名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

今井繁之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井繁之のプロフィール

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

今井繁之の名言 一覧

まずすべきなのは、部下が抱えている悩みを一通り吐き出させることです。そのうえで、取り組むべき課題の優先順位を決め、取り急ぎ解決すべき問題について、原因を確認し、解決策を考えていきます。質問の流れとしては「何が問題なのか?」「どれが最優先で解決すべき問題なのか?」「なぜうまくいっていないのか?」「どうしたらよいか?」。この順で、状況を整理し、悩んでいる原因を解きほぐす手助けをするのが、悩み解決の近道です。


部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


問題解決のプロセスに沿った質問を部下に繰り返していると、だんだん質問しなくてもよくなってきます。部下は、質問されることがわかってくるので、聞かれなくても自分でその質問を投げかけ、問題解決ができるようになるのです。


部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


問題解決のプロセスに沿った質問をするうえで難しいのが、「相手の答えを待つ」ことです。答えが出てこなかったり、自分が考えていた答えと違うからといって、否定したり、こちらから答えを出してしまうと、思考停止に陥り、部下は育ちません。答えが出てこない場合には、新たに質問を投げかけて考えさせます。


営業にチームを考えさせるときに重要なのは、「MUST」と「WANT」を明確にすることです。MUSTは守るべき条件で、達成すべき目的、費用の制限やタイムリミットなどが含まれます。WANTは不可欠ではないが、満たしたい条件です。これらは欲張りすぎると最適解がなかなか見つかりません。MUSTは最低限にし、WANTも優先順位をハッキリさせると、アイデアが出やすくなります。


営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


営業の現場では、行動量を重視する傾向がありますが、行動の前に立ち止まり、本当にその方法しかないのか、どんなリスクがあるのかを検討し、判断することが必要なのです。


いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。


マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。


お勧めしたいのは「質問」によるマネジメントです。質問上手なマネジャーは、部下から的確に情報を収集してトラブル解決に導き、部下の「考える力」を鍛えながら、チームのモチベーションも上げることができます。


「上司の役割は、部下に指示を出すことと、叱咤激励をすること」と思っている営業マネジャーが多いのではないだろうか。しかし、マネジャーが部下より知識や経験を持っているとは限らず、自分の経験だけをもとに的確な指示を出すには限界がある。そのうえ、個別に話を聞いてほしいという要求が強い若手の社員は、叱咤激励するだけでは動かない。


今井繁之の経歴・略歴

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

他の記事も読んでみる

櫻田謙悟(桜田謙悟)

とにかく逃げずに真摯に、真心を込めて、本気で自分の気持ちを伝える。そうすると、伝えたいことが伝わる。


福地茂雄

「時を告げるより時計を作れ」という言葉があります。カリスマ経営者は自ら時を告げる役割を担いますが、時計を作っておけば、カリスマがいなくなっても時を告げ続けてくれるのです。会社にとっては、ガバナンスをしっかりさせることが時計を作ることに当たります。


平本あきお

物事を習慣化できるか、できないかは、その人の心の状態が大きなカギを握る。心に余裕があり、視野が広い状態を「リソースフル」と呼びます。この状態なら、「大丈夫、自分はやれる」という前向きな気持ちになるので、目の前のことを楽しく続けられる。つまり、習慣化しやすくなる。


松井忠三

危機意識を持てたことが、経営を立て直せた一番の原動力になったと思います。
【覚書き|倒産寸前の状況で、無印良品の社長に就任したときを振り返っての発言】


林勝(経営者)

当社の強みのひとつは、辞めた人が戻ってくること。他の会社を見て、勉強して、すごく成長して戻ってきてくれる。だから社長に「辞める人を大事に扱え」と言っている。


キャメル・ヤマモト

情報収集のときには、情報ソースの信頼度により慎重になってください。まず、その情報が事実(ファクト)であるか、意見であるかを見極めることです。事実かどうかを確かめるには、実際に現場に行ってみたり、その人に会ってみることも必要でしょう。また意見ならば、それがどの程度独創的なのか自分で評価しなければいけません。


宋文洲

日本人は、もう少し気楽にやった方が幸せになれると思う。


瀬戸雄三

永年のお得意先は一軒たりとも他社に取られるな。そのためなら、経費は青天井で出す。カネがなくなったら、俺が本社からもらってくる。
【覚書き|大阪支店長時代の発言。当時、大阪支店が支店トップのシェアを維持していた。しかし、スーパードライもない頃で、会社が経営不振になる中、営業担当者たちの士気が落ちていた。そこで上記発言で檄を飛ばした。結果、営業担当者たちが奮起しほとんど経費を使わずに他社にお得意さんを取られずに済んだ】


二宮雅也

保険会社にとって人材は経営の柱です。社員が持てる力を発揮し、さらに伸ばしていくことができれば会社の成長につながります。


杉田浩章

大企業が抱え込み続けている(技術や人材などの)アセット(資産)を、どうやって(社会全体が)オープンに使えるようにするのかを考えるべきかもしれません。そのためには、日本企業は何が競争領域で、何が協調領域かを切り分けていくことが必要でしょう。競争領域以外は、外部と協調すべきです。


齋藤孝(教育学者)

交渉ではいくつかの条件やオマケを用意すること。お互いに「この案しか認めない」とごり押しし合っていては、らちがあかない。「この部分は譲歩するから、この要求はのんで欲しい」「こういうサービスを追加するから、料金はこれでお願い」等々と、足し算・引き算をしていく。


井上武(経営者)

夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。