名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

代野照幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

代野照幸のプロフィール

代野照幸、だいの・てるゆき。日本の経営者。「メルシャン」社長。一橋大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。大学卒業後、キリンビールに入社。バドワイザージャパン営業本部マネージャー、経営企画室室長補佐、営業本部事業推進室長、米フォアローゼズディスティラリー社長、サンミゲルビール上級副社長、キリンホールディングス常務、メルシャン社長、日本ワイナリー協会理事長などを務めた。

代野照幸の名言 一覧

メルシャンでやるべき仕事は低収益からの脱却。現状のままでは会社の存続自体が難しくなりかねない。利益率改善は必要。


印象に残っている仕事の一つは、フォアローゼズディスティラリーの米国事業の立て直しです。戦前は全米でナンバー1のバーボンブランドでしたが、事業拡大に伴う品質低下が災いし、かつての勢いはなくなっていました。この状況を残念に思っていた蒸留所のメンバーと共に、プレミアムバーボンを新たに開発しました。ケンタッキー州で販売し始めたのは、バーボンの本場で売れれば、チャンスが広がると考えたからです。3年目に同州で一番評価されるプレミアムバーボンに成長し、ブランド復活に繋がりました。このように稼げる戦略を提示して、従業員と一体で創意工夫していくということをメルシャンでも実現したい。


代野照幸の経歴・略歴

代野照幸、だいの・てるゆき。日本の経営者。「メルシャン」社長。一橋大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。大学卒業後、キリンビールに入社。バドワイザージャパン営業本部マネージャー、経営企画室室長補佐、営業本部事業推進室長、米フォアローゼズディスティラリー社長、サンミゲルビール上級副社長、キリンホールディングス常務、メルシャン社長、日本ワイナリー協会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

上野金太郎

うちは自由でフランクな社風がある。義務を果たせば、次の仕事に向かって意欲的に挑むことができ、楽しく生きることができる。


虚淵玄

『Fate/Zero』では、ただ書くだけという自由さ、面白さに目覚めちゃいましたね。「自分が書くことに意味があるのか」とずっと悩んでいましたけど、意味がなくても楽しけりゃ書いていいじゃないかと気付いたんです。言ってしまえば、自分は傭兵に過ぎなくて、戦争をする意味はまわりが考えればいい。自分は戦うことにやりがいを感じられればそれでいいんだと思い切ることができたんです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

火事場の馬鹿力と呼ばれますが、人間は疲れていても働けます。締め切りが目前に迫ると、ヒリヒリ、ハラハラしつつも頑張れます。この気力によって疲労が隠されている状態は、実は危険です。たまになら、このような働き方もいいでしょう。しかし常に馬鹿力を出していたのでは恐ろしいことになります。私はたくさんの患者さんを見てきて実感しています。本人は疲労感がなくても、身体の奥底には疲労がこびりつき、最後には大きな反動を生むのです。


坂根正弘

リーダーの責任は重大です。ただし、本当に大事なのはリーダー個人の経営能力より、「見える化」かもしれません。市場や社内で起きていることをタイムリーにつかめるなら、よほどおかしな経営者でない限り、誰でもそれなりの手を打ちます。これは技術の世界でも同じで、問題がはっきり見えているなら天才も凡人も出す知恵はそう変わらない。つまり個人の能力差より、「手にとるようにわかる」ことの方が結果に大きな影響を与えるのです。


鈴木喬(経営者)

美容院は僕にとって、最大の情報源です。おしゃべりしていると、世の中のことがすごく分かる。ほかにも、ホームセンターやドラッグストアからブランド店、自動車販売店まで、いろんなところに行きます。ストアチェックは僕の趣味。電車に乗るのも大好き。どの電車がどれくらい混んでいるのか。乗って何をしているのか。電車も情報の宝庫。


中村貞裕

「1×100=100×1」。ひとつの世界を100突き詰めるのがプロだが、自分のように広く浅く、1を100持てば同じではないか。


岩田松雄

企業にはいろいろな価値観を持った人がいます。しかし、会社で働いている間は、同じ方向を向いてもらわないと困ります。その共通のゴール、目印としてミッションが必要なのです。


日野原重明

病気になるのは辛いことですが、のちのちの健康を考えれば悪いことばかりではありません。たとえば私は医学生のころ結核にかかりましたが、長く病床に伏した経験があるために、患者さんの気持ちがよくわかるようになりました。90歳を過ぎたいま、他人の何倍もの仕事をこなしていられるのは、結核を克服することで病気全般に対する免疫力、抵抗力が高まったからだと思っています。


吉山勇樹

段取りと言うと事前の準備というイメージがあるかもしれませんが、段取りとは、仕事のゴールに向けて段階を踏んでアプローチしていくことです。計画段階での段取りもあれば、終了後の振り返りもあります。仕事の全体像を把握して、具体的な作業や行動をひとつひとつ進めていくことが、時間を上手に使う秘訣です。


田原総一朗

心で願うだけでなく、会いたいと発信し続けることも大事。積極的に発信すれば、チャンスはやってくる。


小柴和正

我が社は1994年に伊勢丹企業理念を策定し、その中で「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」という企業スローガンを打ちだしました。時代を先取りする新鮮なファッションをいち早く発掘してお客様に提案し続けていくことが、伊勢丹の生き残る道であるという決意が込められています。


森健志郎

従来の教育・学習サービスの問題点は、仕事と分断されていることでした。わかりやすく言えば、大学で学んだことが仕事で活きない。これはおかしい。学んだことが人生の次のステップに活きるというのが正しいあり方でしょう。