名言DB

9413 人 / 110706 名言

今泉嘉久の名言

twitter Facebook はてブ

今泉嘉久のプロフィール

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

今泉嘉久の名言 一覧

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


ロケーションは重要です。これまでプラスの本社は東京都文京区の音羽という住宅地にありました。それが港区の虎ノ門というビジネス街に移っただけで、社員の意識も大きく変わりました。


私は24年間の社長業の中で、数多くの失敗をしてきました。その結果学んだものは、顧客満足(CS)が最も大切であるということです。


「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


大企業になると、オフィスの設計を中間管理層に任せますが、それは絶対にしてはいけません。なぜならオフィスは企業の顔だからです。「どんなオフィスを作るか」でその会社の大まかなビジョンがわかります。ですから、オフィス作りは企業家の最優先事項のひとつなのです。


オフィスは「その会社がどのような方向に行きたいのか」というビジョンをお客様が訪問された瞬間にわかるようにするべきです。もちろん企業理念が明確でなければ、オフィスというメディアを通じて伝えるものがありません。他社とは違う差別化されたビジョンやコンセプトがなければ、オフィスのメディア機能を使いこなせません。その結果、同業他社と同じようなオフィスの佇まいになってしまいます。


一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


重要性はわかっていても、顧客満足を達成できない企業が大多数です。それは顧客満足を追求すればするほど、供給者側の不満が高まるからです。アスクルは新しい仕組みで顧客と供給者の満足を一致させ、成功させることが出来ました。


私がアスクルの仕組みを考えるときに意識したのは、「社会最適」です。社会最適とは、小売、卸売、メーカーという業態がそれぞれ合理化の努力をするのではなく、流通全体を見据えて何が一番合理的かを考え実現することです。


今泉嘉久の経歴・略歴

今泉嘉久、いまいずみ・よしひさ。日本の経営者。事務用品メーカー「プラス」社長。慶応大学卒業。父が創業したプラスに入社。取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。オフィス用品翌日配達サービス「アスクル」をスタートさせ同社を大きく成長させた。そのほか全日本文具協会副会長、東京文具工業連盟副会長、日本オフィス家具協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

ひとつひとつの仕事とは、開始から終了までのあいだに起こる、イベントの集合体だといえます。時間の経過とともにステージが変わっていって、ステージごとにどの分野でどんなことが起こるかが異なるわけです。これは、経験してみなければ絶対にわかりません。


トマス・J・スタンリー

1年で500万ドル稼ぐ人は、アメリカ一億世帯に5000人いるかどうかだ。すなわち二万世帯に一世帯の確率だ。大半の億万長者の年収は、その一割の50万ドルにも達しない。また、50歳前に億万長者になることも少ない。そしてみんな倹約家だ。湯水のようにお金を使いながら億万長者になることは、ほとんどない。


田中耕一

重要なのは、様々な視点を持つ人たちによる「異分野融合」です。たとえば今、家電メーカーなどが介護サービス事業に進出しています。島津製作所もアルツハイマー病変の早期検出法を確立しましたが、介護業界の人たちと一緒になれば、重度の要介護状態を防ぐためにはどんなことができるだろうかといった課題に対しても、意見が出てくるはずです。


東英弥

仕事だけをしているとお付き合いの範囲が狭くなりますから、知見を持った人の話を聞いて、仕事に落とし込んで、それを社員やお客様に展開していく。これを今日まで続けてきたことが、よかったのではないかと思っています。


北上弘明

開業後、東日本大震災の影響で苦戦した時期も、「リスクマネジメントの必要性」を訴えるアイデアで乗り越えた。発想力を磨くことは、抜かりない準備とリスク回避につながると思います。


加藤俊徳

脳はストーリー性があるものを好みます。「83416544」という数列を覚えるとしたら、語呂合わせで「83416544(やさしいむこようし)」と覚えると、そこにストーリー性が生まれてすんなり頭に入ります。このように情報をストーリー化して思考系脳番地に訴えるようにしたり、替え歌にして聴覚系脳番地を刺激するなど自分の好きなアレンジを加えると脳に定着しやすくなります。


松本大

自分の足元の仕事をバリバリやっていると、それは誰かが絶対に見ていて、「おっ、そこまでできるか。じゃあ次はこれをやってみろ」と次のレベルの仕事をくれるんです。そしてまたその仕事をこなすと、もうひとつ上のレベルの仕事が来る。それを繰り返しているうちに、どんどんいろんなことが見えるようになって、仕事も楽しくなっていくものなんです。


武元康明

心技体という言葉があります。これをヤジロベエに当てはめれば、両側にある2つの重りが心と技、中心軸の部分が体です。軸がしっかりしていて、左右のバランスが取れていれば、押されても倒れません。


亀田隆明

以前から来院者の受付や院内の問い合わせに答える部署はありましたが、仕事の範囲を決めてしまうと、範囲外の事案が発生したとき、よその部署にたらい回ししたり、断ってしまったりするという問題を抱えていました。そこで、「カスタマーリレーション部」という病院全体のサービスを高める専門の部署をつくり、コンシェルジュという專門スタッフを置くことにしたのです。


マイケル・ポーター

世界中で多くの企業が社会貢献活動として寄付を行っています。寄付をするのはいいことですが、その影響力は限定的です。経済的に自立した仕組みなどを構築する方が、社会的に大きなインパクトを及ぼすことができます。


松井忠三

2001年上期に無印良品は38億円の赤字を計上したものの、経営改革の甲斐あって業績はその後大きく回復。しかし経費はまだまだカットしなくてはいけない状況でした。ところが役員に指示を出しても、削減目標をほとんど達成できない。会議を重ねても、解決案は出ない。いま思えば、当然の話でした。役員はみんな無印の母体であったセゾングループの出身。セゾンのなかだけで純粋培養されてきた人間なので、新しい知恵が出るはずもないのです。役員になるほどの人材が集まっているにもかかわらず、凡庸な案しか出てこない。私は確信しました。自社で考えてもいい知恵は出ないなと。そこで私は社外から知恵をもらうことを決意します。そのなかで出会ったのが、「しまむら」でした。


堀場厚

欧米人の発想は、いわゆる「チャンピオンデータ」といって、ある測定装置が記録した最も正確な値を、その装置の「実力」であると主張します。しかし、オリンピック選手が自己ベストの記録を毎試合出せるわけではないのと同じように、測定装置が出す値も、正確度に多少のばらつきが生じるものです。ですから当社では、「100%保証できる正確度」をその装置の「実力」としてカタログに掲載してきました。そのため、チャンピオンデータを掲載している他の海外メーカーよりも、カタログ上の性能は低くなることがあり、当初は不利な戦いを強いられました。当社のこの方針が海外市場で理解され、定着するまでに5年から10年くらいかかりました。実際に使っていただくと、当社の測定装置は常に安定してカタログ以上の正確なデータを収集できるわけですから、海外市場でも徐々に真の実力が認められるようになりました。


茂木健一郎

過度に感情的にならないことが必要。しばしば「やる気」や「情熱」の必要性が強調されるが、それだと、仕事が気分に左右されてしまう。むしろ、フラットに、淡々と目の前の仕事を進めていく。そんな態度が身につけば、ビジネスを進めるうえで大いに役に立つだろう。


依田誠

食べ負けない。飲み負けない。おしゃれでも負けない。とにかく欧州の人たちに張り合おうと思った。そのうち、「日本人にしてはよく食べるやつがいる」という評判が広がり、「君がミスター・ヨダか。どこの会社だ」。それが取引につながっていった。
【覚え書き|日本電池欧州駐在員時代を振り返って】


篠崎正芳

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。