名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今泉嘉久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今泉嘉久のプロフィール

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

今泉嘉久の名言 一覧

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


ロケーションは重要です。これまでプラスの本社は東京都文京区の音羽という住宅地にありました。それが港区の虎ノ門というビジネス街に移っただけで、社員の意識も大きく変わりました。


私は24年間の社長業の中で、数多くの失敗をしてきました。その結果学んだものは、顧客満足(CS)が最も大切であるということです。


「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


大企業になると、オフィスの設計を中間管理層に任せますが、それは絶対にしてはいけません。なぜならオフィスは企業の顔だからです。「どんなオフィスを作るか」でその会社の大まかなビジョンがわかります。ですから、オフィス作りは企業家の最優先事項のひとつなのです。


オフィスは「その会社がどのような方向に行きたいのか」というビジョンをお客様が訪問された瞬間にわかるようにするべきです。もちろん企業理念が明確でなければ、オフィスというメディアを通じて伝えるものがありません。他社とは違う差別化されたビジョンやコンセプトがなければ、オフィスのメディア機能を使いこなせません。その結果、同業他社と同じようなオフィスの佇まいになってしまいます。


一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


重要性はわかっていても、顧客満足を達成できない企業が大多数です。それは顧客満足を追求すればするほど、供給者側の不満が高まるからです。アスクルは新しい仕組みで顧客と供給者の満足を一致させ、成功させることが出来ました。


私がアスクルの仕組みを考えるときに意識したのは、「社会最適」です。社会最適とは、小売、卸売、メーカーという業態がそれぞれ合理化の努力をするのではなく、流通全体を見据えて何が一番合理的かを考え実現することです。


今泉嘉久の経歴・略歴

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

最初に結論を述べた後、その理由や根拠をいくつ挙げるつもりかをはっきり伝えると、聞き手の理解がよりスムーズになる。最後に結論をもう一度繰り返せば完璧。


星野佳路

リーダーとして成長するために重要なことの1つは、「失敗経験」だと思います。「失敗は学びの機会」「失敗の数だけ成長できる」と感じています。


大崎真孝

装いは、アピールの場での大きな助けとなると考えています。ビジネスにおけるグローバルスタンダードはスーツです。であるならば、相手へのリスペクトをこめながらも、個性を表現するようなアレンジを利かせてさりげなく自己主張することが、スーツを着るうえで重要になるのではないでしょうか。


出井伸之

人は歳を取るにつれて、クリエイティブマインドが下がっていく一方、経験値は上がっていきます。その二つのバランスが取れているのが、45歳なのです。自分の力を遺憾なく発揮できるこの時期に何をするかで人生が決まると言っても過言ではないでしょう。目の前の仕事をしっかりやりつつも、長期的な視点に立って、自分を成長させていく必要があります。


福田健(話し方)

もともと短気な人やわがままな人は感情のコントロールができず失言しやすい。おしゃべり好き、目立ちたがり屋は不用意な発言が多いし、リップ・サービスのつもりが相手によっては重大な失言になる場合もある。謝罪がうまく聞き入れられ、許してもらった瞬間に大きな落とし穴が待っていると肝に銘じたい。そこをクリアするまでは、逆なでしない謝り方ができたとはいえない。


冨山和彦

時流の経営論や手法に踊らされるだけでは、長期的な競争、すなわち企業間の総力戦に勝ち残っていくことは難しい。重要なのは、企業文化や経験・技術の蓄積といった、確立に時間がかかるものの、その企業ならではの競争力の源となる組織能力を「芯」として強化していくこと、加えてそれを生かせる事業領域で戦っていくこと。


鵜澤静

トップに必要なのは胆力ではないでしょうか。


橋本孝之

IBMには「良き企業市民たれ」という言葉があるんですが、その国々でビジネスをやらせていただくのであれば、単にモノを売るだけではなく良き企業市民になりなさい、と言われています。企業市民というのは、最も卓越したディシプリン(規律)や行動規範のもとで、やはりその国そのものの発展に寄与していくということです。つまり、ビジネスをいただいて、税金を払っていればいいという考えでは決してありません。それは信頼を得るということであり、その国に根付く第一歩だと思います。


坂井哲史

大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり。


森下裕道

部下とコミュニケーションを上手く行うための3つのコツ

  1. 相手の話をちゃんと聞くこと。
  2. ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉など)を使うことを心がけること。
  3. 相手のことを認めて、その人の可能性に賭けてあげること。

南部靖之

新しいものは、利益を生むかどうか分かりません。そこに投資するのは株価や利益を見通せるからとは限りません。利益を判断基準として決断し、追い求めると、短期的なヒット商品は生まれても、ロングセラーにはならない。また利益目的の事業は儲からないとやめたくなりますが、大義名分のある事業は土日でも徹夜でもやりたいと思うものです。つまり事業を長く続けるためには、哲学や理念がないとダメなのです。創業者にはそれがある。


瀬戸欣哉

ジュースバーは誰がボタンを操作しても同じジュースが出てきますよね。会社もそれと同じように、誰でも一生懸命働けば結果を出せるような組織でなければ、持続的に成長できない。