名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今泉嘉久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今泉嘉久のプロフィール

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

今泉嘉久の名言 一覧

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


ロケーションは重要です。これまでプラスの本社は東京都文京区の音羽という住宅地にありました。それが港区の虎ノ門というビジネス街に移っただけで、社員の意識も大きく変わりました。


私は24年間の社長業の中で、数多くの失敗をしてきました。その結果学んだものは、顧客満足(CS)が最も大切であるということです。


「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


大企業になると、オフィスの設計を中間管理層に任せますが、それは絶対にしてはいけません。なぜならオフィスは企業の顔だからです。「どんなオフィスを作るか」でその会社の大まかなビジョンがわかります。ですから、オフィス作りは企業家の最優先事項のひとつなのです。


オフィスは「その会社がどのような方向に行きたいのか」というビジョンをお客様が訪問された瞬間にわかるようにするべきです。もちろん企業理念が明確でなければ、オフィスというメディアを通じて伝えるものがありません。他社とは違う差別化されたビジョンやコンセプトがなければ、オフィスのメディア機能を使いこなせません。その結果、同業他社と同じようなオフィスの佇まいになってしまいます。


一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


重要性はわかっていても、顧客満足を達成できない企業が大多数です。それは顧客満足を追求すればするほど、供給者側の不満が高まるからです。アスクルは新しい仕組みで顧客と供給者の満足を一致させ、成功させることが出来ました。


私がアスクルの仕組みを考えるときに意識したのは、「社会最適」です。社会最適とは、小売、卸売、メーカーという業態がそれぞれ合理化の努力をするのではなく、流通全体を見据えて何が一番合理的かを考え実現することです。


今泉嘉久の経歴・略歴

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

竹田陽一

一万人に一人くらいは特別に優れた人がいるものです。こういう人をマンイチの人と呼びます。マンイチの人は、まったく体験しなくても物事の本質がパッと浮かんでくる人種ですから、自分独自の考えによる経営理念が簡単にできてしまいます。しかも考えた内容と行動が一致するので業績は黙っていてもよくなってしまいます。普通の人ではこうはいきません。


新浪剛史

人間力とは自己犠牲、利他の精神。自分を律して、社会のためにどう役立つかということが、人間力が発揮できる一番重要なポイント。


ベンジャミン・フランクリン

稼ぐだけではなく蓄えることを考えよ。スペインは西インド諸島を手に入れながら、富める国になれなかった。なぜなら、入るよりも出すほうが多かったからだ。


塚越寛

本来、人は幸せを追求するものとすれば、会社は構成する人々の幸せの増大のために存在すべき。


広中平祐

知識とか経験の蓄積というのは怖いものです。発想の壁を作ってしまい、自由な考え方ができなくなってしまう。自分でも気づかないうちにだんだん周りが見えなくなっていき、若い芽を摘んでしまう。ベテランが絶対にやってはいけないことです。


福嶋康博

私はエニックス時代に、過去に販売された全てのゲームソフトの販売実績データを記録し、ゲームソフトを発売する時は、このデータを参考にそのソフトの出荷本数などを決定していました。なぜなら、データをみると、多くのことが分かるからです。


森辺一樹

日本企業は商品に自信があるのか、商品の枠だけを持って行き、失敗するケースが多い。海外に合った商品につくり直す欧米に比べ、リサーチやマーケティング力が圧倒的に弱い。


田島弓子

マイクロソフト時代、会社からとんでもなく高い営業目標を与えられたときや、失敗をしてヘコむことは多々ありました。ただ忙しすぎて、いつまでもヘコんでいられない状況にありました。それで、ヘコんでも、すぐに気持ちを立て直す方法を自分で編み出さざるを得なかったのです。


菰田正信

もちろん、安いに越したことはありません。アウトレットがこれだけお客様から支持を集めているということは、まずデフレにおけるお得感があるからでしょう。ただ、お客様は買い物を使い分けています。着る服にしても、欲しい色でなくとも、半年前に出た商品であっても妥協して安く買うものと、絶対にこれでなければ嫌だというものがある。


尾崎元規

人材として困るのは、仕事の選り好みをしたり、自分の専門性に拘泥して、仕事の入り口を限定してしまう人です。


尾山基

経営者として大事にしているのは実証主義です。とにかく現場に行かなきゃダメ。工場があるなら3回でも4回でも行って、全部見て、こんなふうに商品が作られているんだということを知るべきです。当社の場合、シューズもウエアも生産工程が全部違いますが、幸いにも日本に工場があるので、行って見てくればいい。下が言ってきたものをまとめるのは誰でもできます。


中山雅史

僕みたいなベテランが一生懸命やっていれは若手はサボれないし、それだけでもう利用価直があるわけです。お金をもらっているわけですからチームにどれだけ還元できるかですよ。