名言DB

9413 人 / 110706 名言

代田博文の名言

twitter Facebook はてブ

代田博文のプロフィール

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

代田博文の名言 一覧

当社は後発なので、大手と同じ土俵ではなく、大手が参入しづらいニッチな分野に焦点を当てました。


迅速性を重要なテーマのひとつとしてとらえ、ビジネスチャンスを逃さないということに注力しています。


外資系医薬品メーカー時代、月に1回の会議では、ビジネススクールを出た優秀な上司から何をやるにも「エビデンス(根拠)」を要求されました。自分で納得し、自信を持って取り組みたくともエビデンスがなければ遂行できませんから会議の前後は眠れなかったものです。しかし、この経験は会社を立ち上げた現在でも、非常に役立っています。


代田博文の経歴・略歴

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

他の記事も読んでみる

芝本裕子

まず、「化粧品をつくってみませんか?」というお話をいただいたのがきっかけで、化粧品の企画から販売まで携わることになりました。そのときには、まだ何をつくるかも決まっていない状態でした。そこで、いまの日本市場には、まだそう多くは出回っておらず、需要がありそうな化粧品を考えたときに思いついたのが、韓国で流行っていた、一枚一枚が個別包装されているシートマスクでした。これは、日本の女性にも需要があるはずだ!と。


鈴木喬(経営者)

私は、保険のセールスマン時代にメンタルを鍛えられました。保険の営業は、成功率ゼロに近い仕事。いちいち落ち込んでいたら、できるはずのこともできなくなります。おめでたい人が、結局は勝つんです。


野村恭彦

実は世の中は、アイデアで溢れています。ですが、アイデアがたくさんあっても実行されない。それはなぜかと言うと、本当に解きたい課題のアイデアではないからでしょう。そうなると、「本当は何をしたいの?」というところを突き詰めていかないといけません。


渡文明

諦めが早い人、傲慢で謙虚さが足りない人は伸び悩み、結局能力の発揮はできないでしょう。世界をマネーゲームに巻き込み、金融バブルを演出した人たちを見れば一目瞭然です。たとえ優れた知識を持っていても、誠意や礼節を欠いた仕事ぶりでは一時的に良くてもやがては崩壊し、早晩立場は暗転するでしょう。自由経済を説いたアダム・スミスさえも、フェアであることを絶対条件としています。


ピーター・ドラッカー

成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる。


谷川一也

サービスができ上がって自治体や医師会にプレゼンすると、「分けのわからない者が縄張りに入り込もうとしている」と反発されました。諦めず自治体を回り続けるうちに、「拾う神」が出現。すると、隣の自治体も採用してくれるといったように、徐々に広めることができました。現在、約100自治体に採用されています。


遠山元一

日本の株式市場は経済界の発展とともに発展し、産業資金調達の使命はますます重い。しかし、証券業者はとかく株屋として軽蔑されたものである。こうした世評の全部が間違っていたわけでもない。我々にも数々の欠点があり、これについては反省を忘れず、改善もし進歩もしてきた。それでも世間の見方は先入観が主となっていた。これは残念無念のことだ。


遠藤功

仕事の失敗というのは10個あるピースのうち9つまでをパズルに埋めたとしても、最後のひとつが埋めきれなかったために起きるのです。失敗しないためには、最後のピースを確実に埋めなくてはいけません。新しい仕事に取り組む際、まずパズルを完成させるために必要なピースをすべてピックアップすることから始めるべきです。


いとう伸

私も高級化粧品の営業をやっていたときに、「他社製品と成分は同じなのに、なぜうちだけ高いのだ」と悩んだ時期がありました。でも、よくよく考えてみると、その会社のブランドは他社に真似できない部分であり、そこに惹かれて買ってくださるお客様も大勢いました。そのことに気づいてから、急にお客様の反応がよくなり、成績もぐんぐん伸びました。自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。


越膳泉

保守の現場でCE(カスタマーエンジニア)たちはさまざまな課題にも直面しますが、「話し込み」の月例ミーティングを実施。各回のテーマを決めて課題解決の方法を共有するなど地道な努力を重ねながら、当社のお客様、ひいては社会システムを利用される一般の皆様の大きな安心に貢献すべく業務に励んでいます。


中原淳

企業研修はもっぱら、仕事の現場と切り離した施設などで行われています。しかし最も効果が高いのは、実際の仕事の現場で自分の仕事を振りかえる場や機会の存在だと私は考えます。仕事場と切り離しての研修は、社員の意識が「仕事は仕事、研修は研修」と分けられてしまいがちで、研修で得たスキルが実際の仕事に活かされにくくなってしまいます。


伊藤真(弁護士)

話す内容や話し方に自信がない人も話が長くなりやすいので要注意です。自信がないと断定的に言うことができず「○○と考えることもできますが、△△と考えることもできます」というような言い回しになります。その結果、話の流れもジグザグして、聞き手は「何が言いたいの?」となってしまいます。


桜井正光

目標達成度を賞与に反映する仕組みを取り入れたところ、目標値のレベルが徐々に下がりはじめました。「目標を低くして達成率をあげよう」という思いが、ここの社員や部門に働いたのです。


小池百合子

最初に立てた目標は「世界のすべての国を回ってみよう」というものでした。若い時は「(旅をするのに)体力がいるであろう国」へ、年を重ねてからは「旅が楽にできる豊かな国」へと。最初はアラブ諸国をすべて回ることから始めました。学割を使い、バスを乗り継いで、シリアやヨルダンを走破しました。20代からはテレビの仕事が入ってきましたが、人が取らない時期に休暇を取るようにして、1か国ずつ地図を塗り潰していくように世界を回りました。


辻本憲三

カプコンは進化の速いゲーム業界の中で環境変化を上手く捉えて成功しているとよくいわれますが、実際は違うといいたい。早いタイミングで飛び込んでいって、失敗しながら対策を練るという思考錯誤を繰り返しているだけです。