名言DB

9419 人 / 110788 名言

今泉卓也の名言

twitter Facebook はてブ

今泉卓也のプロフィール

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

今泉卓也の名言 一覧

当社はゲームユーザーさんの方を向いてコンテンツをつくることを心がけています。また、当社のライターは皆、各ゲームのトッププレイヤーであり、そのことによる情報の確かさや速さにもこだわりを持っています。


当社は上場しましたが、まさにこれからがスタートだと考えています。当社は社名の通り、プラットフォームが変わっても、常にゲームの側にいて、ゲームとユーザーさんをつなぐ裏方でありたいと思っています。今後はゲーム会社さんに開発やマーケティングなど、インフラとしても活用してもらえればと考えています。


私の転機は最初の起業と挫折です。12年にCTO(最高技術責任者)としてゲーム会社の立ち上げに参画したのが、私の企業経営の第一歩でした。苦労しながら1本目のゲームを開発、発売して売り上げが立ったのですが、次のゲームが出る前に徐々に落ちてきてしまう。2本目を出してもやはり同じでした。苦しい中で人も次々に辞めていき、13年には解散を決断しました。しかし、ここで終わりたくないと思った私は、そのゲーム会社にも出資をしていたインキュベーターで、現在当社の社外取締役を務めている村田祐介に相談し、改めて起業して現在に至ります。


設立は13年6月です。ちょうどスマホゲームが盛り上がってきた時でしたが、攻略サイトは個人の方がつくっているものくらいしかなく、企業として構築しようと考えました。それはスマホゲーム市場が大きくなるという可能性を感じたからです。かつてゲームはゲーム機を持ち、さらにソフトを買わなければできませんでしたが、今はスマホというゲーム機を常に持ち歩くことができ、さらに無料でダウンロードして遊び始めることができるということで、ハードルが大きく下がりました。スマホゲームのクオリティも格段に上がっています。


今泉卓也の経歴・略歴

今泉卓也、いまいずみ・たくや。日本の経営者、プログラマー。ゲーム情報メディア「GameWith」社長。慶應義塾大学卒業。ソーシャルゲーム会社CTO(最高技術責任者)などを経てGameWithを設立。

他の記事も読んでみる

山本良一(経営者)

百貨店業界は苦戦が続いていますが、やはり、従来の百貨店の価値観の中で育ってきた人間同士がいくら一生懸命に知恵を絞っても、そんなに新しい領域や革新的な店づくりにはならないと思う。ですから、例えば現在、建て替えを進めている松坂屋上野店南館にしても、当社グループのパルコが入ったり、映画館の「TOHOシネマズ」が入る予定です。こうした従来の百貨店にない新しい発想や着眼点を取り入れ、今までになかった新しい商業施設として生まれ変わりたいと考えています。


住野よる

今まで出した4冊に比べても、一番積極的に傷付けにいった話だなって自分でも思っています。読んだ人の心に跡をつけたい。そうすることで、心の風通しが良くなってくれる人もいるんじゃないかなと思うんです。自分は音楽が大好きなんですけど、歌詞を聞いていて「こんなことを考えている人がいたんだ」だったり、「自分と同じことを考えている人が他にもいたんだ」って感じて、救われた部分がかなりあるんですよね。『青くて痛くて脆い』も、誰かにとってそういう存在になってほしいって思っています。「これは自分の話だ」って感じる人が現われてほしいなって、願っています。


安倍晋三

従来の規制が想定しない新技術を迅速に試験導入できる規制の「サンドボックス」を設けます。現行法の規制を一時的に止めて新技術を実証できる仕組みで、まず国家戦略特区において自動走行やドローンの実証実験を迅速に集中して行えるようにします。特区に限らず、参加者と期間を限定して「まずはやってみる」ことを可能にするプロジェクト単位でのサンドボックスも創設します。


古川裕倫

追い込まれた部下は萎縮します。仕事のモチベーションも下がるため、マイナスでしかありません。叱るときは逃げ道が必要。「こういった失敗は誰にでもある」「じつは俺もよくミスをした」といった言葉に救われ、部下の心は軽くなります。「今度、一緒にメシでも行こうか」というのもいいでしょう。


川村隆

稼ぐ力を欧米並みに引き上げる突破口は、イノベーションにほかなりません。今の日本企業に必要なのは、それを起こす精神です。日本でもユニクロやユーグレナなどの創業家企業にはそのマインドがある。ベンチャーを買収して取り込んで、社内を奮い立たせることがあってもいい。


風間八宏

どんな状況でも、どうすれば自分の武器を出せるのかを考える。人とは違うやり方でいい。絶対に揺らがないものがひとつできれば、そこから一気に見えるものが増える。


おちまさと

会議で議論が堂々巡りをしはじめたら、「そういえばサザンの新しいアルバムさ……」のような、全然違う話をします。そうすると、これまでの回路とは全然違うところにつながるので、突然新しいアイデアが出始めることなんてことは、よくあります。それから、なんといっても笑いですね。会議室の淀んだ空気を一気に浄化するのに、笑ほど格好の道具はありません。空気づくりが自由自在にできるようになったら、その人は会議の達人の域に近づいたということです。


佐々木かをり

時間管理の目的は自分をハッピーにすること。


岡崎富夢

目標を失って会社を辞めようと思ったとき、上司に「辞めて何かしたいのか」と言われまして。辞めてからやりたいことが明確で、かつ、この会社ではできずにほかの会社でできるのだったら拍手をして送り出すが、現状が不満で辞めたいだけなら、どこの会社に行ってもまた辞めるぞと。


関文彦

高級家具を扱う同業他社は、当然のごとく、数が出る40万円のテーブルに力を入れているが、ここは高級家具分野では激戦ゾーンで、労多くして実り少ない。それに対し、4000万円のテーブルは競合もなく、独壇場になる。