名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井繁之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井繁之のプロフィール

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

今井繁之の名言 一覧

まずすべきなのは、部下が抱えている悩みを一通り吐き出させることです。そのうえで、取り組むべき課題の優先順位を決め、取り急ぎ解決すべき問題について、原因を確認し、解決策を考えていきます。質問の流れとしては「何が問題なのか?」「どれが最優先で解決すべき問題なのか?」「なぜうまくいっていないのか?」「どうしたらよいか?」。この順で、状況を整理し、悩んでいる原因を解きほぐす手助けをするのが、悩み解決の近道です。


部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


問題解決のプロセスに沿った質問を部下に繰り返していると、だんだん質問しなくてもよくなってきます。部下は、質問されることがわかってくるので、聞かれなくても自分でその質問を投げかけ、問題解決ができるようになるのです。


部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


問題解決のプロセスに沿った質問をするうえで難しいのが、「相手の答えを待つ」ことです。答えが出てこなかったり、自分が考えていた答えと違うからといって、否定したり、こちらから答えを出してしまうと、思考停止に陥り、部下は育ちません。答えが出てこない場合には、新たに質問を投げかけて考えさせます。


営業にチームを考えさせるときに重要なのは、「MUST」と「WANT」を明確にすることです。MUSTは守るべき条件で、達成すべき目的、費用の制限やタイムリミットなどが含まれます。WANTは不可欠ではないが、満たしたい条件です。これらは欲張りすぎると最適解がなかなか見つかりません。MUSTは最低限にし、WANTも優先順位をハッキリさせると、アイデアが出やすくなります。


営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


営業の現場では、行動量を重視する傾向がありますが、行動の前に立ち止まり、本当にその方法しかないのか、どんなリスクがあるのかを検討し、判断することが必要なのです。


いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。


マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。


お勧めしたいのは「質問」によるマネジメントです。質問上手なマネジャーは、部下から的確に情報を収集してトラブル解決に導き、部下の「考える力」を鍛えながら、チームのモチベーションも上げることができます。


「上司の役割は、部下に指示を出すことと、叱咤激励をすること」と思っている営業マネジャーが多いのではないだろうか。しかし、マネジャーが部下より知識や経験を持っているとは限らず、自分の経験だけをもとに的確な指示を出すには限界がある。そのうえ、個別に話を聞いてほしいという要求が強い若手の社員は、叱咤激励するだけでは動かない。


今井繁之の経歴・略歴

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

他の記事も読んでみる

白洲次郎

長く大事に持っているものは人に貰ったものより自分自身の苦心の結晶に限る。


経沢香保子

大事なのは事前準備です。会う前にできるだけ相手のことを調べ、この状況だともしかしたらこんな悩みを抱えているかもしれないという仮説をいくつか立てて、さらに、それぞれに対する解決策を用意しておく。そうすれば、会ってその話題が出たら、すかさず提案ができます。


遠山正道

当社の事業はどれも大企業の新規事業案件として提案したら却下されるものばかりだと思います。それでも事業として成立したのは、「ビジネスの拡大や成長」を目的とせず、自分たちの「やりたいこと」を突き詰めれば、それに「共感」してくれる人たちが支えてくれると信じて続けてきたからです。実際、その通りになりました。


村上恭豊

父(創業者)は陸軍中尉で終戦を迎えたのですが、会社経営にもその軍人気質というか、軍隊的な考え方はあったようです。私の社長就任と同時に父は会長になりましたが、指揮系統は1本でないとまずい、2頭体制はだめだといって表面に出なくなりました。創業者の会長が切り回し、社長は名ばかりという例もよくありますが、私には、その心配は全くありませんでした。ただ、責任だけは自分も負うということで、昨年11月までは代表権は持っていました。その点、私としては精神的に楽でした。


弘兼憲史

僕には、はっきりとオフタイムと呼べるものはありません。もちろん土日はなし。年末年始は3日休めればいい方で、紅白歌合戦などは見る暇もありません。正月も小学館漫画賞の審査委員を引き受けているので、候補作を山のように読まなければならないし、箱根駅伝の復路を見たらすぐに仕事。はた目から見ればなんと無茶な、と感じられるかもしれませんが、それを僕は辛いとは思いませんし、ストレスを感じたこともありません。この生活スタイルをほぼ30年間続けています。


ジョエル・ティリングハスト

ピーター(リンチ)は驚くほどエネルギーに満ち溢れていた。非常にスマートで、新しいアイデアや情報に耳を傾ける柔軟性があった。彼は知識の習得に貪欲で、それまでの考えと矛盾する情報を得ると、考えを改めることをいとわなかった。自分の失敗を素直に認めることができた。その姿勢だろう。これは簡単なことではない。多くの人は自分の下した判断が正しいと思いたがり、それを裏付ける情報だけを見ようとするからだ。


土光敏夫

「仕事の報酬は仕事である」とは、藤原銀次郎さん(※)の言葉である。賃金と仕事の関わり合いについては、いろんな立場からの様々な議論があろう。けれどもそれらを超えていることは、人間の喜びは金だけからは買えないという一事である。賃金は不満を減らすことはできても、満足を増やすことはできない。満足を増やすことのできるのは、仕事そのものだといわねばならぬ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。
【※藤原銀次郎:王子製紙社長。日本の製紙王と呼ばれた人物。戦前の三井財閥の中心人物】


手倉森誠

大きな目標に向けて、全員がさぼらずに必死に努力して、個人もチームも成長していく。それが勝利につながれば、それは皆、感動して泣きますよ。くやしい思いもたくさんしてきたわけですから。今の時代、そういうことを学べるのがスポーツ、特にチームスポーツでしょう。その意味でも、社会の中でスポーツは必要だと思います。


茂木友三郎

かつて経営者はゼネラリストでなければならないといわれた時期があるが、現在のように地球規模の激しい競争が展開されている時代において、あちらこちらの分野について少しずつ知識や経験を持った人では全く役に立たない。企業グループや企業を経営するプロ、すなわち経営のプロでなければならない。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

任せることが大事だが、レッセフェール(なすに任せよ)でもいけない。任せられる「人」を選ぶことが大事になる。これは私が指名報酬委員会から厳しく求められていることでもある。


泉谷直木

少子高齢化や景気低迷という平均値で物事を語ってはダメで、もっとメッシュを小さくして市場をつぶさに見ていけば、ものすごいチャンスが出てくる。


蓑宮武夫

私はソニーという会社から大きな影響を受けてきましたが、その中でも最も大きかったのが「高い志と信念を持つ」という意識です。