名言DB

9412 人 / 110637 名言

今井賢一の名言

twitter Facebook はてブ

今井賢一のプロフィール

今井賢一、いまい・けんいち。日本の経済学者。スタンフォード日本センター理事。東京都出身。一橋大学卒業後、同大学で教授、商学部長などを経て、スタンフォード日本センターの理事長・所長、スタンフォード大学国際研究所の上級研究員、スタンフォード大学経済部の教授などを務めた。専門は企業、産業組織、技術革新など。そのほか、京都府特別顧問、株式会社東京大学エッジファンド取締役、株式会社アーニス・サウンド・テクノロジーズ代表取締役会長などを歴任した。

今井賢一の名言 一覧

スタンフォード大学の日本センターで仕事をするようになって痛感するのは、単純に米国の成功モデルを日本へ持ってきても、米国には永久に敵わないだろうということです。


単純に米国に追いつくだけでは勝てないのは明白なのですから、アジアの特徴に徹底的に絞って力を集中すべきでしょう。日本の悩みは、中国をはじめ、アジアの各国が共通して悩んでいることでもあります。日本だけでなくアジア全体のインターネット革命を促したら面白いでしょう。


ベンチャーで成功するのはほんの一握りであり、何百何千という失敗がその裏にあります。その失敗と成功が積み重なって、貴重な経験となり、どんな技術は誰が一番よくわかるか、こういう企業のマネジメントには誰が向いているかという人的ネットワークが出来上がりました。長年の経験と人的ネットワークに裏打ちされたコンサルティング。それが米国のベンチャーキャピタルです。


日本では米国のベンチャーキャピタルを金融機関の範疇に入れていますが、そもそもそこからして違うのです。ベンチャーキャピタルが創業まもない小さな企業にリスクマネーを供給して、その企業が成功したら大きなリターンを得るというのは、ベンチャーキャピタルのほんの一面にすぎません。彼らは20年以上も新しい企業に融資だけでなく人的、技術的な支援を続けてきました。


モノづくり中心の工業化社会では、欧米のモデルを学び、そこに日本的なきめ細かさを付加することによって、十分キャッチアップする(追いつく)ことができました。しかし、モノよりも知的価値が優先される知識社会に入ると、そういう手法で米国を乗り越えることはまず不可能でしょう。とにかく、知的価値の高いベンチャー企業を育てる環境に彼我の差が大きすぎます。


今井賢一の経歴・略歴

今井賢一、いまい・けんいち。日本の経済学者。スタンフォード日本センター理事。東京都出身。一橋大学卒業後、同大学で教授、商学部長などを経て、スタンフォード日本センターの理事長・所長、スタンフォード大学国際研究所の上級研究員、スタンフォード大学経済部の教授などを務めた。専門は企業、産業組織、技術革新など。そのほか、京都府特別顧問、株式会社東京大学エッジファンド取締役、株式会社アーニス・サウンド・テクノロジーズ代表取締役会長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

上釜健宏

業績が悪い時に改革に取り組んでも、ろくなことは無いですよ。言い訳を探したくなるし、やっぱり萎縮する。業績が好調なタイミングにやるからこそ迫力が出るし、社員も理解してくれます。


水口和彦

メールを利用するメリットは、電話と違って「自分の都合のいい時間に処理できること」だったはずです。しかし、昨今はメールに振り回されて、自分の仕事のペースを乱されている人が増えているようです。メールのメリットを最大限に活かすには、メール処理を自分のコントロール下に置くことです。それを意識してメールの使い方を見直すだけで、仕事の効率は格段に上がるでしょう。


足立正

私の人生を顧みると、どんな生まれ方をし、どんな運に恵まれ、どういう人脈のなかに自分がいるかによって、仕事のあんばいがずいぶん変わってきたように思う。だから人間は、人間関係そして生まれたこと、生まれたゆえんに感謝し、それを活かしていくことが必要なのだ。


石川康晴

私自身がクロスカンパニーという会社の中でやってきたことを捨て去りたかったのです。最終的にはその想いが背中を押した。
【覚え書き|社名変更について】


藤原和博

30歳のとき、会社の廊下を歩いていたら、突然、目の前が真っ暗に。冷や汗がどっと出て、歩けない状態に……。診断結果はメニエール病。何時間も続く猛烈なめまいが突然起こる病です。原因はストレス。幸い、めまいは1週間で収まりましたが、5年間、後遺症に悩まされました。この経験は僕にとって良い転機になりました。当時私は自分の力を過信していた。しかし、この病気によって、「自分は弱い。いかに健康がありがたいか」、また家族や同僚のサポートを得ることで、「いかに自分が周囲の人々に恵まれているか」に気づかされました。同時に、出世ゲームに没頭していた自分の姿に疑問を持ち始めた。これが教育分野に突き進むひとつのきっかけとなった。


渡部恒三

大事なのは、やっぱり思いやりと感謝の気持ち。それが人生哲学です。だから、親の七光りもないし、人より優れているものなんかなんにもない私が県議会議員2期、衆議院議員14回、一度も落選することなく連続で当選することができたのだと思います。


田原総一朗

僕は既存勢力と真正面から戦う人が嫌いではない。ただ、それがいい結果につながるとは限らない。


丹羽宇一郎

経営者は、周囲から「あいつは頭がおかしいんじゃないか」と思われるくらい、確固とした信念を持たなければ、社員はついてきません。


山本伸(経済ジャーナリスト)

日本は正直、モノづくりでは成長できないんです。だいたいモノづくり、モノづくりと言ってること自体がそこが成長してない証拠です(笑)。日本は超高齢化社会ですから、その中でエクセレントカンパニーを目指そうと。そのくらいの考えで行った方がいい。


野口敏(話し方)

過剰な期待があると、相手が無愛想だったりすると、不安や緊張が態度に表れてしまいます。すると、それを感じた相手も不安になってますます上手くいかなくなる。打ち解けるには相手の反応が良くないときにどれだけ踏ん張れるかが大切なのですが、相手に期待を持っている人はその踏ん張りが利かなくなるんです。


清野智

「安全」に終わりはないということに加え、もう一つ大切なこと、それは事故を語り継いでいくことです。過去の、特に痛い歴史を次の世代に伝えることは、過去を知る者の使命です。そうすることにより、「安全」に対する思いも伝えていけると考えています。


井上達彦

イノベーションを起こすビジネスの多くが、模倣から生まれています。クロネコヤマトの宅急便を立ち上げた小倉昌男氏は、牛丼の吉野家から、「取り扱う荷物を絞り込む」というアイデアを思いつきました。優れたビジネスの多くは模倣から生まれているといっても過言ではありません。


安徳孝平

ネイティブアプリの開発には、ブラウザゲームと比較して、開発費用は3倍、期間も1年ほどかかってしまいます。また、ヒットするゲームはゲームデザインとアート、テクノロジー、マーケティングのすべてが求められます。昔のように、スキルの高いスター技術者が独力で開発できるものではなく、会社全体の総合力がなければとてもヒット作は生まれないでしょう。


吉越浩一郎

信念が弱く、スピードが上がらない経営者は、自分自身を変える覚悟をしなければならない。「君子は豹変す」という言葉があるが、私は「豹変していれば君子になれるかもしれない」と言っている。お題目を墨守したり、会社の構造をいじったりするよりも、まず経営者自身が変わり続けること。これがスピード改革の第一歩である。


北村倫夫

社員と家族の幸福を追求するのが企業のあるべき姿。社員があそこなら喜んで行きたいと思う場所で事業をする時代が来ている。