名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仙頭宣幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仙頭宣幸のプロフィール

仙頭宣幸、せんとう・のぶゆき。日本の経営者。清掃会社「コスモス」社長。東京理科大学で物理学を専攻。その後、北海道大学の低温科学研究所で永久凍土についての研究を行う。修士課程終了後、地質コンサルタントなどを経て独立。

仙頭宣幸の名言 一覧

起業に必要だったのは勢いです(笑)。お金はなんとかなると思っていました。もし僕が誰かの後押しをするなら、勢いだけあればいいって言いますね。


意識しているのはお客さんに信頼してもらって、ずっと依頼してもらうこと。この仕事はそれが一番大事だと思うんです。


僕はこれからもずっとひとりでやっていきたい。組織が嫌だったのが会社を辞めた原因ですからね。


僕は結局、組織が嫌だったんです。やっぱり会社にいると転勤とかも勝手に決められたり、自分の知らないところで自分のことをポンポン決められたり。今はひとりなので、スケジュールも自分で決められます。起業してよかったと思います。


清掃の仕事って免許があるわけじゃないので、やろうと思えば誰でもできる。「うちで修業して独立すればいい」と言ってくれた知り合いの清掃会社で4~5か月働いて独立しました。清掃に必要な道具はホームセンターで買いそろえました。大きな買い物は移動に使う車だけ。当初はホームクリーニングを中心にしていましたが、大変だったのはやはり営業。チラシをつくって不動産屋さんに置いてもらったり、めぼしいところに電話営業したり。最初はまったく依頼が来なかったので、手元にあったCDやレコードを売って切り盛りしていました。


仙頭宣幸の経歴・略歴

仙頭宣幸、せんとう・のぶゆき。日本の経営者。清掃会社「コスモス」社長。東京理科大学で物理学を専攻。その後、北海道大学の低温科学研究所で永久凍土についての研究を行う。修士課程終了後、地質コンサルタントなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

岸良裕司

たとえ目標に到達せずに失敗しても、そこから学び続ければ、目標に近づきます。失敗さえ、目標に近づく手段になる。


岩崎裕美子

残業ゼロでも売上げが右肩上がりの秘密は、「差別化した商品作り」「広告力」「丁寧なサービス」の3つ。商品力、広告力、サービス力。どれかに秀でた会社は数多くあると思いますが、弊社はこの3つ全てで手を抜いていないため、「残業ゼロでも売上げ増」に繋がっているのだと思います。


若林克彦(経営者)

当社では毎日、全社員で工場の清掃をし、ラジオ体操をしています。健康には心の健康と身体の健康の2つの意味があると思いますが、清掃は精神的な土台づくり、ラジオ体操は身体づくりということです。


大八木成男

「自分にはツールがない。ツールを身につけないと大変なことになるぞ」これが、私が入社して最初に痛感したことです。それなりに自信もありましたが、実際に入社してみると、朝から晩まで失敗の連続です。書類の清書を任されると、自分ではちゃんと書いたつもりなのに、いくつもミスが見つかる。英語の議事録を書けば、こんなものは使えないと投げ返される。海外の取引先宛の社長のレターを私が清書したら、投函したあとにカンマとピリオドが間違っていたことが発覚し、羽田空港まで運ばれていたレターを取り返しに行ったこともありました。


ロバート・キヨサキ

成功の秘訣のひとつは、「売るときに」ではなく、物件を「買うときに」すでに儲けられるようにしておくことだ。適切なデュー・デリジェンス(物件の適正評価)を行うことによって、今後何年にもわたってキャッシュフローを生み続けてくれる優良な取引を見つけることができる。そうすれば、「この物件は将来値上がりするだろうか、そうでなければ損してしまう」などと心配する必要はなくなる。もし物件が値上がりすれば、それは臨時ボーナスということになる。だが、たとえ値上がりしなくても、あなたのポケットに毎月お金を入れてくれる、素敵な物件を持っていることには変わらない。


出川哲朗

僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


伊藤秀二

優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


朝倉千恵子

上司にとっては、部下に正しく仕事を与え、仕事の何たるかを教え、能力を上げていくことこそ、その部下の上に立っ者として欠かせない礼儀だと常々考えています。


清水克彦(報道キャスター)

部下に「なぜこの仕事を自分がやるのか」を納得してもらうポイントは、仕事を頼むときに理由を3つ挙げること。理由を3つ並べられると、相手は納得しやすくなります。


柳井正

ビジネスチャンスは世界中にあるんですよ。その際に大事なのは、その国の国民のためにビジネスをすること。その企業がその地域(ローカル)の人たちに支えられることが最も大事なんです。


瀬戸雄三

現場にはバッドニュースもグッドニュースも、また様々な変化を示す情報も濁流のように渦巻いています。トップは率先して情報の濁流に身を投じなくては、変化に対し一歩先んじた経営はできません。


村口和孝

商品を企画するときこういう問いかけでもよいだろう。「ダダだったら、開発した商品を実際、顧客は喜んで今すぐ使い続けますか」。ダダでも使う顧客が居ないモノを、お金を出して使ってくれる奇特な人は世の中に居ない。いっぱいいますよと言うなら、一週間以内に使って喜んでいる商品のユーザーを目の前に連れて来て、使用した感想を聞かせて欲しい。