名言DB

9412 人 / 110637 名言

今里広記の名言

twitter Facebook はてブ

今里広記のプロフィール

今里広記、いまざと・ひろき。日本の財界人。日本精工社長、東京商工会議所常任顧問。長崎県出身。旧制中学校卒業後、実家の造り酒屋「今里酒造」に入社。その後、石炭会社「九州採炭」の経営に着手するが詐欺に遭い財産を失う。上京し、軍需会社の経営などを経て、経済同友会設立に参加。日本精工社長、経済同友会代表幹事、経営者団体連合会(経団連)常任理事、東京商工会議所常任顧問、日本経営者団体連盟(日経連)顧問などを務めた。財界のまとめ役をこなし、「財界幹事長」「財界官房長官」と呼ばれた。

今里広記の名言 一覧

約束したことは必ず果たす。徹底して誠実であれ。人の面倒をみるならとことんみろ。


今里広記の経歴・略歴

今里広記、いまざと・ひろき。日本の財界人。日本精工社長、東京商工会議所常任顧問。長崎県出身。旧制中学校卒業後、実家の造り酒屋「今里酒造」に入社。その後、石炭会社「九州採炭」の経営に着手するが詐欺に遭い財産を失う。上京し、軍需会社の経営などを経て、経済同友会設立に参加。日本精工社長、経済同友会代表幹事、経営者団体連合会(経団連)常任理事、東京商工会議所常任顧問、日本経営者団体連盟(日経連)顧問などを務めた。財界のまとめ役をこなし、「財界幹事長」「財界官房長官」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

夏野剛

僕はね、日本はそんなに捨てたもんじゃないと思っています。日本が駄目なのは、適材・適所をしなかったこと。よく考えたら同じ会社に30年勤めるなんて99%の人は合わない仕事をしてるってことですよ。雇用環境は厳しくなっていますが、昔に戻ることはできないし、戻る必要もない。


水越豊

物事のトレンドを最近の数字だけで判断するのもよくある落とし穴です。直近のトレンドが一過性のものかどうかを判断するには、スパンを長くとって見る必要があります。


古舘伊知郎

人類史上、明日を経験した人は誰もいないんです。だって、実際に明日になれば、もう「今日」になるから。つまり、僕らには「今」しかない。人生は「今」「今」「今」の積み重ねです。なのに、誰もが先ばかりを考えすぎるんです。近未来を埋めた予定表を生きて、「今」を生きていない。


武田信繁

武士として戦場にのぞんだならば、少しの卑怯未練の振る舞いがあってはならない。『呉子』という書物にも「命を惜しむ者はかえって死ぬ羽目に至り、死をいとわぬ者はかえって生を全うするもの」だと教えている。


辻本憲三

ワインにも、ゲームにもそれぞれ苦労はありますが、何事も近道はありません。自然と向き合いながら一歩一歩着実に歩んでいくしか道はないと思っているので(苦労も)楽しかったです。


田中耕一郎

YOUTUBEに流すユニクロの映像の中身には苦心しました。押しつけがましい宣伝ではなく、ユーザーに面白がってもらう必要がありました。ダンスの映像としたのは、動画サイトを何度も見るうち、人気の高いコンテンツはダンスや歌など言葉を介さない直接的な身体表現であることに気が付いたからです。これはユニクロの商品である服とも相性がよかったのです。


鳥越淳司

トップに立つには味で、生産力で、納期で圧倒したい、と考えたから、製造方法も投資額も業界の常識外れになったが、段階的にやっていたらどうだろうか。例えばかつては1ラインで豆腐を1時間2000丁作っていた。これを50割増やしても、たかだか3000丁だ。我々は「目標1万丁」を打ち出し、それでようやく8000丁を達成できた。


陰山英男

私も何度も、与えて裏切られたことがあります。そういう人は縁がなかったと思えばいい。与え続けたときに、最終的に味方になる人は残ってくれます。わかりやすいのは長く付き合っている人を大事にするということ。与える人を選んだり、出し惜しみしたりしていると、逆に自分が選ばれなくなってしまうでしょう。


オグ・マンディーノ

成功するための唯一確かな方法は、どんな仕事であれ、期待されている以上のことをすることである。


秋沢淳子

私が入社した際、先輩から「10年は頑張りなさい。それでスタートラインに立てるから」と言われたのをいまでもよく覚えています。アナウンスの技術を磨くには、それくらい長い時間がかかるものなんです。ですから毎日の仕事の中で、自分が何を求められているのか、どう発声すれば伝わりやすいのかをとにかく考えてアナウンスをするしかないのだと思います。


新将命

正しくPDCサイクルを回すための4つの質問

  1. 「今、わが社はどこにいるのか」(現状の把握)
  2. 「将来、わが社はどうなりたいのか」(ビジョンの設定)
  3. 「そのために、わが社は何を、どうやるのか」(具体的目標の設定)
  4. 「それをやって、わが社はどうなったのか」(実行の評価)

水野和敏

みんな、FF車の開発では前席部分をいじって競争していたけど、実は自由がきくのは後部座席と後輪の間の寸法だけだった。ここがガソリンタンクの容量であるとかサス・ヘンションの空間、トランクの容量、それにリアウインドウを流れる空力なんてのを決めていて、それこそが数字にならない性能を左右するんだとわかったんだ。その結果をもとにして設計したのが1990年の「プリメーラ」ね。これ、いまだから言うけどさ、社内で提案しても「ブルーバードよりも小さくてスペックも質素なのに、どうしてそれより高いんだ。そんなの誰が買うんだ」とポロクソに言われたね。でも、スペックとしての数字にならない価値はたっぷり乗せていた。それで、社内で大ゲンカをしたあとに「じゃあ、仕方ないな」みたいにして世の中に発表されたんだけどすごく売れたんだ。その後はオペルもフォードもみんな「プリメーラ」をマネしたよね。ヨーロッパでは、どこの会社もあれを買って分解して研究していたんだ。ヨーロッパの4ドアっていまもその流れの延長線上にあるでしょう?だから、ヨーロッパの車にマネされるようなものをと思ったことは、そのまま現実になったんだ。


古賀信行

懸命な努力さえしていれば誰かがきっと見ていてくれる、と思い込むことが大切です。


永守重信

まだ今から落ちるかもしれないというピークに近いところでビジネスモデルを転換するのが一番良い。


古賀清彦

これまでの腕時計中心から、今後は取り扱いアイテムを増やしていき、総合リユース商社という枠組みを創出していきたいと思っています。まず、宝石やバッグといった分野を伸ばしていきますが、それ以外のアイテムについても考えています。そこに人材の教育やリユースのレンタル事業も加えていき、真の総合リユース商社というものを作り上げていきたい。これがこれからの目標になります。