名言DB

9429 人 / 110879 名言

今給黎勝の名言

twitter Facebook はてブ

今給黎勝のプロフィール

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

今給黎勝の名言 一覧

人のモチベーションが最も高くなるのは「オーナーシップ」を感じているときです。すなわち、「この仕事の責任者は自分自身である」「この仕事は私の仕事だ」と意識したときです。


特にサービスを中心にしたビジネスでは、仕事の質を決めるのは顧客に対応するメンバーの仕事ぶりです。つまり仕事の質はメンバーの意識、メンバーの技量、メンバーの人格によって変わる。メンバーのモチベーションの高さで変わるといってよいでしょう。


チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


「自分たちの使命を明確にし」、「現状を見つめ」、そして「その現状をつくっているものを省察し」、さらに「ビジョンを描き」、「とるべき行動を決められる」かどうか。このプロセスはチーム全員がオーナーシップを持つための秘訣です。


今給黎勝の経歴・略歴

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

他の記事も読んでみる

勝俣恒久

各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


加賀見俊夫

東京ディズニーランドの歴史の中では、廃止・縮小したアトラクションも少なくありません。それぞれのアトラクションを個別の事業に見立てれば、危ないと思った時に撤退する勇気も必要です。


松本大

大事なのは、世の中の大きなトレンドを見逃さないこと。


宮本茂

子供が乱暴に使っても壊れず、機構をシンプルにして誰でもメンテナンスできるようにする、とかね。ビジネスの上では、すごく不利なことをいっぱいしてるんです(苦笑)。見えないところにたくさんコストをかけてますから。そういう風にモノを作ることが好きな人が、任天堂には昔からたくさんいたんですよ。


佐藤治彦

100円ショップでの買い物は、お得なように見えて危険がいっぱい。「いや、私は100均で生活必需品を買っています!」という反論もあるでしょう。しかし、100円ショップの大手チェーンの担当者から間いたところによると、平均客単価は2000円。そう言われてみれば、必需品以外にもついでにあれこれ買ってしまった経験があるのではないでしょうか。バーゲンやセールについても同じこと。節約の基本は、自分が本当に欲しいもの、必要なものだけ買うことです。「安いから買う」「100円なら買っておくか」という買い物習慣から抜け出すために、まずは100円ショップ通いをやめてみましょう。


桃山透

書類のファイリングが下手な人によくあるのが、手元にある書類が多すぎるケースです。8~9割が、実は、紙で持っておく必要がない書類だということさえあります。今は誰もがパソコンを使う時代。わざわざプリントアウトして紙で持つ必要がある書類が、どれほどあるでしょうか? まずは、不要な書類の処分をするべきです。


梅原猛

煩悩を断つのは大変だ。でも、逆に煩悩を断ってしまうと、エネルギーがなくなってくる。煩悩はいい意味で利用することが大切。


ロバート・ドブキン

アナログとデジタルを簡単に区別することはできません。アナログには様々な種類があるので、分野ごとに見ていく必要があります。その上で、これから行われることのひとつはデジタルとアナログの混在です。


渋沢栄一

私は他人が掛物(掛け軸)とか屏風とかその他の書画骨董に金を出すと同様に、慈善事業に金を費やすことをもって一種の道楽と思うているくらいである。


葛西敬之

中堅幹部社員などになり10人の長、100人の長と上がっていくにしたがって、実学の知識だけでは十分機能することはできなくなります。そのとき、人の気持ちがわかるとか、統率するときにどうしたら人が自分を信頼し、ついてきてくれるのかといったことについての素養が必要になってきます。