名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今村一輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今村一輔のプロフィール

今村一輔、いまむら・かずすけ。日本の経営者。太平洋セメント会長。大分県出身。東京大学経済学部商学科卒業後、小野田セメント(太平洋セメントの源流のひとつ)に入社。取締役などを経て社長に就任。その後、秩父セメント、日本セメントと合併を行い、太平洋セメントの社長を務めた。

今村一輔の名言 一覧

経営の極意は全て人なんです。人に始まって人に終わる。


今村一輔の経歴・略歴

今村一輔、いまむら・かずすけ。日本の経営者。太平洋セメント会長。大分県出身。東京大学経済学部商学科卒業後、小野田セメント(太平洋セメントの源流のひとつ)に入社。取締役などを経て社長に就任。その後、秩父セメント、日本セメントと合併を行い、太平洋セメントの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

植木理恵

部下のモチベーションを高めるポイントは、部下のタイプ別に、指示や仕事の与え方など対応の仕方を変えること。よかれと思って出した指示や指導でも、部下のタイプによっては、モチベーションを高めるどころか、かえってストレスを強めてしまう場合すらあるのです。部下のタイプの見極めは、とても大切。


鳩山玲人

私は普段から人との縁を大事にしています。ビジネスでは何がどうなるかわかりません。前の会社ではお客様だった人が、転職したら自分の部下になったり、逆に自分の部下が転職して取引先のお客様になったりすることもあり得ます。仕事以外の場で出会った人が、思いがけず重要なビジネスパートナーになることもあるでしょう。だからこそ、その人の立場や年齢にかかわらず、つねに相手に敬意を払いながら、人との縁をつなげていくよう心がけています。


元木昌彦

リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


板東英二

自分の居場所というものを見つけることに必死になってきた。野球でもそうやったけど、プロで一生はムリやと思ったら、副業をして備え。肘の痛みで先発はムリとなったら、抑えのピッチャーになり。2回しか投げれんけど、2イニングなら誰にも負けんという居場所を見つけたことで、11年も現役でいられた。芸能界でも同じです。


久米豊(経営者)

お客さん第一を前提に、自由奔放にやらせたことが活性化につながった。


おかざき真里

単純に好きなんです。細かい絵をひたすら描いていくのが。暇さえあればオリジナルの文様やトーンを描いちゃうくらい(笑)。これまでの作品ではデザインバランスを崩しかねないからとセーブしていたものを、『阿・吽』ではむしろ世界観が色濃く出る気がして、思い切って解放してみました。おかげさまでものすごく楽しいです。


齋藤貴(経営者)

お金は幸せな生活を送るための道具で目的ではありません。しかし、年を取るに従って、人生の充実感はお金の有無で大きく変わります。お金の苦労話を笑い話にできるのは若いうちだけです。


近藤宣之

当社はもともと贅沢をしている会社ではないので、コストを削れるのはせいぜい数%ほど。金額にすれば2千万円というところでしょう。でも、その効果には金額以上のものがあります。費用を抑えることで「会社は大変なのだな。頑張るう」という意識が社員に共有され、モチベーションが上がるからです。


サラ・カサノバ

ホスピタリティーに関しては、事細かにオペレーションを指示するマニュアルのような「ルールブック」は作れないが、「トレーニングガイド」であれば作ることができる。人材育成への投資を続け、トレーニングを強化する。


川原秀仁

新時代を「社会先進立国」とすれば、その実現のため、何ができるのかを常に考えています。まずは建設業のバリューチェーンを合理的なものに変えて先進産業に変革するよう努力しますが、それだけではなく日本の産業界全体の改革に貢献したい。


奥田務

どんなに努力しても事態が改善しなかったら、さっさと活躍の舞台を替えてもいい。僕自身もずっと、「あかんかったら辞めてやろう」と心の片隅で思っていました。実際、「この部署ではダメだ」と、人事部に行き、異動を希望した経験もあります。悶々としたままのビジネス人生なんて、つまらないですからね。


野村克也

私は新人時代、契約で入った選手もテスト生もグラウンドでやることは同じ、ならばグラウンド以外でやることが勝敗をわけると考えた。バットだけはよう振ったな。日本一振ったと思ってる。