名言DB

9412 人 / 110637 名言

今田洋輔の名言

twitter Facebook はてブ

今田洋輔のプロフィール

今田洋輔、いまだ・ようすけ。日本の経営者、寿司職人。疎開先の秋田県出身。銀座の有名寿司店の銀座久兵衛2代目店主。高校卒業後、父壽治氏の下で修業をし店を引き継いだ。銀座久兵衛は北大路魯山人や志賀直哉などの文化人、吉田茂などの政治家、財界人たちに愛された名店。軍艦巻き発祥の店とされている。著書に『銀座久兵衛 こだわりの流儀』。

今田洋輔の名言 一覧

そりゃあ、早い段階で始めるに越したことはないです。ただ、見ているとあんまり関係ないです。覚えが速い子は自分で勉強しますし、ちゃっちゃと育っていきますから。


老舗イコール名店に非ず。自分たちのことを老舗だなんて思ったら、まあロクなことにならないですから。銀座の老舗の大店(おおだな)がね、どんどん潰れていった時期があるんですよ。もう本業で稼げてなくて。他で、それこそ不動産でつじつまを合わせていたお店とかね。怖いですよね。やっぱり、自分たちの生き筋というか、本業に身が入らなくなっていくんでしょうね。それで段々、お客様の心が離れていく。店に活気がなくなっていく。


人間、大切にもてなされたら嬉しいでしょ。今しか口にできない旬のものを出したら、自然と喜ばれますよ。手を抜かない仕事をすれば、それを感じて下さいますよ。だって、そんなことされたら、気持ち良いから。値段はあくまで、その欲しいものがあった上で、出せるか出せないかでしょ。


不景気だから値下げしたほうがいいんじゃないかと言われますね。ただ、周りが安くしたから、自分たちも安くする。それで一瞬お客さんが入ったとしても、いまみたいには絶対にならないよって言ってるんですよ。商売されてる方は、すぐ値段のことを仰いますけど、本当はね、値段ありきじゃないんですよ。値段の前に、感情があるわけだから。


実験を常にしています。やってみてダメなら、またやればいいって感じで。新しいネタの開拓です。食材の発掘もしますし、同じネタでも仕入れ先を分散させたりね。別々の所から半々づつ取り寄せて食べ比べるんですよ。たぶんね、限界なんてないですよ。だって、東京の人はまだ見たことすらないっていうか…。現地だけで出回って、都内に入ってこないネタってのも、まだ沢山あるくらいですから。


人の性(さが)なんでしょうね。賑わいが賑わいを呼ぶんですよ。


ランチを始めたのは平成8年だったかな?創業60周年記念の企画で。当時は食事券を作って配ったり、湯飲みとか手拭いとかプレゼントしたりして。でも、そもそも感謝の気持ちでやるなら2千円引いちゃえば、わかりやすいじゃないかと。それで、6千円に傍線引っ張って4千円って書いて。料理評論家の方からね「一流店ともあろうものが品がないから止めろ」ってすごく言われます。でも、もう開き直ってます。これが僕のやり方ですから。


そりゃあ、これまでに比べたら厳しいですよ。リーマンショックからこっち、金融業のお客様なんかはサーっと綺麗に来なくなっちゃいましたね。ただね、私も長いこと経営やってますけど、こういう波は必ずやって来ますから。そのために体力を温存しておくわけです。


結局、お客さんに満たされた気持ちで帰って頂けてるのかどうか。そこに興味が持てないといけないし、もう一度お店に来て頂くためにも必要なことですから。職人は、寿司にまつわる技術と一緒に、人と人との関係づくりの能力も高めていかないといけない。


知識体系はご先祖様が築き上げてくれたものなので、口頭で伝えられるものなんです。だから、本人に興味や意欲があれば、吸収できますね。


同じ動きを繰り返し繰り返し体に叩き込まないと、いざっていうときに精度の高い再現ができないですから。実際、結構なベテランでも、僕がちょっと目の前で握ってみてって言うと震えてますから。


寿司職人は手さばきが命なんですよ。パッパと握ってお出しするので、ネタに触れている時間なんて僅かなものです。手早く、力みなく、無駄な動きをしないようにする。でも、そこまで行くのには、本当に時間がかかります。メインで握るのに7、8年はかけてますから。うちの場合は。もっと早い段階で握らせてくれるお店はあると思いますし、形だけそれっぽく握るだけなら練習すればできるんでしょうけど。僕は、待つのも含めて仕事だと思ってるんで。裏で地道に握る練習をし続けるわけです。


今田洋輔の経歴・略歴

今田洋輔、いまだ・ようすけ。日本の経営者、寿司職人。疎開先の秋田県出身。銀座の有名寿司店の銀座久兵衛2代目店主。高校卒業後、父壽治氏の下で修業をし店を引き継いだ。銀座久兵衛は北大路魯山人や志賀直哉などの文化人、吉田茂などの政治家、財界人たちに愛された名店。軍艦巻き発祥の店とされている。著書に『銀座久兵衛 こだわりの流儀』。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

企業の使命はふたつだけです。ひとつは「世のため人のためになること」、もうひとつは「儲けること」です。


堤幸彦

自分は芸者であるとも思っています。芸者はお座敷に呼ばれるために芸を変えていかなければならない。飽きられてしまうから、頭も身体も常に鍛えておかないといけません。天狗になんかなっていられないですよ。


中沢啓治

伝えるということは本当に難しい。日本は唯一の被爆国だと毎年騒いでいたって、実際には伝わっていないのです。僕に送られてくる読者からの手紙は、「漫画に描かれている原爆の状態は本当だったのですか」「まったく知りませんでした」「戦争と原爆の本当の姿をもっと教えてください」というものが多い。これは40年前の読者も、いまの読者も同じです。


ニーチェ

ある人間の高さを見ようとしない者は、それだけしげしげと鋭くその人間の低さや上っ面に目を向ける。そして、そうすることで自分自身をさらけ出す。


宮崎龍己

環境変化に躍進のチャンスがある。同時に、変化へのチャレンジなくして企業存続はない。


財部誠一

日本企業は、掃除ロボットにしる介護ロボットにしろ、従来にない斬新な製品を開発しても、「この製品を市場に出して、人間にケガをさせたらどうしよう」と、リスクを過度に恐れる。開発段階で製品の安全性について十分に検討したにもかかわらず、常に、「製品が何か問題を起こしたらどうしよう」ということばかり考えているから、技術力はあっても、クリエイティブな製品を創ることがなかなかできないのだ。現実の世界に「100%の安全」というものは存在しないにもかかわらず、わずかなリスクをも許容しない日本社会の弊害がここにある。


岩名泰介

不動産仲介は情報のビジネスだと考えます。売り手と買い手のマッチングサービスができれば良いのです。しかし、日本の不動産はサービス業のイメージが強く、情報に力を入れている会社が少ないのが現状です。不動産屋こそ究極のIT屋でなければいけない。


上窪政久

自分がやりたいことと、他の仕事がバッティングしたとき、どちらを取るかは「死ぬときに振り返ってみて、どちらが大事だったと思えるか」で決まります。ですから、家族旅行を会議より優先させたこともあります。


星野佳路

会社としてやるべき業務もありますが、基本的には本人が好きなことに楽しみながら取り組んで欲しい。それが長く勤めてくれることにもなり、会社にとってもプラスになる。


高原豪久

私が改革の新たなシンボルに不可欠だと考えたのは、「たとえベタでも、誰にでもわかるエモーショナルなもの」という要件だった。戦略フレームなどコンサル用語を駆使した難解なものではなく、現場で仕事をする社員が素直に共感できるシンプルな仕掛けである。最初に着手したのは、新しい会社のシンボルマークをつくり、「アジアでナンバーワンの吸収体メーカーになる」という新たな経営ビジョンを掲げた。企業としてどうありたいかという夢や願望を含んだ、文字通り誰にでもわかるベタなビジョンである。


内永ゆか子

成果が出せれば、誰かが必ず見てくれています。もし思うように出世できていなくても、周囲のことなど気にせず、目の前の仕事で成果を積み上げていけば、必ず認められるときが来ます。


川端裕

自分の提案を上司に受け入れてもらうためには、日ごろのコミュニケーションがいかに大事かということです。上司がどんな仕事を抱え、何を重要視し、何を一番求めているのかを知る必要があるからです。


橋下徹

いまの税制はとにかくわかりにくい。統治機構にしても社会保障の仕組みにしても、わかりにくいことで役人の仕事が増え、役人の数はどんどん増えるんです。


古川武士

「しないこと」を決められない人は、タスクを大きな塊として漠然と捉える傾向があります。その結果、目の前の作業に片っ端から手をつける、という仕事の仕方になるのです。その癖を改めるには、構成要素をできるだけ細分化して書き出しましょう。そのうえでタスクの重要性を判別していきます。


関谷英里子

何かを学ぼうと思ったら、そのために身銭を切って投資するのを避けることはできません。しかし、お金をかければかけるほど、高い学習効果が得られるわけではないというのもまた事実です。大事なのは費用対効果、いかに効果的な投資を行うかではないでしょうか。それも、費用というよりは、投資した時間の費用対効果だと思います。