今村暁の名言

今村暁のプロフィール

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

今村暁の名言 一覧

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


「いま使ってる?使ってない?」と自分の心に問いかけること。使っていないものを捨てていけば、使っている現在のものだけが残ります。捨てられない人というのは、自分への質問を「これは高かった?高くなかった?」「まだ使える?使えない?」と無意識のうちにすり替えて、せっかくの捨てる機会を逃していますから気を付けてください。高かったものでも、まだ使えるものでも、いま使っていなければゴミと一緒です。


「初動にかけろ理論」と私は呼んでいますが、初動がうまく行けば大抵のことはうまく行きます。掃除も例外ではありません。掃除をする時間帯は、朝がおすすめです。夜は、残業や飲み会が入ると調整が難しいですから。朝起きてすぐ掃除すれば、眠気も吹き飛んでさわやかな気分になれるという相乗効果もあります。掃除=快感ということに気付くと、もっと掃除をしたいと思うようになります。


掃除は最初から「毎日30分やろう」なんて考えないこと。そもそも習慣が身につかないのは、目標が高すぎることが原因のひとつです。最初は「10秒掃除」で十分です。どんなに忙しい人でも10秒ならできるはず。それを毎日続けるだけ。やり始めたら、5分、10分、30分とついやってしまう人がほとんどです。


無駄遣いをしない、毎日勉強する、人にやさしくする、……。身に付けたい習慣はいろいろあるのに、なかなかうまく行かない人も多いですよね。でも、掃除の習慣さえ手に入れれば、同時にほかの習慣も手に入れることができるというのが私の持論です。これまでたくさんの方に「習慣教育」を行ってきましたが、掃除の習慣を手に入れた人の大多数は、ほかの習慣を手に入れることにも成功しているという実績もあります。


これから習慣にしたいことを周囲に宣言するのも、三日坊主を防ぐコツ。「途中でやめたらカッコ悪い」という意識が働くようになる。今なら、フェイスブックなどのSNSで宣言すると良いでしょう。行動記録をアップすれば「いいね!」がもらえ、モチベーションの源になるかもしれません。


日記をつける目的は、できることをやり続けて自分をレベルアップさせること。目標達成のための努力というと、我慢強さや気合いで取り組むものだと考える人もいますが、そうではありません。


未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


時間は誰にでも平等にあるし、忙しくても続けられる人は続けられるんです。「時間がない」は自分自身への免罪符。この言い訳を使っている人は、続かない本当の原因を自覚することなく、同じ失敗を何度も繰り返してしまうわけです。


学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。


目が覚めてからウトウトしている時は、脳が潜在意識に働きかけています。そこで「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」といったネガティブなことを考えると、その日1日の行動パターンもマイナス思考になる。逆に、プラスイメージの情報を脳にインプットしたり、あるいは気分がいいと感じる動作や行為をすることで、1日をポジティブに生きるクセがつくんです。


今村暁の経歴・略歴

今村暁、いまむら・さとる。日本の人材育成コンサルタント。メンタルリスクマネジメント代表。北海道大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経て独立。良い習慣を育む方法についてビジネスマンや親御さんたちに教えている。主な著書に『3分間日記』『習慣力』『子供の成績を決める習慣教育』など。

他の記事も読んでみる

中原淳

研究の現場でも、僕の研究分野では参加型の研究が増えてきています。研究の受け手になってもらう実務家の方々に参加してもらいながら、知見を生み出し、使ってもらうのです。


中村利江

失敗し、苦労を重ねても、それを乗り越えたら、ひと回り大きな人間に成長できる。


猪瀬直樹

自分の得意とする分野なら、人は積極的に関わってくれる。周りから協力を得られない人は、相手の適性を無視して頼んでいる可能性が大。


尾山基

ブランド戦略で、僕がアッと思ったのはニューバランスです。過去に米国でニューバランスのバスケットシューズを出したんです。けれども、米国人は誰もニューバランスがバスケットシューズのブランドだと思っていなかった。ランニングシューズでしょうと。バスケットはナイキ、アディダスでしょうということで、結局売れなかったんです。これは怖い。アシックスも同じように、ランニングのスペシャリストと刷り込まれてしまうとまずい。


夏野剛

いつも時間に追われている人、とくに若い人に、自分一人で仕事を抱え込んでしまう人が多いですね。解決すべき問題を先延ばしにするよりは、人に尋ねた方がよほどいい。かつての僕もそうでしたが、「自分一人の力で仕上げたい」「詳しい分野をつくって、一目置かれるようになりたい」という意識があるんでしょう。ただ、いつもそんなことをしていたら、間違いなく仕事が溢れます。


菊川剛

社長方針として社内に向けて常々言っているのは「スピード最優先」ということです。あらゆることをスピード最優先で進める。意思決定はもちろんのこと、技術開発、商品開発においてもスピード最優先。他社の新製品を後追いしているようでは話にならない。


一休

極楽は西方(さいほう)のみか 東にも 北道(来た道)さがせ 南(皆身)にあり。
【覚え書き|極楽は西だけではなく東にも北にも南にもある。自らの歩んできた道を振り返り、自分の心の奥底を見つめれば、皆の身の内に極楽がある】


佐藤章(経営者)

マネではないマーケティングをしない限り、本当の発展はなく、つぶし合うだけ。


ロバート・キヨサキ

まず授業料を支払う。お金を失ってばかりいる気分になるかもしれないが、そうやって教育に投資すれば、最後には勝てるようになる。


唐池恒二

トップが夢を語り、それを全員で共有する。「夢見る力」で目標へと向かうことで、エネルギーが湧き上がってくる。


山本良一(経営者)

私はずっと「新百貨店モデル」と言い続けてきたんですが、例えば、当社では大丸梅田店に東急ハンズやユニクロ、あるいはポケモンセンターに入ってもらったりして、従来の百貨店には無かった新しい層を呼び込んでいる。そうやって既存の店を活性化していけるかどうかが、今の百貨店に問われているのだと思います。


太田肇

一般に直属の上司は、部下に出すぎた杭が存在することを好まない。トラブルが起きれば自分の責任になるし、部下が過剰に目立てば自分の存在が霞んでしまう。つまり、直属の上司とは利害が衝突するものだと心得ておいたほうがよい。


濱田秀彦

年上部下は、居場所がないと感じていることが多い。若手の指導役など、役割を与えることも有効。


森田敏宏

面倒くさくてなかなか取りかかれない作業でも、実際に作業時間を計ってみると、案外短かったりします。たとえば、経費精算の処理で、「30分くらいかかりそうだなあ。イヤだなあ」と思っても、やってみれば、半分の15分で終わるかもしれません。作業時間を毎回計ることで、心理的時間と物理的時間にギャップがあることがわかり、心理的な認識のほうを変えていけます。すると面倒くさいと感じる作業でも、すぐに取りかかれるようになります。


野地秩嘉

実際に体験した人が増えた後は、「本物」でなければ生き残れない。


ページの先頭へ