名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

代田博文の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

代田博文のプロフィール

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

代田博文の名言 一覧

当社は後発なので、大手と同じ土俵ではなく、大手が参入しづらいニッチな分野に焦点を当てました。


迅速性を重要なテーマのひとつとしてとらえ、ビジネスチャンスを逃さないということに注力しています。


外資系医薬品メーカー時代、月に1回の会議では、ビジネススクールを出た優秀な上司から何をやるにも「エビデンス(根拠)」を要求されました。自分で納得し、自信を持って取り組みたくともエビデンスがなければ遂行できませんから会議の前後は眠れなかったものです。しかし、この経験は会社を立ち上げた現在でも、非常に役立っています。


代田博文の経歴・略歴

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

他の記事も読んでみる

ジャン=ジャック・ルソー

すべての不幸は、未来への踏み台にすぎない。


前田晃伸

僕の親父はいつも「お前が決めるんだ。相談されても困る」と言っていました。したがって、中学のころから進路をどうしようかと一人でずいぶん悩みました。流れに身を任せた人もいる。しかし他人の作ったペースにずっと合わせ続けるのは結構疲れるんじゃないかと思います。


髙松修身(高松修身)

顧客の環境に合わせてフレキシブルに対応できたことがここまで成長できた要因。


北島康介

自分で考えること、応援されることなどの大切さは、中学2年生の時から指導を受けてきた平井(伯昌)コーチから多くを学びました。泳ぎの技術に加え、挨拶や感謝などを通じて周りの人たちを大切にすること、失敗を他人や環境のせいにしないこと、自分で責任を持ってやり抜くことなど、人間的成長を重視した教育を受けてきたんです。競技者としてだけでなく、引退後の人生も見据えた指導でした。現役中も引退後も応援してもらえるのは、そのおかげです。


秋元久雄

「信用」を勝ち得た段階で、初めてお客さまにとって「本当に必要とされる営業マン」になれるのだ。その結果、「結婚する娘の家を建てたい」「別荘がほしい」などといった、リピート仕事の好循環へつながっていく。


水樹奈々

初の単独ライブは、とにかく自分にできることを全部見てもらいました。だって、次にいつライブをやれるかわからないんですから。明日、地球が終わってもいい、というくらいの覚悟でした。


松本晃(経営者)

「情報収集したり、知識を蓄えたりすること」と「頭で考えること」。2つのバランスが大事。1日の予定をやりくりして、「考える時間」を積極的に捻出することをお勧めします。ビジネスパーソンとして成長できますから。


武永修一

起床は7時。出社する9時までは完全に自分の時間なので、有意義に使おうと努めてます。現在は週2回、加圧ジムに通っています。


羽生善治

よほど先見性のある人でない限り、「自分が進むべき羅針盤を見つけることができて、それがいつも合っている」ということは、ほとんどないと思います。羅針盤は、「方向性が完璧に合っていないといけない」わけではなく、大まかでいいわけです。北に行くのか、南に行くのかさえ間違えなければいい。行きたい方角が間違っていなければ、少しずつ軌道修正しながら、だんだんと目的地に近づくことはできるはずです。


西口尚宏

どの産業にとっても、イノベーションが日本の企業が生き残るための大きな鍵を握っています。イノベーションは本業の革新と新規の事業の2つの側面があります。決して、飛び地の新規事業のことだけではありません。


関家一馬

最近、日本を代表する家電メーカーが苦しんでいる理由のひとつが、組織の官僚化です。官僚化の進展度を分母、製品の強さやサービスの強さを分子として、計算結果が1を割った時に会社が弱くなり始める。どんな組織でも、時間とともに官僚化するもの。その一方で、分子を永遠に強くすることはなかなか難しい。それを放置すると、分母が分子を上回り、官僚化が進んでしまう。けれども、市場原理主義を導入して、カネを介在させると、こういった官僚化を抑制できる。


吉越浩一郎

会社のマネジメントというのは本来、社員が正規の労働時間だけで働くことを前提に行われるのが、世界の常識です。残業を容認する、あるいは評価の対象とするような感覚で日本のビジネスマンが世界に出ていったら、笑いものになるだけです。