名言DB

9419 人 / 110788 名言

今森光彦の名言

twitter Facebook はてブ

今森光彦のプロフィール

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

今森光彦の名言 一覧

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。


趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


今森光彦の経歴・略歴

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

他の記事も読んでみる

小寺圭

私の若いころは、いわばモーレツ社員の時代で、段階的にキャリアアップをするという発想はなかったですね。そうしたことを考える暇もなく、仕事に追われる毎日で、それに応えるだけで精一杯でした。会社から要求される仕事のレベルも高く、上司も非常に厳しかった。それこそ、いまならパワハラになるようなことも日常茶飯事でした。


和田秀樹

パワースポットに行ったからといって、劇的に仕事の成果が上がったり、人生が好転したりすることはないでしょう。大事なのは、そこに行くことによって気持ちがポジティブになれるかどうかということです。


山田淳

限りある人生のなかで、成果を残すために大切なのは、手段と目的を取り違えないこと。私にとって登山家からマッキンゼーヘの転身も、そして起業も、夢を実現するために逆算して選び取った手段だったわけですから。


中村克己(経営者)

私はエンジニアたちに言うんです。「会社の経営の90%は論理的で分析的な仕事の進め方。君たちは経営者になる上で有意義な経験をしているんだよ」と。残り10%は人を動かす力量です。


川村隆

OJTでカバーできる範囲は限定的です。視野が狭い。だからやばり最後は本を読まないとだめなんですよ。読書で知識を得て、それをベースに自分で考える。


太田英晴

海外で日本酒が評価されるのはうれしいですね。日本では好きなワインの銘柄やシャトー名を挙げられる人がたくさんいますが、海外で好きな日本酒の銘柄や蔵の名前を挙げられる人はまだ少ない。日本酒がブランドとして評価をされ、敬意を持って語られる存在になるよう、業界全体で努力していかなければと思っています。


林恵子(経営者)

一人ひとりが商人として、損益を計算できるようにする。


遠藤保仁

サッカー観は選手によって違います。それに、同じピッチの上に立っていても、選手によって見える景色が違っています。そこからズレが生じて、勝負を左右する致命傷になる。そんなことがよくあります。たとえば僕が「ここならボールが通る」というポイントを見つけて、パスを出すとします。そのとき、ボールを受ける側の選手に見えている景色が僕と違っていると、そこにパスが来ることを予想できず、どんなに良いパスを出したとしても、ボールがつながりません。


北尾吉孝

最近は、割り勘にするケースも増えているようですが、やっぱり上司が払うべきだと思いますよ。人としてもっとも恥ずべきことの1つは「吝嗇」。いわゆる「お金にセコイ」ことです。「一宿一飯の恩義を忘れない」と言いますが、自分のお金でご馳走し、部下の話を聞く上司には、自然と部下はついてくるようになります。お金をキレイに使うことで、人徳を積む訓練になるのです。


乘京正弘(乗京正弘)

我々の会社は現場でいいものをつくり、お客様に納めることで対価をいただいて成り立っています。ですから現場を大切にすることが最も大事なことだと考えています。