名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

代野照幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

代野照幸のプロフィール

代野照幸、だいの・てるゆき。日本の経営者。「メルシャン」社長。一橋大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。大学卒業後、キリンビールに入社。バドワイザージャパン営業本部マネージャー、経営企画室室長補佐、営業本部事業推進室長、米フォアローゼズディスティラリー社長、サンミゲルビール上級副社長、キリンホールディングス常務、メルシャン社長、日本ワイナリー協会理事長などを務めた。

代野照幸の名言 一覧

メルシャンでやるべき仕事は低収益からの脱却。現状のままでは会社の存続自体が難しくなりかねない。利益率改善は必要。


印象に残っている仕事の一つは、フォアローゼズディスティラリーの米国事業の立て直しです。戦前は全米でナンバー1のバーボンブランドでしたが、事業拡大に伴う品質低下が災いし、かつての勢いはなくなっていました。この状況を残念に思っていた蒸留所のメンバーと共に、プレミアムバーボンを新たに開発しました。ケンタッキー州で販売し始めたのは、バーボンの本場で売れれば、チャンスが広がると考えたからです。3年目に同州で一番評価されるプレミアムバーボンに成長し、ブランド復活に繋がりました。このように稼げる戦略を提示して、従業員と一体で創意工夫していくということをメルシャンでも実現したい。


代野照幸の経歴・略歴

代野照幸、だいの・てるゆき。日本の経営者。「メルシャン」社長。一橋大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。大学卒業後、キリンビールに入社。バドワイザージャパン営業本部マネージャー、経営企画室室長補佐、営業本部事業推進室長、米フォアローゼズディスティラリー社長、サンミゲルビール上級副社長、キリンホールディングス常務、メルシャン社長、日本ワイナリー協会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

西水美恵子

火が付いた情熱は飛び火するものです。


伊藤直彦

鉄道コンテナの輸送には非効率な手作業が数多く残っていました。コンテナひとつひとつに手書きの荷票を差し、手でコンテナ番号を拾い、機会に入力する。また、急ぎの荷物とそうでない物の振り分けも人手によっていたため、平日の人気列車からは荷物があふれる一方、土日の列車には空きが目立つ。大きな駅では、配達コンテナを見つけるのに数十分かかることもある。国鉄時代から何十年もこうした扱いをしてきて、それが当たり前のようになっていました。【覚書き:JR貨物に入った当初を振り返った発言】


寺尾玄

努力については、「向き」も重要です。たとえば、「大金持ちになりたい」という自分の欲望のために努力している人は、人の協力が得にくい。努力が「人のため」「誰かのため」に向いているからこそ、人は惜しまず協力してくれることを知っておきましょう。


佐藤優

小説を読んでいる人といない人では、人間の幅が違ってくる気がする。様々な代理経験ができるという意味で、小説ほど有効なものはない。


尾賀真城

低価格商品が人気を集めていますが、その一方で、本当においしいものを味わいたいという人も増えています。そこに注力した結果、お客様が支持してくれた。


三島海雲

事業は金がなければできないが、正しい確固たる信念で裏付けられた事業には、必ず金は自然に集まってくる。


冨田英揮

CMは今でも日々勉強です。CMを流すとすぐにユーザー数に変化が現れる。それを見ながらどうしたら効果的か工夫しています。各企業から求人広告費をいただき、それを使ってテレビCMを流しているわけですから、できるだけ効率良くしないと、広告主の方々に申し訳ない。


越智直正

店頭で商品が売れてから、工場で生産して店頭の棚に補充するまでの時間は、最短でわずか1日半。最近ではICタグを使って在庫をより効率的に管理し、さらに時間を短縮しようと考えています。


柴崎友香

これまでも身近なことを題材に(小説を)書いてきたので、「本当のこと?」と訊かれることが多いんですけれど、元になってことがあっても距離を置いて書いている。でも今回は、今までこんなに自分に起きたことを書いたことはなかったというものになりました。実体験率が高いし、自分の考えもストレートに書いている。こんな書き方は今までしたことがなかった。


立石一真

ダメと決めつけるのはたやすい。しかし、改善の余地ありでなければ、創造の将来はない。「まずやってみる」が我々が築き上げてきた企業文化なのだ。


中野雅至

重要なのは最初にドカンとかますこと。はじめに上手くかませれば、最終的に自分に残る陣地もより大きくなる。たとえば予算が500万円ほしいなら、「どうしても1000万円はかかります!」とかましたり、プロジェクトの人員が3人必要なら「どう見積もっても8人は必要です!」とかましてみましょう。そのほかにも期日、個数、クオリティなど、かませるものはなんでもかましましょう。もちろん、予算500万円に対して1億円とかは、完全にやり過ぎですけど。


塚越寛

経営者は「俯瞰のイメージ」を持っておくことが大事。日々の経営で悩みは尽きないものだが、視点を変えて地球を俯瞰してみれば、答えはおのずと見えてくるものだ。