名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井雅則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井雅則のプロフィール

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

今井雅則の名言 一覧

追い風が吹いている今だからこそ、ビジョンが必要なんです。


ゼネコンが持つ最大の付加価値は、多くの利害関係者と調整しながら仕事を進めるアッセンブリー能力にあると考えています。


20代、30代、40代、50代の4つのチームを作り、それぞれにビジョンを考えてもらいました。だって、会社に対する思いや考え方、経験が違うでしょう。20代は「あと40年この会社で働くかもしれない」という意識で考えるけれど、50代はどうしたって、定年退職まで、残り10年というスパンで考えがちになる。様々な年代を1つのチームにして考えさせると、いろいろな世代から出た意見をまとめるから、発想が丸まってしまう。だから、年代別に考えさせたんです。


業績が回復してくると、つい大切なことを忘れ、収益よりも売り上げを追いがちになる。ビジョンをつくり、今こそ自分が働く意味、戸田建設グループの存在意義を全社員で確認しなければならなかったんです。


戸田建設の強みは、良心を持った技術者集団だということです。真面目な社員が多い。トップが正しい方向に導きさえすれば、必ず持続的に成果を出せるはずです。


戸田建設は2020年の東京オリンピックの翌年に創立140周年を迎えます。そのときには、ゼネコンの中で生産性の最も高い企業になっていたい。そのために業務プロセスを見直し、経営効率を上げていきます。そして、ゼネコンの中で最も財務体質を強靱なものとし、永続的に社会に貢献できる会社になりたいと思います。


今井雅則の経歴・略歴

今井雅則、いまい・まさのり。日本の経営者。「戸田建設」社長。大阪大学大学院工学研究科前期課程建築専攻修了後、戸田建設に入社。大阪支店長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

原口兼正

セコムの社員は働き者で、自分もよく働いているという自負はありました。ところが他社の若手幹部たちはもっと激しく働いており、社内でうぬぼれていたのだなと感じました。
【覚え書き|若手幹部の交流会に参加したときを振り返って】


藤原和博

「前例がないから」と言う人に対して「前例を作りましょう!」と熱く迫っても、理路整然と説明しても無意味です。こういう人は「失敗して、責任を取りたくない」ということしか頭にありません。この場合は、まず前例を何としても探し出してくること。その上で、「責任は自分が取る」と明言することです。


柳田泰山

偉ぶっている人は僕も嫌いです。席上揮毫(きごう)は最近の若手書家の流行りですが、実際は明治時代からあるもの。もっともあんなものは芸術ではありません。5分で書き上がるものを、もったいぶって演出して見せているだけですよ。それでも書道は閉鎖的な世界ですから、多くの人に興味を持ってもらうには大事なパフォーマンスで、僕のイベントでも弦楽四重奏を流したりもします。書家も自己満足で終わらせず、多くの人に見てもらうという意識は必要です。書のパフォーマンスや映画化などを批判する人もいますが、人々が書に触れるきっかけをつくっているのだから素晴らしいことです。基本がしっかりしているならどんどんやればいい。


堀紘一(コンサルタント)

未来を正確に見通すことは不可能に近いが、自分なりの感覚は持っていて欲しい。少なくとも、「世の中は移り変わるもの」という前提で周囲を眺めることだ。将来についての自分なりの見通しを持ち、その中で自分の得意なところをどう磨いていくかを考える。そして、十分に考えた末、いよいよ実行に移していく。


樋口武男

「学歴はいらないが、学力は絶対に必要だ」。私はこの言葉を社員たちに言い続けてきました。


出口治明

当社でいう「新卒」は30歳未満を意味します。人生の選択肢は、大学を出てすぐ、22歳で就職することだけではないはず。卒業後、大学院でさらに勉強したり、ボランティアやNPOで活動したり、世界を放浪したり。いろいろな人材に集まってもらうため、ライフネット生命では、採用の際にも会社説明会やOB面接は行っていません。ホームページで告知し、入社希望者には字数無制限の論文を提出してもらっています。


石川善樹

同僚とのコミュニケーションは大切です。大事なのが雑談。黙々と働く環境よりも、仲間と雑談しながら働く職場環境のほうが、創造性が高まり、生産性はアップします。


佐藤康博

国内で利益3番手に甘んじるわけではありません。ただ、短期的に負けたとしても、長い目で見た時に最も存在感のある金融機関になるべきです。若い人には常にそう言ってます。


ひろゆき(西村博之)

集合知が正しいと言うことが間違っていて、大衆が間違えてしまうこともある。その前提を覆さなければ、結局、集合知だと思っていたことが、実は集合愚だった、ということにもなりかねないのです。


橋本和良

掃除や整理整頓といった環境整備は仕事の原点であり、会社を変えていくものです。


関谷英里子

有名講師を招いたセミナーも、ただ漫然と参加するだけでは、費用対効果の悪い時間をすごすことになります。私は事前に下調べをして、これだけは聞きたいということをひとつ決め、当日は必ずそれを質問するようにしています。それにより予習にもいい緊張感が生まれ、聞きたいことだけでなく、周囲の知識も深まります。そればかりではありません。講師や他の参加者からフィードバックを引き出すという効果も期待できます。実際、私は会場で質問したことがきっかけで、その講師から仕事を依頼されたことがあります。セミナー参加費という投資が何倍にもなって返ってきたのです。


森川亮

頑張って成果を出している人が評価される仕組みを作るには、会社のトップが決断しなければ、なかなか実現しません。政治家が自分の給料を下げるような法案を取り上げないのと同じで、今は頑張っていない古い人たちが自分の首を絞めるような仕組みは取り入れないでしょう。だから評価制度の仕組みは、トップの決断にかかっています。