名言DB

9412 人 / 110637 名言

今西頼久の名言

twitter Facebook はてブ

今西頼久のプロフィール

今西頼久、いまにし・よりひさ。日本の経営者、不動産コンサルタント。「今西土地建物グループ」社長。兵庫県出身。近畿大学理工学部卒業、立命館大学経営大学院でMBAを取得。父が創業した今西土地建物グループに入社。不動産部長、常務、専務などを経て社長に就任。

今西頼久の名言 一覧

社長は社長、会長は会長の仕事がある。その職責と身の処し方を理解するからこそ、互いに適度な距離感を持ち、円滑に事業継承できた。


お客様の経営とリンクさせながら提案するのが重要です。BSとPLを同時につき合わせながら提案するなど、経営の話まで入っていき最善策を提案できるのというのが我々の強みでもあります。


自分の判断を超える局面では会長(父)の意見を聞いています。会長は「わしはこう思うが、最終的にはお前が決めたらいい」と言うことも多い。本当に、理解のある人なのです。


単に売買という形で進めてしまうと、顧客とのつながりが一過性のものになってしまいます。我々が重視しているのは長いお付き合いです。現状でも先代が築いたお客様との関係で仕事が成立することが多々ございます。


不動産ストックが無かった世代である会長は、住宅やマンション、ビルを供給しなければいけませんでした。今は不動産ストックがある時代。その価値を高め、運用をサポートする事業へシフトチェンジしました。視点は変わりましたが、「不動産を通じてお客さまの発展に寄与する」というベースは変わっていません。


不動産事業を営む上では、お客さまの表向きの情報だけでなく、積み上げてきた歴史や過去の取引といった情報も知っている必要がある場面があります。この点はファミリービジネスと相性が良いのです。例えば「先代はこういうアプローチをしたから、今度はこの手で行こう」という対応も、父の代を深く知るからこそできることです。


海外展開で肝になるのは、まず文化的に受け入れられるか否か。コーヒーカップひとつとっても、日本で売られている通常のサイズは欧米人にとって小さいので、サイズを分かりやすく「スタバのマグカップのサイズ」と伝えております。このように、まず、日本との文化の違いを認識していないと、努力が水の泡になりかねませんから注意が必要です。


これまでの街づくりは、言うまでもなく行政が中心となって行われてきました。しかし、自分たちがビジネス拠点としている地域の街づくりは、一番詳しい我々が中心となって行うべきだと考え「御堂筋まちづくりネットワーク」が16年前に立ち上げられました。以来、意欲的に御堂筋エリアの活性化に取り組み、今年7月に一般社団法人として認証を受けることになりました。


国内メーカーが海外に出て行こうとすると、展示会等で何千万円、何億円とコストが掛かります。さらに、何が売れ筋商品か分からないまま、海外に乗り込んでいくのは、丸腰で戦場に行くようなものです。我々は、世界を相手に勝負をしたいと考えているメーカーに対し、シェアリング型のショールームをパリで提供することで、売れ筋商品は何であるかというマーケティングとともに販路開拓をアシストしてまいります。


私の視点でお話しすると、いかにしてこの古き良き街並みにソフトパワーを加えることができるかです。大阪では、商売で一旗揚げると、御堂筋沿いの淀屋橋、本町に事務所を構えるのが1つのステータスでした。しかし、今や予算が見合えば事務所はどこでも構わないという風潮もあります。やはり大阪でビジネスをするのであれば、「御堂筋沿い」だと思われる街としてのブランディングが必須なのです。ですから、1つのコミュニティとして皆で知恵を絞り、魅力的なソフトパワーとは何かを突き詰めていく必要があります。仮に大企業をスピンアウトして起業するにしても、また戻りたいと思える街にしていくのが、本来の街づくり団体の仕事です。


今西頼久の経歴・略歴

今西頼久、いまにし・よりひさ。日本の経営者、不動産コンサルタント。「今西土地建物グループ」社長。兵庫県出身。近畿大学理工学部卒業、立命館大学経営大学院でMBAを取得。父が創業した今西土地建物グループに入社。不動産部長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中邦彦

私自身、新商品の導入など、重要な経営判断をするときには、必ず複数の人の意見を聞くようにしています。自分一人で決めることは絶対にありません。仕事の答えのほとんどは、人との対話の中にあると言っても過言ではありません。


嶋田隆司(ゆでたまご)

『キン肉マン』の連載が終わって、新しい友人たちと出会えたことも大きかった。自分と同じくらいの年齢で、これから売れようと努力している役者さんや芸人さん。みんな大変ではあっても、それはそれで楽しくやっている。彼ら・彼女らと話していると、「もう30代」ではなくて、「まだまだ30代」と思うことができたんです。


橋下徹

立場・価値観というのは論理的に絶対的に正しいというものがない。自分の価値観はどちらなのかというある意味単純なもの。好き嫌いに近い。


三原淳雄

バフェットの有名な言葉に「買うのは企業であって株ではない」があります。ピーター・リンチも同じような発言をしているので、これを株で資産形成するための鉄則と位置づけてもいいでしょう。ほとんどの投資家は、株価の動きや経済動向に目を奪われ、発行している会社の価値をきちんと把握していない。バフェットは自分がオーナーになったつもりで徹底的に調べます。そして将来性があるとなれば、一生持ち続けることを前提に買うのです。


三宅雪嶺

できるかできないかわからぬときは、できると思って努力せよ。


田中良和(GREE)

自分の不安や矛盾、わからないことは自身で受け止め、みんなには前向きに伝えてがんばってもらうのがリーダーです。


葛西敬之

労務はつばぜり合いみたいなもの。国鉄は経営崩壊していましたから、分割民営化しか生き残る道はなく、捨て身で取り組みました。選んだ方向は正しかった。


青野慶久

経験値やスキル、ちゃんと金を出してもらえる「ウリ」がなければ、市場性は低くなる。自分が転職市場でどのぐらいの価値があるか、意識した方がいい。


小山進

「心配性」と「悩み性」を混同していませんか。心配とは「心を配る」ということです。起こるべきことを予測し、自分にはまだ足りないことがあるのではないかと考えて、それを補えるよう準備することです。「やりたい!」という情熱や目標があって、それを実現するために、あれこれ気を回して、早め早めに行動する。実はとてもポジティブな状態なんです。それに対して悩み性の人は、「もし失敗したらどうしよう」と最悪のイメージばかり頭に浮かべて、縮こまっているだけです。


栗原幹雄

私はビジネスにはハウツーもなければ型もないと考えています。本で勉強する人を否定するつもりはありませんが、ハウツーはあまり役に立たないのではないでしょうか。やりたい仕事があるなら、自分で実際にやってみて軌道修正していく方が価値があると思います。経験することで経験が増えるし、次にやりたいことが湧き起こったとき、迅速に具現化する手段を自分で見つけられるようになるからです。


谷厚志

何らかのトラブルで怒っている方は「自分がどんな嫌な目に遭って嫌な気持ちになったか」や「お前のミスによって私の立場がなくなった」ことをわかって欲しいと思っているので、まず何か起きたのかを理解する。そのうえでお詫びをするのです。「交換します」「代金はお返しします」と、早くその場を収めようとする人も多いのですが、かえって怒りに油を注ぎかねません。


嶋浩一郎

ビジネスパーソンは知識の引き出しをいっぱい持っていた方がいい。提案力も表現力もつく。それに、企画は突然生まれるものではなく、既存の情報の組み合わせでしかありません。


佐々木毅

学問は対象のある部分を切り取ってきて、人工的に操作をして、「これは法則だ、因果関係だ」と確定する作業だから、ある意味ではそれだけのものだ。だから、それだけで分かったと言われるのでは話がおかしくなるのは当然ではないだろうか。


森川亮

会社がどうなろうと、いつでもスカウトされるぐらいのスキルや能力を持った方がいい。別の会社から声がかかる個人になる。あるいは独立起業できる個人になる。そのためには、自分に価値がないといけない。そして、攻めなければ、自分の価値を高めることはできないのです。大きな結果を出して、周りから評価される価値を生むことが、人生100年時代を生き抜く方法でしょう。


坂本幸雄

数字が全部頭に入るまで、資料は読み込みます。