名言DB

9419 人 / 110788 名言

今井雅則の名言

twitter Facebook はてブ

今井雅則のプロフィール

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

今井雅則の名言 一覧

追い風が吹いている今だからこそ、ビジョンが必要なんです。


ゼネコンが持つ最大の付加価値は、多くの利害関係者と調整しながら仕事を進めるアッセンブリー能力にあると考えています。


20代、30代、40代、50代の4つのチームを作り、それぞれにビジョンを考えてもらいました。だって、会社に対する思いや考え方、経験が違うでしょう。20代は「あと40年この会社で働くかもしれない」という意識で考えるけれど、50代はどうしたって、定年退職まで、残り10年というスパンで考えがちになる。様々な年代を1つのチームにして考えさせると、いろいろな世代から出た意見をまとめるから、発想が丸まってしまう。だから、年代別に考えさせたんです。


業績が回復してくると、つい大切なことを忘れ、収益よりも売り上げを追いがちになる。ビジョンをつくり、今こそ自分が働く意味、戸田建設グループの存在意義を全社員で確認しなければならなかったんです。


戸田建設の強みは、良心を持った技術者集団だということです。真面目な社員が多い。トップが正しい方向に導きさえすれば、必ず持続的に成果を出せるはずです。


戸田建設は2020年の東京オリンピックの翌年に創立140周年を迎えます。そのときには、ゼネコンの中で生産性の最も高い企業になっていたい。そのために業務プロセスを見直し、経営効率を上げていきます。そして、ゼネコンの中で最も財務体質を強靱なものとし、永続的に社会に貢献できる会社になりたいと思います。


今井雅則の経歴・略歴

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

データ一辺倒も課題を見えにくくします。100個売れていた商品が1000個に伸びたらデータ的には期待が持てそうですが、じつは単にインフルエンザ特需で売れただけの「まぐれ当たり」かもしれません。一方、いまは3個しか売れていないけれど、大ヒットの可能性を秘めた商品もあるんです。それを見極める力もまた、目の前の課題を解決しながら試行錯誤で身につけていくものです。


松本大

結局、会社って思うようにはならないでしょう。社員もお客様も思うようにはならない。理不尽な場合もある。でも、そんなものじゃないですか。


ネルソン・マンデラ

私の長い道のりは、まだ終わっていない。


オグ・マンディーノ

あなたが格闘している相手は常にあなたの勇気を奮い立たせ、あなたの技量に磨きをかけることを知りなさい。あなたに敵対する者は結果的にはあなたの最良の助け手となるのだ。逆境はあなたの人生における雨のようなものである。冷たく、侘しく、薄情だ。だが、その雨の季節から、ユリやバラやナツメヤシやザクロが生まれる。灼熱の苦難に渇き、苦難の雨に浸された後、あなたがどんな偉大なものを生み出すか、それは誰にも予測できない。砂漠でさえ、嵐の後には花を咲かせるのだ。


宋文洲

市場の隙間は賢い人が見つけるわけではありません。意識して見れば自然と見つけられます。例えば、妊娠すると街に妊婦が多いように感じたりしますよね。それは意識しているから見えているのです。海外に行くと日本の便利さに気付くこともあります。これも意識があるからです。こういった見方が起業には必要です。これを身に付けるには、異文化の人や異なる世代の人とかかわって養うことが大切です。


茂木健一郎

社会人の大半は「時間がないから勉強できない」と思っている。しかしそれは思い込みにすぎない。大事なのはいかに長時間勉強するかではなく、いかに深く集中するかなのだ。


村田昭治

大きな希望や夢を持とう。大きな夢をもてば少しくらいの障害にぶつかっても、そこでへこたれてしまうことはない。


遠藤結蔵

店舗でスタッフがやるべきことや、やってはいけないことなどは基本的にマニュアルに規定されていますが、何かルールを決め、それを全社に発信した瞬間から陳腐化が始まっています。それによってなんらかの矛盾や不整合が発生していることに、最も早く気づいてくれるのが現場のスタッフです。


横山信弘

私は決断力を高める研修の中で、これまでの人生でしてきた決断をリストアップしてもらうことがあります。誰でも大なり小なりさまざまな決断をしてきています。その決断に比べて、今あなたが悩んでいるのは、どれくらい難しい決断か。過去の経験と照らすと、客観的に見えてきます。


植木義晴

雑音は気になりません。すべて自分の責任だと思っていますから。そもそも自信がなければ社長就任の話は受けないし、自信がなくて受けるのは社員に失礼ですから。