名言DB

9419 人 / 110788 名言

今野敏の名言

twitter Facebook はてブ

今野敏のプロフィール

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

今野敏の名言 一覧

作者が楽しいんだから、その楽しさは絶対読者にも伝わると思う。


もったいぶるのが一番いけないと思うんですよ。読者に「あ、この作家はもったいぶってるな」と思われた瞬間にアウトで、作者は常にリードしていく立場じゃないと。


自由自在に読者の気持ちを、こっちに振れさせ、こっちに振れさせと引っ張って、しかもその手が見えないように、あたかも読者が自分でそう思っているかのように持っていく。それがプロの作家。


プロットを完全に立ててから書いちゃうと、プロットをつくってる段階が一番面白くて、書き始めたら単にそれを写していくだけになるからつまらない。


量をこなすという点はどんな仕事でも大事だと思います。あとは、睡眠をちゃんととること。寝ないと集中力も気力も落ちてしまいますから。


アイデアを思いついも、あえてその場でメモを取らずに忘れることにしています。不思議なことにあとで思い出しながら書いていると、再び浮かんでくるときの方がより面白いものになっているんですよ。一度思いついたら、忘れても頭の中に引き出しは残っている。手で書いていると引き出しが開いて思い出す。そして書きながらさらにいいものに発展していきます。


キーワードを紙に書いているうちにアイデアに発展することが多いですね。執筆はパソコンですが、ストーリーを練るときは紙にキーワードを書くんです。


量を書くのは大変なことではないんです。1日10枚書けば、週に2日休んでも、ひと月200枚になります。


一番重要なのは、とにかく量をたくさん書くことです。作家にとっては、本を出すことが一番のプロモーションですから。量を書けば質も上がっていきます。これは、親戚の石ノ森章太郎さんからも言われたことで、座右の銘です。


大学時代に雑誌の新人賞をとったので、作家になることは決めていたんです。でも当時の担当編集者から「この賞だけでは食べていけないから就職したほうがいい」といわれたので、3年だけ勤めようと決めました。会社員時代も兼業を小説を書いていて、連載も持っていました。いま考えればハードな生活でしたが、当時はしんどいと思ったことはなかったですね。せっかく賞を獲ったので、絶対に作家になろうと決心していましたし、会社の仕事も楽しかったんです。


人間味あふれる警察組織を書きたいという気持ちがありますから、キャラクターは大事にしています。日本のミステリーは、「謎解き」と「探偵」によって成立するいわゆる「本格」が一時代を担ってきました。もちろんそれはそれで面白いものです。でも本来は、いい小説というのはキャラクターが生きて動いていて感情移入できるものです。私の小説も、登場人物一人一人に読者が共感できる世界にしたいと常に思っています。


今野敏の経歴・略歴

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

他の記事も読んでみる

木村成一

最近、「ハンズらしさ」が薄れつつあるのではないかと危惧しています。生活雑貨の業界は、多様な企業が競争しています。その中でハンズらしさを出すには、編集力を常に磨いていくことが大切です。商品を単に並べるのではなく、テーマを持ち、パッケージとしてお客様に提示することで、店舗の付加価値を高めるのです。


米田功

試合のとき緊張と興奮で鉄棒を握る手が震えることがあります。でもそんな時ジタバタせず、目の前の一つ一つを淡々とこなすことに専念する。


柴田励司

ダラダラとした会議は時間のムダ。そのような場は、往々にしてダメ上司が仕切っているものです。だからといってコントロールできないというわけではありません。質問力を鍛え、上司から次々と言いたいことを早く引き出せばいいのです。ここで「俺のほうが優れている」と見せつけてはうまくいきません。


米井嘉一

まずは、何かを始める前に、自分の身体の老化がどの程度進んでいるのかを確認してみてください。私はいわゆる「アンチエイジングドック」を勧めています。身体でもっとも老化が進んだ部分や老化の危険因子など、自分の健康状態や若さの程度が把握できるからです。その情報を元にして、具体的に生活習慣を改善していくわけです。


大久保尚武(積水化学工業)

「勝とうと思わなければ勝てない」。これは企業経営にも通じます。個々の社員や組織が自ら目標やテーマを設定し、取り組んでもらえるようにする。これが経営者の腕の見せどころです。


渡邉幸義

自分がやろうとしていることが人のためになっているか。そのことが人として正しいか。私には2つの判断軸しかありません。それが一時的に損であっても、必ず会社にプラスになります。


橘木俊詔

英語がダメなうえに勉強も大変厳しく、「クレージージャパニーズ」と言われるぐらい勉強しました。英語は米国人と3人で暮らしたら、飛躍的に身に付きました。すべてが山の麓からの挑戦でした。
【覚え書き|米国留学当時を振り返っての発言】


岡崎慎司

足元を見つめて、目の前のことに集中する。「今を生きる」という感じで、コツコツと積み重ねていくのが僕のスタイル。最初から「自分は弱い」というスタンスで臨み、自分が今やれることをやる方が力を出せる。


板東英二

いまは芸人さんと一緒のことが多いですが、その中にあって「このおっさんは何を言うたっていける」と触れやすい場所に立てているのは、大きなチャンス。張り合いを感じてます。


今井賢一

単純に米国に追いつくだけでは勝てないのは明白なのですから、アジアの特徴に徹底的に絞って力を集中すべきでしょう。日本の悩みは、中国をはじめ、アジアの各国が共通して悩んでいることでもあります。日本だけでなくアジア全体のインターネット革命を促したら面白いでしょう。