名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今西良光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今西良光のプロフィール

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

今西良光の名言 一覧

よく使われる「満足しましたか?」という質問では今後の行動に結び付きづらく、そこで完結してしまいます。一方で「あなたの親しい友人や家族にお勧めしますか?」という質問は、今後の行動に直結するのに加え、お勧めした他人に対する責任感が伴うので、回答を本気で考えてもらえるというメリットもあります。非常にシンプルな質問ですが、究極の質問だと思います。


企業に対してロイヤリティーを持っている顧客を多く抱えるほど収益性が高く、従業員満足度が高い企業であり、消費者満足も高いことは研究で証明されています。そこで当社では、顧客や従業員の感情データをリアルタイムに集計し、ロイヤリティー向上へのカギとなる要素を定量的に発見できるクラウドシステムを提供しています。


当時の主力商品は「ウィズプラカード」というスマートフォン向けのコミュニケーションツールです。企業の社員や店舗スタッフ間で「ありがとう」、「さすがだね」といったポジティブなコミュニケーションを行うことで職場や業務に対する満足度向上、部門を超えた情報共有などのやり取りが可能なサービスです。


大学院に入る前、ユニクロの店舗で店長をしていた時、ある女性スタッフに昇給面談で泣きながら「どうしてあの子を昇給させて私は昇給させてくれないんですか。今西さんは、私が売り場で頑張っているところを全然見ていないじゃないですか。納得がいかないです」と言われました。後で気づいたことですが、その子はとても頑張り屋さんでお客様からの評価も高かったのです。自分が至らない部分が多いと感じる一方で、目の前には物理的に多くの仕事がある。一人一人とコミュニケーションをとることも見ることもできない。そういった課題を解決する仕組みを見つけるために、早稲田大学大学院商学研究科に入学して在学中に起業しました。


今西良光の経歴・略歴

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

他の記事も読んでみる

山田進太郎

勉強にスポーツ、同級生はとにかく優秀なやつばかり。大企業に入って出世する、医者になって成功するといった未来は早々に諦めた。そして、自分なりの「山」を探し、そこで頂点に立つことにした。

【覚え書き|中学生時代を振り返って】


小幡績

なかなか会社を去れない場合は、「複線的な人生」を送ることもいいでしょう。会社のキャリアパスを築きつつ、週末に新しい人生の行路を広げるのです。たとえば、週末に趣味に打ち込み、それを副業にして、ゆくゆくは生業にするといった具合です。


貫啓二

串カツ田中に来ると、ファミリー客の多さに気づく方も多いと思います。当初は20~40代を想定していましたが、子供連れが多かったのは予想外でした。子供は親がお酒を飲んでいる時に退屈してしまいますから、ソフトクリームを自分で巻かせてあげたり、自分で食べるおにぎりを握らせてあげたりというサービスを作りました。


中村俊郎

とにかく多くの方に支えられ、かわいがられて、ここまで来ることができました。その恩を返すためにも、若い人たちに夢と希望を与えるようなことをしていきたい。これは私のライフワークになっています。


吉行淳之介

私は自分の持病と一生連れ添う覚悟を決めています。できるだけ病気を飼い慣らしておとなしくさせるという方針を立てました。


心屋仁之助

心を満たすことは、「流れに乗る」ことです。ときには仕事を後回しにして、自分の時間を作る。自分の大切な家族とコミュニケーションを取る。自分が好きなもの、したいことを問い直し、それを我慢せずに勇気をもって実行する。そうして心を満たしていくと、本来の自分自身を輝かせることができます。それが、より良い結果を生むことにもつながる。


岩田彰一郎

ロハコECマーケティングラボの活動の中で「eコマースならではの商品デザイン」の研究というものがあります。たとえば、花王さんの「リセッシュ除菌EX」。店頭用の商品パッケージには、効果効能を説明する文字が大きく書かれています。店頭ではお客様に商品を手に取ってもらうには3秒の勝負。3秒で商品特徴を全部伝えなければなりませんから、どうしてもデザインが宣伝になってしまうのです。ですが、お客様は本当にそういったデザインを望んでいるのか。家に商品を置いたときに気持ちよくなるデザインを考えるべきではないかということで始めました。ロハコであれば商品の特長はネットの画面で説明することができますから、ロハコ専用の気持ちのよいデザインを考えれば、お客様に喜んでもらえます。たとえば、花王さんの泡ハンドソープの「ビオレu」の値段は通常品よりも2割ぐらい高いのですが、販売開始から2か月間の売り上げは通常品の2.8倍。店頭を通さないので、パッケージに説明がなくても、商品の魅力はきちんとWebサイトで伝えられるのです。また、中身は定番品ですから、全国からこの商品が欲し人が集まってきます。


ウィリアム・エックハート

押し目で買うのは好きじゃないね。マーケットが上向きで買いに出るべきと思ったら、押し目を待たずに買いに出る。直前に見た価格より安く感じるから、押し目は心理的に魅力がある訳だけれど、このアプローチは思った以上に危険なんだ。もし押し目で、価格が買値として魅力的なレベルに達しているとしたら、そのトレードには、以前ほどの価値が無くなっている、ということなんだ。うまくいくかもしれないけど、マーケットのトレンドが変わってしまっている可能性が十分あるしね。それにもっと重大なことは、押し目買いは取引機会自体を逃してしまったり、結局、高値で買わなければならなくなることにもなるんだ。押し目で買うのは、実際に利益を増やすというよりも、心理的満足を得るための気晴らしに過ぎないものなんだ。一般原則として、快適さを与えてくれるトレードは避けるべきなんだ。それは偽りの快適であることが多いからね。


トニー・レオン

仕事の過程では、とても楽しい時間もあれば、本当につらい時間も、かなり不愉快な時間もあります。でも、様々な感情を抱いている時間こそが、自分を啓発したり、啓蒙するのに役立ち、新しい発見を与えてくれるのです。


家入一真

新しい環境に飛び込むことに、漠然とした不安を抱く人も多いようです。「逃げた先で新しいことを始めて、失敗したらどうしよう」と考えてしまう。その不安は、「本当のリスクとは何か」を考えていないために生まれているように思います。


鈴木敏文

数字だけを見るのと、数字の向こうに顧客の心理を読むのとでは、対応が違ってくる。セブンイレブンの強ざは、こうした心理学経営にあるのです。


森川亮

大学時代にジャズをやっていました。スポーツは負ける人がいますが、音楽は聴く人も演奏する人も一緒にハッピーになれる。ビジネスでも社会でも、同じことができるといいなと。