名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今田耕司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今田耕司のプロフィール

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

今田耕司の名言 一覧

共感がないと笑ってもらえない。


話しやすい人とだけ話していると、年の離れた人との距離の取り方がわからなくなる。


真似して失敗してを繰り返して自分のスタイルを作っていけばええんちゃうかな?


成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


最初は分からないことだらけです。そこから抜け出すには真似しかない。ほとんど失敗しますけど、時々、自分に合う部分が見つかる。それを取り入れる。僕もこの繰り返しでやってきました。


有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。


「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


最初は憧れの人の模倣から入る。ただ、すべて真似るのではなく、どこまで真似るかを自分で見極める。ここまでは、この人を羅針盤にしたけど、これ以上ついていくとケガしそうだからやめるとか。


今田耕司の経歴・略歴

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

牧野克彦(セールストレーナー)

大事なのは、不器用であればそれを認めて、逆手に取ること。自分をわかってもらうのに時間はかかるかもしれませんが、そこで真摯さが伝わればファン、固定客になってくれます。不器用という欠点を武器に変えてしまうこともできるのです。


茂木健一郎

企画会議などで、あらかじめひとつのゴールを想定して進行していくことは大切です。しかし、一方では自由奔放に拡散していくベクトルも必要です。理想的なのは、誰が提案したのかもわからないような議題の立て方をして、皆でどんどん意見を出し合う方法です。イメージとしては飲み会での連想ゲームです。最初はまともな議題だったのに、皆でワイワイ話しているうちに、出発点がどこだったかわからなくなるくらい連想が飛躍するような形です。


玄侑宗久

諦めず、しかも計画通りに遂行できずに暗くなっているのが、最近のビジネスマンではないだろうか。おそらくその最も大きな理由は、彼らが諸行無常の世界を、計画や予定という想定のうちに無理やり押し込め、しかも自分自身のことも想定内の存在として見くびっているからだろうと思える。


西野浩輝

上司に頼まれていた資料を何日もかけてつくり、提出したら「それいらなくなったんだ」と言われた経験はないでしょうか。そんなとき、悪いのは上司だけではありません。こまめに進捗状況を報告していれば、余計な仕事をしなくて済んだのです。報連相はビジネスの基本ですが、不十分な人は意外と多いようです。こまめな報連相を心がけましょう。


平林岳

夢を持っているなら、何とか方法を見つけてチャレンジしてほしい。投げ捨ててしまったら終わってしまう夢も、本当に無理だったのかどうかは、とにかくやってみなければ分からない。


小林一三

誰にも夢がある。それはたとえ小さくともその夢がふくらみ花を咲かせ、立派に実るのを見るのは楽しい。


大塚寿

副業をするときは、より競合の少ないニッチな層を狙ったビジネスを考えた方が成功率は高くなります。そのニッチな層を見つけるのに役立つのが、実は本業なのです。本業についてあなたはプロであるわけですから、一般人よりもずっと知識も経験も豊富なはずです。その目から見て、副業として成り立つような隙間を探すのです。ゼロから副業を考えるより、そのほうがよほど成功の確率が高まるでしょう。


小飼雅道

「自分たちの強みはこれなんだ」と思うからこそ、社員たちは逆風にもめげず、開発に情熱を燃やせる。


高田明(ジャパネットたかた)

よく日本のメーカーは「いい商品だから売れる」と言いますが、いい商品をいくら作っても売れなければ意味がない。


稲垣精二

地元の企業へビジネスチャンスを提供するために行った「ビジネス商談会」においては、当社がたくさんの企業に声掛けし、食品や電機、建設など各分野の大手関連企業がブースを開設し、宮城県の地元企業が商談できる場を提供しています。復興を手助けしたいという思いから始まった取り組みでしたが、営業員の活動向上にもつながるのではないかということに気づきまして、そうした好事例を真似るかたちで現場発生的に全国に広がっていきました。


石黒和義

社長として旗を振っている間は、企業の成長に自身のパワーを集中すべきです。それが、目標達成にむけて会社をがむしゃらに引っ張れなくなったら、速やかにけじめをつけたい。


ジョセフ・ジューベル

常に復讐は、小さな、弱々しい、憐れむべき、心の悦びでしかない。