名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今泉嘉久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今泉嘉久のプロフィール

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

今泉嘉久の名言 一覧

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


ロケーションは重要です。これまでプラスの本社は東京都文京区の音羽という住宅地にありました。それが港区の虎ノ門というビジネス街に移っただけで、社員の意識も大きく変わりました。


私は24年間の社長業の中で、数多くの失敗をしてきました。その結果学んだものは、顧客満足(CS)が最も大切であるということです。


「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


大企業になると、オフィスの設計を中間管理層に任せますが、それは絶対にしてはいけません。なぜならオフィスは企業の顔だからです。「どんなオフィスを作るか」でその会社の大まかなビジョンがわかります。ですから、オフィス作りは企業家の最優先事項のひとつなのです。


オフィスは「その会社がどのような方向に行きたいのか」というビジョンをお客様が訪問された瞬間にわかるようにするべきです。もちろん企業理念が明確でなければ、オフィスというメディアを通じて伝えるものがありません。他社とは違う差別化されたビジョンやコンセプトがなければ、オフィスのメディア機能を使いこなせません。その結果、同業他社と同じようなオフィスの佇まいになってしまいます。


一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


重要性はわかっていても、顧客満足を達成できない企業が大多数です。それは顧客満足を追求すればするほど、供給者側の不満が高まるからです。アスクルは新しい仕組みで顧客と供給者の満足を一致させ、成功させることが出来ました。


私がアスクルの仕組みを考えるときに意識したのは、「社会最適」です。社会最適とは、小売、卸売、メーカーという業態がそれぞれ合理化の努力をするのではなく、流通全体を見据えて何が一番合理的かを考え実現することです。


今泉嘉久の経歴・略歴

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

学生時代、ヨーロッパをはじめ、アフリカ、アジア、アメリカ大陸と全世界を見て回りました。楽しいこともありましたが、騙されたり、病気にかかったり、思いがけない事態もよくあります。アフリカに渡った際は、お金を全部使い果たしてしまって無一文に。そこで、ドイツまでヒッチハイクしながら帰りました。そんな体験をしたので、事業で失敗しても「どうってことない」という心境になれます。旅が開き直りの原動力です。


澤上篤人

長期運用をしていると、会社の行動や社風が最初とは変わってくることもあります。注意深く観察していいると見えてきます。数字は、その確認材料として使うものなんです。だから、機械的に数字で銘柄をはじき出すスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)なんかは一番ダメです。


村上力

「仕事なんてつまらないものだ」と斜に構えている社員は、上司や会社、そして何より本人にとってももったいない。本気で仕事に打ち込むのは誰にとっても喜びのある体験だからです。表と裏を使い分ける部下は扱いづらい人間だと思いますが、部下に仕事の面白さを伝えることは、上司の重要な仕事です。早いうちに手を打つべきでしょう。


大友啓史

発想のベースは、スタッフやキャストを自分の思いどおりに動かすのではなく、細かい指示を出さずに、どう主体的に動いてもらうのか、ということに尽きる。たとえば、カメラマンには「好きなように撮ってください」と伝えます。皆、プロなので、僕が期待していたよりも良い仕事をしてくれると信じていますから。


古川裕倫

過去の失敗や、叱られた経験を隠さず伝える。上司がまず自己開示することで部下は心を開き、自分の話を受け入れてくれるようになる。全員が、成功談ばかり言ってたら、できない人は立場がない。上司だって優秀な人ばかりではないのだから、部下にだけ厳しくしたらそれは、かわいそうってものですよ。


河野英太郎

「いま、ちょっといいですか」と話しかけると「あとにしてくれ」と言われる確率が高い。「1分間だけください」と言えば、わずかな時間ですから、上司も「じゃあ聞こう」という気になります。


青野慶久

きちんとしている人ほど、お礼状や会議の資料など、人に見せるものに手を抜くことに抵抗を感じると思うのですが、そうしたこだわりが自分の時間を奪っていないか、一度見直してみるといいと思います。


大山健太郎

選択と集中という考えは合理的ですが、その市場が永続的に伸びて、競争優位性が持続するならば成立するでしょう。ただ、儲かる産業となればこぞってライバルが参入してきます。


魯迅

もともと地上には道はない、歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。


吉田秀彦

僕が小さかったころには、悪さはしても、人間味のある親分肌のガキ大将がいたものです。そういう昔ながらの子供の関係みたいなものを、この道場はもう一度つくれる場にしたい。そして、ひとつの町にそうした道場がひとつずつあるような環境を、少しずつでもつくっていけたらと思っています。


北尾吉孝

人間は生まれた時には無垢な気持ちを持っていますが、その綺麗な心もいつの間にか曇ってしまう。それをいかにして磨いていくかが大切。


小宮一慶

勤勉であることで、働くことそのものの喜びがわかるようになる。