他力野淳の名言

他力野淳のプロフィール

他力野淳、たりきの・じゅん。日本の経営者。「バリューマネジメント」社長。長崎県出身。リクルートを経てバリューマネジメントを設立。施設再生、地域再生事業を多数手がけた。また、地域資産活用協議会副会長、次世代ブライダル協議会代表理事を務めた。

他力野淳の名言 一覧

小さな積み重ねが信頼に繋がり、お客様に喜んでいただいてこそ次の信頼に繋がる。小さなことが出来ない人間に大きなことは出来ない。


これからは世の中から必要とされることのみが生き残れる時代。期待に応えなければならない。我々の頑張りが社会の直接的な価値になるよう心に留めて、これからも走っていきたい。


どの時代も必要とされたものが文化。町づくりを通してどう文化を残していけるかが我々のチャレンジ。それをビジネスを通して実現したい。これまでは施設単体での再生を成功させてきたが、これからはエリアとしての開発に注力、魅力ある町づくりを仕掛け、社会的価値を創り出していきたい。


当社は「歴史・文化」という切り口でネットワークを作り、世界に情報発信したいという発想を元々持っていますので、利益を独り占めしようなんて考えていません。もちろん、目の前で競争はあります。それは正々堂々競ったらいいのです。価値が高い方が選ばれるだけのこと。


元々の考え方がオープンなので、行政との親和性が高いと思います。町を考えた時、私たちが事業を通じて再生する建物は1つのコンテンツに過ぎません。様々なコンテンツが集まり、大きな1つの価値が生まれてきます。そこで、いろんな事業者が相乗りできるプラットフォームを作っています。


日本の文化を残したい。どの時代でも必要とされたものが文化だと思います。私は長崎生まれで、偶然ですが自分も弟も誕生日が8月9日です。生まれたときから戦争の話を聞いてきました。また、神戸で育ったので阪神淡路大震災も経験しました。原爆の話や震災を通じて、昨日までの当たり前が今日の当たり前ではないという世界観になりました。町づくりで建物に固執するわけはそこにあります。町づくりを通して無形の物を含めた「文化」を残していけるかが私たちのチャレンジです。ビジネスを通じて残したいと思います。


私たちのモデルは、町全体をホテルと見立てます。旧駅舎をホテルの受付に変えてみたら鉄道ファンは嬉しくないですか。このように面で考えています。歴史・文化が切り口ですので、歴史的な建物が絶対条件ですが、そこに宿泊すること自体が文化体験の始まりであり、町の歴史、食材、今も残っている生活様式などを体験できます。


今後は「必要とされてきた時代」から「必要とされない時代」になるでしょう。私たちの業界は建物なので、「空家・空きビル問題」となっているわけですが、人口が2割減になると、建物の2割分も不要になります。では、反対に何が必要か考えなければなりません。全ての建物が等しく2割価値が下がるのではなく、要るものと要らないものが取捨選択されていくはずです。


弊社が今度農林水産省と一緒に取り組むのが、農山漁村への滞在型旅行「農泊」。泊まれる場所は少しずつ増えてきましたが、まだまだ事業化して収益が生まれている地域は少なく、篠山の農村エリアや竹田城の集落の方と共に事業を進めようとしています。1つ収益化した事例ができれば、他の地域や事業者も絶対に真似してきます。農水省は農泊ができるエリアを500か所作りたい考えで、何十億円という予算を付けて取り組もうと本気です。


国内で考えると人口が減ることによるインパクトは全産業にあります。その中で我々は建物や町並みが事業ドメインになります。そこで「必要とされるもの」の定義が大きく2つあります。1つは町の中核となる施設です。経済の中心で町を発展させる力のある建物かどうか。2つ目は文化的な建物であるか。これの最たるものは神社仏閣でしょう。千年単位で続いているわけですから、今後もずっと必要とされていくでしょう。日本は木造建築が多いので、建造から100年が一区切りだと思いますが、必要なものはずっと残っています。文化や歴史といった背景を担っているものに着目し、後世に残していこうというのが我々の想いです。


観光では宿が重要なポイントを占めます。日本人が海外旅行する際には、まず宿から調べますよね。宿が決まらないと、全体の行程も組めません。宿泊施設は最も重要です。こんな例があります。九州・福岡に太宰府天満宮という有名な観光スポットがあります。年間1000万人の集客力を誇ります。しかし、一人当たりの消費額は2000円とそれほど多くのお金を使っていません。理由は簡単。博多から1時間という好立地のため、日帰りできてしまうからです。関西地区では奈良も同様に大阪や京都に近いため、ぱっと来て宿泊せずに帰ってしまいます。宿は滞在時間を伸ばしますから、消費額が増えます。食事や買い物をする時間がたっぷりとれますからマーケットが大きいのです。食も大切な文化の一つです。


「農泊」の利点は農家の方がダブルインカムを得られることです。現在、農業はどんどん経営が苦しくなっているので、どうにかして収入を増やし、立ち行くようにせねばなりません。そう考えた時、「観光事業に力を入れることで収益化できる地域もあるのではないか。しかも、それが地域活性化にも繋がるのでないか」との案に行きつきました。もちろん農業体験もできます。既にヨーロッパでは盛んで、オリーブ農家に行くなど、単なる宿泊より人気になっています。そうした体験はセットでなければなりません。


他力野淳の経歴・略歴

他力野淳、たりきの・じゅん。日本の経営者。「バリューマネジメント」社長。長崎県出身。リクルートを経てバリューマネジメントを設立。施設再生、地域再生事業を多数手がけた。また、地域資産活用協議会副会長、次世代ブライダル協議会代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

黒田如水(黒田官兵衛)

草履片々、木履片々(ぞうりかたがた、ぼくりかたがた)。
【覚え書き|息子の長政に贈った言葉。片足に草履、片足に下駄をはいて歩くように常識にとらわれず生きろという意味の言葉】


坂根正弘

中国が政治的、軍事的にどう変わるかという恐れはあるが、それを過度に気にしていたら経営はできない。コマツの場合は、中国を輸出拠点にはしていない。輸出のための生産拠点ではないから、これまで投資した金額も大きな規模ではない。しかも、それは既に回収を済ませている。それも含めて考えれば、中国経済が今後停滞する恐れがあるとしても、中国に対して消極的になる理由はない。


森本貴義

イチロー選手はとにかく彼の努力は半端でなかった。私はイチロー選手と同じ寮に住んでいたのですが、お風呂に入っているときに「バッティングの音がするなあ」と思い、見にいったら彼だったり。朝3時ごろまで練習していることもあれば、みんなが寝静まっている早朝からストレッチをしていたり。「同年齢でこんな人がいるのか」と驚きました。ひとつひとつ階段を上る彼を見るにつけ、私は「スペシャリティを磨くこと」が成功のカギだと知りました。


町田勝彦

加速し続ける海外生産にストップをかけなければ、いずれ日本の生産技術は消滅してしまうという危機感が、私の中でだんだん大きくなっていった。日本で育てた最先端の生産技術が海外に流出する懸念だ。中国をはじめアジア各国のハイテク技術がどんどん向上していく中、安易な海外移転を繰り返せば、日本が長年かかってつくりあげてきた生産技術は、彼らに習得されてしまう。そうなれば、製造立国・工業立国日本そのものが危うくなってしまう。


似鳥昭雄

うちのモットーは「一に安さ、二に安さ、三に安さ」です。お客さんにとって1円でも安くするためには、どんな困難であれ乗り越えてみせるという思いです。あくまでも世のため、人のため。儲けるとか売上とか、店舗数なんてことは考えません。どんな苦労もいとわずにやってきました。


藤本秀朗

企業と人間は違います。人事考課だったら僕は迷わず八勝七敗の方をとります。一勝十四引き分けの社員なんて面白くない。人間だったら攻撃していき時に敗れ傷ついて帰ってくる。人間なら八勝七敗がいい。


レイ・クロック

ビジネスは立ち止まったら終わる。一人ひとり、常に成長を心がける。


和泉昭子

老後資金の計算では収入は控えめに、支出は多めに想定するのが、あとで誤差を少なくするためのポイント。


立石剛

40代は社外で得た情報を仕事に活かしやすくなる年代。若いうちは、有力な情報を運良く入手できても、なかなか活かせる機会がありません。なんとか活かそうと思っても、影響力が足りないために、せっかくのアイデアが潰されてしまうことも多いでしょう。しかし、40代にもなると社内でそれなりのポジションに就いていることも多く、決裁権も持っています。自分の責任でゴーサインを出せるので、情報を仕事に活かしやすいのです。


橋下徹

政治指導者や企業トップは、膨大な知識・情報を自ら獲得する必要はない。当該問題を考えるにあたってどのポイントで検討すべきなのか、いわゆる論点設定能力があればいい。検討すべき論点が適切に設定されれば、あとはその論点について専門家に分析・検討してもらえばいいからだ。


寺尾玄

リーマンショック直後から注文がパッタリ途絶えました。そのとき身にしみてわかったのは、たとえば我々がこだわってつくってきた8万円もするデスクライトは多くの人に必要のないものだったということ。


國井総一郎

人に何かを伝えるというのは決して簡単なことではありません。とにかく継続していくことが大事。


織田大蔵

細かな点では専門家には専門家としての知識があるから、これを活用することだ。俺のところに弁護士の顧問や相談役がごろごろしているのはそのためだ。いい顧問とは、毒ネズミを食ったネコでないといけない。法律には表もあれば裏もある。千軍万馬の危ない橋を渡ってきた者でないと応用が利かない。


倉本圭造

「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。


伊藤友則

GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


ページの先頭へ