一番深いところに触れる商品なので、プレミアムなものに対する需要はあると見ています。


八田英二

同志社大学には、30数万人に及ぶ卒業生がいます。学校法人にとってのステークホルダーは、学生、保護者、教職員だけではありません。卒業生もまたステークホルダーであり、母校を最も思ってくださる方々なのです。卒業生の要望を経営面にも教学面にも活かすとともに、様々なサポートもしていただけるように努めることが、総長そして理事長としての私の役割ではないかと思っています。


野澤宏

経営トップが、現場に刺激を与え続けることが大事。みんなに利益を上げてもらうための環境づくりをするためにも現場を重視していきたい。


河原成美

真剣に働いている以上、仕事をしながら定期的に運動するなんてそもそも無理な話。だから、多少できなくても、自分を責めず、「ちょっとずつでもやればいいや」と発想を切り替えました。すると、細々とですが、続くようになりましたね。


吉松徹郎

最近は、40代、50代でも若々しく活力のみなぎった経営者が増えています。生活や仕事の充実感といったものが、そのまま顔や体に表れているのでしょう。自分もそうした先輩方のように、格好良く歳を重ねていきたい。それには、アスリートのように常に挑戦し続けることが大切だと思っています。


箭内道彦

腐れ縁だからと別れないカップルみたいではダメだと思う。「違う」と思ったら常に変更できる自分でいたい。


パトリック・ハーラン(パックン)

テレビのバラエティ番組。ちょっとした機転のきいたやり取りが必ずあるはずです。「面白い」と感じた場面があったら、それを真似して自分なりに使ってみましょう。失敗を恐れてはダメです。やればやっただけ、腕が上がりますからね!


北池智一郎

旗を持つ人が地域社会の核となって、周りに渦をつくり、地域の関係性を再構築していく。目指しているのは、そんな自律型コミュニティーシステムの実現です。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

「ある薬がある病気に効果がある」かどうか確かめたい時は、まずその方法を試すことで効果があった人の数を数えます。体験談はこれに当たりますね。例えば、70人が「治った」とします。でもこの数字には意味がない。何人調べたのかも分からないですから。では、100人で調べたとします。効果の有無が7:3の比率になりますから、効果があるように見えますよね。しかし、これでも何も証明できていません。大事なのは「薬を試さなかった人たち」。例えば、試さなかった人100人を調べたら、症状が改善した人、しない人が71人と29人だった。そうなると、治ったのは薬とは別の理由だったと言える。


本間宗久

唯々、平日此の米上がるか下がるかを考え、仕掛け申すべきこと肝要なり。


山中伸弥

研究は、最初から社会の役に立つようにしようと意識しすぎると、浅いものになりがちです。みんなが実用化間近の研究ばかりやりだすと、将来のイノベーションの芽が摘まれてしまいます。