名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今野由梨の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今野由梨のプロフィール

今野由梨、こんの・ゆり。日本の経営者。「ダイヤル・サービス」社長。三重県出身。津田塾大学英文学科卒業。日本初の電話育児相談サービス「赤ちゃん110番」を開始。そのほか、経済同友会幹事、財団法人21世紀日本委員会理事長、ニュービジネス協議会副会長、東京商工会議所特別顧問などを務めた。

今野由梨の名言 一覧

自分に起きていることというのは、それが起きているときには、その意味がわからないことが多い。


若いときは「なんで自分だけがこんな目に遭うのだろうか」と思うことがあるもの。しかし、後になって振り返ると、「よくぞあのとき、これだけの試練を次から次に与えてくれたものだ」と感謝の気持ちしかありません。


私は9歳の時に空襲に遭い、燃える町の中を必死に逃げました。奇跡的に助かって思ったんです、生きている限り人には全うすべき役割があるって。


傘寿(80歳)を迎えましたが、まだまだ社長を続けますよ。少なくとも100歳までは何としても現役でいたい。


80歳の私はこれからがベンチャー人生の本番だと思っている。長年会社で培った経験や知識は、社会の大切な財産。その財産を定年という形で持ち逃げするなんてもってのほか。


最近の若いベンチャー経営者にも言いたい。お金や名誉を目的にした起業が悪いとは思いません。ただ、自分に課せられた社会的な役割を意識してほしいって。


私はね、定年を迎えてリタイア生活を満喫している大企業OBの男性社員に愛を込めて言いたい。「長年培った知恵や経験を社会に還元しないで隠居するなんてダメよ」、と。


年齢に対する間違えた固定観念が社会を支配し、人々はその違和感の中で生き甲斐を見失っています。年齢の呪縛から解放され、経験から得た知恵や技を、助けを借りたい人の為に惜しみなく役立て、完全燃焼させる生き方を可能にする国を造れば、誰もがみんな、もっと健康になれると信じています。


今野由梨の経歴・略歴

今野由梨、こんの・ゆり。日本の経営者。「ダイヤル・サービス」社長。三重県出身。津田塾大学英文学科卒業。日本初の電話育児相談サービス「赤ちゃん110番」を開始。そのほか、経済同友会幹事、財団法人21世紀日本委員会理事長、ニュービジネス協議会副会長、東京商工会議所特別顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

上野和典

楽しいことが好きで、それを追求し続ける熱意を持つことがまず大事。しかし思いこみだけで突っ走ってはいけません。世の中に受け入れられるものは何かを、客観的に考える冷静さも必要です。


エルマー・デゲンハート

我々は研究開発費の半分以上をソフトの開発に充てています。この割合は、これからも高まっていくでしょう。


藤本隆宏

20世紀後半の日本の生産現場・開発現場が錬成してきた統合型の現場能力をどうやって維持し、どうやって活かすかについては、油断大敵である。能力の構築は少なくとも10年を要するが、崩壊は一瞬である。能力構築の障害になる要因はできるだけ取り除いておきたいものだ。


木川眞

戦略のグランド・デザインが明確ならば、戦力は逐次投入せず、大胆に投じるべき。


弘兼憲史

サラリーマンは会議で自分の意見が通らなかったり、上からのプレッシャー、下からの突き上げなどで、日々タフであることを強いられています。でもだからこそ、やるときは思いっきり仕事し、遊ぶときは徹底的に遊ぶ。サラリーマンにもそんなメリハリが必要ではないでしょうか。


佐々木久美子(経営者)

エンジニアに選んでもらえるような会社にしたい。逆に東京では出来ないことも地方なら実現可能なこともある。


アルベール・カミュ

世間に存在する悪は、大半が無知に由来するものだ。明識がなければ善い意志も悪意と同じほど多くの被害を与えることもある。一番救われない悪徳は、自らすべてを知っていると信じていることから、自ら人間を殺す権利を認めるような無知の悪徳をおいてほかにない。


テリー伊藤

関根勤の最大の良さは、自分の弱さを隠さないことだ。芸能人は、自分の弱点を見せないようにして商品価値を高めようとする生き物だ。たとえお笑い芸人であっても、自分のドジ話はできるかもしれないが、本当の弱さをさらけ出すことはしない。しかし、関根勤は違う。自分の弱さを隠さずに見せることで、常に自分自身の力を倍化させていく。


ケタン・パテル(経営者)

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


石井淳蔵

発売を急ぐあまり、時間が惜しいという理由でリサーチをやらないのは主客転倒。商品の市場導入の時期は、逆に、リサーチの時間と費用をとって、そこから逆算してスケジュールや予算を決めるのが常識だ。


鈴木敏文

顧客に本当に満足してもらおうと思ったら、競争相手に勝つのでなく、既存の常識を打ち破らなければならない。なぜなら、真の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化する顧客ニーズだからです。


嶋浩一郎

今、東京の下北沢で「B&B」という書店を経営しています。そこではビールが飲めます。それは、私自身、ビールを飲んだときのほうが本を買いたくなるから。普通は、ビールがこぼれたら本がダメになると考えて、やらないのでしょう。でも、ビールを飲みながら本を読みたい方が多く来てくれればいい。また、連日、著者を呼んだりしてイベントをしています。これも、そうしたら楽しい、何度も行きたくなる、と私が思うからです。