名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井孝のプロフィール

今井孝、いまい・たかし。日本のコンサルタント。「キャリッジウェイ・コンサルティング」代表。大阪府出身。大阪大学大学院修了。大手IT企業などを経て独立。著書に『起業1年目の教科書』『起業1年目のお金の教科書』。

今井孝の名言 一覧

あれこれと起業のアイデアを考えることは確かに大事なこと。でも、ひとたび煮詰まると、とたんにそこから先に進めなくなります。それを避けるためには「考えてからやる」という常識を捨て「やってから考える」と順番を変える必要があります。


起業のハードルはどんどん下がっています。お金がかからない分リスクが低いので、会社員をしながら何度もチャレンジできるんです。私自身、独立の出発点はメルマガでしたから。メルマガが人気を呼び「もっとあなたの情報がほしい」というファンが生まれたと仮定したらどうでしょう。有料化やセミナーで、お金をもらえるイメージが湧いてきませんか。


アイデアをどうやってビジネスにするか悩む前に、ブログやSNS等で「こんなアイデアで起業を考えています」と情報発信してみましょう。これらの意見を参考にすれば、あっという間に実際の商品案ができてしまいます。これが、「順番を変える」効果。一人で考え続けるよりはるかに効率的です。しかもコメントをくれる人やフォロワーは、将来あなたのサービスにお金を払ってくれそうな大切な見込み客でもあるわけです。


今井孝の経歴・略歴

今井孝、いまい・たかし。日本のコンサルタント。「キャリッジウェイ・コンサルティング」代表。大阪府出身。大阪大学大学院修了。大手IT企業などを経て独立。著書に『起業1年目の教科書』『起業1年目のお金の教科書』。

他の記事も読んでみる

小泉文明

プライベートで「ジョギングを毎日の日課にする」と目標を立てたのに、できたりできなかったりする日が続いたとします。でも、「2~3日に1回はジョギングできているのだから、よしとしよう」と自分を責めない。走っていれば体重は少しずつ減るし、習慣化してくるはず。そのうち走ることに対してポジティブになると思うのです。


大橋徹二

コマツアメリカの社長として、アメリカの鉱山器機事業の立て直しに取り組んだときの経験から、本音で話し合える胆力、気力、時間が大事だと思うように在った。


野口美佳

私たちはトレンドをつくっているという自覚はないです。マスマーケットを狙っていますから。ただ、1年先、9カ月先を見越した商品をつくっているので、時代を予測する感性は求められます。


植木義晴

知識をそぎ落とすにはコツがあります。たくさんある知識の中から共通項を探し、自分なりの「ルール・オブ・サム」を作るのです。たとえば、いくつかの空港へのフライトを行なうとして、それぞれの空港に複数の滑走路があれば、数百通りもの進入経路・方式を頭に入れなくてはいけない。でも、すべての空港に共通するルールをひとつ作ってしまえば、どの空港にも応用できる。ただ知識を頭に放り込むだけでなく、それをもとに思考を掘り下げる作業をするから、「これを基準に判断すればいい」という一本の幹のようなものが自分の中にできるのです。


菊地敬一

僕はこの先どれだけ世界に拡大しても、現場を絶対にロボット化したくない。現場の自主的な判断でいきいきと仕事をすることが人々を解放するんだという全共闘世代特有の思想を僕は持っていましてね、そういう経営がやりたいし、ヴィレッジヴァンガードのような空間を作り上げるのにチェーン・オペレーションは馴染まないと思うんですよ。この考え方を貫いて世界に2000店舗まで拡大して、ヴィレッジヴァンガードって変わった会社だったけど、でも実は本質をついた経営だったよねって後世の人に思われることが夢かな。


ゲーテ

最も偉大な芸術とは、自分を限定し、他から隔離するものをいうのだ。


古森重隆

経営者の力だけでは転換はできません。笛を吹いても、付いてくる社員が踊らなかったら意味がない。踊らない社員を動かすのも経営者の仕事で、相当なパワーが必要。


遠山正道

三菱商事の社員だった当時、会社の肩書で仕事をし、時には偉くなったように錯覚している自分に疑問を感じていました。そんな時、子供の頃から描き続けてきた絵の世界で自分を試してみたいと思い、仕事とは関係なくタイル画の個展を開きました。その個展は70点の作品がすべて売れるほど成功したのです。この丸裸の自分をさらけ出して勝負した経験が転機となりました。この時、私は「成功することを決めた」のです。


俣野成敏

最悪のコンディションのときでも、アウトプットはいつも通りのレベルが保てるようになれば、プロフェッショナルになったと言えるのではないでしょうか。


本庄八郎

ボーナスは最初から出したんです。額は少ないですよ。少ないけれども気持ちだと言って出しました。利益が出たら、どんどん出すと約束したんです。社員がまたよく働いてくれて。今年は臨時ボーナスまで出しました。

【覚え書き|ボーナスが出せない状態まで低迷していたチチヤスを買収したときを振り返って】


木村隆行(アントレンド)

弊社の創るソフトウェアは、「現場実務ベース」で開発することから「終われば直ぐ使える」システムが構築できます。


酒井眞一郎

古臭いかもしれませんが、人を育て、長く働いてもらえるような環境が整っている企業の方が、長い目で見たら効率がいい。