名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今村暁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今村暁のプロフィール

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

今村暁の名言 一覧

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


「いま使ってる?使ってない?」と自分の心に問いかけること。使っていないものを捨てていけば、使っている現在のものだけが残ります。捨てられない人というのは、自分への質問を「これは高かった?高くなかった?」「まだ使える?使えない?」と無意識のうちにすり替えて、せっかくの捨てる機会を逃していますから気を付けてください。高かったものでも、まだ使えるものでも、いま使っていなければゴミと一緒です。


「初動にかけろ理論」と私は呼んでいますが、初動がうまく行けば大抵のことはうまく行きます。掃除も例外ではありません。掃除をする時間帯は、朝がおすすめです。夜は、残業や飲み会が入ると調整が難しいですから。朝起きてすぐ掃除すれば、眠気も吹き飛んでさわやかな気分になれるという相乗効果もあります。掃除=快感ということに気付くと、もっと掃除をしたいと思うようになります。


掃除は最初から「毎日30分やろう」なんて考えないこと。そもそも習慣が身につかないのは、目標が高すぎることが原因のひとつです。最初は「10秒掃除」で十分です。どんなに忙しい人でも10秒ならできるはず。それを毎日続けるだけ。やり始めたら、5分、10分、30分とついやってしまう人がほとんどです。


無駄遣いをしない、毎日勉強する、人にやさしくする、……。身に付けたい習慣はいろいろあるのに、なかなかうまく行かない人も多いですよね。でも、掃除の習慣さえ手に入れれば、同時にほかの習慣も手に入れることができるというのが私の持論です。これまでたくさんの方に「習慣教育」を行ってきましたが、掃除の習慣を手に入れた人の大多数は、ほかの習慣を手に入れることにも成功しているという実績もあります。


これから習慣にしたいことを周囲に宣言するのも、三日坊主を防ぐコツ。「途中でやめたらカッコ悪い」という意識が働くようになる。今なら、フェイスブックなどのSNSで宣言すると良いでしょう。行動記録をアップすれば「いいね!」がもらえ、モチベーションの源になるかもしれません。


日記をつける目的は、できることをやり続けて自分をレベルアップさせること。目標達成のための努力というと、我慢強さや気合いで取り組むものだと考える人もいますが、そうではありません。


未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


時間は誰にでも平等にあるし、忙しくても続けられる人は続けられるんです。「時間がない」は自分自身への免罪符。この言い訳を使っている人は、続かない本当の原因を自覚することなく、同じ失敗を何度も繰り返してしまうわけです。


学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。


目が覚めてからウトウトしている時は、脳が潜在意識に働きかけています。そこで「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」といったネガティブなことを考えると、その日1日の行動パターンもマイナス思考になる。逆に、プラスイメージの情報を脳にインプットしたり、あるいは気分がいいと感じる動作や行為をすることで、1日をポジティブに生きるクセがつくんです。


今村暁の経歴・略歴

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

他の記事も読んでみる

安田佳生

人間は質問されて考える動物です。そのためのトレーニングとして、学校では様々な質問を受け、考えて答える練習をします。しかし、社会に出ると、重要なポイントを教えてくれる学校の先生はもういません。そこで重要になってくるのは、自分が自分にどういう質問をするかです。たとえば、仕事ができるようになるためにはどうすればいいのか、真剣に考える価値はあります。


林野宏

人がいない、カネがない、ノウハウがない、ということが新しいものを生み出す。


町田勝彦

海外事業本部長時代に海外を出張で回った際に、ソニーブランドの凄さを見せつけられていた。そしてソニーブランドが教えてくれたのは、いったん強いブランドを確立すればなかなか崩れないということだった。極論すれば商品はブランドを高めるための道具であって、道具はやがて世代交代するが、ブランドはいつまでも財産として残り続ける。


廣内武

休日は取引先とのゴルフです。でも頭は仕事から離れてプレーを楽しみます。


藤井隆太

オーケストラは総勢100名にもなりますが、実はその根幹となる組織があります。バイオリン2本とビオラ、チェロによるカルテット。いわゆる弦楽四重奏です。世界的な指揮者・小澤征爾さんなどはよく、オーケストラの原点ということで演奏会の冒頭にこの4名だけで演奏させます。彼らは徹底的に鍛えられていますから、4人だけでも素晴らしい演奏になる。聴衆も大いに喜ぶ。すると、ほかのオーケストラメンバーたちは焦ります。「4人だけでこんないい演奏ができるなら、俺たちは必要ないのか?」と。それでいいはずがないと、ほかのメンバーも努力する。こうして全体の意識が高まり、より優れた音楽を奏でることができる。これはビジネスにも応用できます。


遠藤功

現在のように不確実性の高い時代には、会社の指示が正しいとは限りません。現場の一人ひとりが、ミッション達成のためにすべきことを、変化する環境に柔軟に対応しながら判断しなければ、成果が出せない。


出口治明

長所を伸ばし短所を直すことは、トレードオフの関係です。短所を直すと、長所も削られて丸くなる。つまり、同様なメンバーばかりになり、環境変化に対応できなくなるのです。


鈴木喬(経営者)

聖域なき改革はいい加減に、荒っぽくやらないといけない。精緻に難しく考えていては、ひとつも削れません。捨てなければ会社じたいが重たくなっちゃって、一歩も前に進めないんですわ。


岩沙弘道

お客様の信頼を獲得し、新たな不動産の価値創造、都市再生に役立つ街づくりを行っていくには、我々自身が常に企業品質を高めていかなければなりません。そのためには、まず社員一人一人が、自社が担っているミッションや社会における商品価値に対し、誇りを持つことが重要です。


柏木斉

学ぶ力は年齢に関係ありません。かつて大きな成功を収めても、新しいことを学び続ける謙虚さがなくなった人は、変化についていけなくなるでしょう。


大前研一

すでに崩壊した成長神話の残滓にすがっている限り、日本人は苦しみ続けることだろう。背伸びしても昇進と昇給で追いついてくる、という甘い発想からいかに早く「身の丈に合った」生き方、ライフスタイルに切り替えるかが問われている。


糸井重里

「ほぼ日刊イトイ新聞」は「酔狂なコピーライターがやっている遊び」と見られがちですが、この先もずっと企業として社会の中で存続していきたい。だから客観的に自分たちの個性を評価してくれるところを探していました。
【覚書き|ポーター賞に応募した理由について語った言葉】