名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今森光彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今森光彦のプロフィール

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

今森光彦の名言 一覧

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。


趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


今森光彦の経歴・略歴

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

伸びる人とは、自分で自分をかき立てるエンジンを持っている人。自主的に、自分で自分を奮起させる力や精神構造を持っている人。


宇佐美進典

業績がよくならないとき、ついコスト削減に走りがちです。当社でも何度かやったことがあるのですが、中でも社員に一番インパクトを与えたコスト削減策は「自動販売機の有料化」でした。実際コストは月30万円程度なんですが、「ここまでするなんて本当に会社が危ないのでは」と必要以上に社員の不安をあおってしまったんです。私としては正直「こんなことで?」と思いましたが、食べ物ってダイレクトに感じてしまいますから、モチベーションに直結したようです。


大山健太郎

生活者の視点に立てば、ニーズはいくらでも掘り起こせる。


三木雄信

数値化すれば、優先順位が明確になる。会社のリソースが限られる中、「最大の成果を出すには、何にどれだけ投資するか」を決めるには、数字の裏づけが不可欠。


田中雅子(経営学者)

理念は、社内では、判断の基準となったり、一人ひとりのベクトルを統合する役割を果たしたりしますが、それだけに留まらず、自社の存在意義の明示やステークホルダーへの配慮というように、社外に向けて機能することも肝要です。


高篠静雄

ビデオカメラ事業部を任されたとき、現場に無理難題を与えました。それまでオーディオ分野を歩んできたので、ビデオのことは分からない。現場と議論しても理屈ではかないません。ですから、もう屁理屈です。私が「もっと小型化しろ」と言っても、技術者は「オーディオと違ってもう隙間がない」と反発します。そこで「水を張ったバケツに入れても、空気の泡は出てこないのだな」と明るく脅しました。本当にバケツに入れたわけではありませんよ。しかし、そのおかげで現場は目標をクリアする小型化を実現してきました。


河合隼雄

真に理解するということは、こちらの命をかけて向き合わぬと出来ない。自分の根っこをぐらつかせずに、他人を理解しようとするのは甘すぎる。


大林伸安

名刺を管理するとき名前や社名で整理する方が多いと思いますが、私はその方の持っている情報や得意分野といった、知識やスキルで整理するようにしているんです。アイデアをまとめるときはこの方、業界の最新情報を知りたいときはこの方、といったように分けることで、いざその方の力が必要になったとき、すぐに名刺が見つかります。


岩瀬大輔

最初は「安いのでうちの保険に入って下さい」と一生懸命言っていましたが、なかなか受け入られませんでした。しかし苦労話や私と出口との出会いやどのような想いで始めたかを語り始めると、加入者が増えていきました。どんなに安いと言われても心は動かないけれど、物語を語ることで消費者の注目が変わると気付きました。


稲盛和夫

利益を最大に、経費を最小に。経営とは簡単なことだ。売上を最大限に増やし、経費を最小限に抑えることによって、利益を最大にするという、最もシンプルな原則に基づいて事業を経営することだ。企業経営には、権謀術数が不可欠だと感じている人が多いかもしれないが、そういうものは一切必要ない。今日一日を一生懸命に生きさえすれば、未来は開けてくる。


田中良和(GREE)

自分たちができる以上のことをやろうとすれば、当然、ゆがみが生じてしまう。


出口治明

成功体験を持っている人にそれを捨てろと言っても、なかなか捨てられない。今の日本のしんどさの原因は、「成功が失敗の母」になってしまっているからだと思います。