名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今里広記の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今里広記のプロフィール

今里広記、いまざと・ひろき。日本の財界人。日本精工社長、東京商工会議所常任顧問。長崎県出身。旧制中学校卒業後、実家の造り酒屋「今里酒造」に入社。その後、石炭会社「九州採炭」の経営に着手するが詐欺に遭い財産を失う。上京し、軍需会社の経営などを経て、経済同友会設立に参加。日本精工社長、経済同友会代表幹事、経営者団体連合会(経団連)常任理事、東京商工会議所常任顧問、日本経営者団体連盟(日経連)顧問などを務めた。財界のまとめ役をこなし、「財界幹事長」「財界官房長官」と呼ばれた。

今里広記の名言 一覧

約束したことは必ず果たす。徹底して誠実であれ。人の面倒をみるならとことんみろ。


今里広記の経歴・略歴

今里広記、いまざと・ひろき。日本の財界人。日本精工社長、東京商工会議所常任顧問。長崎県出身。旧制中学校卒業後、実家の造り酒屋「今里酒造」に入社。その後、石炭会社「九州採炭」の経営に着手するが詐欺に遭い財産を失う。上京し、軍需会社の経営などを経て、経済同友会設立に参加。日本精工社長、経済同友会代表幹事、経営者団体連合会(経団連)常任理事、東京商工会議所常任顧問、日本経営者団体連盟(日経連)顧問などを務めた。財界のまとめ役をこなし、「財界幹事長」「財界官房長官」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

小暮真久

社会貢献するモチベーションは企業によって違います。寄付を集めるときに「社会的にいいことだからやってみませんか」はダメです。企業の本業に絡めた形で提案するなど、相手のニーズを見抜いたうえでアプローチしなくては企業も動いてくれません。このあたりは、一般企業の場合と変わらないと思います。


鈴木喬(経営者)

朝令暮改は何も悪いことではありません。むしろ自分の間違いを認められずに、そのまま突っ走ることの方が、よほど間違っている。


こだま(作家)

人と顔を突き合わせることに苦痛を感じる私にとって、書くことは救いでした。話すことは苦しいけれど、文字ならば心の内を伝えられる。子供の頃は日記帳だったものが、いまではブログや同人誌、そして商業誌や書籍に変わりました。書くことによってたくさんの人と繋がることもできた。言いたいことを思う存分言える性格だったら、書く世界に足を踏み入れてなかったと思う。口下手でよかったと思えるようになりました。


菅野寛

「経営者の才能は先天的な資質である」と主張する方がおられます。しかし、私はその立場を採っていません。いろいろな経営者の方とお話させていただくと、むしろ「経営者は育つ」とい意見のほうが多い。そもそも社会人になる20代の前半から経営者としての能力がフルセットある人などいるでしょうか。皆、血ヘドを吐くほど修羅場の経験を積みながらスキルをだんだんと学び覚えていくうちに、立派な経営者になるのです。


筒井義信

株式会社であれば、大きな会社を買収して連結することによって企業価値を高めていく方向もあろうかと思います。しかし私たちは相互会社であり、まだその道はとりたくないと思っています。相互会社の目的は保険契約者にどれだけ利益を還元できるかということに尽きますから、海外展開に際しても現実的なリターンを得ていくことが何より大切です。


ウディ・アレン

成功の80%は、人を出し抜いた結果だ。


藤原健嗣

みなさんは海外の市場はナンボでも伸びると言いますが、やっぱり、必ず勝てる事業でなければ意味がありません。


大山健太郎

90年代後半にアイリスは伸び悩みました。なぜ、伸びないのか。自分なりに分析して出した答えが、主戦場であるホームセンターへの過度の依存でした。ホームセンターを牙城にしてきただけに、ここでの売上拡大に集中し、それ以外の売り場での成長を考えることを怠っていました。一定のお客さんには自分たちの強みを示したとしても、大多数のお客さんを取りこぼしている。その時点で、自ら成長の芽を摘んでしまっていることに気づいたんですね。得意のビジネスモデルに安住する呪縛に、私も陥っていたのです。


角田秋生

学年に追いつけ、追い越せと。いままでに遭遇したことのない新しい世界を歩んでいくときの苦しさや大変さ、そこを乗り越えたときの気持ちには、教材を終えた以上の価値があると思います。こうした経験は後の生活全般にも効いてきます。


山内宏

かつての大蔵省が敗者復活があり、つまり組織が柔軟で、「国のため」という価値観を貫くことができたのは、終戦後のパージ(公職追放)などで、組織に様々なしがらみがなかったのも一因です。事務次官もほぼ毎年交代し、その人的影響力も長続きしないから、上司部下の間柄を引きずらなくても済んだ。ところが、組織ができてから時間がたち、同じ人間なりそのグループが何十年も権力を握り続けると、現役が先輩に遠慮したり、仕事や人事が人脈に左右されたりして、澱(おり)のようなものが組織にたまりがちで、大胆なことができなくなる。


屋久哲夫

取っ組み合いであろうと、静かな反目であろうと、仲裁はその場のいら立ちや、荒れた空気を鎮める対処がスタート地点です。それがなくては、両者にまともな話を聞くこともできません。


藤井佐和子

多くの場合、相手への苦手意識はコミュニケーション不足によるものです。苦手と思っていた相手でも、話をしてみたら誤解だった、という経験はないでしょうか。仕事でも、情報が多いほどミスが少なくなるように、人間関係も、相手をよく知れば、苦手意識は薄れるものです。質問の内容は、仕事の話題よりも、子供のころの話や、ペットやお子さんの話題などがいいでしょう。その人自身は褒められなくても、子供時代のその人や、ペットやお子さんについてなら褒められますよね。そういう話題から少しずつ話をしていけば、苦手意識もやがて薄れていくはずです。