名言DB

9425 人 / 110833 名言

今道潤三の名言

twitter Facebook はてブ

今道潤三のプロフィール

今道潤三、いまみち・じゅんぞう。日本の経営者。「TBS」社長。長崎県出身。京都大学経済学部卒業後、大阪商船(のちの商船三井)を経てラジオ東京に入社。東京放送社長・会長、日本民間放送連盟会長、TBSブリタニカ会長などを務めた。

今道潤三の名言 一覧

経営に大事なことは何か。人とのつながり、人との信頼、信用度、そして寛容さではないか。


今道潤三の経歴・略歴

今道潤三、いまみち・じゅんぞう。日本の経営者。「TBS」社長。長崎県出身。京都大学経済学部卒業後、大阪商船(のちの商船三井)を経てラジオ東京に入社。東京放送社長・会長、日本民間放送連盟会長、TBSブリタニカ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

西岡喬

やはりトップが実践しなければ現場は動きません。私自身、地方に出張した際に販売店の社長に会って話を聞いたり、知り合いに三菱車の購入を勧めて、顧客をつくる努力を続けています。


島田精一

世の中は面向くないのが当たり前。だから自分自身で面白くしてやるんだと、前向きに明るく動いて面白くしてやるんだと取り組むことが大事。


助野健児

医薬品では、血液がんなどの抗がん剤やアルツハイマー病治療薬の開発、再生医療ではiPS細胞を用いた創薬支援や細胞治療などを推進している。これらを早く花咲かせるために、M&Aが必要ならばやる。


尾藤克之

ある会社に転職したときのことです。社内に赤字続きで資金が回収できず潰れそうなプロジェクトがありました。私は上司にこう言ったのです。「僕にやらせてください! やれるだけのことはやってみます」。あとは最低限のお金の回収や、顧客との関係調整など、撤退に向けての事務作業=敗戦処理に専心しました。プロジェクトを成功させようなどという努力はしなくてOK。なぜなら、これまでも八方手を尽くしてきたわけで、正直そんなもの誰がやろうと、業務改善なんてできないからです。そして実際に撤退となったのですが、私の評価は落ちるどころか、大きく上がったのです。そもそも瀕死状態ですから、最初から成果は求められてません。そしてやるのは事務処理や調整だけなので、少し頑張ればすぐ結果が出て、「火事場の処理がうまい人」という印象になったのです。加えて「火の中に飛び込む度胸のあるやつ」「器のでかい男」という評価も得られました。ワラをもつかむ思いだったプロジェクト内の人たちは、私に大きな恩義を感じてくれたはず。上司からは部の成績の下げ止まりの功労者として評価され、みんなにいいことだらけでした。そう、ポイントは、「プロジェクトが撤退する寸前で手を差し伸べる」ことです。


樋口武男

多くの人々に喜んでもらって結果として事業になる、人助けをしながら喜んでもらえて事業としても成り立っていったら一番良いこと。


田原総一朗

僕は男性と女性を比べると、女性のほうが優秀だと思っています。女性は妊娠して出産できるけど、男性は空っぽでしょう。カマキリだって交尾の後はオスがメスに食べられるし、雪山で遭難しても、だいたい男は死んでしまう。女性のほうが強いんですよ。


吉山勇樹

上司からの指示を何も考えずに実行に移していませんか?「この会議は出た方がいい」と言われ、実際に出てみると自分は特に必要がなかったという経験はないでしょうか。そんなときは、指示通りに動く前に、その会議の趣旨を確認しましょう。本当に出席が必要か、議事録を受け取って確認すれば十分ではないか、と考えて判断することが大切です。


原田泳幸

自社の都合だけで価格を決めたら失敗する。顧客感情と、利益のバランスをよく見極めて判断しなければ上手くいかない。


小笹芳央

人事評価に拘泥していては、大きな成長は望めない。せいぜい年に数回の、短期的な評価のループにとらわれてしまう。こうなると近視眼的になり、目先の小さな仕事ばかり、一生懸命やろうとする。バントばかりして、バットを思い切り振れなくなるようなものです。人事評価がもたらした「小粒化」という名の弊害ですね。この状況を打開するには、「評価制度のループ」から抜け出すことが必要です。一度は評価を気にするのをやめて、大きな目標に取り組んでみてはどうでしょうか。


立川千紗

アートとしてではなく商業として「どうすれば伝えたいものが伝わるのか、喜んでもらえるか」ということを考え、デザインがお客様にとってビジネスなどにおける良いチャンスになることを制作する上で常に心掛けています。