名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今井雅則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井雅則のプロフィール

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

今井雅則の名言 一覧

追い風が吹いている今だからこそ、ビジョンが必要なんです。


ゼネコンが持つ最大の付加価値は、多くの利害関係者と調整しながら仕事を進めるアッセンブリー能力にあると考えています。


20代、30代、40代、50代の4つのチームを作り、それぞれにビジョンを考えてもらいました。だって、会社に対する思いや考え方、経験が違うでしょう。20代は「あと40年この会社で働くかもしれない」という意識で考えるけれど、50代はどうしたって、定年退職まで、残り10年というスパンで考えがちになる。様々な年代を1つのチームにして考えさせると、いろいろな世代から出た意見をまとめるから、発想が丸まってしまう。だから、年代別に考えさせたんです。


業績が回復してくると、つい大切なことを忘れ、収益よりも売り上げを追いがちになる。ビジョンをつくり、今こそ自分が働く意味、戸田建設グループの存在意義を全社員で確認しなければならなかったんです。


戸田建設の強みは、良心を持った技術者集団だということです。真面目な社員が多い。トップが正しい方向に導きさえすれば、必ず持続的に成果を出せるはずです。


戸田建設は2020年の東京オリンピックの翌年に創立140周年を迎えます。そのときには、ゼネコンの中で生産性の最も高い企業になっていたい。そのために業務プロセスを見直し、経営効率を上げていきます。そして、ゼネコンの中で最も財務体質を強靱なものとし、永続的に社会に貢献できる会社になりたいと思います。


今井雅則の経歴・略歴

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

築山節

脳が冴えるのは1日に2回くらい。1回につき、最大2時間くらいです。いつそのタイミングが来るかは人それぞれなので、自分の脳が冴えている時間帯を把握して、そこで集中して考える仕事をするようにします。


大橋悦夫

「やらなければいけないのはわかっているが、やる気が起きなくて先送りしてしまう」。自分が興味のある仕事や好きな仕事ならいざ知らず、ハ-ドルが高い、あるいはやりたくないと思う仕事については、億劫に感じてしまうのも人情です。私はその原因の一つに、「やり始めたら最後まで終わらせなくてはいけない恐怖」があると思っています。たとえば、駅まで10分の距離なら歩き出せるけれども、42.195m先にしか休憩所がないとなれば、少し水を飲んでからにしようとか、体調を整えてからにしようとか、いろいろな言い訳が邪魔して、なかなか始められません。でも、もっと近くに休憩所があって、まずはそこに行くだけでいいとなれば、気分はずっと楽になります。同じように、大きな仕事も分割すれば、取りかかりやすくなります。原稿執筆の仕事が多い私の場合は、今日はラフを描くところまでにしよう、明日はひととおり原稿を書き上げるようにしよう、といったように、工程ごとに分割するようにしています。


北尾吉孝

中国の古典に「積善の家には必ず余慶あり。積不善の家には必ず余殃(よおう)あり」という言葉があります。「善行を続けていれば余分の恩恵があり、悪行を重ねていれば余分の災いがある」という意味です。「善」を循環させることでチャンスやお金を引き寄せるのです。逆に私利私欲に走る人は、お金も離れていきます。


北嶋實

いくら機械化が進んでいっても、最後の急所というか、人間の手によって作り上げなきゃいけないところがあるんですよ。一口に金属といっても、最初の溶鉱炉でつくったものと、次に溶かしてできたものでは、厳密には違うんです。


吉田忠裕

他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。


中島平太郎

部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。


小山昇

スピード経営をするには、「やらないこと」を決めることが大事。多くの人は、あれもこれもと、頭の中にやりたいことをいっぱい持っています。まあ、持つのは自由です。でも、頭でたくさん考えることはできても、体は一つしかありません。まず「やらないこと」を決める。そして「やる」となったら、徹底的にやる。


石黒浩

重要なのは、ロボットと人間を区別することではなく、うまく組み合わせることです。極論すれば、ロボットと人間の境界はありません。たとえば、人間が臓器をどんどん人工臓器に置き換えていけば、どの時点で人間でなくなるのか。そのうち脳の機能も、部分的にチップで置き換わる可能性があります。もはや生身の身体が人間を定義する要件とはならないのです。実生活でも、コンピューターはすでに我々のライフラインとなっていて、その使用をやめた途端、生活が立ち行かなくなります。ロボットも同じく切り離せない存在となるはずです。


戸塚祥太

「何をしたいか?」それさえ忘れなければ、自分がいる意味がわかってくる。僕がやりたいことは明白だ。踊りたい、歌いたい、芝居がしたい。いいステージにしたい。ならば、プロとして全力で歌い、踊り、演じるだけだ。


池谷裕二

ストレス対処を担当するのは「海馬」という脳の役割です。海馬は恐怖を記憶しますが、慣れることでその恐怖体験の上に「怖くない」という別の記憶を上書きし、そのストレッサ(ストレスをもたらす外的要因)に対する耐性をつくります。その結果、ストレスに打ち勝つことができるようになります。


畑村洋太郎

首都直下や東海、束南海、南海地震の発生が近い将来起こるといわれている。地震学者は、それを予測できるとかできないとか議論しているが、重要なのは覚悟を決めて、きちんと準備をしておくことである。大きな地震が起これば津波が押し寄せてくるのは十分想定できる。そのときはどこかで諦めて逃げるしかない。それが災害の多い日本に暮らす私たちの宿命なのだから、先人の知恵、過去の事例に学ぶべきだ。それをせずに、運が悪かったという一言で片付けるのは、私に言わせれば敵前逃亡のようなもの。


山崎将志

「生き残りをかけて」と社員に語りかける経営者の言葉。これは一見前向きに聞こえるが、生き残りを目標にする時点で、その会社は生き残れない可能性が高い。生き残りをかけるのは社内の問題であって、お客さんにとっては、まったく関係がないからだ。製品作りも同様の思考で行われている可能性が高い。つまり競合品と比較した機能追加、低リスク低予算を主眼に置いた商品作り。どこにもお客さんが欲しいものを作るという発想がない。そういう会社は遅かれ早かれ危機に瀕する。