名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井繁之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井繁之のプロフィール

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

今井繁之の名言 一覧

まずすべきなのは、部下が抱えている悩みを一通り吐き出させることです。そのうえで、取り組むべき課題の優先順位を決め、取り急ぎ解決すべき問題について、原因を確認し、解決策を考えていきます。質問の流れとしては「何が問題なのか?」「どれが最優先で解決すべき問題なのか?」「なぜうまくいっていないのか?」「どうしたらよいか?」。この順で、状況を整理し、悩んでいる原因を解きほぐす手助けをするのが、悩み解決の近道です。


部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


問題解決のプロセスに沿った質問を部下に繰り返していると、だんだん質問しなくてもよくなってきます。部下は、質問されることがわかってくるので、聞かれなくても自分でその質問を投げかけ、問題解決ができるようになるのです。


部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


問題解決のプロセスに沿った質問をするうえで難しいのが、「相手の答えを待つ」ことです。答えが出てこなかったり、自分が考えていた答えと違うからといって、否定したり、こちらから答えを出してしまうと、思考停止に陥り、部下は育ちません。答えが出てこない場合には、新たに質問を投げかけて考えさせます。


営業にチームを考えさせるときに重要なのは、「MUST」と「WANT」を明確にすることです。MUSTは守るべき条件で、達成すべき目的、費用の制限やタイムリミットなどが含まれます。WANTは不可欠ではないが、満たしたい条件です。これらは欲張りすぎると最適解がなかなか見つかりません。MUSTは最低限にし、WANTも優先順位をハッキリさせると、アイデアが出やすくなります。


営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


営業の現場では、行動量を重視する傾向がありますが、行動の前に立ち止まり、本当にその方法しかないのか、どんなリスクがあるのかを検討し、判断することが必要なのです。


いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。


マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。


お勧めしたいのは「質問」によるマネジメントです。質問上手なマネジャーは、部下から的確に情報を収集してトラブル解決に導き、部下の「考える力」を鍛えながら、チームのモチベーションも上げることができます。


「上司の役割は、部下に指示を出すことと、叱咤激励をすること」と思っている営業マネジャーが多いのではないだろうか。しかし、マネジャーが部下より知識や経験を持っているとは限らず、自分の経験だけをもとに的確な指示を出すには限界がある。そのうえ、個別に話を聞いてほしいという要求が強い若手の社員は、叱咤激励するだけでは動かない。


今井繁之の経歴・略歴

今井繁之、いまい・しげゆき。日本のコンサルタント。明治大学卒業後、リコーやソニーなどで人事、労務などの業務を経験し、デシジョンシステムで大手有名企業の企業研修を行う。その後独立し、シンキングマネジメント研究所を設立。大企業、地方公共団体の管理職に対し研修を行っている。著書に『仕事ができる上司の質問術』『問題解決のための思考力を鍛える』『ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく本』『仕事力を10倍高めるための論理的思考』『上司のためのホウレンソウのしつけ方』『気がきく社員50のルール』『難問を解決する 意思決定の思考法』など。

他の記事も読んでみる

白石達

我々はアラブ首長国連邦のドバイで都市交通システムを建設しましたが、異文化の国や地域と接するときは、いかに大きな捉え方の中で相手側と合意点を見つけていくかが成否を分けることを学びました。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

広告宣伝は金の入る窓口だから、慎重に手を付けなければ元も子もなくしてしまう。私は取引のある新聞、雑誌、各媒体ごとの反響、効果を調べることにした。幸い新聞、雑誌の広告を見て、読者になろうとする青少年は、必ず学則を葉書で請求してくる。したがって、A新聞に公告を出す場合には「一番地」、B雑誌は「二番地」というように、媒体ごとに送り先住所を変えた広告を出せば、正確な広告効果の結果がとれる。私はこの正確な統計に基づいて、引き合わない広告はどんどんやめるか、単価の引き下げを要求しそれに応じたものは出稿を続けた。
【覚書き|昭和6年、通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】


中村獅童(二代目)

いいときもあれば、悪いときもあるのが人生。それは、役者もビジネスパーソンも同じでしょう。


水上力

いまでは和菓子職人として生計を立てられる人はごくわずかです。洋菓子が日常のものとして浸透し、和菓子が非日常のものになってしまったからです。今は和菓子をより身近に感じてもらえるよう、「伝統の発信」を心がけています。古来より、日本には72の季節に合わせ、和菓子を楽しんできた文化があるのです。


佐藤優

僕らは現実を直視し、お金に対するある種の「見極め」と「見切り」が必要になる。労働力を売っている立場であると言う「見極め」。だからこそおのずと収入の限界があると言う「見切り」。見極め、見切りは諦めや絶望ではない。むしろその見極め、見切りがあるからこそ、お金と適度な距離を保ちながら、いい関係を築くことができる。


島田荘司

自分がミステリーを書く人間であるという自覚が20代の頃にぬぐいがたくあったので、30歳になったら小説を書こうと決めていた。単純にキリがいいと思ったんです。31歳とか32歳じゃなんだか中途半端でしょう(笑)。それに30歳になったら大人の気持ちや社会の成り立ちが、少しはわかるだろうと思っていた。20代のうちはわからないことだらけで、うまく書けないだろうと。いざ書き出してみると、30歳でもわからないことはあるし、それは何歳になっても変わらない。だから最近ではデビューを目指す人に20歳からでも書きなさい、というようになりました。とにかく当時の自分は、30歳からじゃないと、と思いこんでいたんですね。


加谷珪一

新しいテクノロジーの登場は、しばしばバブル的な株価上昇を引き起こす。その理由は、イノベーションによって従来とは比較にならない大きな利益が期待できるからである。


安田佳生

何か変えないとしょうがないというところに自分を追い込むのです。仕事ができるようになるというのは、一種の革命です。昨日よりできるようになるだけでなく、劇的にできるようになるということが大事なのです。


メンタリストDaiGo

ジョージ・メイソン大学の研究で、「自分の感情を物語的に表現する習慣をつけるとストレス処理が上手くなる」という結果が出ています。具体的には、「サードパーソンセルフトーク」を使うと良いでしょう。これは、自分のことを第三者が見ているように捉えて、今の自分を実況中継すること。たとえば、「俺は、今怒っている」ではなくて、「DaiGoは今怒りを感じているようです。頭に血が上っているような表情をしています」みたいに実況するのです。すると、嫌なことがあっても、冷静な視点を取り戻せます。これを口に出すと変な人になるので(笑)、頭の中だけで行なってください。


守島基博

会社が組織である以上、どんなに優秀な人でも、周りがその人間を受け入れないと仕事にならない。もちろん、異端児や尖った人材を活用する組織でなければならないという議論も最近多くなってきた。私も、そうした人材が変革やイノベーションを起こすという主張にある程度賛成する。そういった人材を積極的に活用し、会社の変革をしていくことが必要なのかもしれない。でも、それはリスクを伴った判断だ。その結果、多くの企業は安全を志向し、組織のロジックを優先し、異端児や優秀な人材を活用しない。


吉行淳之介

若者にとって、酒は大人への勲章である。だから、むやみに飲む。大量に飲むほど大人に近づけたような錯覚がある。反吐を吐き、乱暴狼藉を働き、大声で泣きわめいたりする。それでよい。失敗を恐れないのが若者の特権である。醜態を演じるのが若者であるとも言える。


倉持淳子

時間管理の面で気をつけたいのは残業です。とくに注意したいのは、緊急の仕事があるわけでもないのに、なんとなく帰りづらい雰囲気が漂っているときです。流されてずるずると残業するのは時間の無駄です。あえて空気を読めないフリをして出るべきでしょう。言い出しづらい人はいっそ遠くに引っ越してください。私は熱海から東京の会社に通っていたため、10時半になると終電なのでと言って帰宅していました。