名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今野敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今野敏のプロフィール

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

今野敏の名言 一覧

作者が楽しいんだから、その楽しさは絶対読者にも伝わると思う。


もったいぶるのが一番いけないと思うんですよ。読者に「あ、この作家はもったいぶってるな」と思われた瞬間にアウトで、作者は常にリードしていく立場じゃないと。


自由自在に読者の気持ちを、こっちに振れさせ、こっちに振れさせと引っ張って、しかもその手が見えないように、あたかも読者が自分でそう思っているかのように持っていく。それがプロの作家。


プロットを完全に立ててから書いちゃうと、プロットをつくってる段階が一番面白くて、書き始めたら単にそれを写していくだけになるからつまらない。


量をこなすという点はどんな仕事でも大事だと思います。あとは、睡眠をちゃんととること。寝ないと集中力も気力も落ちてしまいますから。


アイデアを思いついも、あえてその場でメモを取らずに忘れることにしています。不思議なことにあとで思い出しながら書いていると、再び浮かんでくるときの方がより面白いものになっているんですよ。一度思いついたら、忘れても頭の中に引き出しは残っている。手で書いていると引き出しが開いて思い出す。そして書きながらさらにいいものに発展していきます。


キーワードを紙に書いているうちにアイデアに発展することが多いですね。執筆はパソコンですが、ストーリーを練るときは紙にキーワードを書くんです。


量を書くのは大変なことではないんです。1日10枚書けば、週に2日休んでも、ひと月200枚になります。


一番重要なのは、とにかく量をたくさん書くことです。作家にとっては、本を出すことが一番のプロモーションですから。量を書けば質も上がっていきます。これは、親戚の石ノ森章太郎さんからも言われたことで、座右の銘です。


大学時代に雑誌の新人賞をとったので、作家になることは決めていたんです。でも当時の担当編集者から「この賞だけでは食べていけないから就職したほうがいい」といわれたので、3年だけ勤めようと決めました。会社員時代も兼業を小説を書いていて、連載も持っていました。いま考えればハードな生活でしたが、当時はしんどいと思ったことはなかったですね。せっかく賞を獲ったので、絶対に作家になろうと決心していましたし、会社の仕事も楽しかったんです。


人間味あふれる警察組織を書きたいという気持ちがありますから、キャラクターは大事にしています。日本のミステリーは、「謎解き」と「探偵」によって成立するいわゆる「本格」が一時代を担ってきました。もちろんそれはそれで面白いものです。でも本来は、いい小説というのはキャラクターが生きて動いていて感情移入できるものです。私の小説も、登場人物一人一人に読者が共感できる世界にしたいと常に思っています。


今野敏の経歴・略歴

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ジョセフ・ジューベル

自分が行動するときは規則に従い、他人を評価するときは情状酌量しなさい。


坂本孝

新事業のスタートには困難がつきものですが、失敗を経験していたら乗り越えられると思う。少々のことではびくともしなくなりますから。


遊川和彦

パッションがあれば、伝えたいことがあれば、なぜそこまでこだわるんだと、観る方も引き込まれる。


野村克也

新人のころ、私が夜、合宿所の庭で素振りをしていると、盛り場に繰り出す先輩たちが、「おい、野村。この世界は才能だ。バット振って一流になれるなら、みんななってるさ」とからかうんですよ。でも、私はそうは思わなかった。才能がすべてならこっちはとっくにお払い箱ですから、努力を信じてやるしかなかったわけです。


生瀬勝久

僕は自分の役に対して、「こういう風に演じたい」という理想を作りません。自分だけで理想のイメージをガチガチに固めても、実際に表現できるかわからない。現場でスタッフや共演者に受け入れられないかもしれない。そんなジレンマが全部ストレスになりますからね。その場のみんなとの生のやりとりで役を作る方法が僕には合ってるし、やっていて楽しいんですよ。


コシノジュンコ

母の影響を受け、私たち三姉妹はみんなファッション・デザイナーになりました。しかし、個性やファッション性、オリジナリティは、それぞれに全く違います。三姉妹の共通点は、「親が一緒」という一点だけ。興味を持つものも、好きになるものも、全然違いました。この一人ひとりの生きてきたストーリーの違いこそが、それぞれの特徴となってオリジナリティを形づくっているのです。


池井戸潤

書いている途中でも「この展開は小説としてイマイチだな」と気づいて方向修正できるかどうかが、作品の出来を左右する。


ウォーレン・バフェット

ベン(ベンジャミン・グレアム)は、「堅固な投資の極意を3つの単語で言い表すという同様の難題に直面するいま、我々は勇気を奮ってそれを『安全域(MARGIN OF SAFETY)』であると述べよう」と指摘しています。このシンプルな3つの単語を心に刻まない投資家は、膨大な損失を被ることになるでしょう。わかりやすくいえば、価値が1億ドルの事業を9900万ドルで買ってはいけないということです。時価に対して大きな安全域を有した価値ある銘柄を探すべく、誰よりも投資先を調べ上げ、慎重にタイミングを図るのです。


安藤忠雄

私が建築に興味を持ったのは中学2年生の頃です。自分の家が平屋から2階建てに改装された時、大工さんが一心不乱に働いている姿を見て、「この仕事は面白いんだな」と思ったのがきっかけです。でも、自分には学力がなかったし、家計の問題もあって大学には行けない。そこで、福沢諭吉が言う「独立自尊」の精神で行こうと、自分で考えて行動する道を選びました。まず、大学生よりも本をたくさん読まないといけないと思った。しかも、同じような読み方をするのではなく、スピーディーに読んで、それを実際に体験するということを繰り返しました。


林康史

ビギナーズラック後にうまくいかないない理由は2つあります。それは「勘違い」と「欲」です。「才能があるのかもしれない」と勘違いしたり、目先のお金に目がくらむ。そういう人が負けはじめると、「お金を取り戻したい」「あのときうまくいったのだからまたできるはず」と冷静さを欠いた投資に走ってしまうのです。


出口治明

我々のようなベンチャーは、大手と同じような考え方をする人を採用しても成長するわけがありません。


高原豪久

シェアについて語るのも、中国やインドのような成長市場においては、あまり有用ではないと思っています。今の段階では、マーケットサイズをいかに大きくしていくのかということが重要です。中国の母親の紙おむつ使用枚数は、日本の母親の3分の1程度。まだ紙おむつを使っていない層が全体として7割近くも存在するのです。そこをいかに健全に開拓していくのかということの競争なので、これはむしろユニ・チャーム1社でやるよりも、全体で大きくしていく方がいい。ステージとしてはゼロサムの競争よりはプラスサムの競争をしているつもりでいます。