名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

今井むつみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

今井むつみのプロフィール

今井むつみ、いまい・むつみ。日本の心理学者。「慶應義塾大学環境情報学部」教授。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業、慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了、ノースウェスタン大学心理学部博士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所所員、慶應義塾大学環境情報学部講師・助教授・教授を務めた。

今井むつみの名言 一覧

伝えたいことを相手にきちんと理解してもらうために大事なことは、相手の知識のレベルを的確に推察し、それに合った話し方の工夫をすること。


あることを熟知し、エキスパートになるには、自分の知識の状態を大きな視点で客観的に判断できることがもっとも大事。各分野の熟達者はみな常に自分の知識の状態を見極めることに長けている。そこからさらに、足りないところを克服する方策を考え、努力を重ねている。


当たり前だと思っていることでも「なぜなのか」「どうすればできるのか」を深く考えながら読むのと、通り一遍に読むのでは、書類から読み取れる情報が大きく違ってくる。その情報が、自分の知識体系にきちんと統合できるかどうかにも影響する。


新しい知識を得ることは、情報について熟慮を重ねながら吟味し、自分のなかにある知識や経験の蓄積とリンクさせていく。例えば資料を読むなら、読みながらマーカーで色を付けるだけではなく、自分で問いを発し、それに答えられるかどうか確認するような読み方が有効。


まず考えてほしいのは、自分が伝えるべき内容について深く理解しているかということ。「人にわかるように伝える」ためには、自分がまず、そのことを非常に深く理解していることが必要となる。


人は、自分の知っていることは相手も知っているという自分勝手な思い込みをしがちです。相手のキャリアや経験からこういうことは知らないだろうな、これは知っているはず、というように相手の知識の状態を意識的に考えることで、独りよがりな説明から、相手が理解しやすい説明をすることができるようになるはず。


今井むつみの経歴・略歴

今井むつみ、いまい・むつみ。日本の心理学者。「慶應義塾大学環境情報学部」教授。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業、慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了、ノースウェスタン大学心理学部博士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所所員、慶應義塾大学環境情報学部講師・助教授・教授を務めた。

他の記事も読んでみる

大久保博司

たしかにベアリング製造という分野で国内2位に甘んじていることは意識している。しかし当社だけでなく他社の動向を見ても、主戦場はもはやベアリングの国内順位ではなくなってきている。


古賀信行

野村証券から野村不動産に移った社員がまずすることは、早朝出勤です。証券会社は朝が早い。彼らにとってはそれが当たり前なんです。ところが朝早くに出勤しても、不動産の社員はまだ来ていません。しばらくして出勤してきた不動産の社員を見ていると、デスクワークばかりで、あまり動かない。証券から移った社員から見ると、ものすごく怠慢に見えてくるわけです。そこで電話営業でもしようかという話になりますが、朝から家を買おうなどと思っている人はほとんどいないんです。不動産の仕事を知っていれば、朝から営業しようなどという話は出ないでしょう。


ムーギー・キム(金武貴)

うまくいっていない時は、勇気を振り絞って「もしかしたら自分がボトルネックなのでは?」と自省してみることが大切だ。特に頑固で他人の声に耳を傾けられないという自覚が多少なりともあるならば、自分自身の「もしかしたら」という心の声に耳を傾けることが重要である。他人を責めたり、自分がいかに不当な扱いを受けているかを嘆いたりするより、「自分は何が足りなくて、次にどうするのか」を考える方が、自問のあり方としてよっぽど生産的なのである。


魚谷雅彦

日本企業の間で、英語を社内公用語にする動きが広がっています。グローバル企業になるうえで、言うまでもなく英語は重要なコミュニケーションツールであり、話せるに越したことはありません。ただ、英語はあくまで手段です。目的になってしまわないように気をつけなければいけません。


盛田昭夫

私たちが会社を始めたとき、うちの会社をどうしてやっていくべきか、教えてくれた人は全然いなかった。私たち一人一人が毎日毎日、我々の会社をどうやっていくか、必死になって考えてきた。いまも私たちに、この会社の今後はこうあるべきだ、こういうものを作りなさいと教えてくれる人は誰もいない。


田代英治

独立をするためには、顧客を得ることが重要です。顧客を増やすにはどうしたらいいかと考えているときに出会ったのがブログでした。ブログを書き続けている中で、自分の提供している情報はこんなにも多くの人の支持を得られるのだと実感し、提供される情報から顧客が何を求めているのかを知ることが出来たのです。また知らず知らずのうちに、人事の専門コンサルタントとしてのブランディングもできていたようです。


永田雅一

日本政府から「好ましからざる人物」という理由で追放されたけれども、そのもとは司令部がやっているのである。同じ死ぬにしても、ただなんとなく身体が悪いと言われただけでは往生できない。胃が悪いのか、腸が悪いのかハッキリ病名を言ってもらいたい。つまり、どこか悪かったら追放するということを説明してもらいたい。司令部の一部の人をバックにした日本人の謀略をもって追放することは何事だ。それでは民主主義ではないではないか。
【覚書き|戦後、公職追放の要件に当てはまらないのに追放されたことについてGHQに行って語った言葉】


野田俊介

誰もやったことがない組み合わせのシステム提案がうまくいかなかったことがあり、毎週土日にSEと一緒に客先へ通いました。逃げずに誠意を示せば、結果的にはトラブルを起こしたお客さんほど深い付き合いができ、ノウハウも蓄積すると思います。


中村貞裕

伊勢丹に入社当時、まだ経験もない私の仕事は、裏の倉庫での在庫整理でした。人と関わるどころか、毎日が数字との戦いでした。「もう辞めようか」と悩んで藤巻(幸夫)さんに相談したら、「会社は余程のことじゃない限り、クビになんてならないから、好きなことをやれ」と言われました。「自分が好きなことってなんだろう」と考えたとき、人を集めてパーティーをやろうと思いついたんです。


香山リカ(精神科医)

人から怒りをぶつけられたとき意識したいのは、相手が怒っている本当の原因です。相手から激しく罵られると、怒られたほうは原因が自分にあると考えがちです。しかし、相手の言葉を額面どおりに受け取ってはダメ。むしろ他のことで怒りを溜め込んでいて、たまたまあなたの前で爆発しただけというケースが多いのです。


板東英二

ひとつの場所で報われないからといって、止まってしまったら終いです。人の力には優劣がありますけど、能力が合うところでなら必ず勝負ができる。大切なのはその場に出ることです。


森秀明

数十ページの提案書より、プレゼンテーションの場で語った一言が相手の心を動かすこともあります。提案書を完成品と捉えるのではなく、「これからよりよい案を生み出すための叩き台」だと、相手にもそう伝えたほうがいい。すると顧客側は、「この提案者は、当社の現状に合わせて柔軟な対応をしてくれそうだ」と感じ、あなたの提案を採用してくれるというわけです。