今田耕司の名言

今田耕司のプロフィール

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

今田耕司の名言 一覧

共感がないと笑ってもらえない。


話しやすい人とだけ話していると、年の離れた人との距離の取り方がわからなくなる。


真似して失敗してを繰り返して自分のスタイルを作っていけばええんちゃうかな?


成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


最初は分からないことだらけです。そこから抜け出すには真似しかない。ほとんど失敗しますけど、時々、自分に合う部分が見つかる。それを取り入れる。僕もこの繰り返しでやってきました。


有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。


「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


最初は憧れの人の模倣から入る。ただ、すべて真似るのではなく、どこまで真似るかを自分で見極める。ここまでは、この人を羅針盤にしたけど、これ以上ついていくとケガしそうだからやめるとか。


今田耕司の経歴・略歴

今田耕司、いまだ・こうじ。日本のお笑い芸人。大阪府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院に入学。その後、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

竹内一郎

発信力を支えているのは受信力。人に伝達する能力が高い人は、情報を受け取る感度や観察力も高く、学んだことを常に活かしている。


藤井孝一

本で勉強するなら、テーマを決めて、それに関する本を20冊ほど買って読むことをお勧めします。それくらい読めば、どの本にも共通して書いてある、その分野の勉強の勘所がある程度わかるようになります。


山本晴義

部下が、何か悩みを抱えているのか、精神的につらそうだ。ここはひとつ、飲みにでも誘ってやるか……。そう考える上司の方も多いと思いますが、ちょっと待ってください。部下の状態が深刻な場合は、逆効果になる場合があります。「心の病」を抱えた人のつらさは、たとえるなら、38、9度の高熱を出しているようなもの。会社に来て仕事をするだけでも精一杯なのに、そのあとも拘束されるのは、相当高い負荷になります。ですから、メンタルに問題を抱えた部下の話を聞くなら、勤務時間内を原則とすべきです。私はメンタルの悩みを聞く方法としては「飲みニケーション」をお勧めしません。


田中仁(経営者)

世の中に足りないもの、補完できる商品が開発されれば必然的に消費者の支持を勝ち取ることができる。


平岡常男

アイデンティティを育むためには、社員同士の結びつきがとても重要です。最近の人はメールで何でもやりとりしますが、メールで仕事ができること自体、面と向かって仕事をしてきた私からすればとても不思議です。それが時代の流れですし、正しいことなのでしょうが、時々心配になることもあります。ただ、当社には141年という歴史があるから、アイデンティティをあえて意識しなくても、社員同士が結びついていられるのではないかと思っています。


小林喜光

どんなに複雑な事実でも、ポイントを凝集させれば、短い言葉に置き換えられるはず。短文で表現しようと頭を巡らせることは、情報の整理や理解にも役立つ。


オスカー・ワイルド

自分について真面目に考えれば考えるほど些細な点が気になる、というのは不思議な事実である。


関根福一

何十回と読み返したことか。『武士道』の文庫版は必ず出張時に持っていく。最初のものはボロボロになり、これで2冊目だ。これまでの人生で、武士道精神が幾度となく自分を支え、窮地を救ってくれた。


山口周

だんだん知識のストックが増えてくると、やがて異なる分野の内容同士が関連づいてくる。経営のことが心理学につながり、歴史が自然科学に結びついたり。こうなればしめたもので、物事を多角的に考察する力にもなる。


塚越寛

ビジネスマンにとって必要なのは、自分なりの軸を持つことです。いくら本を読んだり、勉強会に出ても、自分自身の軸が確立していなければ他人の意見やトレンドに流されてしまいます。


池辺葵

描かせていただくだけでありがたいんですけど、『繕い裁つ人』は結構苦しみながら続けていました。私、マンガ家にしかなれない人間だからマンガ家になったという感じだったので、マンガで食べていくという覚悟が足りなかったんだと思います。だからいざ自分の作品を世に出すとなると、どんどんしんどくなってしまつて。自分をさらけ出すみたいに感じて、しかもそれが常に評価にさらされますし。


中本晃

世の中の役に立つことが、科学技術の使命です。


小田禎彦

接客に集中し、お客様の立場に立って物事を考えるようにするためにも、従業員の負担を取り除き、向上心を持って気持ちよく働ける環境を整えてあげる必要がある。


市川浩子

話がとぎれそうになったときの回避法は、バックトラッキング(繰り返し)。相手の会話を繰り返すと嫌みなく「もっと話して」と促す効果があるんです。たとえば、プレゼン中に上司が「アイデアはいいけど、なんかなぁ……」と黙り気味になったら「アイデアは悪くないのですね?」と繰り返す。「うん。この部分がな……」と次につながる話をしてくれるはずです。


北浦年一

「何になるかではなく、なって何をするか」。かつてお世話になった竹歳誠さん(国交省元次官)が小学校しか出ていないおばあちゃんから言われた言葉である。旧建設省に入職した頃、おばあちゃんとご飯を食べながら「鳥取の出身で、次官をやって知事をやっているすごい人が建設省にいるのだよ」と言ったら「馬鹿もん、お前、そんなことを目標にしているのか」と怒られたと。おばあちゃんは「何をやったかが大事だろう、何になったかではないだろう」と盛んに言ったそうである。私もそのお話を伺い、大変感銘を受けた。これから社会に出て活躍しようとする若者から人の上に立つ者まで全ての世代に通じる言葉として肝に銘ずべきである。


ページの先頭へ