名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今西良光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今西良光のプロフィール

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

今西良光の名言 一覧

よく使われる「満足しましたか?」という質問では今後の行動に結び付きづらく、そこで完結してしまいます。一方で「あなたの親しい友人や家族にお勧めしますか?」という質問は、今後の行動に直結するのに加え、お勧めした他人に対する責任感が伴うので、回答を本気で考えてもらえるというメリットもあります。非常にシンプルな質問ですが、究極の質問だと思います。


企業に対してロイヤリティーを持っている顧客を多く抱えるほど収益性が高く、従業員満足度が高い企業であり、消費者満足も高いことは研究で証明されています。そこで当社では、顧客や従業員の感情データをリアルタイムに集計し、ロイヤリティー向上へのカギとなる要素を定量的に発見できるクラウドシステムを提供しています。


当時の主力商品は「ウィズプラカード」というスマートフォン向けのコミュニケーションツールです。企業の社員や店舗スタッフ間で「ありがとう」、「さすがだね」といったポジティブなコミュニケーションを行うことで職場や業務に対する満足度向上、部門を超えた情報共有などのやり取りが可能なサービスです。


大学院に入る前、ユニクロの店舗で店長をしていた時、ある女性スタッフに昇給面談で泣きながら「どうしてあの子を昇給させて私は昇給させてくれないんですか。今西さんは、私が売り場で頑張っているところを全然見ていないじゃないですか。納得がいかないです」と言われました。後で気づいたことですが、その子はとても頑張り屋さんでお客様からの評価も高かったのです。自分が至らない部分が多いと感じる一方で、目の前には物理的に多くの仕事がある。一人一人とコミュニケーションをとることも見ることもできない。そういった課題を解決する仕組みを見つけるために、早稲田大学大学院商学研究科に入学して在学中に起業しました。


今西良光の経歴・略歴

今西良光、いまにし・よしみつ。日本の経営者。「Emotion tech(エモーションテック)」社長。大学卒業後、日立製作所、ファーストリテイリング、早稲田大学大学院などを経てwizpra(のちのEmotion tech)を設立。

他の記事も読んでみる

戸塚祥太

心躍る現場だけど、その私情が作品に影響しちゃマズイ。仕事は仕事。一番気をつけたのは高ぶる気持ちを抑えることだった。とにかく平常心で自然にカメラに映ることを意識した。空気を邪魔せず、作中の一つのピースとしてはまっていることを願う。


児嶋一哉

売れなかった頃の自分を思い出すと、いまがどんなに幸せかと思います。


稲盛和夫

航空業界ほど不安定な業界はないと思っています。例えば、天候が悪かったり、地震が起きたりしても需要は落ち込みますし、世界的な景気変動の影響も、まともに被ってしまうのが宿命です。突発的にいろいろなことが起こって経営が左右されてしまう不確実な業界なのです。ですから、私はたとえ再建がうまくいって、今は経営が順調でも決して安心はできないと思っています。


小暮真久

かつてのNPOは理想主義、原理主義の色合いが強く、業務を効率化しようという意欲は低かったと思います。もちろん思想の部分は素晴らしいのですが、運営の部分をうまくやらないと活動が継続できなくなり、せっかくの理想も実現できなくなってしまいます。それを踏まえて、いまはプロが回す社会貢献の時代になりつつある。今後は社会貢献活動においても、業務を回す勘どころがますます重要になってくるはずです。


葛西紀明

ソルトレイクシティ五輪で散々打ちのめされ、どん底まで落ちたので、自分が変わることへの不安や恐怖を抱えている場合ではありませんでした。


大滝令嗣

いちローカル市場に過ぎなくなる日本にしがみついていても、出世が望めないどころか、リストラが発生するたびにお呼びがかかるようになってしまいます。


梶原しげる

プアーな言葉を使っていると、プアーな思考しか生まれない。


藤井孝一

エリートの人ほど会社名や肩書きを副業にも持ち込みがちですが、逆に本業の名刺に頼らず、一から始めるんだと意識を切り替えられる人が、副業で成功しています。


坂本孝

勘は、ケーススタディを積み重ねることで養われます。本来勘というのは、百円玉を投げて、表か裏かを当てるようなもので、当たる確率は50%しかないわけです。しかし、その人の経験値が高ければ、過去の実績や実例にもとづいて、「今回はこっちを選択したほうがいい」といった判断ができる。つまり、勘が冴えてくるわけです。


草野仁

満足することはないですね。とくに実況中継なんか、「ああ、あそこでこう言っておけばよかった」とか、「なんで、あのとき言わなかったんだ」という思いの方が強いですから。


佐藤優

僕自身これまでの人生で、たくさんの人と出会い、成長することができた。人生の奥義を、僕は多くの人たちから学ばせてもらった。幸運な出会いもあったと思いますが、同時に自分のなかにも、それを学びたい、吸収したいという思いがあった。


宗岡正二

経営者が格好をつけるようになってはいけない。