名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

仙田満の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

仙田満のプロフィール

仙田満、せんだ・みつる。日本の環境建築家、工学博士。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経て環境デザイン研究所を設立。琉球大学工学部教授、名古屋大学教授、東京工業大学工学部教授、日本建築学会会長、放送大学教授、日本建築家協会会長などを務めた。

仙田満の名言 一覧

多様なデザイナーの協働が新しい時代の様式をつくる。


クライアントや仕事仲間から「あなたともう一度仕事したい」と言ってもらえるような姿勢で何事にも真摯に取り組み、期待以上の成果を残すべき。


世の中はどんどん変化していきますから、できることをこなすだけではリスクが高い。常に新しい領域を研究し、自分が置かれた環境を外に拡大していく努力をすべき。


仕事の境を厳密に決めることなく、業際にある部分の仕事もこなせる準備をしておけば、ビジネス領域が拡大し、事業継続の可能性も高まるのではないでしょうか。


何かを次の世代に引き継いでいく時に、大きな障壁となる仕組みや法律などを変えていくためには、協会や学会などで上に立たないと発言力がない。そんな思いもあって会長職を引き受け、さまさまな社会活動を続けてきました。


私は常に、どんな施設であっても設計によって集客力、利用率をいかに高められるかを考えます。多くの人に利用してもらうためにはどうすればいいか。決定的なものがなくても、その施設を使ってくれる人たちが満足できるポイントをいくつ用意できるか。それもできるだけたくさん。


人間という動物の行動には、「面白そうだ」→「実際に行ってみよう」→「やってみた」→「満足した」→「感動した」→「もう一度行ってみよう」というサイクルがあります。このサイクルがまとまっている施設は、必ずリピート率が高まっていく。


周辺環境とどう調和していくか。私は、環境デザインとは「その場所が持つ物語を大切にしながらデザインする態度」だと定義しています。重要なのは、形よりつくり方。自然環境豊かな地域ならば、その環境を破壊しないデザイン、歴史的な地域であれば、まち並みや文化に配慮したデザインが必要。


私は、研究と設計は同じだと考えていて、仮説を持ってそれを証明していくという両輪の関係にあります。学生や若い建築家にいつも言うのですが「研究に基づくデザイン」を大切にし、その両分野に挑戦してほしいと。


建物は美しいハコではなく、人に使ってもらって、喜ばれるものでなくてはならない。建物=ハードだけではなく、使ってもらうためのソフトも自分たちでつくりたい。


学生時代、登山をしていましたが、「山登りの3分法」というものがあります。自分のエネルギーの3分の1は登り降りするために、3分の1は景色や天候など山の状況を把握するために使い、残りの3分の1は温存しておく。山の天気が変わりやすいのと同じように、起業の世界も想定外のピンチに遭うことがある。しっかり状況を見極めながら、温存した体力を使って時にはビジネスを撤退、縮小する勇気と備えと覚悟が必要。


「こどもの国」は菊竹清訓建築設計事務所入所2年目に担当を任された大型の自然型児童遊園地造成プロジェクトで、私が「こどものあそび環境」づくりを生涯の仕事の柱にすることを決めた案件でもあります。この時、児童遊園をデザインした彫刻家のイサム・ノグチさんや、造園家の伴典次郎さんに出会ったことは貴重でした。建築以外の魅力的な世界の広がりを教えてもらったことで、いろんな領域と一緒に環境全体を考えていくべきだと認識することができました。


仙田満の経歴・略歴

仙田満、せんだ・みつる。日本の環境建築家、工学博士。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経て環境デザイン研究所を設立。琉球大学工学部教授、名古屋大学教授、東京工業大学工学部教授、日本建築学会会長、放送大学教授、日本建築家協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

松田憲幸

商品パッケージの制作は、自ら指揮して行う経営の最重要項目の1つです。キャッチコピーやレイアウトはもちろん、裏面に記載するユーザーの感想まで詳細に見ます。発売以降も何度も見直して、改善を重ねています。ここまでビジュアルにこだわる理由は、ソフトウエアが目に見えない商品であると同時に、競合がひしめく中、どうすれば存在感を発揮できるかを懸命に考えてきたせいかもしれません。


井深大

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
【覚書き|ソニー発展の起爆剤になったトランジスタラジオの開発について振り返った時の言葉】


梶川貴子

「このチームに配属されて嬉しい」という雰囲気を出している人。あるいは別の部署から異動してきたとき、会議に入る前にチラッと「よろしくお願いします」とひと言挨拶してくれる人。こういう人たちが、各部署のキーマンです。そういう人は役職とはあまり関係なく、現場で積極的に動いてくれる人たちです。


マーシャル・ゴールドスミス

ビジネスに関する文献の多くが誤った前提を置いています。それは、人は取り組まなければならない必要性を理解すれば実行に移すというものです。実際にはそんなことはありません。たとえばダイエットに関する本がよく売れていますが、肥満した米国人は一向に減りません。本を読んでも本人がダイエットを実行しなければ、痩せはしません。


本田健

独立や転職を考えているなら、スキルや知識の強化など、自分への投資を惜しむべきではありません。迷ったときに指針を示してくれるメンターを見つけ、関係を深めることにもお金をかけましょう。また、投資を考えているのなら、その勉強も欠かせません。一方、社内での出世を目指すなら、社内人脈の強化や資格取得にお金をかけてみましょう。


伊井哲朗

問題なのは、退職金をすべて投資に回してしまうこと。これは大体失敗します。銀行や証券会社にすすめられて退職金すべてを何種類かの金融商品に分散投資する人が多いのですが、ここに落とし穴がある。一度に投資してしまうと、仮にある商品で損をしたときに資産配分を修正するだけの余力がなくなってしまうのです。投資する時間を分散することによるリスク分散の効果も発揮できません。ですので、退職前から積み立て投資に慣れておこうというのが私の意見です。積み立てによる時間分散の効果を肌で感じることが大事です。


吉田忠裕

吉田忠雄(創業者)の叱り方というのは、みんなの前で叱るやり方でした。ある時などは、1時間も立たされてコテンパンにやられた人がいました。まわりは仕事の手は休めるなと言われるのですが、気になって聞き耳を立ててしまう。叱られた人に、私は後で「君は会社に相当な貢献をしたと思うよ」と言うワケです。「社長は、向こう10年、君のこの失敗を事例に使うよ」と。つまり、これもケーススタディなんです。ただ、叱られたほうにしてみればたまりませんから、「いつ、この失敗が使われなくなりますかね」と聞いてきます。でも、「君以上の失敗が誕生した時まで待つしかないだろうね」と言うしかない(笑)。


石坂典子

つらいなと思ったことは、父親を説得するときですかね。本当は父親を助けるために入った仕事、父親が望むところを手伝いたいと思って来たのに、仕事を通して意見が合わなくなることがある。言い合いになると寂しいですよね。親子喧嘩をするために入ったのではないと思いながら、でも説得したいという自分の思いと、頑と聞かない父親と。父は一代で事業をやってきた人なので、自分の道というのがあるじゃないですか。ところが親子であれど、やはり道標が違うところがあるわけです。そこをどう話していくかということで、やはり父が興した会社だから父が言うようにやろうと自分に言い聞かせてきたこともたくさんあります。まあ時間軸の中で、上手くやっていく方法を互いに見つけて、父は口を出さなかったりして任せていこうと覚悟を決める。だから継ぐよりも、継がせる方が大変だと思いました。


樋口武男

将来の経営幹部を養成するため、「大和ハウス塾」を開講しました。これから会社を背負ってくれる人材探しですから、手を抜けません。


白洲次郎

熱意だよ。日本でも明治維新の時の政治家とか実業家は、熱意があったからあれだけの仕事が出来たんだね。


上原明

65歳を過ぎたら、どうやって世の中に恩返しをしていくか、という時期です。人は自分の力だけで生きられるわけでは当然なく、周囲の力に支えられているということであり、この恩返しが大事な視点になってくると思います。要は社会にどう自らが得たノウハウや利益を還元していくかということだと思います。


シェイクスピア

借り主となるなかれ、また貸し主となるなかれ。貸し主はカネと友を同時に失う。