今森光彦の名言

今森光彦のプロフィール

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

今森光彦の名言 一覧

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。


趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


今森光彦の経歴・略歴

今森光彦、いまもり・みつひこ。日本の写真家。滋賀県出身。大学卒業後、独学で写真技術を学びフリーランスのカメラマンとなる。主に琵琶湖を中心に自然と人間とのかかわりをテーマに写真を撮り続ける。とくに昆虫の写真を得意とし、高い評価を得た。主な受賞に、アニマ賞、東川賞新人作家賞、滋賀県文化奨励賞、日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、木村伊兵衛写真賞、大津市文化特別賞、秀明文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞、土門拳賞、エクソンモービル児童文化賞ほか。

他の記事も読んでみる

木村讓二(木村譲二)

ハードよりソフトの提案ができる会社になりたいですね。例えば、病院の建設であれば、今後の病院経営のあり方や国、厚生労働省の政策を踏まえた提案を、物流工場であれば、食品安全性が向上する提案など、さらに踏み込んだ提案が必要だと考えています。


久保華図八

社員から、「もっと勉強したい」と要望が出たのなら、経営者はそれを実現するべきです。バグジーでは、入社1年目に1000時間という、業界平均の5倍近い研修時間を設けています。もちろん研修を行うのはすべて営業時間内です。


岩沙弘道

社内には、歴史から学んで未来に生かせる人が欠かせない。この資質を有し、かつ、時代の変化をしっかり見極め、将来ビジョンを実行できる人に後を託したいと考え、それを最も的確に有する人物は誰かという観点から社長を選びました。


酒井健二(経営者)

リーマンショックが世界経済に激震を起こしていた年、私は日本ペイント社長に就任した。私はむしろチャンスだと思った。厳しい環境で社員みんなが危機感に包まれている時だからこそ、改革に取り組みやすいと。


築山節

何度もやったことがある仕事なら考えなくてもできます。だいたい1万時間も仕事をすれば一人前にはなります。ただ、それはサッカーで言えば試合に出られる選手になったというだけのことで、ゴールを決められるかはまた別の問題です。


平野岳史

なるべくリスクが少ない形で起業したいと思っていましたから、思う存分チャレンジするために一番いい年齢は25歳くらいじゃないかな、と考えて決めたんです。


宮内大介

世界で活躍するには、何よりも自分の価値観をしっかり持つ必要がある。経験に裏打ちされた感性が優れているかどうか、ということ。


俣野成敏

ルールを厳格に守ろうとすると苦しくなるもの。何が身体に良いか悪いかがわかっていれば、時々原則を外れてもすぐ再調整できます。


金指潔

経営計画を策定しても、それをきちんと推進していくためには企業の風土が大事。


永守重信

グローバルとは、単に外国語ができることとは違います。食事一つとっても、外国人に対応した食事がすべて揃っていなければ、グローバルとはいえません。宗教的に牛肉や豚肉が食べられない人だっているわけですから。つまり、システムそのものがグローバルであるのが、本当のグローバル企業です。


森永卓郎

これまで、個人のスケジュールやアイデアというものは、個人が持つ手帳やノート、頭のなかに留められることがほとんど。ところが、ウェブにつながった手帳アプリが普及することで業務効率は飛躍的に向上して、思いつきを共有すれば、新しいアイデアや商品が生まれる可能性も高いでしょう。


生瀬勝久

自分に必要なものを判断できないまま、漠然と目標を立てて、届かない、実現できないと混乱する人がいます。そもそも実力がなかったら目標を立てたらダメ。まず自分がどれだけの実力なのかを知る。そこから目標に対して、どんな努力が必要かを考える。


斎藤敏一

常にやりたいことを意識していれば、チャンスをタイミングよく捕まえることができる。


森川亮

どんな働き方をするにしろ、人生の最期に幸せだったと思いたいものです。幸せのバロメーターは、死ぬ瞬間に後悔しないかどうかだと思います。仕事で大きな結果を出せなくても、出世できなくても、自分がコミットしたコミュニティーに何らかの貢献をし、それがコミュニティーの人たちから喜ばれるような生き方が望ましい。会社にも家庭にも社会にも貢献せず、自分一人で好きなことをして孤独に死ぬというのは、あまり幸せではなさそうです。自分が関わったコミュニティーの人たちを笑顔にできれば、幸せになれるでしょう。皆さんと周囲の人たちが幸福になることを願っています。


犬伏泰夫

90年代にはデフレの影響もあって鉄鋼会社は人、設備、債務の3つの過剰を抱える構造不況の代表業種とされました。しかしその間、各社は自分たちの強みを生かすため、事業の選択と集中を進めてきました。これらの過程では大変な痛みを伴いましたが、そのプロセスが終わりかけたころ、鉄鋼の世界的な需要が拡大するという追い風が吹きました。


ページの先頭へ