名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今給黎勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今給黎勝のプロフィール

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

今給黎勝の名言 一覧

人のモチベーションが最も高くなるのは「オーナーシップ」を感じているときです。すなわち、「この仕事の責任者は自分自身である」「この仕事は私の仕事だ」と意識したときです。


特にサービスを中心にしたビジネスでは、仕事の質を決めるのは顧客に対応するメンバーの仕事ぶりです。つまり仕事の質はメンバーの意識、メンバーの技量、メンバーの人格によって変わる。メンバーのモチベーションの高さで変わるといってよいでしょう。


チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


「自分たちの使命を明確にし」、「現状を見つめ」、そして「その現状をつくっているものを省察し」、さらに「ビジョンを描き」、「とるべき行動を決められる」かどうか。このプロセスはチーム全員がオーナーシップを持つための秘訣です。


今給黎勝の経歴・略歴

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

他の記事も読んでみる

楠木新

「こういう選択肢があるな」と思ったら、実際にやってみる。自分には向いていないなとわかったらやめればいいんです。副業、地域活動、ボランティア、学び直し……。一つに絞らず、いろいろなことに手を出すのも面白いですよ。


ゲーテ

新しい真理にとって、古い誤謬ほど有害なものはない。


塚越寛

部下を怒ることもあります。しかし、それは仕事の成績が悪いといった理由ではありません。そして、自分の感情に任せて声を荒げたこともありません。叱責するのは怠慢に対してです。何度も同じミスをしたり、約束を破ったり。実際、そのような部下は少ないですが、そういった場合は机をたたいて怒ります。


寺島実郎

残念ながら、今の日本の政治リーダーには、大きな構想やビジョンを語り得る人材がいない。しかし、そうであるならば、私は財界、経済人こそが、自分たちの生き方を真剣に語るべきだと思っています。


小杉俊哉

「ちょっとしたことでもすぐ褒める」ことも、できる上司に共通する習慣。普段から部下の良いところに目を向け、口に出して認めてあげることが大事。たとえば、「あ、そういうふうに考えられるようになったんだ! じゃあもうこちらから言う必要はないね」というように、「結果」ではなく「行動」に対して褒めるのです。


北澤艶子

信用を崩してしまうのは簡単ですが、勝ち取るのは大変なことです。長年、細かいことを疎かにせず、積み重ねることで信用を築き上げてきました。


晝馬明

光電子増倍管の製造は手作業の工程も多い職人技の世界。感度を上げるため、日々工夫し、トライアンドエラーを繰り返している。そういった現場の暗黙知の蓄積が高性能な製品を生み出す源になっている。


小山龍介

学んだことをシェアすることで、「勉強している」「熱心だ」という印象を与える自己ブランディングの効果もあり、人や情報が集まるようになります。周りからの期待が高まることで、もっと学ぼうというモチベーションが上がることにもなります。


葛西紀明

自分の夢は努力で叶える。


茅野亮

バブルが崩壊して経営環境が激変しました。国内外の価格差がなくなり、一気に低価格競争に突入しました。そこで始めたのがガストでした。低価格レストランチェーンの草分け的な存在です。当時、すかいらーくは650店舗を超えていました。せっかく築いたすかいらーくというブランドを捨てるのは、もったいないと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことにこだわっていては生き残れません。


山元賢治

「キミにも娘さんがいるそうだが、アップルとオラクル、どちらに勤めているほうがカッコいいと思うかな」。これが、僕に転職を促したスティーブ・ジョブズの決め言葉だ。34歳から15年間、米国人の上司と仕事をしてきたが、中でもジョブズの言葉はいつも印象的だった。
【覚書き|日本オラクル専務時代、アップルにヘッドハントされた当時を振り返っての発言】


石井久(立花証券社長)

どんな商売でも、創業者は人並み外れた才覚と努力で成功を勝ち取った人であり、その子供が二代続けて創業者と同等かそれ以上の資質を持っている確率は皆無に等しい。