名言DB

9429 人 / 110879 名言

今井むつみの名言

twitter Facebook はてブ

今井むつみのプロフィール

今井むつみ、いまい・むつみ。日本の心理学者。「慶應義塾大学環境情報学部」教授。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業、慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了、ノースウェスタン大学心理学部博士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所所員、慶應義塾大学環境情報学部講師・助教授・教授を務めた。

今井むつみの名言 一覧

伝えたいことを相手にきちんと理解してもらうために大事なことは、相手の知識のレベルを的確に推察し、それに合った話し方の工夫をすること。


あることを熟知し、エキスパートになるには、自分の知識の状態を大きな視点で客観的に判断できることがもっとも大事。各分野の熟達者はみな常に自分の知識の状態を見極めることに長けている。そこからさらに、足りないところを克服する方策を考え、努力を重ねている。


当たり前だと思っていることでも「なぜなのか」「どうすればできるのか」を深く考えながら読むのと、通り一遍に読むのでは、書類から読み取れる情報が大きく違ってくる。その情報が、自分の知識体系にきちんと統合できるかどうかにも影響する。


新しい知識を得ることは、情報について熟慮を重ねながら吟味し、自分のなかにある知識や経験の蓄積とリンクさせていく。例えば資料を読むなら、読みながらマーカーで色を付けるだけではなく、自分で問いを発し、それに答えられるかどうか確認するような読み方が有効。


まず考えてほしいのは、自分が伝えるべき内容について深く理解しているかということ。「人にわかるように伝える」ためには、自分がまず、そのことを非常に深く理解していることが必要となる。


人は、自分の知っていることは相手も知っているという自分勝手な思い込みをしがちです。相手のキャリアや経験からこういうことは知らないだろうな、これは知っているはず、というように相手の知識の状態を意識的に考えることで、独りよがりな説明から、相手が理解しやすい説明をすることができるようになるはず。


今井むつみの経歴・略歴

今井むつみ、いまい・むつみ。日本の心理学者。「慶應義塾大学環境情報学部」教授。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業、慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了、ノースウェスタン大学心理学部博士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所所員、慶應義塾大学環境情報学部講師・助教授・教授を務めた。

他の記事も読んでみる

水木しげる

不幸な顔をした人たちは、「成功しなかったら、人生はおしまい」と決め込んでいるのかもしれないね。成功しなくてもいいんです。全身全霊で打込めることを探しなさい。


山口拓朗

相手の声が大きければこちらも大きく、ゆっくり話す人ならこちらもゆっくり。これだけで相手と波長が合いやすくなります。もちろん交渉時など、相手のペースに引き込まれてはならない場面は例外ですが、基本的には相手のスタイルと合わせるのが手堅い方法です。


菊間ひろみ

日本人は発言で恥をかいたり反論されたり、失敗が怖いのです。でも語学学習で失敗は勲章です。


和地孝

「人に優しく、仕事に厳しく」が私の方針です。


柳井正

店の運営とはこんなもんだ、商品の整理はこうしておけばいいんだ……。現状を良しとすれば、自分に甘くなる。そうなれば、たちまち店の水準は落ちていきます。買う立場になってみたら、誰もそんな店には行きたくないでしょう。


吉田秀雄

頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


ジェイ・エイブラハム

お客様は商品やサービスを買っているのではなく、「得られる結果」を買っている。


高橋名人(高橋利幸)

今の企業には、さまざまな分野で名物社員がいらっしゃると思います。私が経営者の方々に伝えたいのは、彼らが紹介するのは所属している会社の製品でいいと思いますが、その活動以外の部分は、ある程度大目に見ていてあげてほしいなと思います。それが会社にとっても大きな成果をもたらすことになるかもしれないのですから。


本田哲也(経営者)

すべての行動には理由があり、その理由に基づくアプローチをすれば、人は動く。


朝倉千恵子

「教える」とは、部下に質問し、考えさせることであり、決して上司みずからが多くを語ることではない、と私は自身の経験を通して学びました。たとえ部下が解決案を出してきても、すぐに答えを出そうとはせず、さらに質問し、考えさせる。それくらい徹底したい。