名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今給黎勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今給黎勝のプロフィール

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

今給黎勝の名言 一覧

人のモチベーションが最も高くなるのは「オーナーシップ」を感じているときです。すなわち、「この仕事の責任者は自分自身である」「この仕事は私の仕事だ」と意識したときです。


特にサービスを中心にしたビジネスでは、仕事の質を決めるのは顧客に対応するメンバーの仕事ぶりです。つまり仕事の質はメンバーの意識、メンバーの技量、メンバーの人格によって変わる。メンバーのモチベーションの高さで変わるといってよいでしょう。


チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


「自分たちの使命を明確にし」、「現状を見つめ」、そして「その現状をつくっているものを省察し」、さらに「ビジョンを描き」、「とるべき行動を決められる」かどうか。このプロセスはチーム全員がオーナーシップを持つための秘訣です。


今給黎勝の経歴・略歴

今給黎勝、いまきゅうれい・まさる。日本のビジネスコーチ、中小企業診断士 。鹿児島県出身。大阪工業大学工業経営学科卒業後、機械機具メーカー「LCA」に入社。同社専務取締役を務めたのち、経営コンサルタントになる。その後、ヒューマン・リンクを設立。そのほか、日本コーチング協会社長、ヒューマンサイエンス研究所理事、LCA大学院大学教授などを務めた。著書に『躾・教育をシフトするキーワード40』ほか。

他の記事も読んでみる

吉田二美

以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


伊藤美恵

どんなときでも身の回りの情報を題材にして、どんなPRをすれば効果的か考えています。様々な状況でのPRについての引き出しを作っておくと、どんな角度から依頼が来ても柔軟に対応できます。それに、仕事で頼まれる分野以外のPRを考えるのは面白い。


井上礼之

国際ルールを策定する場ではコミュニケーションが何より重要です。理屈や理論を示すだけでなく、実際に何度も足を連んで説明する。相手の主張や疑問、関心事をしっかりと聞き、それに応えていかなければ信頼は得られません。自社の利益を声高に主張するのではなく、社会全体の最適を考えて導き出した結論を論理性、客観性を兼ね備えて主張する必要があります。


中村憲剛

試合中、相手の出来が良く、劣勢になって味方の声もなくなり、雰囲気は悪く押し込まれる状況もあります。そこで、浮き足立って「どうしたらいいのかわからない」と下を向いてプレーしても、いいことにはならない。修正できるのはピッチの上の自分たちだけだし、その第一歩が声だから。もがいた方が絶対に変化が起きるし、動き出さなければ始まらない。


吉山勇樹

私は多くの人から「優れた計画の立て方を教えてもらえませんか」と相談を受けますが、話を聞くと多くの場合、計画以前の問題で、目的や最終目標が曖昧だったりする。段取りの最初に考えるべき、「ゴール設定」が正しくできていないことが実に多い。


御手洗冨士夫

進退は自分で決めろ。自分で使命が終わったと思ったら、辞めればいいんだ。本社を向いて仕事をするな。おのおので一流会社を目指せ。

【覚え書き|現地法人のトップたちに対して】


山田匡通

他人と自分とは本質的に一つであるいうことを踏まえて活動する。これが「マインドフィットネス」の一つのベースです。自分の心をこれにより静めていくと、自分の心が非常に集中力が増して強靱になると同時に、自分と他人のあいだの垣根が薄まっていくのです。一体感が生まれてくる。そこに本当の意味での創造性と革新性が生まれるのです。この考えを私が米国のビジネスパートナーに話すと理解できると言って共感してくれるんです。世界に共通する考え方だと確信いたしました。


川野幸夫

上司から「ああやれ、こうやれ」と言われてばかりでは働くのは面白くない。上に立つ人は「余計なことを考えるな」などとは言わずに、一人ひとりに考えさせないとダメ。たとえ一般の社員が考えてやったことが失敗したとしても、会社がつぶれることはないのだから。


辻村直也

目指すべき道が明確になると、生き方がガラリと変わりました。


高村正彦

父は、日米戦争の回避を目指す第2・3次の近衛内閣で首相秘書官をしていました。開戦前に「近衛は戦争をする勇気がない」と批判していた同じ人が、戦後になると「近衛は戦争を止める勇気がなかった」と批判したそうです。


美輪明宏

溺愛という言葉通り、お父さんもお母さんも「お前のために」とベタベタ愛情を注いでいたら、ロクな子はできません。腐ってしまいます。水をあげたいと思っても、あげないというのは植木を腐らせないためのひとつの技術なのです。べったりしたいところを、グッと飲み込んで我慢をして、放っておいて突き放すのも、その子を成長させるためのひとつの技術です。愛情のあり方なのです。


市川海老蔵(11代目)

「前はこうだったから」と経験則で考えた段階で、過去にとらわれてしまい、新しい情報が入り込む余地はなくなる。