名言DB

9419 人 / 110788 名言

今野敏の名言

twitter Facebook はてブ

今野敏のプロフィール

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

今野敏の名言 一覧

作者が楽しいんだから、その楽しさは絶対読者にも伝わると思う。


もったいぶるのが一番いけないと思うんですよ。読者に「あ、この作家はもったいぶってるな」と思われた瞬間にアウトで、作者は常にリードしていく立場じゃないと。


自由自在に読者の気持ちを、こっちに振れさせ、こっちに振れさせと引っ張って、しかもその手が見えないように、あたかも読者が自分でそう思っているかのように持っていく。それがプロの作家。


プロットを完全に立ててから書いちゃうと、プロットをつくってる段階が一番面白くて、書き始めたら単にそれを写していくだけになるからつまらない。


量をこなすという点はどんな仕事でも大事だと思います。あとは、睡眠をちゃんととること。寝ないと集中力も気力も落ちてしまいますから。


アイデアを思いついも、あえてその場でメモを取らずに忘れることにしています。不思議なことにあとで思い出しながら書いていると、再び浮かんでくるときの方がより面白いものになっているんですよ。一度思いついたら、忘れても頭の中に引き出しは残っている。手で書いていると引き出しが開いて思い出す。そして書きながらさらにいいものに発展していきます。


キーワードを紙に書いているうちにアイデアに発展することが多いですね。執筆はパソコンですが、ストーリーを練るときは紙にキーワードを書くんです。


量を書くのは大変なことではないんです。1日10枚書けば、週に2日休んでも、ひと月200枚になります。


一番重要なのは、とにかく量をたくさん書くことです。作家にとっては、本を出すことが一番のプロモーションですから。量を書けば質も上がっていきます。これは、親戚の石ノ森章太郎さんからも言われたことで、座右の銘です。


大学時代に雑誌の新人賞をとったので、作家になることは決めていたんです。でも当時の担当編集者から「この賞だけでは食べていけないから就職したほうがいい」といわれたので、3年だけ勤めようと決めました。会社員時代も兼業を小説を書いていて、連載も持っていました。いま考えればハードな生活でしたが、当時はしんどいと思ったことはなかったですね。せっかく賞を獲ったので、絶対に作家になろうと決心していましたし、会社の仕事も楽しかったんです。


人間味あふれる警察組織を書きたいという気持ちがありますから、キャラクターは大事にしています。日本のミステリーは、「謎解き」と「探偵」によって成立するいわゆる「本格」が一時代を担ってきました。もちろんそれはそれで面白いものです。でも本来は、いい小説というのはキャラクターが生きて動いていて感情移入できるものです。私の小説も、登場人物一人一人に読者が共感できる世界にしたいと常に思っています。


今野敏の経歴・略歴

今野敏、こんの・びん。日本の小説家。北海道出身。上智大学文学部新聞学科在学中、『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、東芝EMIに勤務しながら小説の連載をする。3年間会社員生活を経験したのち専業作家となる。日本ペンクラブ理事。主な受賞に『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞・日本推理作家協会賞を受賞。

他の記事も読んでみる

大江英樹

起業は目的と自分ができることを明確にして臨まなければ、まず失敗する。


樋口泰行

能力主義とか年功序列崩壊とか言われていますが、能力で見るのは当たり前だと思います。ただ、会社が能力主義の点数表に書かれている項目しか見なくなると、社員も点数稼ぎに走ります。そのうち組織がバラバラになり、お客様と話していても「その件は私の担当じゃありませんから」みたいなことを平気で口に出す人も出てくる。これでは会社全体としての力が上がりません。そこを補完するような包容力のある評価を心がけたいです。


小笹芳央

壮大な目標に向かって着実に歩を進めるという充足感はないかもしれない。でも、生きていく中では、ゴールを設定しにくいことの方が多いものです。やりたいことが見つからなくても、「今は信頼を積み上げている時期なのだ」と考えて日々を充実させていけば、後で大きな自由を獲得できる。そう信じて進んでください。


高木嘉幸

ストレスをためないから、ストレスが原因で食べ過ぎたり、眠れなかったりという悩みがない。強いていえば、これが私の健康の源かもしれません。


小杉俊哉

一見して不運なことのほうがチャンスに結びつきやすく、ラッキーにみえることのほうがリスキーであることが多いのです。


熊谷正寿

会社は一人では出来ません。私は「パートナー」や「仲間」と呼んでいますが、多くのスタッフが集まって運営しています。その人たちが誇りを持てる状態を作り続けていくことがとても大事です。サービスの側面、精神的な側面など様々なことが上手く全て組み合わさった時、初めて続く会社が生まれてくるのでしょう。それはある意味、芸術作品のようなものかもしれません。


渡邉美樹

将来どうありたいのかというビジョンをはっきりさせ、絵を描き、経営資源はどれだけあるかを明確に把握する。トップは、現場のマネジャーに対して「目指す方向性はこうです」「予算はこれだけです」「あなたにはこれだけの裁量を与えます」と宣言する。するとマネジャーは、それを踏まえて、最大のパフォーマンスを得るために、戦略を作りあげ、戦術に落とし込み、人をマネジメントして、実行していく。これはまさに経営であり、政治のあるべき姿です。


舘神龍彦

手帳には仕事の開始時間だけでなく、終了時間も明記すること。「13時~ 企画書の作成」ではなく、「13時~15時 企画書の作成」などと、締め切り時間まで記入しないと、ダラダラと作業を続けがち。外出の際はアポの時間だけではなく、移動時間も書き込みましょう。こうして一つひとつの行動にかかる時間を「見える化」することで、自分の持ち時間が目に見えるようになるのです。


古賀伸明

何度も対話を重ね、様々な課題について論じ合ううちに、次第に変化が生じました。「あなたの組織ではなく、あなたが言っているのだから信じよう」と話す人が出はじめ、お互いの間に信頼関係が芽生えたことで、物事の歯車が回り出した。


石山恒貴

その会社だけで通用するスキル、固定化した人脈、決まったモノの見方……。それらは一歩会社の外に出てみると通用しない可能性が高く、ましてやそこから新しいアイデアは生まれにくい。今の形で働き続けられる人なら問題はないのでしょうが、そう言い切れる人はどれほどいるでしょうか。ならば本業のあるうちから、副業・兼業を始める、パラレルキャリアを目指すのが得策と言えるのではないでしょうか。