名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今森光彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今森光彦のプロフィール

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

今森光彦の名言 一覧

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。


趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


今森光彦の経歴・略歴

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

他の記事も読んでみる

小林庄一郎

スパルタ教育で知られる旅順高校の合宿生活で学んだものの中で、後年私に一番役立ったことは、集団生活での互いの助け合いと、忍耐心を養ったことです。一人っ子でわがままいっぱいに育ってきた私が、合宿生活では他人の歯ブラシを使ったり、終わり湯の汚れた風呂にも平気で入れるようになったのは、集団生活の中では個人のわがままは全く通用しないことを悟ったからです。関西電力で労務担当として組合との折衝に当たった時など、この時代に身についた忍耐心が大いに役立ったものです。


豊島逸夫

有事の金は売りです。プロは今、さんざん買ってきた金をいつ売ろうかと模索している。そんな時に「有事の金」だからと、煽られて(買いに)出ていくのはほんとにいいカモ。最悪です。


山崎種二

競馬の場合、14%は競馬場に、11%は政府に取られ、残り75%が当たった者に返ってくる。相場の社会では、売と買と2つのうち1つでも当たりにくいのに、二対一どころか、競馬は何十対一というような勝負に勝つことは、どうしても算盤に出てこないというのが私の考え方である。また、鉱山は表面に出ているものではなく、地下のものを探し出すのだから、私などにはわかりにくい。


和田秀樹

自分を活かすためには、努力が必要。そして、努力を続けるには、目標を設定したほうが伸びる。


松原泰道

父は学はありませんでしたが、体験から得た教えを授けてくれました。忍耐はただ辛抱や歯を食いしばるということではなく、忍の字は刀の中に点を打つ。これは若いうちに鍛えておかなくてはならないということを。


山内孝

反骨といったら怒られるでしょうが、世の中がEV(電気自動車)やHV(ハイブリッド車)に動くなら、我々は独自にできることがあるはず。そう考えるのがマツダのDNAです。だからGMやクライスラーが潰れる時代でも、この中規模の会社がなんとか頑張ってこれたのです。


村西とおる

「報われない努力がある」というが嘘だ。努力は必ず自分の血となり肉となり骨となって返ってくる。


三品和広

経営の変革は体力・精神力共に寿命を縮めながらやる覚悟が必要。それを成し遂げた後に果実を得られる期間が長い方がモチベーションが上がる。米国では変革が必要な時は40代の経営者を選ぶことが多い。


湯浅智之

小売流通業は長らく、ITを独自の強みなるものとは捉えてきませんでした。そのためこれに関わることは片っ端から外注してしまい、結果、仕組み自体に柔軟性がなく、高コストな体質になってしまっています。これを今の時代に合わせて作り変えるのであれば、今までのやり方を抜本的に切り替えなければなりません。アウトソーシングからインソーシングに思考を変える必要があります。これは自分達でプログラミングからすべて行うという意味ではなく、内部でコントロールしやすい仕組みに作り変えるということです。


堀之内九一郎

よく、「上司がイヤなヤツだから、やる気が出ない」とかいっているサラリーマンがいますが、目的が明確なら、そんなことは気になりませんよ。評価や出世のためなら、イヤな上司とうまくつき合うなんて、お安いご用。イヤな上司のせいで、家が建たなくなるほうが、よほど愚かでしょ。要するに目的意識の強さの問題。


田島弓子

一枚の紙に書き出せば、仕事の全体像をひと目で把握できる。


上島竜兵

やっぱり後輩でも上に立ったら、それなりの才能があることを素直に認めなければ何も始まりません。