名言DB

9413 人 / 110706 名言

今井繁之の名言

twitter Facebook はてブ

今井繁之のプロフィール

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

今井繁之の名言 一覧

まずすべきなのは、部下が抱えている悩みを一通り吐き出させることです。そのうえで、取り組むべき課題の優先順位を決め、取り急ぎ解決すべき問題について、原因を確認し、解決策を考えていきます。質問の流れとしては「何が問題なのか?」「どれが最優先で解決すべき問題なのか?」「なぜうまくいっていないのか?」「どうしたらよいか?」。この順で、状況を整理し、悩んでいる原因を解きほぐす手助けをするのが、悩み解決の近道です。


部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


問題解決のプロセスに沿った質問を部下に繰り返していると、だんだん質問しなくてもよくなってきます。部下は、質問されることがわかってくるので、聞かれなくても自分でその質問を投げかけ、問題解決ができるようになるのです。


部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


問題解決のプロセスに沿った質問をするうえで難しいのが、「相手の答えを待つ」ことです。答えが出てこなかったり、自分が考えていた答えと違うからといって、否定したり、こちらから答えを出してしまうと、思考停止に陥り、部下は育ちません。答えが出てこない場合には、新たに質問を投げかけて考えさせます。


営業にチームを考えさせるときに重要なのは、「MUST」と「WANT」を明確にすることです。MUSTは守るべき条件で、達成すべき目的、費用の制限やタイムリミットなどが含まれます。WANTは不可欠ではないが、満たしたい条件です。これらは欲張りすぎると最適解がなかなか見つかりません。MUSTは最低限にし、WANTも優先順位をハッキリさせると、アイデアが出やすくなります。


営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


営業の現場では、行動量を重視する傾向がありますが、行動の前に立ち止まり、本当にその方法しかないのか、どんなリスクがあるのかを検討し、判断することが必要なのです。


いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。


マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。


お勧めしたいのは「質問」によるマネジメントです。質問上手なマネジャーは、部下から的確に情報を収集してトラブル解決に導き、部下の「考える力」を鍛えながら、チームのモチベーションも上げることができます。


「上司の役割は、部下に指示を出すことと、叱咤激励をすること」と思っている営業マネジャーが多いのではないだろうか。しかし、マネジャーが部下より知識や経験を持っているとは限らず、自分の経験だけをもとに的確な指示を出すには限界がある。そのうえ、個別に話を聞いてほしいという要求が強い若手の社員は、叱咤激励するだけでは動かない。


今井繁之の経歴・略歴

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

他の記事も読んでみる

ナポレオン

指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
【覚書き:命令が錯綜するので、指揮官やリーダーは一人だけに絞れという趣旨の発言】


ジム・ロジャーズ

すべての人に助言したいのは、海外にも資産を持つことです。日本は安泰であると信じたいでしょうが、いつなにが起きてもおかしくない。旅行で行ったことがあるとか、親しみを持てるとか、どの国でもいいので海外での資産運用を検討してください。これこそが本当に自分を守るための保険であり、お金を増やす手段。


キム・キヨサキ

知識もないのに投資をするのはとても危険なこと。誰にでも投資できるものが2つあって、それは時間とお金。ファイナンシャル教育を受けないで投資するような人には、「絶対に投資するな」というのがベストアドバイス。


大橋徹二

ゆでガエルにならないよう危機意識を持って、一丸となって会社を変えていきたい。


藤沢武夫

布を織るとき、タテ糸は動かず通っている。タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く。一本の太い筋が通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが「経営」であると思う。


粟田貴也

同じ商圏には競合する外食店も無数にあり、何もしなければ、お客さまを失うことにもなりかねない。


堀義人

世界に行けば行くほど、日本の固有なものが生きてくる。固有なものを失ってグローバル化しても、ただ単に無国籍化していくだけ。従って、日本的なものに強く軸を持ちながらも、世界で普遍的なものを持っていく。私は両方の側面がなければならない。


井上勝弘

どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


藤田晋

できる人は、稚拙なアイデアであっても面白がる。まずは面白がる姿勢を取ることが大切。アイデアを聞いた瞬間に「ダメだ」と思っても、そこですぐに否定せず、まずは「面白そうだね」と相手の話をすべて聞く。話を聞いているうちに、新しい発見があるかもしれないし、気になる点は質問をして一緒に考えていけばいい。


小山昇

新入社員の親御さんに「息子さんは頑張っています」とハガキを書くこともあります。親御さんは中小企業に勤めることに基本的に反対ですが、社長から期待をかけられていることを知ると、応援する側に回ってくれます。


芹那

私は「芹那」になる前から、自分の決めた目標に向かって突っ走るタイプでしたけど、芹那になってからは、それがもっと明確になったというか。「いま、私は芹那なんだ」と思うと自然に芹那スイッチが入って、何でも割り切れるし、何でもできるようになりました。ずっとなりたかった芸能人になれたいま、これからも「芹那」を長く続けていきたい気持ちでいっぱいです。


中井政嗣

部下について悩みがあれば、本人抜きであれこれ考えるよりも、本人に直に聞きに行けばいいのです。もちろん詰問調で聞いてはいけません。そのときの自分の顔や口調が相手を不快にさせるのか、元気にさせるのか。それを常に考えながら接しなければならないと思います。人の心は、顔の表情や態度、声の音色から、相手へ瞬時に伝わってしまうのです。


ジョセフ・ジューベル

あなたが貧しいなら、徳によって名を上げると良い。
あなたが裕福であるなら、慈善によって名を上げると良い。


山中伸弥

理系離れは深刻です。日本では研究者の地位があまりに低い。若い人たちに研究者が魅力的な仕事に見えていません。このままでは担い手がいなくなってしまうと懸念しています。米国は日本の逆です。研究者の社会的地位が高い。ハードワークなのは日米同じですが、ちゃんとした家に住んで、ホームパーティーを開いて、楽しく暮らしている人が多いのです。給料そのものも高く、ベンチャー企業とのつながりも強い。米国では研究者が憧れの職業なのです。


板谷由夏

変化や成長を遂げるのは、簡単ではないと思いますが、やはりそのなかにこそ物事の醍醐味があります。