名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今村暁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今村暁のプロフィール

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

今村暁の名言 一覧

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


「いま使ってる?使ってない?」と自分の心に問いかけること。使っていないものを捨てていけば、使っている現在のものだけが残ります。捨てられない人というのは、自分への質問を「これは高かった?高くなかった?」「まだ使える?使えない?」と無意識のうちにすり替えて、せっかくの捨てる機会を逃していますから気を付けてください。高かったものでも、まだ使えるものでも、いま使っていなければゴミと一緒です。


「初動にかけろ理論」と私は呼んでいますが、初動がうまく行けば大抵のことはうまく行きます。掃除も例外ではありません。掃除をする時間帯は、朝がおすすめです。夜は、残業や飲み会が入ると調整が難しいですから。朝起きてすぐ掃除すれば、眠気も吹き飛んでさわやかな気分になれるという相乗効果もあります。掃除=快感ということに気付くと、もっと掃除をしたいと思うようになります。


掃除は最初から「毎日30分やろう」なんて考えないこと。そもそも習慣が身につかないのは、目標が高すぎることが原因のひとつです。最初は「10秒掃除」で十分です。どんなに忙しい人でも10秒ならできるはず。それを毎日続けるだけ。やり始めたら、5分、10分、30分とついやってしまう人がほとんどです。


無駄遣いをしない、毎日勉強する、人にやさしくする、……。身に付けたい習慣はいろいろあるのに、なかなかうまく行かない人も多いですよね。でも、掃除の習慣さえ手に入れれば、同時にほかの習慣も手に入れることができるというのが私の持論です。これまでたくさんの方に「習慣教育」を行ってきましたが、掃除の習慣を手に入れた人の大多数は、ほかの習慣を手に入れることにも成功しているという実績もあります。


これから習慣にしたいことを周囲に宣言するのも、三日坊主を防ぐコツ。「途中でやめたらカッコ悪い」という意識が働くようになる。今なら、フェイスブックなどのSNSで宣言すると良いでしょう。行動記録をアップすれば「いいね!」がもらえ、モチベーションの源になるかもしれません。


日記をつける目的は、できることをやり続けて自分をレベルアップさせること。目標達成のための努力というと、我慢強さや気合いで取り組むものだと考える人もいますが、そうではありません。


未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


時間は誰にでも平等にあるし、忙しくても続けられる人は続けられるんです。「時間がない」は自分自身への免罪符。この言い訳を使っている人は、続かない本当の原因を自覚することなく、同じ失敗を何度も繰り返してしまうわけです。


学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。


目が覚めてからウトウトしている時は、脳が潜在意識に働きかけています。そこで「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」といったネガティブなことを考えると、その日1日の行動パターンもマイナス思考になる。逆に、プラスイメージの情報を脳にインプットしたり、あるいは気分がいいと感じる動作や行為をすることで、1日をポジティブに生きるクセがつくんです。


今村暁の経歴・略歴

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

他の記事も読んでみる

宮沢文彦

物事の本質は世間で「正しい」とされていることの裏側にある。


諸富祥彦

前提として互いの理解と信頼がなければ、いくら叱っても子供に真意は伝わりません。避けられるだけです。叱る以前に、子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する……といった家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです。


中田亨

「便利さと危険性のトレードオフ」なのです。安全性を突き詰めれば不便さが増す。パスワードを複雑にすればするほど安全ですが、そのぶん不便になる。結局、どこまでやるかを自分の価値観と照らし合わせて決める、ということになるのです。


江上治

とてつもなく稼ぐ人たちも、初めから順風満帆だったわけではない。苦闘の時代はお約束のように経験している。


石川康晴

政治的な話になりますが、事業を推進している役職者に案件を持ち込まなければ、ビジネスは実現しにくい。これは、会社組織に属するビジネスパーソンならば、誰もが理解しておくべき仕組みです。自信と勇気があれば、社長に直談判してもいいでしょう。


六角精児

幸運をゲットする目的でやってきたわけではないですけど、種を蒔かなければ芽も出ないとも思う。


弘兼憲史

何もしなければ同業者と編集者だけのつき合いになりかねない。それだけでは視野は広がらない。自分の知らない世界をのぞき、足を踏み入れることなしに、自分の引き出しは決して増えない。


江上治

貯め込まれたお金は、金庫の中でじっとしているわけじゃない。お金が必要だというあらゆる機関、大小の企業、個人に貸し付けられる。むろんダダ(無料)ではなく、利子というものが漏れなく付いてくる。この利子によって、お金は増殖を始める。増殖も、お金の機能として数えることができるが、この機能を享受できるのは、お金を余分に持ち、貯めこんだ者だけだ。


栗木契

いまの日本企業がマーケティングの局面で必要としているのは、いかに行うか(how)の高度化である。そしてそこで重要となるのが、マーケティング・インテリジェンス活動。すなわち市場情報を縮約化し、そのインテリジェンスを組織内に普及する活動である。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

今日では複合的なビジネスを持っていることが助けになる。優れた事業が、苦戦している事業を埋め合わせるからだ。事業の多様化は今日のグローバル経済では真の強みになる。


徳川家康

天下は天下の人の天下にして、我一人の天下とは思うべからず。国もまた、一国の人の国にして、一人の国にあらず。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

職場や仕事の現場を歩きまわり、人とコミュニケーションをとる中で「ここは何かが欠けているかもしれない」といかに気づいていけるかどうか。そうしたあらゆる「隙間」を察知していく完成も、リーダーには不可欠だ。メンバーとなる人の「隙間」を他の人とのコラボレーションでうまく埋めていくのもリーダーの仕事だ。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)