名言DB

9419 人 / 110788 名言

今村久美の名言

twitter Facebook はてブ

今村久美のプロフィール

今村久美、いまむら・くみ。日本のNPO代表。高校生のためのキャリア学習を支援するNPOのカタリバの設立者。慶應義塾大学環境情報学部卒業。大学在学中からカタリバの活動を開始。数多くの高校に出向き将来のことを真剣に考える語りの場を提供している。日経ウーマンオブザイヤー、内閣府女性のチャレンジ賞などを受賞。そのほか、文部科学省生涯学習政策局政策課教育復興支援員、明治学院大学非常勤講師、慶応義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師などを務めた。

今村久美の名言 一覧

カタリバは活動を始めてから10年ですが、ビジネスとして成立させる難しさをずっと味わってきました。社会起業家ブームといっても、顧客目線が欠けていれば、立ち行かなくなる。


自分の「思い」と、ただの「思い込み」は大きく違います。それを区別するため、新しいアイデアを思いついた時は、なるべく多くの顧客に会い、意見を聞くことにしています。


経済状況が変わり、安定した就職先が存在しなくなった現在は、いい会社に入ることよりも、社会に出てから遭遇する様々なトラブルをいかに乗り越えられるかが大切です。学校では培えない、そんな底力を育む手助けになりたい。カタリバにはそんな思いも込められています。


今の高校生が無気力だと言われるのには、学校が社会と切り離されていることに大きな原因があるのでは? 自分と近い、でも大人である先輩の話を聞くことで、ちょっと先の自分の姿をイメージすることができます。そして、それによって今日を一生懸命に生きることができるはず。


私は部下に尊敬されていると思ったことはありません。私の経験からいえることは、特定の個人が尊敬を集める組織よりも、スタッフ全員が理念や活動を理解し、志を共有している組織の方が強いということです。


私が被災地での活動に力を注げるのも、ミッションを理解して、志を共にするスタッフが支えてくれているからです。尊敬はされていないと思いますが、スタッフとは信頼関係をしっかり築けていると実感しています。


私たちの活動は自己満足だけでは続きません。職員の中には、教育を学んできた者もいれば、一般企業から転職してきた人もいます。職員の背景が多様だからこそ、「カタリバのミッションは何か」を常に考え、話し合っていかないとサービスのクオリティが落ちてしまいます。


設立当初は、何をやるにも手探りの状態でした。スタッフの数も少なく、全員で話し合いを繰り返しながら、カタリバというNPOが何をすべきかを考え、共有していくことができました。


職場に「ナナメの関係」が築けていれば、直属の上司には話しづらいことも、利害関係の少ない先輩と話すことで、悩みが解決したりします。職場にそんなコミュニティーとしての機能があり、メンバーが互いに成長できるかどうかが、大事になると思います。


学びとは、自分で調べることだと思います。ある意味、先生に教わるよりも、知りたいと思ってネットで検索するほうが価値があるかもしれません。タブレットは検索ツールとして便利なうえ、学習アプリも利用できます。直感的に操作できて、レスポンスが早い。自分に合わせて反復学習できるなど、自習にはとても有効なアイテムですね。


カタリバでやってきたのは、学校という活用できる環境がありながら自分を動機づけできない生徒をサポートすることでした。しかし、女川(宮城県女川町)の生徒は従来の学校や学習塾、自宅での居場所など、環境自体を失ってしまった子供たち。女川向学館はそんな小学校から高校までの子供たちが自由に過ごせる放課後学校として始めたのがコラボ・スクールです。


今村久美の経歴・略歴

今村久美、いまむら・くみ。日本のNPO代表。高校生のためのキャリア学習を支援するNPOのカタリバの設立者。慶應義塾大学環境情報学部卒業。大学在学中からカタリバの活動を開始。数多くの高校に出向き将来のことを真剣に考える語りの場を提供している。日経ウーマンオブザイヤー、内閣府女性のチャレンジ賞などを受賞。そのほか、文部科学省生涯学習政策局政策課教育復興支援員、明治学院大学非常勤講師、慶応義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

平井一夫

まずはマネジメントチームに「私はこう思う」と伝えます。私はいつも、「そうですね、平井さん」という意見は一番聞きたくない、と言っているので、いろんな意見が出てきます。


野坂英吾

なぜ上手く行ったのか、その本質を理解しないで安易に次に進むと、予想もしない大きな失敗をしてしまうことがあります。何か結果が出たということは、必ず理由があります。出来れば一つではなく複数の理由を挙げられることが理想です。その要因を分解していけば、何か再現できるポイントが見つかるかもしれません。再現出来ることが分かれば、それは継続することが可能になりますので、「再現性」と「継続性」は最も意識してきたポイントです。


大串亜由美

仕事を断る際のポイントは、「YESかNOかはっきり回答する」「断るときは、謝り倒さない」「引き受けられない理由と、今日は無理だけど明日ならなどと、代案を添える」。これらの点に気を配れば、相手との関係もスムーズにいくのではないでしょうか。


夏野剛

周りの評価を重要視している会社は少なくないでしょうが、落ち込む周りに合わせると、自分も一緒に落ち込んでしまうだけです。


樋口武男

自分の作った製品を自画自賛して「これは絶対に必要なものだ」と言っても、国民が使ってくれなければ意味がない。国民が使って「良かった」と思ってくれないと、その商品は広がらない。


安部譲二

うちの父親は日本郵船で38年間働いた。兄貴も船会社でサラリーマン生活を全うした。日本の堅気はすごいよな、偉いなと尊敬しているよ。だからこそ定年後は自由に好きなことをやればいいんだ。母ちゃんがうるさく言うなら、追い出せ(笑)。それぐらいの自信を持っていいんだ。


塚越寛

当社の主力商品である寒天はもともと冬の限られた時間の中で農家の副産物として生産されてきたため、天候次第で生産量が激しく増減する典型的な相場商品でした。そこで当社はきれいな海と良質な原料の海藻を求めて世界中の産地を調査した結果、韓国、チリ、インドネシア、モロッコに生産ネットワークを構築し、安定供給を図ってきました。おかげさまで現在、国内の寒天シェアの8割を占めるまでになり、売上の一割を研究開発にあて、寒天の研究、生産技術の確立、新しい商品開発に取り組んでいます。


ハーブ・ケレハー

恐れではなく愛によって結束するとき、会社は強くなる。


南部靖之

パソナグループが掲げる企業理念は「社会の問題点を解決する」というもので、これは創業以来一貫しています。社会には様々な問題があります。私はそれをよく見て、多くの人から悩みを聞いて、ヒントを教えてもらうことで、解決のお手伝いをしてきただけだと思っています。


ジョン・レノン

希望、それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。