名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今泉卓也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今泉卓也のプロフィール

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

今泉卓也の名言 一覧

当社はゲームユーザーさんの方を向いてコンテンツをつくることを心がけています。また、当社のライターは皆、各ゲームのトッププレイヤーであり、そのことによる情報の確かさや速さにもこだわりを持っています。


当社は上場しましたが、まさにこれからがスタートだと考えています。当社は社名の通り、プラットフォームが変わっても、常にゲームの側にいて、ゲームとユーザーさんをつなぐ裏方でありたいと思っています。今後はゲーム会社さんに開発やマーケティングなど、インフラとしても活用してもらえればと考えています。


私の転機は最初の起業と挫折です。12年にCTO(最高技術責任者)としてゲーム会社の立ち上げに参画したのが、私の企業経営の第一歩でした。苦労しながら1本目のゲームを開発、発売して売り上げが立ったのですが、次のゲームが出る前に徐々に落ちてきてしまう。2本目を出してもやはり同じでした。苦しい中で人も次々に辞めていき、13年には解散を決断しました。しかし、ここで終わりたくないと思った私は、そのゲーム会社にも出資をしていたインキュベーターで、現在当社の社外取締役を務めている村田祐介に相談し、改めて起業して現在に至ります。


設立は13年6月です。ちょうどスマホゲームが盛り上がってきた時でしたが、攻略サイトは個人の方がつくっているものくらいしかなく、企業として構築しようと考えました。それはスマホゲーム市場が大きくなるという可能性を感じたからです。かつてゲームはゲーム機を持ち、さらにソフトを買わなければできませんでしたが、今はスマホというゲーム機を常に持ち歩くことができ、さらに無料でダウンロードして遊び始めることができるということで、ハードルが大きく下がりました。スマホゲームのクオリティも格段に上がっています。


今泉卓也の経歴・略歴

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

他の記事も読んでみる

小籔千豊

吉本新喜劇に入った瞬間に言われたんですよ、ある社員から。「お前、漫才師であかんかったヤツが新喜劇で上手くいくと思うてんのか。それは失礼や。ここは再生工場ちゃうねん。コメディの最高峰や。お前、いける思うてんのか。なめんな」と。これで、カチッて音が聞こえるくらいスイッチが入りましたね。新喜劇のレジェンドたちをはじめ、周りの人から「あいつ入れてよかったな」と思ってもらえるようになろうと。


櫻井孝宏

結局、ブームは狙ってできるものではないってことですよね。だって第1期のときもこの作品(『おそ松さん』)を面白い試みだと思っていたけど、ここまで人気が出るとは思っていなかったし。


須田将啓

タイムリーなものにニーズがある。


入山章栄

私が素晴らしいと思う経営者の方には共通点があって、すごく高いレベルでどこかに矛盾するものを持っていらっしゃる。


今井繁之

部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


上川徹

審判になって5年目の96年、自分でも驚くほどの速さでJリーグ・デビューが実現しました。とはいえ、技術はまだまだ未熟で、経験不足も否めなかった。おそらく、日本サッカー協会が僕の情熱とやる気を見て、「そんなにやる気があるなら、こいつは将来伸びるかもしれない。一度チャンスを与えてみるか」と、将来性を買ってくれたのでしょう。


久保田崇

筋トレやスポーツと同じで、速読も慣れです。普通のビジネス書であれば、誰でも概ね1時間で1冊読めるようになります。


竹中平蔵

チームやパートナーは大切です。パナソニック、ソニー、ホンダの創業期の共通点は相棒がいることです。ソニーに盛田昭夫、井深大あり。松下幸之助には井植歳男という名番頭がいました。技術屋の本田宗一郎は名参謀、藤澤武夫に経営を任せました。また、シリコンバレーではパートナーとともに起業している人が多いのです。


米山久

当初は、築地の仲卸直送という形で開業しましたが、他店との差別化ができないため、お客さまには我々のコンセプトが全く響きませんでした。そこで、地鶏と同じように、漁師さんと直接取引を行うようになったところ、ようやくお客さまに差別化されたコンセプトが響くようになりました。生産者が思い入れを持って提供するには、産地の生産者とタッグを組むことが必須であることを思い知らされました。


長谷川閑史

私が社長になるまで、武田薬品工業は本格的な買収は一回もやったことがありませんでした。まずふたつほど小さな会社を買収して、米ミレニアム・ファーマシューティカルズを3年ほど前に買収しました。その成功体験を踏まえ、ナイコメッド(スイスの大手製薬会社)の買収に乗り出しました。


鮎川義介

古来、事業をなすには天のとき、地の利、人の和と言い伝えられているがこれを貫くに至誠をもってしなくては事業の成功を期することはできない。


リード・ホフマン

これからは人も企業も「永遠のベータ版(未完成品)」でなくてはならない。もし今が完成形ならば新しいつながりも不要でしょう。しかし、そうであれば新たな成長は望むべくもない。