今井敬の名言

今井敬のプロフィール

今井敬、いまい・たかし。日本の経営者。「新日本製鐵(のちの新日鐵住金)」社長・会長。第9代経済団体連合会会長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、富士製鐵(のちの新日本製鐵)に入社。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、経団連会長、産業基盤整備基金会長、日本棋院総裁、日本原子力産業協会会長、日本工業倶楽部理事長などを務めた。

今井敬の名言 一覧

本来、個人、企業が自由に活力を発揮するのが経済で、そこには政治が介入しないほうがいい。


今井敬の経歴・略歴

今井敬、いまい・たかし。日本の経営者。「新日本製鐵(のちの新日鐵住金)」社長・会長。第9代経済団体連合会会長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、富士製鐵(のちの新日本製鐵)に入社。取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、経団連会長、産業基盤整備基金会長、日本棋院総裁、日本原子力産業協会会長、日本工業倶楽部理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮田矢八郎

経営を考える時に欠かせない基本要素が3つあります。どれも等しく大事ですが、経営の成り立ちから言えば、「戦略」から始まり、「管理」が生まれ、「理念」に行き着く。そしてまた「戦略」に戻り、サイクルは回り続ける。


松井勝史

昨年は、会社のアイデンティティーを明確にし、より組織一丸となって業務品質を向上していくため、新しいCI(コーポレート・アイデンティティー)を導入し、会社のカラーやロゴマーク等も一新いたしました。以前からの自社の考え方も、ステートメント・スローガン・行動指針といった形で、改めて企業理念として明文化し、現在全社で実践している最中です。


脇若英治

個人と会社の双方の方向性が一致していなければ、双方ともハッピーになれません。いまやっている仕事が向いていないとか自分の人生の目標に合わないと思ったら、仕事自体を変えるべきです。


寺山修司

振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。


ベンジャミン・フランクリン

最初の欲求を抑えるほうが、それに続く欲求をすべて満足させるより容易だ。


茂木友三郎

1973年にアメリカに初めて建てた工場が出荷開始した直後にオイルショックが到来しました。赤字を出して苦労した時期もありましたが、心の底に「醤油は売れる」という確信があったから、割合楽観的に対処できました。


関根純

店舗の場所や時間帯によってもお客様の状況は変わりますので、一律の接客マニュアルはなく、お客様に最も喜んでもらえるサービスを提供する、という方針を貫いてきました。


島正博

もう1100以上の発明をしています。そのうち、特許を取ったのは600件ほど。55年間、他社を真似して創ったものは1つもなく、簡単には真似できないような技術を長年かけて蓄積してきました。これにより、新しい製品を求めるお客様が集まり、弊社のファンが増えています。


宇治則孝

経営トップ自らが強固な意識を持って経営全体の視点で取り組むことができなければ、ワークスタイルの変革は実現できない。


ポール・ライリー(経営者)

20年の歳月をかけて約3000億円を投じました。アイコス(加熱式たばこ)はこれだけの長期間をかけて継続的に弊社の研究開発陣がずっと努力を続けてきました。まさに旅のようなものなのです。その行き着いた先にアイコスという製品がありました。開発にあたっては、300人を超える科学者・技術者が参加し、170以上の論文などを提出するなど、それだけの努力を重ねて商品化に辿り着きました。


山本明弘

融資において大事にしているのは「現場主義」と「スピード」です。融資は3日以内に実行しています。


江幡哲也

リクルート時代、エンジニアの仕事から営業に変わったときは、どう話したらいいかわからなくて戸惑いました。余計なことを話しすぎて、先輩から怒られたりもしました。でも、話すより聞くことに集中すると、自分が話すべき内容がハッキリとするということがわかってからは、会話が続かなくて困ることはなくなりました。


横山清

私は毎年の元旦に、その年の所感を直筆で半紙1枚に書くことを30年ほど続けています。分量は1行6~7文字で5行程度と決めていて、これを1年間、札幌市のアークス本社の執務室に掲げるとともに、社員とパートナー社員全員に配る社内報に掲載しています。グループ内では、この年頭所感のフレーズを使って、1年間の営業方針を作る会社もあります。


森山透(経営者)

結局、風通しのいい社風とシンプルな言葉がコミュニケーションを生み出す。当社は正社員が4千人弱で、臨時社員や契約社員などを含めると相当数が働いています。この大きな所帯のベクトルをひとつにしなければならないのですから、シンプルに、コミュニケーション良く、「明るく、楽しく、元気よく」働くことが何より大切なことなのです。


石井てる美

いまは英語を使った爆笑ネタをつくって海外進出を目指しています。マッキンゼーでたたき込まれた「仮説思考」を応用し、仮説が違うと思ったら書き換えればいいという考え方でいろんなことに挑戦します。


ページの先頭へ