代田博文の名言

代田博文のプロフィール

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

代田博文の名言 一覧

当社は後発なので、大手と同じ土俵ではなく、大手が参入しづらいニッチな分野に焦点を当てました。


迅速性を重要なテーマのひとつとしてとらえ、ビジネスチャンスを逃さないということに注力しています。


外資系医薬品メーカー時代、月に1回の会議では、ビジネススクールを出た優秀な上司から何をやるにも「エビデンス(根拠)」を要求されました。自分で納得し、自信を持って取り組みたくともエビデンスがなければ遂行できませんから会議の前後は眠れなかったものです。しかし、この経験は会社を立ち上げた現在でも、非常に役立っています。


代田博文の経歴・略歴

代田博文、しろた・ひろふみ。日本の経営者。「クリオサイエンス」社長。長野県出身。大学卒業後、日本ルセル、グラクソ・スミスクライン、クリアティブなどを経てクリオサイエンスを設立。

他の記事も読んでみる

岡倉天心

日々の暮らしぶり、そのなにげない仕草のうちに、内心の動きはあらわれる。


成毛眞

趣味の時間を捻出するには、今の働き方や生き方を見直す必要があります。たとえば、今の仕事に全力を注ぐのをやめるのも一つの考え方です。40代にもなれば、ある程度、会社人生の先が見えてくるはず。大して出世が見込めないのに仕事に全力を傾けるのは、時間のムダです。クビにならない程度に手を抜きましょう。


川島永嗣

結果が明確に出るアスリートの世界では、いいときもあれば、悪いときもあるのは当然のこと。だからこれからも、結果だけにとらわれず、常に最高のパフォーマンスができるよう、準備だけは怠らず、自分を磨いていきたい。


川島永嗣

僕はゴールキーパーなので、チームがピンチになったときが、自分の仕事をすべきとき。ピンチを自分の力で跳ね返して初めて、チームを助け、勝利に貢献できる。


中畑清

「監督」という職業にありがちな選手との距離感を詰めることを一番に考えた。堅い雰囲気を払拭したい。プロは実力主義のシビアな世界だけれど、チームは家族でもある。その柱になりたかった。


星野佳路

「ライバルとはいえ業界みんなで協力して、地域を盛り上げていきましょう」という意見もあるかもしれませんが、ビジネス上では、そんな話はあり得ないでしょう。この世は勝つか負けるか、どちらかしかないと思っています。


上野和典

自分の目標を設定して逆算してみることが大切。意外にも時間って無いよ。


西任暁子(西任白鵠)

抽象的に話すだけでは相手は納得しないし、部下はついてきません。


渡部肇史

手本になる教科書がなかったため、「次に何が起きても良いように万全の準備を怠るまい」という身構えが培われたように感じています。大変な仕事ではありましたが、会社の一大事に最前線で立ち会えたのは幸せでした。


田口弘

個々では自立心の弱い日本人ですが、その分、集団化して一致団結した時のパワーは凄い。


谷正人

個人的に「友達だからやるよ」というアパレル業界の内輪なノリが嫌いで。やはりビジネスで繋がった関係はお互いビジネスである程度まで成功しないと全く意味がないですし、ビジネスで成功したからこそ親密な関係になる。そのためしっかりお互い成果を出すために、時には厳しい意見も提案します。その変化によって更に売れるようになったブランドもあるので、そういった厳しさを持つことは必要です。


市川秀夫(経営者)

これ以上政策だとか、あるいはマクロの経済関係に期待するのはもう間違いだ。あとは我々がどう自分達の事業を変えていくか。


ニーチェ

すでにホメロスにおいても、叙事詩的物語の規則が認められ、ホメロスはその範囲内で踊らねばならなかった。


デービッド・アーカー

新しいサブカテゴリーが生み出せれば、市場のリーダーになれる可能性が十分にある。


長谷部健(政治家)

成熟した国際都市の大事な条件は、シティプライドを持って暮らせること。


ページの先頭へ