名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今給黎勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今給黎勝のプロフィール

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

今給黎勝の名言 一覧

人のモチベーションが最も高くなるのは「オーナーシップ」を感じているときです。すなわち、「この仕事の責任者は自分自身である」「この仕事は私の仕事だ」と意識したときです。


特にサービスを中心にしたビジネスでは、仕事の質を決めるのは顧客に対応するメンバーの仕事ぶりです。つまり仕事の質はメンバーの意識、メンバーの技量、メンバーの人格によって変わる。メンバーのモチベーションの高さで変わるといってよいでしょう。


チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


「自分たちの使命を明確にし」、「現状を見つめ」、そして「その現状をつくっているものを省察し」、さらに「ビジョンを描き」、「とるべき行動を決められる」かどうか。このプロセスはチーム全員がオーナーシップを持つための秘訣です。


今給黎勝の経歴・略歴

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

他の記事も読んでみる

斎藤広達

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。


渡邉美樹

他人の顔色をうかがって仕事をしているのは、つまらないではありませんか。自分は、その仕事を何のためにやっているのか。会社全体のミッションや世の中への影響という点でどんな意味合いを持っているのか。そうした誇りを持たなければ、あなたの努力は空しいものになってしまうと思います。


瀬川晶司

将棋も勝負事ですからノッているときとそうでない時というのがあるんです。できるだけ勢いのある状態で対局するために、ゲン担ぎはよくやりますね。一番よくやっているのは「勝った時のものを変えない」ということです。たとえば、対局に勝ったら次の対局にも同じスーツ、ネクタイで臨むようにしています。


高原豪久

先ってなかなか読めないのですが、なんとか自分なりに読んで仮説を立てて、その仮説をもとに、組織・会社をドライブしていく。それがリーダーではないでしょうか。


藤田晋

仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。


松井利夫

当社には、他社に転職した後、出戻ってきた社員が60人以上もいます。彼らは経営における厳しさの本質を理解してくれたのでしょう。


心屋仁之助

カウンセラーとしての経験から言いますと、人間関係で悩みやすい人には、明確な特徴があります。それは一言で言うと「真面目」だということです。いわゆる「いい人」と言い換えてもいいでしょう。いい人であることは、本人にとって息苦しいものです。周囲の人々全員に対して、いい人で居続けることはまず不可能だからです。


中村維夫

理想は、社員がこの会社に入ってよかったと思える会社です。それは会社を去るときでも、勤務している途中でも構いません。そういう会社にするためには、やはり面白くないと駄目ですね。


田村仁(クリエイティブディレクター)

専門家のあいだでは通用しても、お客様にわかりにくいことは、商品の魅力にはなり得ません。そうした「わかりにくさ」を排除するために、家族や友人など、周囲の人に商品の魅力が伝わるかを試してみるのも手ですね。


宮嶋宏幸

我々が工夫を凝らしてワクワクするような売り場をつくれば、どんな時代でもお客さんは来てくれる。


片田珠美

感情的になるのを防ぐためには手帳や日記に自分の感情を書き留めて、後で読み返してみるとよい。「自分はこん蔵ことを感じて怒っていたのか」とよくわかる。


高田明(ジャパネットたかた)

情熱があれば能力は勉強で補えます。