名言DB

9419 人 / 110788 名言

今田耕司の名言

twitter Facebook はてブ

今田耕司のプロフィール

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

今田耕司の名言 一覧

共感がないと笑ってもらえない。


話しやすい人とだけ話していると、年の離れた人との距離の取り方がわからなくなる。


真似して失敗してを繰り返して自分のスタイルを作っていけばええんちゃうかな?


成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


最初は分からないことだらけです。そこから抜け出すには真似しかない。ほとんど失敗しますけど、時々、自分に合う部分が見つかる。それを取り入れる。僕もこの繰り返しでやってきました。


有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。


「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


最初は憧れの人の模倣から入る。ただ、すべて真似るのではなく、どこまで真似るかを自分で見極める。ここまでは、この人を羅針盤にしたけど、これ以上ついていくとケガしそうだからやめるとか。


今田耕司の経歴・略歴

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

順境のときは、あまり人は育たない。努力しなくても数字がいいというのは、人を育てるということでは適していない。逆に景気が悪いときが一番、役員、社員の教育のためになる。


梅原勝彦

経営者が常に社員のことを思っていれば、社員にも気持ちが通じますから、「社員は会社を守る」というごく当たり前のことができる。このように経営者と社員の気持ちがかみ合っている会社は強いのです。だから、大切にすべきは一にも二にも社員。私はそう思っています。


松本謙一

企業が変わるとき、人材も入れ替わります。現在の大久保和夫社長は、顕微鏡から撤退して血液関連の事業へ進出するにあたって、中途採用しました。企業というのは、外部から定期的に人を入れていないと停滞します。その意味でも、新しい事業を開拓することはプラスに働きます。


神田昌典

相手に100%ハッピーになってもらうのでなく、120%ハッピーになってもらうと考えれば、それだけでも自分の発想は変わります。


田中靖浩

経済が右肩上がりの時代と違って、値下げ戦略の有効性は薄れています。値下げをしてもいまさら新鮮さがないうえ、消費低迷下。量産で固定費を低くする量産効果が期待できないからです。むしろ、付加価値の高い商品を開発し、価格を高く設定する。そんなブランド戦略の方が、消費者にも新鮮で、社員の士気も上がるのではないだろうか。


小宮一慶

初心者の方はいきなり大きな投資をしないでください。まず投資というものに慣れてから、投資額を大きくしていくことです。なにごとも最初から上手くいきません。世の中にはビギナーズラックというものもありますが、決して長続きするものではありません。投資の腕を上げるには順序が必要です。


古田茂美

日本人は「公」と「私」を分けて考えますが、中国の「公」の感覚は日本とは相当違います。あるのは一族郎党がものを分かち合う「共」の感覚。汚職が結果的に多くなるのも、身内に分け与えることに、高い倫理観をおくことがあるからです。


片山善博(政治家)

まあ、実態はいまもあまり変わってないですけど(笑)、私が自治省(のちの総務省)に入った当時は地方自治とは名ばかりで、中央の官庁が大半を牛耳っているし、「ああ、名ばかりの民主主義だ」とため息が出ることが山ほどありましたよ。ただ、「なんで、こうなんだ?」ということを、しつこく忘れないようにしてたんです。ところが、オジサンになると忘れてしまうんですよ。「まあ、こんなもんか」と。だから「変だな、おかしい」と思ったことは絶対忘れないようにしたんです。課長や局長に上がっていけば、改善できる立場になれるわけですから。


安永竜夫

私は社長就任以来、社員たちに呼びかけてきました。「丸の内(本社)のイスに座ってばかりでは何にもできない。外に出て、新規事業の掘り起こしをやろう」と。


冨田和成

社名の「ZUU」には「動物園のように、多くの国から多種多様な人が集まる組織」という意味も込めていて、そのとおり人が集まっているのに、シーンと働いていたらもったいないですよね。ミーティングも大笑いしながらワイワイやっていたりして、企業理念の一つである「お祭り騒ぎ」のとおりの光景が見られます。気軽なコミュニケーションは、チームの信頼関係を築くのに不可欠。打ち解けていない人との意思疎通は難しく、そのぶんPDCAが回しにくくなります。