仙頭宣幸の名言

仙頭宣幸のプロフィール

仙頭宣幸、せんとう・のぶゆき。日本の経営者。清掃会社「コスモス」社長。東京理科大学で物理学を専攻。その後、北海道大学の低温科学研究所で永久凍土についての研究を行う。修士課程終了後、地質コンサルタントなどを経て独立。

仙頭宣幸の名言 一覧

起業に必要だったのは勢いです(笑)。お金はなんとかなると思っていました。もし僕が誰かの後押しをするなら、勢いだけあればいいって言いますね。


意識しているのはお客さんに信頼してもらって、ずっと依頼してもらうこと。この仕事はそれが一番大事だと思うんです。


僕はこれからもずっとひとりでやっていきたい。組織が嫌だったのが会社を辞めた原因ですからね。


僕は結局、組織が嫌だったんです。やっぱり会社にいると転勤とかも勝手に決められたり、自分の知らないところで自分のことをポンポン決められたり。今はひとりなので、スケジュールも自分で決められます。起業してよかったと思います。


清掃の仕事って免許があるわけじゃないので、やろうと思えば誰でもできる。「うちで修業して独立すればいい」と言ってくれた知り合いの清掃会社で4~5か月働いて独立しました。清掃に必要な道具はホームセンターで買いそろえました。大きな買い物は移動に使う車だけ。当初はホームクリーニングを中心にしていましたが、大変だったのはやはり営業。チラシをつくって不動産屋さんに置いてもらったり、めぼしいところに電話営業したり。最初はまったく依頼が来なかったので、手元にあったCDやレコードを売って切り盛りしていました。


仙頭宣幸の経歴・略歴

仙頭宣幸、せんとう・のぶゆき。日本の経営者。清掃会社「コスモス」社長。東京理科大学で物理学を専攻。その後、北海道大学の低温科学研究所で永久凍土についての研究を行う。修士課程終了後、地質コンサルタントなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

中山勇

ファミリーマートには国内だけで9000以上の店舗があり、現場から毎日、新鮮なデータが集まってきます。大事なことは、データはあくまでも過去のものだということです。お客様は昨日の気持ちではなく、今日の気持ちで買い物をします。昨日の気持ちに沿った商品だけが並んでいても買ってくれません。どんな商品が売れるのか考えることが大事です。


村上力

企業が最も大切にすべきなのは顧客です。組織の利益を優先させ、顧客を無視すると、結果、とんでもない失敗を犯す恐れがあります。


大津司郎

どんなに慎重に行動していても、危険な目に遭うことはあります。最後は直感を信じて、できることは何でもやる。それが私の危機管理術です。


植木義晴

会話の話題はやはり本から仕入れるよりも、自身の経験に即したものにこそ説得力があります。それでも会話が途切れたらどうするか……、ペットもいいでしょう。例えば猫。わが家にも3匹いますから、相手がその話に乗ってきたらしめたものです。


小林一雅(小林製薬)

買収した会社を小林流のビジネスモデルに転換させるためには、中途半端な人材を送り込むわけにはいきません。管理職だろうが現場社員だろうがエースを送り込む。ただ、エースを送り込むと、既存の現場が打撃を受ける。要するに、エ-ス社員を引き抜いてでも買う価値があるのかを徹底的に見定めるのです。


森川亮

まずは世界に通用するビジネスの能力を高めることに力を入れるべき。そして、自分なりの強みを持っていないと、成功はできない。


佐藤優

一番得意だと思っている分野で失敗する、つまずく。それはそこに油断、すなわち「侮り」の気持ちがあるから。「侮り」と言うと何だか大仰に聞こえますが、日常の仕事の中でもついやってしまいがちな行為の中に、そんな気持ちが潜んでいることがある。


寺尾玄

両親は私が10歳の時に離婚、私と弟は父と一緒に暮らすことになりました。その当時の父は定職がなく、新聞や牛乳の配達、ペンキ塗りや下水道工事などをしながら生計を立てていました。そんな父がある日、「オレは陶芸をやる!」と目を輝かせて言ってきたのです。スーパーに張ってあった陶芸教室のポスターを見た瞬間、なぜだか体に電気が走ったのだそうです。父は次の日には陶芸教室に出向き、1か月後には先生よりもうまくなり、半年後には陶芸品店で自分の作品を並べてもらっていました。定職も持たず、2人の子供を抱えた40歳の父が、ある日を境に驚くべきスピードで陶芸家への転身を遂げたのです。やりたいことを見つけ、自分の力で人生を切り開いていく父の姿を間近で見て、私は圧倒されました。人は本気になったらとてつもない力が出る。どんな可能性もあり得るのです。


弘兼憲史

組織で働くには、他人と力を合わせて何かを成し遂げなければいけません。いくら1人で頑張っても、大きな仕事であればあるほど達成するのは難しい。


大久保恒夫

たいてい考えたとおりにいかないのがこの世界。考えるぐらいだったら、とにかくやってみて、結果がよければもっとやろう、悪ければ見直そう、としていくほうが効率がよいのです。


中井政嗣

部下に対するときの私のスタイルは一貫しています。叱るときは部下の親か兄のつもりで叱ります。場合によっては「いいか、お前の親の代わりで言うぞ!」と前置きしてからカミナリを落とします。「こいつには何とかわかってほしい」「よくなってほしい」という肉親同様の気持ちがベースです。ですから、きつく言えば言うほど迫力が出ます。「ようやったな。できるやんか!」と褒めるときは「千房社長」という肩書で褒めるのです。これを逆さにしたら効果はありません。


中田亨

自分のIDやパスワードを入力する機会は飛躍的に増えています。常々気をつけている私ですら、改めて数えてみたら30を優に超えていました。多くの人も似たような状況でしょう。しかも、ほとんどの人がどれも同じようなパスワードを使っているようです。これでは、ひとつのパスワードが漏れてしまったら、すべての情報が盗み取られてしまう危険性があります。


田中良和(GREE)

アップルを見ていつも思うことがあります。彼らは突然、「iPod」のようなイノベーティブな製品を生み出せたわけではありません。パソコンを作り、OSを作り、ブランドのイメージを作り、サプライチェーンがあって、それらを支える優秀なエンジニアがいる。過去の蓄積があって、初めてiPodや「iPhone」というアイデアを生かせる時代を迎えたと思います。


辻慎吾

良い部分を伸ばしつつ、弱点を克服していけば、東京の総合力は上がっていき、いずれ世界の都市間競争に勝つことができるでしょう。総合力こそが、都市の「磁力」です。世界中からヒト・モノ・カネを惹き付ける、そういう磁力を持った都市にするためには何をすればよいかを政官民一体になって考えるべきです。


柳井正

会社組織の中ではほとんどの人がリーダーであると同時にフォロワーです。優れたフォロワーシップのある人でないと人はついていかない。


ページの先頭へ