名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今田耕司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今田耕司のプロフィール

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

今田耕司の名言 一覧

共感がないと笑ってもらえない。


話しやすい人とだけ話していると、年の離れた人との距離の取り方がわからなくなる。


真似して失敗してを繰り返して自分のスタイルを作っていけばええんちゃうかな?


成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


最初は分からないことだらけです。そこから抜け出すには真似しかない。ほとんど失敗しますけど、時々、自分に合う部分が見つかる。それを取り入れる。僕もこの繰り返しでやってきました。


有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。


「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


最初は憧れの人の模倣から入る。ただ、すべて真似るのではなく、どこまで真似るかを自分で見極める。ここまでは、この人を羅針盤にしたけど、これ以上ついていくとケガしそうだからやめるとか。


今田耕司の経歴・略歴

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

話を聞きに行って京都大学の先生から教わったのは、日常と非日常のギャップが涙を生むということでした。人は日々ストレスを抱えて生活しています。ただ、ストレスが溜まる一方では生き続ける意欲が衰えてしまいます。そこで防衛本能として、非日常を経験することで脳内物質が分泌され、日常のストレスを洗い流すように涙が流れるのだそうです。つまりお客様に泣いていただくには、普段は体験できない非日常を提供することが欠かせない条件だとわかりました。


菊入みゆき

営業職をはじめ、仕事でコンスタントに結果を出していくには、常に自分を駆り立てていくことが必要です。ライバルと思える人を決めておくと、その人のいい部分、悪い部分を観察することで、自分を奮い立たせることができます。


宮本武蔵

誰でも初めて取りかかるときは、太刀は重くて振り回しにくく、弓も引きにくく、長刀も振りにくいものである。いずれもその道具に慣れてくれば、弓も力強くなり、太刀も振り慣れればその力がついて、振りやすくなるものである。


渡邊明督

得てして上司は関係ができていると勘違いしがち。部下は上司が考えている以上に臆病です。お互いに信頼関係を築くためにも、十分に会話をする必要がある。


山口ひろみ(経営者)

経営幹部というのは「育てます」といってすぐに育つものではありません。プロ経営者のような優秀な経歴・手腕を持った人が次々に出てくるわけではないし、やはり大事なことは一般の社員を下からきちんと育てていくということです。それに加え、本人たちもしっかりと自覚を持って育とうと思わないとダメ。


森下篤史

甘やかされて育った5才の子供が食事の時いつもケーキとジュースを飲みたがって泣く。栄養のことを考えると毎日ケーキではと、子供に「ご飯を食べてからよ」と言ってはみるものの、あまりに大声で悲しそうに泣きつづけるとかわいそうな気がして「ケーキ食べたら必ずご飯も食べるのよ。」と言って、結局ケーキを与えてしまう。自分をごまかしてはいけない。子供が悲しそうに泣くからかわいそうな気がしたのではない。これ以上我慢させるのが嫌だからケーキを与えたのだ。つまり君は自分がかわいくて、自分の気持ちを優先させたのだ。子供の事なんか一つも考えていない冷たい人間だ。


スタニスラブ・ベセラ

外部からの視点を持ち込めることが、私が日本のトップになった理由のひとつでしょう。社員と共に成長のため果敢に前進していきます。


横田雅俊

顧客との交渉で心がけるべきポイントは3つ。

  1. 対等なポジションで交渉に臨むということ。
  2. 相手の要求に質問で応えること。
  3. 視点を変えること。

島田荘司

パターンが続くと飽きてしまうんです。どうせ書くなら、自分自身が興奮できるものを書きたい。作者が興奮しながら書いたものは、ちゃんと読者にも伝わると思う。一気に書けたものが、読者にとっても一気に読めるものだから。そのためにはワンパターンにならず、変化し続けなければいけない。


和田裕美

社会で人と関わって生きていく以上、時には我慢しなくてはいけませんし、納得いかないこともあると思います。そんな状況に直面したら、「もっといい案を考えるきっかけをもらえてよかった」と「陽転思考」で見方を変えたり、伝え方を工夫して、折り合いをつけていけばいいのです。


石倉洋子

今日の経営戦略とは、大まかな方針だけを決めて、細部は走りながら状況に応じて考える「軌道修正型」であるべきです。


角倉護

従来からある技術でも新しい組み合わせを見付けることで、社内ベンチャーのような新規事業を生み出せる環境が当社にはある。