名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

今森光彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今森光彦のプロフィール

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

今森光彦の名言 一覧

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。


趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


今森光彦の経歴・略歴

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

他の記事も読んでみる

石川善樹

嫌いな人に対しては、思いやりを持ちましょう。「この人も家族や会社のために働いている。自分と同じように幸せを求めているだけだ」と心の中で唱える。すると不思議と苛立ちが和らぎ、心も乱れなくなる。


白川敬裕

他人のやり方が自分にもそのまま当てはまるとは限りません。私の場合も予備校のモデルプランをそのまま使うのではなく、自分流にカスタマイズした行程表に変えました。いまなら、インターネット上に公開されている合格体験記なども参考になると思います。合わなければやめて、別のやり方を試すというのを繰り返しながら、早く自分に最適なやり方を構築することです。


友田雅己

私は日本企業のリスクとして最近気になっていることがあります。それは経営トップの在任期間が短すぎることです。創業家が経営を支配している場合は逆に長すぎるリスクもありますが、サラリーマン経営者の場合は4年程度でどんどん変わってしまいます。長期的な視点に立って経営するのが難しくなっている印象が拭えません。


アリストテレス

劣る者は匹敵する者たらんとして反抗し、匹敵する者は優れた者たらんとして反抗せん。これは改革を引き起こす心の状態なり。


大屋晋三

私の家がもし貧乏でなく裕福で、志望通りの学校に入り、進んで官吏となり、さらに良家の子女を妻とした場合を考えると、私という人間はかえってつまらぬ人間になっていたのではないかと思う。
【覚書き|ここでの妻とは学生時代に結婚した女性のこと。年上で子持ちだったことから親類から結婚を反対された。その後、若くして病気で亡くなった】


岩崎日出俊

プロの機関投資家や投資銀行でも、実は1人が担当している範囲はせいぜい4~5社で、手分けをしています。そこから考えれば、本業の空き時間に投資をしている人には2~3社が限界。ムリに分散投資をする必要はありません。


朝比奈一郎

青山社中のリーダー塾では、吉田松陰の「松下村塾」みたいなものを思い描いています。大事にしているのは、自分のような比較的若い講師が教えるということ。一人の講師が教える、というのも大事なポイント。多くの大学では、キラ星のように著名な講師陣が代わる代わる教える特別クラスが設置されていますが、そういう網羅性だけでは火がついたようにはなりません。吉田松陰も一人で教えていました。彼の専門は兵学だが、敵が攻めてきたときの陣形について教えていたわけではないんです。彼なりに学んだ陽明学などを、彼の言葉で語ったからこそ、弟子たちに深く伝わったのでしょう。


戸田博道

どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。


河野章宏

「アルバムが売れないから、ダウンロードで曲を売ればいい」って、みんなビジネスを小手先でしか考えてなくて。もっと根本から考えていかないと。僕らは、ダウンロードが主流になってきても、あんまりそこに力を入れてないんですよ。単に売り上げを増やすためのツールでしかないですから。


森山徹

いま、自分の子供を見ていても、勢いよく走って「なぜそんなところに」という場所に頭をぶつけたりすることがあります。これは、心が発達の途中で、自分が思い描いている世界と、現実の世界のギャップが大きいからではないかと。つまり、自分の行動をコントロールし、世界と折り合いをつけることが、心の発達と考えています。


鈴木修

僕は本社工場にものすごくこだわりがある。製造業である限り、モノつくりで生きていこうとする限り、経営の方針を決める本社は現場から離れてはいけないという信念があるからです。


川島永嗣

体験するって大事だと思うんです。外国人と交流する場に参加したり、海外を旅したりする実体験が、英語を話せればいいなという漠然とした思いから、「話したい」「いろんな文化や考え方を知りたい」という強い欲求に変わるんだ思います。