名言DB

9419 人 / 110788 名言

今野賢二の名言

twitter Facebook はてブ

今野賢二のプロフィール

今野賢二、こんの・けんじ。日本の経営者。歯科医院経営サポートの「MOCAL」社長。

今野賢二の名言 一覧

歯の衰えは、健康の衰えに直結します。日本人の健康寿命を伸ばすためには歯科にはまだやれることが山ほどあります。


私は25年以上、歯科医院と関わる仕事をしてきました。その中で歯科医院の課題や院長の悩みをつぶさに見聞きしてきました。医師として優秀な先生が、経営で躓いてしまうこともよくありました。優秀な医師がいなくなることは患者さまにとっては不幸でしかありません。そのような環境をなんとかしたい、という想いが起業の原点です。


何もしなくても患者さまが多数来院する時代は既に終わりました。これからの歯科医院には経営力が必要。院長は医師なので経営には苦手意識を持つ。大手の病院には経営・事務を担う事務長がいますが、個人医院では専従の事務長を雇用する余裕はありません。当社は、歯科医院の経営をアウトソーシングによる支援サービスでサポートをしています。


今野賢二の経歴・略歴

今野賢二、こんの・けんじ。日本の経営者。歯科医院経営サポートの「MOCAL」社長。

他の記事も読んでみる

児玉光雄

トップアスリートは自分の仕事にプライドを持っているため、自説を曲げず、自分の決めたことを貫徹する人が多い。


本田直之

キャリアだろうが、日々の仕事だろうが、勉強だろうが、できる人は、逆算でものごとを考えているものです。つまりゴールを設定したら、そのゴールに向かってそれぞれの段階ですべきことを決める。また、ゴールに到達するまでに必要な時間やお金についても、あらかじめ見積もっておく。だから、ゴールまで最短距離で到達できるのです。


谷正人

顧客基盤を作るにはファンをつくらなければならない。ファンをつくることは一方で、アンチファンをつくることでもあります。「STUDIOUSのあの商品は嫌い、あの接客は嫌い」という人がいないと「あそこじゃなきゃダメなんだ」というファンはできない。


池井戸潤

読者は非常に厳しい。僕たち作家はひたむきに書き続けるしかない。


山口喜三

家業を継ぐとき、会長には、「大事なのは小さくなろうが続けること」と言われました。「正しく受け継いで、進化させて伝える」ということが一番の役目だと考えています。


小林一雅(小林製薬)

新市場を創造するときと、他社が参入してきたあとの需要拡大のときでは、商品に持たせる機能やブランド、売り出し方について全く異なる視点が必要です。新市場を創造する際は、その商品自体がお客様の不満を解消するモノであるはずなので、商品の魅力は訴求しやすい。ただ、競合の参入で市場に競争が生まれると、類似商品とは異なる魅力を消費者に伝える必要があります。


奥田陽一

弊社では海外ベンダーへの派遣や語学研修を行っています。本当は、短期間の留学で英語を話せるようにはなりません。でも、短くても若い時期に英語漬けの生活をすると、その後の英語学習に必ずプラスになります。逆にいえば、語学の上達には時間がかかるのだから、中長期で考えていまから経験を積んでおけということです。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


楠木建

時間軸の相対化には読書が最適だ。昔の人と直接の友達になることはできないが、読書を通じて知ることは可能だ。お勧めを一冊あげるなら、16世紀、キリスト教の布教のために来日したイエズス会を描いた『クアトロ・ラガッツィ』。この作品では、道端で人がバタバタと倒れて死んでいく戦乱の世の日本人の日常がリアルに描かれている。それと比べて、いまの日本はなんと安定していることか。


和田完二

我々は一滴の油、一枚に紙をも粗末にしない。一切の冗費を省いて会社伸長の用に供し、社力低下の原因になる災害防止に万全を期する。