仙田満の名言

仙田満のプロフィール

仙田満、せんだ・みつる。日本の環境建築家、工学博士。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経て環境デザイン研究所を設立。琉球大学工学部教授、名古屋大学教授、東京工業大学工学部教授、日本建築学会会長、放送大学教授、日本建築家協会会長などを務めた。

仙田満の名言 一覧

多様なデザイナーの協働が新しい時代の様式をつくる。


クライアントや仕事仲間から「あなたともう一度仕事したい」と言ってもらえるような姿勢で何事にも真摯に取り組み、期待以上の成果を残すべき。


世の中はどんどん変化していきますから、できることをこなすだけではリスクが高い。常に新しい領域を研究し、自分が置かれた環境を外に拡大していく努力をすべき。


仕事の境を厳密に決めることなく、業際にある部分の仕事もこなせる準備をしておけば、ビジネス領域が拡大し、事業継続の可能性も高まるのではないでしょうか。


何かを次の世代に引き継いでいく時に、大きな障壁となる仕組みや法律などを変えていくためには、協会や学会などで上に立たないと発言力がない。そんな思いもあって会長職を引き受け、さまさまな社会活動を続けてきました。


私は常に、どんな施設であっても設計によって集客力、利用率をいかに高められるかを考えます。多くの人に利用してもらうためにはどうすればいいか。決定的なものがなくても、その施設を使ってくれる人たちが満足できるポイントをいくつ用意できるか。それもできるだけたくさん。


人間という動物の行動には、「面白そうだ」→「実際に行ってみよう」→「やってみた」→「満足した」→「感動した」→「もう一度行ってみよう」というサイクルがあります。このサイクルがまとまっている施設は、必ずリピート率が高まっていく。


周辺環境とどう調和していくか。私は、環境デザインとは「その場所が持つ物語を大切にしながらデザインする態度」だと定義しています。重要なのは、形よりつくり方。自然環境豊かな地域ならば、その環境を破壊しないデザイン、歴史的な地域であれば、まち並みや文化に配慮したデザインが必要。


私は、研究と設計は同じだと考えていて、仮説を持ってそれを証明していくという両輪の関係にあります。学生や若い建築家にいつも言うのですが「研究に基づくデザイン」を大切にし、その両分野に挑戦してほしいと。


建物は美しいハコではなく、人に使ってもらって、喜ばれるものでなくてはならない。建物=ハードだけではなく、使ってもらうためのソフトも自分たちでつくりたい。


学生時代、登山をしていましたが、「山登りの3分法」というものがあります。自分のエネルギーの3分の1は登り降りするために、3分の1は景色や天候など山の状況を把握するために使い、残りの3分の1は温存しておく。山の天気が変わりやすいのと同じように、起業の世界も想定外のピンチに遭うことがある。しっかり状況を見極めながら、温存した体力を使って時にはビジネスを撤退、縮小する勇気と備えと覚悟が必要。


「こどもの国」は菊竹清訓建築設計事務所入所2年目に担当を任された大型の自然型児童遊園地造成プロジェクトで、私が「こどものあそび環境」づくりを生涯の仕事の柱にすることを決めた案件でもあります。この時、児童遊園をデザインした彫刻家のイサム・ノグチさんや、造園家の伴典次郎さんに出会ったことは貴重でした。建築以外の魅力的な世界の広がりを教えてもらったことで、いろんな領域と一緒に環境全体を考えていくべきだと認識することができました。


仙田満の経歴・略歴

仙田満、せんだ・みつる。日本の環境建築家、工学博士。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経て環境デザイン研究所を設立。琉球大学工学部教授、名古屋大学教授、東京工業大学工学部教授、日本建築学会会長、放送大学教授、日本建築家協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

鳥居祐一

アメリカで出会った億万長者たちは、何かわからないことがあると、二回りも年下の私に「ぜひ教えてくれないか」と教えを乞うてきた。そうした謙虚さがあるから、何歳になっても向上できるのでしょう。


高岡浩三

ビジネスチャンスを掴めるかどうかは、マーケティングを理解し、それをもとに目の前の課題をいかに考え抜くかにかかっている。


佐渡島庸平

僕にはやりたいことがたくさんあります。出版不況のなかで、才能ある新人たちが未来に希望を感じるしくみを作っていくこともそのひとつ。僕にはこうしたゴールしか見えていません。ですから、ゴールにたどり着く過程で、ときに土下座をするとしても、ときには強硬な態度をとって反感を買うことになったとしても、かまいません。ゴールを見据えれば、手段としての行動についてはこだわりやプライドがなくなります。


山尾志桜里

民進党には、09年に初めて民主党で当選した議員がとても多い。私たちの期で話をしていると、イデオロギーの左右と、一つひとつの問題の是非を結び付けるという感覚はないんです。これまでの感覚からの解放を進めていきたい。


ウォーレン・バフェット

分散投資は、無知に対する防衛策だ。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラはもはや宿命。これまでにキャリア、人脈、能力、経験といった財産をどれだけ築いてきたかが問われることになる。若い世代も不安に感じているかもしれないが、与えられた仕事を一所懸命頑張ることが一番のリストラ対策になるはずだ。


藤本隆宏

経済学はこれまで「生産の立地」を論じることが多かったが、製品の差異化と規模の経済が利く現代の産業においては、結局はどこで設計するかが、どこで生産するかに大きく影響する。


井上礼之

パラダイムシフトの時代では、M&Aや提携、連携の重要性はますます高まります。すべて自前で賄いながら市場を攻略しようとすれば、それを担う人材の育成や確保に時間がかかり、手遅れになることが往々にしてあるからです。


遠藤功

「企業の躍進にはイノベーションが不可欠」とよく言われますが、正直、私はこの言葉に少々食傷気味です。イノベーションが大事なのは確かですが、口で言うほど簡単なものではありません。そもそも、最近のヒット商品に真の意味で「イノベーション」と呼べる商品など、どれほどあるでしょうか。むしろ競争力を高めるのは、ちょっとしたこだわりや工夫だったりするのです。


平井伯昌

人間的な成長が伴っていなければ、競技の結果にはつながらない。過去の実績を見てもそれは明らか。


ジム・ロジャーズ

世の中には良くなる会社と悪くなる会社がある。マーケットの崩壊時には、良くなる会社も下がるが、悪くなる会社はそれ以上に下がってくれる。


安田佳生

考えずに運だけで成功してきた人の寿命は短いのは明らかです。これ以上考えられないところからもうひと踏ん張り考えると、ポッと道が見えてきて、それこそが会社の発展や人生の分かれ道になる。


平本清

当社には稟議書もありません。重要事項を含むあらゆる提案は社内ウェブに書き込みます。反対意見があればだれでもそこに書き込めますが、特に反対の理由がなければ何も書きません。反対がないイコール賛成とみなして、その提案は提案者によって実行に移されるのです。いちいち会議を開く必要もないので、手間も時間も費用も省かれ、話が早い。


淡輪敏

改革をしたのは現場だけではありません。経営会議では根回しが慣例になっていましたが、自由に議論するやり方に変え、議論が活性化しました。


古川武士

ストレスが溜まる最大の原因は多くの場合、心や時間に余裕がなく、自分が「振り回されている」と感じることにあります。ですから、ストレスを溜めない生活を送るには、まず「時間的余裕」を作ることが肝要。お勧めなのは、一時間早く起きる「朝型シフト」で自分の時間を作ること。さらに、その日の予定を重要タスクからどんどん埋めていく「予定の先取り」をしてしまうこと。


ページの先頭へ