名言DB

9413 人 / 110706 名言

今泉卓也の名言

twitter Facebook はてブ

今泉卓也のプロフィール

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

今泉卓也の名言 一覧

当社はゲームユーザーさんの方を向いてコンテンツをつくることを心がけています。また、当社のライターは皆、各ゲームのトッププレイヤーであり、そのことによる情報の確かさや速さにもこだわりを持っています。


当社は上場しましたが、まさにこれからがスタートだと考えています。当社は社名の通り、プラットフォームが変わっても、常にゲームの側にいて、ゲームとユーザーさんをつなぐ裏方でありたいと思っています。今後はゲーム会社さんに開発やマーケティングなど、インフラとしても活用してもらえればと考えています。


私の転機は最初の起業と挫折です。12年にCTO(最高技術責任者)としてゲーム会社の立ち上げに参画したのが、私の企業経営の第一歩でした。苦労しながら1本目のゲームを開発、発売して売り上げが立ったのですが、次のゲームが出る前に徐々に落ちてきてしまう。2本目を出してもやはり同じでした。苦しい中で人も次々に辞めていき、13年には解散を決断しました。しかし、ここで終わりたくないと思った私は、そのゲーム会社にも出資をしていたインキュベーターで、現在当社の社外取締役を務めている村田祐介に相談し、改めて起業して現在に至ります。


設立は13年6月です。ちょうどスマホゲームが盛り上がってきた時でしたが、攻略サイトは個人の方がつくっているものくらいしかなく、企業として構築しようと考えました。それはスマホゲーム市場が大きくなるという可能性を感じたからです。かつてゲームはゲーム機を持ち、さらにソフトを買わなければできませんでしたが、今はスマホというゲーム機を常に持ち歩くことができ、さらに無料でダウンロードして遊び始めることができるということで、ハードルが大きく下がりました。スマホゲームのクオリティも格段に上がっています。


今泉卓也の経歴・略歴

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

他の記事も読んでみる

大谷竹次郎

日本の劇場には極めて悪習慣が残っていて、京都の劇場も木戸(入場口)に大木戸と称して、ごろつきの親方が、ごろつき押さえに頑張り、観客が札を買って入るときには木戸札を箱に投げ込んで、通り一枚、通り二枚と呼んでいた。劇場の中にはクリカラ紋々の入れ墨男が働いていて、興行主の収入は木戸銭(入場料)だけに限られていた。私はこのけしからぬ悪習を一掃しない限り、劇場経営は成功する見込みなしと断定して、常盤座を借り受けると同時に、従来の雇用一同を解雇する案を提起した。


澤田秀雄

利益は大切ですが、いかに世の中のためになるかが企業にとって一番大切だと思います。


高橋遠

業績が好調なうちに設備投資に力を入れることで商品価値を上げることに注力しています。


桜庭一樹

今回は語ることや読むことを巡る小説になりましたから、やはり、自分はなぜ物語を描いているのだろうと改めて考えることになりました。それで自分の場合には「読まれるため」に書いているのだと再確認して、あとはやはり些末なことだと捉えたんです。


川村元気

企画は一枚の紙に文章でまとめて上司に見せます。本当に伝えたいことは紙一枚で十分です。ここに上司を納得させられる要素をどれだけ詰め込めるかが勝負です。


湯川智子

好きな言葉はたくさんありますが、最近は「今日をありがとう」です。母の死を通じて、人間は有限だということもよくわかりました。今日生かされていることも、支えられていることも、すべてが「有ることが難い」と感じています。


城島健司

若い頃は、自分がピッチャーをリードしているような気持ちでいましたけど、いまになるとホークス時代の武田(一浩)さん、工藤(公康)さんが僕に合わせてくれていただけなんです。そうやって少しずつ僕を大きくしてくれたんですね。だから今度は恩返しのつもりで若いピッチャーたちの色を活かしていけるようなプレーをしたいと思っています。


石上芳男

いまや数字に対する強さは、財務関係の仕事に限らず全ての人に求められている。


南雲吉則

健康やダイエット、若返りも自分が良くなるためのものなんです。しかし、そもそも何のために健康であり、若返り、長生きしたいのかということが明確であることが必要だと思います。


中村直樹

私は、できるだけ多く「現場を見る」ようにしています。街いく人を観察する、ライバル店に足を運んで、お客様が何を買っておられるのか見る、店のスタッフにお客様の傾向を聞く……。すると、あの人は高級ブランドの服を着て、廉価店の買い物袋をもっている……。なるほど、使い分けをしているんだな、といったことがわかってくるわけです。社長になったいまでも、それは変わりません。見たいお店があれば会社を抜け出してすぐに行きます。店を見にいく時間を捻出するために、昼食時間を削ることもあります。


齋藤直美

叱る時に最も注意したいのは、話し終えた時に相手が不快に思っていないかどうかです。叱る目的は、何かを改善してもらうため。話し終えた時、相手が納得していなければ、行動の改善は期待できません。ですから必ず、最後は相手に前向きな気持ちになってもらえるように叱ることが大切。


福澤朗

相手が思わず納得してしまう3つのコツ

  1. 話は3つのキーワードで構成する。3つのキーワードに絞れば、相手も理解しやすい。
  2. 幽体離脱して自分を見る。早口になっていないか、一方的に話していないか、相手がわかる言葉を使っているかなどを自分を外側からチェック。
  3. ボキャブラリーを増やす。ボキャブラリーを増やせば、表現の幅が広がる。

内藤誼人

笑顔に関して重要なポイントがある。笑顔を作るように努力するだけでなく、なるべく大きな声で笑った方が、2倍も、3倍も効果があるのだ。顔だけで笑いをつくろうとすると、ときとして、冷たいような、作り笑いになってしまうことがある。きちんと声に出して笑うようにすると、あなたが喜んでいることが、相手にも一目瞭然となる。


荒金雅子

仕事の再設計を成功させるポイントは3つある。

  1. 仕事と理想的な社員像について既存の価値観・規範を見直すこと。
  2. 習慣的な仕事のやり方を見直すこと。
  3. 仕事の効率と効果を向上させ、同時に仕事と私生活の共存をサポートすること。

柳井正

一つひとつは小さなことだけれども、コツコツコツコツ改善していく。単純にオペレーションを回すだけではマンネリになりますが、改善して、いい方向に変えていく。日本人は、これが得意ですから、改善がイノベーションを生むと思っています。