名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井英法の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井英法のプロフィール

今井英法、いまい・ひでのり。日本のPRコンサルタント。「マハロマーケティング」代表。大手企業広告責任者などを経て独立。

今井英法の名言 一覧

会社とは別に自分用のセカンド名刺を持ちましょう。会社の名刺だけでは、あなたの人物像が相手に伝わらないからです。2枚目の名刺に自分の趣味や仕事のモットーなどを記載しておくと、相手がそこに興味を示し、会話が弾みます。結果ビジネスが上手くいくことも。昔からある名刺ですが、いまこそ価値を見直してほしいですね。


今井英法の経歴・略歴

今井英法、いまい・ひでのり。日本のPRコンサルタント。「マハロマーケティング」代表。大手企業広告責任者などを経て独立。

他の記事も読んでみる

本庄八郎

再建を頼まれたことが始まりでしたが、引き受けた以上、きちんと再生させようと、我々のナンバー2を送り込みました。営業の総責任者を務めた人物で、彼がまずやったのは問題点の洗い出しでした。
【覚え書き|タリーズを連結子会社化した当時を振り返っての発言】


小宮康正

いま、様々な会社で働くビジネスマンも、それぞれの業界の伝統に支えられている。


大竹美喜

アフラックには十数万人のセールスマンがいて、代理店が2万店ほどありますが、私たちにはそういう方たちとの共通言語があります。それが「愛の伝道師」。このワンフレーズだけで、すべてを表しています。


塚本隆史

ニューヨーク勤務時代、非日系の担当課長をやりました。19人の部下のうち、日本人は2人だけ。そのとき、多様な考え方をひとつにまとめるには、情報共有が重要だと学びました。ウルトラCはないんです。ただ、チームとして情報をシェアできれば、全軍が共通の目的意識を持って同じ方向に走り出します。そのとき国籍の違いは超えられます。


加瀬豊

上司としては任せきりではなく、「俺も一緒にやる」という姿勢と事後フォローも必要です。また、「最終責任は自分が負う」「部下の案を試させてみて、上手くいかなかったら最後は自分が出ていって解決する」と腹を決めておかなければなりません。その限度内におさまるうちは、なるべく部下の自主性に任せるわけです。


藤野英人

モチベーションをアゲアゲにしないことも大事。仕事も趣味も全力ですが、僕の「全力」は「脱力」に近いんです。全力とは筋肉を硬くすることではない。ゴルフも力むと飛ばないでしょ? ピアノも力を入れて弾くと、良い音は奏でられない。


岩崎由純(岩﨑由純)

「ミスするな」というセリフは気配りしているようでいて、「ミスをしろ」という呪いの言葉になる。「どうしてできない?」という言葉は、理由を聞いているのではなく「お前はできないやつだ」というネガティブなメッセージでしかない。


井上智治(コンサルタント)

さいわい私自身は、プライドが高くて扱いにくい部下を持った記憶はありません。というよりも、当社の仕事の要求水準が高すぎて、気づかないうちに、彼らの高い鼻をへし折っているのかもしれないのですが。


大橋悦夫

どちらかといえば、自分を追い詰めるような仕事の仕方をしている人が多いように思いますが、もっと自分を大事にするやり方をすれば、自然とやる気も起きるのではないでしょうか。


鎌田恭幸

一昔前の企業の存在意義は利益を生むことであり、ひたすら効率性を求めていた。しかし、これからの企業は、自分たちだけが利益を得るのでなく、社会に価値を提供することが求められる。目に見える商品や財務諸表も大事だが、社員の満足や社会への貢献度合いのことも考える必要がある。


伊藤潤二

何か突飛なことを思いついた瞬間っていうのは、すごく楽しいですね。最初のそのきっかけを一番大事にしないと、焦点がぼけちゃう、何が面白いかよくわからないものになっちゃう。


大浜平太郎

毎日のように番組制作に追われているため、十分な時間が取れないのですが、わずかな時間での読書も貴重な経験です。読書の質が仕事のクオリティを左右するといっても過言ではありません。