名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

今田耕司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今田耕司のプロフィール

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

今田耕司の名言 一覧

共感がないと笑ってもらえない。


話しやすい人とだけ話していると、年の離れた人との距離の取り方がわからなくなる。


真似して失敗してを繰り返して自分のスタイルを作っていけばええんちゃうかな?


成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


最初は分からないことだらけです。そこから抜け出すには真似しかない。ほとんど失敗しますけど、時々、自分に合う部分が見つかる。それを取り入れる。僕もこの繰り返しでやってきました。


有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。


「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


最初は憧れの人の模倣から入る。ただ、すべて真似るのではなく、どこまで真似るかを自分で見極める。ここまでは、この人を羅針盤にしたけど、これ以上ついていくとケガしそうだからやめるとか。


今田耕司の経歴・略歴

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

宋文洲

やっぱり人を使うのは楽しいんです。社長をやっていると、権限があるから命じればみんなが走ってくれる。でも、やめたらそうはいかないですよ。経営者の中には、それこそ死ぬ寸前まで会社に出てくる人もいますよね。どれほど人をコントロールして使いまわすのが好きなのかわかるでしょう?これは中毒なんです。大麻のようなものです。僕の場合、中毒にかかる前に大麻をやめたということですよ。
【覚書き|早期に会社の代表権を返上し引退したことについての語った言葉】


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

闇で闇を追い払うことはできない。光のみがそれを成し得る。
憎しみで憎しみを追い払うことはできない。愛のみがそれを成し得る。


村上太一

経営をしていると、売上げやコストなどの数字を見て判断を迫られる機会が多くあります。そのときに、さまざまな数字が頭に入っていれば、いちいち調べることなく、バッと見で「こんなに利益があるなんておかしいぞ」「本当にそれだけの市場があるのだろうか?」といった違和感を覚えるようになる。それができれば、経営判断を誤ることが減るわけです。


ロバート・キヨサキ

一度の失敗や間違いにめげてはいけない。そこから何かを学び、次に活かすことを考えてほしい。私だってここにたどり着くまで、いくつもビジネスを失敗させてきた。それは大変な道のりで、誰もがマネできるとは思わないが、「行動」は誰にも起こせるはずだ。


ロバート・キヨサキ

私も妻も、「収入の範囲内で暮らす」というアドバイスには従っていない。そういう暮らし方は、やる気が萎えるのでいやだ。そのかわり私たちは、「まず資産を買って、その資産に負債を支払わせる」というやり方をしている。


仲代達矢

我々は成功を望んで一生懸命やっている。だから成功した時こそ、過去をぱっと切り捨てて別の角度から出発することが大切。


村上太一

誰でも自分ができて当然だと思っているレベルってあると思うんです。たとえば、営業マンだとしたら毎月100万円分の商品が売れるのか、1億円分売れるのかとか。実はそうした「当たり前の基準」によって、達成できることは決まる。当たり前だと思っていることでないと、実現できないと思うのです。だから大きなことを成し遂げるには、当たり前の基準を高く引き上げる必要があります。


安藤俊介

怒りを伝える目的とは、感情をぶつけることではなく「どうしてほしいかを相手に伝える」ことです。そのためには「私」を主語にした「Iメッセージ」が効果的です。「あなたが私に仕事を押しつけるのは間違っています」と言うのではなく、「私は今やるべき仕事があるので難しいです」と自分を主語にして伝えると、相手を攻撃することなく、自分の置かれた状況を説明できます。


佐藤裕之(経営者)

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


冨田哲郎

これからはオープンマインドが大事だとみんなに言っています。鉄道の次の時代はそこにある。


森川亮

最近は副業を認める企業も増えてきました。会社が自由に仕事をさせてくれないなら、よその会社で挑戦しようと考える人もいるかもしれません。ただ、副業を推進する会社は、社員のレベルアップを図る目的の会社もありますが、すでに成熟し成長が止まった会社も多いので注意してください。「これ以上、会社は成長できないから、あなたの給料も増えません。だからほかで稼いでください」というメッセージなのです。そんな事情を踏まえたうえで、あちこちの会社で小さな価値を提供するのか、それとも成長する企業に移って集中し、大きな価値を提供するのか、あるいは独立起業するのか考えましょう。


高島宏平(髙島宏平)

面談のたびに違うことを言われると「何だ、思いつきで発言しているな」と相手は受け取る。こちらがどれだけ真剣に話しても、聞く耳を持たなくなってしまう。そこで、面談で「自分が発言したこと」を、逐一記録するようにしています。