名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今川聖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今川聖のプロフィール

今川聖、いまがわ・きよし。日本の経営者。ポータルサイト運営会社エキサイトの社長。上智大学外国語学部卒業後、伊藤忠商事に入社。情報産業部門ビジネスソリューション部長などを務めたのち、子会社のエキサイトへ出向。非常勤取締役、取締役副社長などを経て、社長に就任。

今川聖の名言 一覧

部下とのコミュニケーションで心がけていることは「短く伝える」ことです。一度に伝えることは3つまで。短い文章にまとめます。部下からの連絡も同様です。「1ページに収まらない報告書は受け取らない」と言っています。短く伝えることで考えがブレなくなります。即断もできます。


仕事もやってみないと何も生まれません。社長になる前から部下には「死なないと思ったら食べてみろ」と言っています。リスクは大きいかもしれないが、よほどひどい状況でなければ「とにかくやれ」という意味です。


新しいデジタルグッズにはいち早く飛びつくようにしています。使ってみないことには何も語れません。逆に、社員や取引先との話のネタに重宝することが多く、海外の取引先からは「最近、何か面白いものを買いましたか」と商談前に聞かれるほどです。


思いついたアイデアを忘れないように自分宛にメールします。メモメールは多いときは日に20通ほどです。毎朝、必ずこのメモメールに目を通し、終わったものは削除します。こうすると、やるべきことを確実に処理できます。


手元にメモを用意して何か思いつくとすぐに書き留めるのは長年の習慣です。以前は手書きのメモパッドを使っていましたが、2年前からすべてスマートフォンでメモを取るようになりました。とくに寝る前、落ち着いてものごとを考えられることから、様々なアイデアが思い浮かびます。忘れないようにスマホを使って自分宛にメールします。


当社では会議の電子化にも取り組んでいます。毎月1回の取締役会は全員タブレット持参で、紙の資料は一切配りません。用紙やコピー代の節約、準備時間の短縮はもちろん、会議のスピードもアップします。過去の議事録や資料が見たいときは、すぐにサーバーにアクセスして閲覧できるからです。


今川聖の経歴・略歴

今川聖、いまがわ・きよし。日本の経営者。ポータルサイト運営会社エキサイトの社長。上智大学外国語学部卒業後、伊藤忠商事に入社。情報産業部門ビジネスソリューション部長などを務めたのち、子会社のエキサイトへ出向。非常勤取締役、取締役副社長などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

澤口俊之

新聞の社説を批判的に読むのも、複雑なものごとを理解して覚えるという記憶力の向上に効きます。毎日テーマが異なるので知識が増えますし、批判するためには更なる知識を使います。これを日々の習慣にすれば、判断力や決断力など別の能力も磨かれます。


大久保幸夫

一人で解決できないような問題に直面したときに、限られた時間で力になってくれそうな人を探して解決に結びつける能力が、ビジネスの中で求められる場面は非常に多いのです。どちらかというと、これは能力よりも、人とつながっていたいという強い「意欲」によって生み出されるものです。


小林陽太郎

企業のリーダーにはさまざまなタイプの人がいて、彼らとの出会いを通じて「この人は素敵な話し方をしている」とか「あの人のスタッフへの対応の仕方はすばらしい。あのように言われたら話を聞かざるをえない」といった気づきが数多くある。だから若いときから、そういう機会をいろいろなかたちで数多く持ち続けることが重要であり、同時に我々が、若い人たちのために、そういう機会をつくることが非常に大切なのだ。


戸塚隆将

人は自分に興味を持ってくれる相手に自然と好意を抱くもの。初対面の場合でも、最初、途中、最後と、最低3回は相手の名前を口に出し、簡単な質問を投げかけることで興味を示すと関係が深まっていきます。


吉田たかよし

記憶する勉強は、むしろ細切れの時間の方が適しています。たとえば、英単語を暗記する場合、脳は記憶したあと、10分弱の時間をかけて記憶の定着を行います。ですから、60分間ずっと暗記を続けるよりも、「5分間暗記して、しばらく時間を置き、また暗記する」というやり方を12回繰り返す方が、記憶の定着率は高くなるのです。


わたせせいぞう

基本的なマナーはもちろん大事。けれど、目の前の相手に臨機応変に振る舞うことができないといけない。それには相手を好きになることが大切。


黒木英隆

これからの時代は、協力して大きな壁を乗り越えていく時代。


國分文也(国分文也)

現場現場で判断するのは自分自身です。「上司に聞いてきます」では、そのビジネスは終わってしまいます。自分で判断する訓練をしなければ、判断はできないでしょう。


松村誠一(経営者)

語学はまったくできませんでしたが、若かったからまったく不安はありませんでした。行けば行ったで、なんとかなるだろうとおもっていました。
【覚書き|30歳のころ、シンガポールへ海外駐在員第一号として単身で送り出されたときを振り返っての発言】


酒巻久

製品開発では失敗事例にヒントがあるが、経営では成功事例を研究すれば応用できる。経営幹部を育てる場合も、早い段階から目を付けて、いい経験をたくさんさせることが重要。


西浦三郎

みずほ銀行の副頭取からヒューリック社長に転じた。使命は巨額の負債を抱える会社の再生。そこで成長と安全性、生産性を重視した戦略を立てた。今後の人口動態を考えたら分譲マンションを手掛けるリスクは大きい。海外情勢は読みにくいから海外事業はやめようと、「やらない」ことを次々と決めた。


安井豊明

社内での基本的価値観、意識の共有も欠かせません。共有力のベースにあるのは人間関係構築力です。たとえば、戦略や課題を共有しようとしても、顧客の担当者に信頼されなければ、大事な情報が聞けないでしょう。人間同士の良好な関係なしに、成果を生み出すことは困難です。