今西頼久の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

今西頼久のプロフィール

今西頼久、いまにし・よりひさ。日本の経営者、不動産コンサルタント。「今西土地建物グループ」社長。兵庫県出身。近畿大学理工学部卒業、立命館大学経営大学院でMBAを取得。父が創業した今西土地建物グループに入社。不動産部長、常務、専務などを経て社長に就任。


今西頼久の名言 一覧

1 / 11

社長は社長、会長は会長の仕事がある。その職責と身の処し方を理解するからこそ、互いに適度な距離感を持ち、円滑に事業継承できた。


自分の判断を超える局面では会長(父)の意見を聞いています。会長は「わしはこう思うが、最終的にはお前が決めたらいい」と言うことも多い。本当に、理解のある人なのです。


不動産ストックが無かった世代である会長は、住宅やマンション、ビルを供給しなければいけませんでした。今は不動産ストックがある時代。その価値を高め、運用をサポートする事業へシフトチェンジしました。視点は変わりましたが、「不動産を通じてお客さまの発展に寄与する」というベースは変わっていません。


不動産事業を営む上では、お客さまの表向きの情報だけでなく、積み上げてきた歴史や過去の取引といった情報も知っている必要がある場面があります。この点はファミリービジネスと相性が良いのです。例えば「先代はこういうアプローチをしたから、今度はこの手で行こう」という対応も、父の代を深く知るからこそできることです。


今西頼久の経歴・略歴

今西頼久、いまにし・よりひさ。日本の経営者、不動産コンサルタント。「今西土地建物グループ」社長。兵庫県出身。近畿大学理工学部卒業、立命館大学経営大学院でMBAを取得。父が創業した今西土地建物グループに入社。不動産部長、常務、専務などを経て社長に就任。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ