名言DB

9490 人 / 112001 名言

今村暁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今村暁のプロフィール

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

今村暁の名言 一覧

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


「いま使ってる?使ってない?」と自分の心に問いかけること。使っていないものを捨てていけば、使っている現在のものだけが残ります。捨てられない人というのは、自分への質問を「これは高かった?高くなかった?」「まだ使える?使えない?」と無意識のうちにすり替えて、せっかくの捨てる機会を逃していますから気を付けてください。高かったものでも、まだ使えるものでも、いま使っていなければゴミと一緒です。


「初動にかけろ理論」と私は呼んでいますが、初動がうまく行けば大抵のことはうまく行きます。掃除も例外ではありません。掃除をする時間帯は、朝がおすすめです。夜は、残業や飲み会が入ると調整が難しいですから。朝起きてすぐ掃除すれば、眠気も吹き飛んでさわやかな気分になれるという相乗効果もあります。掃除=快感ということに気付くと、もっと掃除をしたいと思うようになります。


掃除は最初から「毎日30分やろう」なんて考えないこと。そもそも習慣が身につかないのは、目標が高すぎることが原因のひとつです。最初は「10秒掃除」で十分です。どんなに忙しい人でも10秒ならできるはず。それを毎日続けるだけ。やり始めたら、5分、10分、30分とついやってしまう人がほとんどです。


無駄遣いをしない、毎日勉強する、人にやさしくする、……。身に付けたい習慣はいろいろあるのに、なかなかうまく行かない人も多いですよね。でも、掃除の習慣さえ手に入れれば、同時にほかの習慣も手に入れることができるというのが私の持論です。これまでたくさんの方に「習慣教育」を行ってきましたが、掃除の習慣を手に入れた人の大多数は、ほかの習慣を手に入れることにも成功しているという実績もあります。


これから習慣にしたいことを周囲に宣言するのも、三日坊主を防ぐコツ。「途中でやめたらカッコ悪い」という意識が働くようになる。今なら、フェイスブックなどのSNSで宣言すると良いでしょう。行動記録をアップすれば「いいね!」がもらえ、モチベーションの源になるかもしれません。


日記をつける目的は、できることをやり続けて自分をレベルアップさせること。目標達成のための努力というと、我慢強さや気合いで取り組むものだと考える人もいますが、そうではありません。


未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


時間は誰にでも平等にあるし、忙しくても続けられる人は続けられるんです。「時間がない」は自分自身への免罪符。この言い訳を使っている人は、続かない本当の原因を自覚することなく、同じ失敗を何度も繰り返してしまうわけです。


学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。


目が覚めてからウトウトしている時は、脳が潜在意識に働きかけています。そこで「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」といったネガティブなことを考えると、その日1日の行動パターンもマイナス思考になる。逆に、プラスイメージの情報を脳にインプットしたり、あるいは気分がいいと感じる動作や行為をすることで、1日をポジティブに生きるクセがつくんです。


今村暁の経歴・略歴

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

他の記事も読んでみる

アレン・マイナー

壁にぶつかった時に乗り越えるには、自分たちの持っているビジョンに対する情熱で乗り越えるしかない。


柳澤大輔

「面白法人」というコンセプトが社内に浸透するように、給料日前に全社員がサイコロを振り、「基本給×(サイコロの出目)%」が、給与に足される「サイコロ給」や、ウソをつくのも才能の一つと考え、4月1日限定でウソのエントリーシートで本当に書類選考を行う「エイプリルフール採用」など、他社にはない制度も数多くつくってきました。このような制度がその目的を達成できないこともあります。その意味ではムダなことかもしれません。しかし、たとえ失敗しても他社が行わないことを行ったという事実は残り、それによって面白法人としての価値が蓄積されていくのです。


宮田昇始

現在、既に7千社に導入していただいています。「SmartHR」を始めた当初は10人未満の企業のニーズが中心になると見込んでいたのですが、蓋を開けてみると50人前後の会社からの引き合いが想定外に多く、現在は規模が大きくなり1万人規模の企業にも導入されています。当初からIT業界の比率が最も高いのですが、現在は医療法人や新聞社、神社仏閣、農園などの業種での導入も増えています。


渡辺昭彦(経営者)

重要なのはコミュニケーション。M&Aを進めて新たにグループに加わった会社は、旧来のJP(ジャパン・パルプ&ペーパー)という呼称ではしっくりこないというところも出ています。そこでグループブランドとして「OVOL(オヴォール)」を導入し、新たなステージに向けて踏み出すことにしました。グループブランド導入に当たっては、新しいブランドロゴを採用すると同時に、グループ企業理念を策定し「誠実・公正・調和」という大切にすべき価値観を明文化するとともに、グループとしての使命、そして変革、挑戦、創造という私たちが積極的に実践すべきことを明確にしました。


藤重貞慶

人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】


キングスレイ・ウォード

やられた分だけやってやれば、傷ついた自尊心がおさまるとでも思うのだろうか。しかし、この時点で君は損をしている。大損を。


松下幸之助

私は社員に、私の会社は人をつくる会社であって、電器製品は人の次につくるものだと言っているんです。人をつくるのが本業で、電器製品をつくるのは副業やと。


泉谷しげる

俺はプロとして音楽をやっている。最初はモテたくて始めたけど、やっているうちに乗り越えなきゃならない壁が出てきた。遊びで続けるのか、プロを目指すのか。そこはやっぱり真剣にならないと、一定のレベルを越えられない。


南部靖之

母も、私の価値観を形づくった重要な一人です。小さいころ、私はよく外で絵を描いていました。絵が好きな友だちと一緒に描いていたのですが、友だちは家に帰るなり「こんな遅くまで何をしていたんだ」と親に怒られたそうです。「また、南部君と一緒か!」と(笑)。でも、南部家は違いました。母は、私の絵を1枚10円で買ってくれたのです。そしてこう言いました。「算数で100点をとるのも、100メートル走で一番になるのも、絵で一番になるのも、すべて同じ才能だ」と。つまり勉強で一番になることが人間の価値ではなく、その価値の考え方は多様なのだと教えてくれたのです。だから私は勉強ができる者、スポーツができる者、両方の友だちがいました。私はもらったお金で新しい絵の具を買いました。そして「絵だけはだれにも負けない」という自信をつけました。


ロバート・アレン

物事を先延ばしにすることは、成功するために必要不可欠な要素です。そんなことをするのは敗北者だけだと思われるかもしれません。しかし実際のところ、大成功している人たちは先延ばしの達人でもあるのです。ナポレオンは一か月に一度しか手紙の封を切らなかったそうです。一か月後まで依然として重要な案件なら即座に対応し、一か月して重要でなくなった案件なら無視すればいいからです。重要な少数の仕事をいますぐやり、些細な多数の仕事は後回しにする。


藤原智美

消防士が登場する小説を書くためにインタビューをするとします。そのとき、「なぜ消防士になろうと思ったのか」といった内面的な話は聞きません。そうではなく、消防服を着たときはどのような感じがするのか、ホースの重さはどうかといったディティールに徹底的にこだわります。事例やエピソードは、具体的に書くほどリアリティが出て、読み手に響くのです。


角田太郎(経営者)

SNSもマーケティングもしない。音楽離れが叫ばれているなか、それでも開店前からお客さんが並んでくれる。メディアが変わるだけで音楽はまだ売れるんです。僕は本気で、カセットから音楽業界を再生するつもりですよ。