名言DB

9429 人 / 110879 名言

今西良光の名言

twitter Facebook はてブ

今西良光のプロフィール

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

今西良光の名言 一覧

よく使われる「満足しましたか?」という質問では今後の行動に結び付きづらく、そこで完結してしまいます。一方で「あなたの親しい友人や家族にお勧めしますか?」という質問は、今後の行動に直結するのに加え、お勧めした他人に対する責任感が伴うので、回答を本気で考えてもらえるというメリットもあります。非常にシンプルな質問ですが、究極の質問だと思います。


企業に対してロイヤリティーを持っている顧客を多く抱えるほど収益性が高く、従業員満足度が高い企業であり、消費者満足も高いことは研究で証明されています。そこで当社では、顧客や従業員の感情データをリアルタイムに集計し、ロイヤリティー向上へのカギとなる要素を定量的に発見できるクラウドシステムを提供しています。


当時の主力商品は「ウィズプラカード」というスマートフォン向けのコミュニケーションツールです。企業の社員や店舗スタッフ間で「ありがとう」、「さすがだね」といったポジティブなコミュニケーションを行うことで職場や業務に対する満足度向上、部門を超えた情報共有などのやり取りが可能なサービスです。


大学院に入る前、ユニクロの店舗で店長をしていた時、ある女性スタッフに昇給面談で泣きながら「どうしてあの子を昇給させて私は昇給させてくれないんですか。今西さんは、私が売り場で頑張っているところを全然見ていないじゃないですか。納得がいかないです」と言われました。後で気づいたことですが、その子はとても頑張り屋さんでお客様からの評価も高かったのです。自分が至らない部分が多いと感じる一方で、目の前には物理的に多くの仕事がある。一人一人とコミュニケーションをとることも見ることもできない。そういった課題を解決する仕組みを見つけるために、早稲田大学大学院商学研究科に入学して在学中に起業しました。


今西良光の経歴・略歴

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

他の記事も読んでみる

加藤廣

一度身についたスキルが永遠に通用するわけではありません。パソコンのOSにバージョンアップが必要なように、ビジネスマンとしての能力も定期的に更新していかなくてはなりません。


岡藤正広

情報もゴールを見据えて目的意識を持って集めると、必要ないものと「これや!」と思わず手を打ちたくなる情報を見極められるようになります。


永野毅

東京海上は今年で設立136年になりますが、次の100年を考えたときに、もう一度原点に返ろうということになりました。保険の前身は英ロンドンでの冒険貸借(船舶や積み荷が海難事故で全損した際に債務を免れる契約)です。そのため「冒険」をキーワードに入れました。


山本晴義

忙しい人ほど、日々の疲れを回復させ、パフォーマンスを高めることの大切さを知っている。


川端克宜

当社独自の「EMAL(エマール)」という営業組織を10年がかりで創り上げました。これは、地域に住む生活者、多くは主婦を中心にした営業組織で、当社が直接雇用し、エリア内の小売店を回っています。生活者の目線で、お客さまに分かりやすいPOPなどを制作し、地域特性や季節感あふれる装飾で、店頭にきめ細かく商品を並べて、売り場に反映させています。


佐々木正悟

先送りの原因として、「恐怖心」がある場合があります。たとえば、クレーム対応や電話でのアポイントが苦手で、つい先送りしたくなる人は多いと思います。相手が拒絶したときのことをイメージしてしまい、憂鬱になるわけです。プレゼンでいえば、「大勢の人の前で話すのがイヤだから、逃げ出したくなる」という人もいるでしょう。こんなとき恐怖心を完全に取り除くのは難しいですが、そのレベルを下げることなら可能です。「相手がこういってきたらどうしよう」と想像するとき、人は最悪のケースを思い浮かべているものですが、そんな事態になるのは稀であるはずです。ほとんどの場合は、本来なら怖がる必要はないのです。ですから恐怖心が湧いてきたら、「この恐怖心は現実的なものだろうか」と自分に問いかけてみるのが有効です。


小松政夫

「好きこそものの上手なれ」という言葉を挙げて、努力は素質や才能があってこそ報われるが、その逆はないぞと言われました。芸の道は才能がなければ、どんなに努力しても無駄だと言うのです。そう諭した後で、おまえは人を真似る才能がある。好きな人の芸をとことん真似し盗んで、自分のものにしろと。

【覚え書き|植木等の付き人時代を振り返って】


松岡修造

話してみると第一印象とかなり違うということはよくあります。初対面での印象や、ちょっとした不愉快な出来事ですべてを決めつけてしまうのは、かなり危険なことでしょう。


石川康晴

会社を22年間、経営していますが、毎日危機感はあります。同じところを目指している企業はチャイナなどアジアに複数ある。それなのに、一歩ずつだと言って時間をかけたのでは、我々が入っていく隙間がなくなってしまう。


成沢正胡

何をすべきか迷ったとき、手帳に断片的な考えや思いをとにかく文字にします。それをフローチャートにしていくと、目標が明確になり、今後の仕事の展開の仕方や、行動に起こすべきことなども見えてきます。